国旗

ギリシャ

とっておきツアー

東京発 ≪エミレーツ航空利用≫古代の歴史を感じる街<魅惑のアテネ5日間>遺跡観光も気ままに!観光に便利なフィリポスホテル指定

美しい海、青い空に映える真っ白な建物、様々な伝説や古代遺跡…。 いつか夢みた憧れの風景のなかへ足を踏み入れてみませんか? エス・ティー・ワールドのギリシャ旅行では、サントリーニ島ミコノス島に訪れるツアーを中心に様々なギリシャ旅行をご案内!
神秘的なイメージのサントリーニ島と都会的でおしゃれなミコノス島。 海を眺めながらのんびり優雅に過ごしたい方にはサントリーニ島、活動的に街歩きやビーチを楽しみたい方にはミコノス島の滞在ツアーを、またギリシャはハネム-ンの旅行先としても人気です。 母娘旅行や女性だけでの旅行にもおすすめです。 じっくり1島滞在や、異なる魅力の2島滞在プランもご用意しております。 好みのホテルを組み合わせたり、ギリシャの後にドバイパリを訪れたりと、ご希望に応じてツアーアレンジも自由自在! 世界に1つだけのこだわりギリシャ旅行を形にするお手伝いをします。 ギリシャの海外旅行・ツアーならエス・ティー・ワールドへ! ギリシャの海外旅行・ツアーのプランを多数ご用意しております。

成田発≪満足度高評価★エミレーツ航空利用≫フィラ地区/リゾート感溢れる大きなプール付き♪<エルグレコ> サントリーニ&アテネ6日間

ツアーコード

GR-TJEE-1F

  • 出発日

    2019年04月15日~
    2019年10月15日出発

  • 旅行代金

    245,800円~471,800円
    [燃油追加代金] 旅行代金に含まれます。

  • ツアー詳細

白を基調とした憧れホテル♪イア地区カナベスイアに3連泊 成田発≪カタール航空利用≫サントリーニ&アテネ7日間

ツアーコード

GR-TQCB-1F

  • 出発日

    2019年05月01日~
    2019年10月15日出発

  • 旅行代金

    274,800円~467,800円
    [燃油追加代金] 旅行代金に含まれます。

  • ツアー詳細

成田発≪カタール航空≫断崖絶壁に建つデザイナーズホテル<サンロックス/ダブルルーム>サントリーニ&アテネ7日間

ツアーコード

GR-TQSC-1F

  • 出発日

    2019年05月01日~
    2019年10月15日出発

  • 旅行代金

    273,800円~406,800円
    [燃油追加代金] 旅行代金に含まれます。

  • ツアー詳細
ページのトップへ

ギリシャのイチオシ特集

ページのトップへ

ギリシャのみどころ Highlight

ギリシャのみどころを見る
サントリーニイメージ

サントリーニ
Santorini

サントリーニ島には、断崖絶壁に佇む白く美しい町並みや目前に広がる青いエーゲ海など、サントリーニ島に行かなければ見ることのできない素晴らしい絶景が広がっています。 ホテルのテラスでのんびりエーゲ海を眺めたり、可愛らしいフィラやイアの町を散策したり、火山&温泉ツアーに参加するなどサントリーニ島での過ごし方は様々。 エーゲ海で最も魅力的な島の一つです。

ミコノスイメージ

ミコノス
Mykonos

「エーゲ海に浮かぶ白い宝石」と呼ばれているミコノス島。 白い家とかわいらしい花々、石畳で続いている町並みは絵本のようにかわいらしく、歩くだけでも十分に楽しめます。 ミコノスタウンの迷路のような町並みを心ゆくまで散策したり、エーゲ海を見渡す美しい白砂のビーチでのんびりしたり、フェリーでデロス島へ遺跡散策に行ったり、ミコノス島は様々な過ごし方ができます。

アテネイメージ

アテネ
Athens

アテネの最大の見所は、パルテノン神殿のあるアクロポリスの丘。 多くの観光客が訪れ、アテネのシンボルとも言えます。 周辺には、多くの遺跡が残る古代アゴラや新アクロポリスミュージアムなどの見所も充実しています。 名物のスブラキピタをテイクアウトしたり、オープンテラスのおしゃれなカフェで一休みしたり、夜は雰囲気のあるタベルナでのディナーもおすすめです。

ページのトップへ

おすすめホテル Recommend Hotel

おすすめホテルを見る

サントリー二島

カティキエス
  • ホテル詳細
  • このホテルに泊まる

サントリー二のイア地区の中でも、1、2の人気を誇るデザイナーズホテル

レセプションのあるメイン棟から迷路のように入り組んだ石段を降りていけば、専用テラスのついた、ロマンティックなお部屋が貴方を待っています。自分の部屋のテラスやプール、レストランなど、どこにいても視界を遮られることない、見渡す限りの紺碧のエーゲ海が・・。また、その海を刻一刻と、美しいオレンジ色へと変えていく夕景の眺めは、時間の経つのを忘れさせてくれることでしょう。14歳以上の者だけが滞在を許された大人のための隠れ家ホテルです。

ホテルイメージ
ホテルイメージ ホテルイメージ

サントリー二島

ペリヴォラス
  • ホテル詳細
  • このホテルに泊まる

世界各国のセレブが押し寄せると言われている全17室のデザイナーズホテル

16歳以上の大人だけがその滞在を許された空間で、日常の喧騒から逃れ、静かでゆったりとした時を過ごせます。部屋はどれもケーブスタイルと呼ばれる洞窟タイプ。プライベートテラスからはサントリーニの有名なカルデラに沈むサンセットが眺められます。

ホテルイメージ
ホテルイメージ ホテルイメージ

サントリー二島

アンドロニス ラグジュリー スイーツ
  • ホテル詳細
  • このホテルに泊まる

エーゲ海を見下ろす別荘のようなラグジュアリーホテル

ゆったりと寛げる客室はクラシカルでありながらモダンな内装で、洗練された落ち着いた空間となっています。 クッションなど小物には情熱の赤色をポイントとしており、大人な雰囲気を演出しています。全室ジャグジー付きであるのも嬉しいです。

ホテルイメージ
ホテルイメージ ホテルイメージ

サントリー二島

ミスティーク
  • ホテル詳細
  • このホテルに泊まる

イアの断崖絶壁に建つラグジュアリーホテル

イアの中心部まで徒歩5分ほどで、ホテルの周辺は静かな環境となっています。客室は広々として快適にお過ごしいただけます。

ホテルイメージ
ホテルイメージ ホテルイメージ

サントリー二島

サンロックス
  • ホテル詳細
  • このホテルに泊まる

フィラの街に程近い断崖絶壁に建つ人気ホテル

白壁で目に眩しいサントリーニ様式の建築に、センスの良いスタイリッシュな家具が置かれています。カップルだけが泊まることを許されたまさに隠れ家ホテルです。タイルが敷かれた床やハンドメイドのセラミック、紺碧のエーゲ海を臨むテラスなど、ロマンティックで洗練された客室はハネムーンには特にはおすすめです。

ホテルイメージ
ホテルイメージ ホテルイメージ
ページのトップへ
ページのトップへ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アゼルバイジャン旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行 タンザニア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコール遺跡カンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 南極旅行
ページのトップへ