海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

遺骨を海にまきたい
正しい散骨のやり方とは

骨を海にまきたい

「自分が死んだら、骨は海にまいてほしい」という、故人様からの遺言で散骨を希望される方や、 少子化や高齢化により、お墓の跡継ぎがいない等により、墓じまいをするという理由で、海に散骨されたい方が増えています。 しかし、「骨って海に流していいの?違法にならない?」「遺灰をまいていいの?」「正しい方法や、供養の仕方が知りたい」などの声も多く見られます。 このページでは、海にまく散骨「海洋散骨」に関して、正しいやり方を解説します。

誰でも骨を海にまいて良いの?

誰でも骨を海にまいて良いの?

海へ骨をまく行為「海洋散骨」は、きちんと粉骨をし、周辺の住民や漁業を営む方々への配慮とマナーさえ守れば、誰でも散骨することが出来ます。 しかし、遺骨のまま散骨すると違法になります。海によっては、散骨を禁止しているエリアもあります。 骨を海にまくと言っても、細かなルールがある為、専門の業者に依頼することが一般的になっています。

散骨は違法じゃないの?

散骨行為自体は違法ではなく、禁止する法律は現在日本にはありません。 ただし、粉骨を行わず散骨又は放置した場合は、刑法190条に抵触する恐れがあり、骨のまま遺棄する事は禁じられています。 粉骨・散骨を行う前には、「火葬/埋葬/改葬/分骨許可書、死亡診断書/検案書」のいずれかの書類が必要となります。 個人で散骨を行うのは、トラブル発生の恐れがあるので、散骨業者に依頼すると安心です。

粉骨とは?

粉骨は骨を細かく砕く作業です。道具があれば、ご自身でも行う事ができます。散骨を行う為には 2mm以下に粉骨する必要があります。 ご遺族に取っては、精神的にも大変な作業になりますので、信頼できる粉骨業者に依頼することをおすすめします。 金額は、10,000円~50,000円が相場です。1年以内の遺骨なら粉骨作業のみですが、1年以上経過してたり、納骨後お墓に入っている遺骨は洗浄や乾燥が必要になります。 ステンレスの機械で行うのが一般的ですが、手作業や、乳鉢を使い丁寧に粉骨してくれる業者もあります。 ご遺骨によっては、稀に火葬炉のステンレスで使用されているクロム成分が、六価クロムとして残留する事があります。 六価クロムは、環境保全・汚染対策として取り除かなければなりません。 エス・ティー・ワールドでは、すべてのご遺骨の六価クロムの検査を行い、検出されれば除去をしてから粉骨、散骨を行っています。

散骨に必要な書類は、どうやって手に入れるの?

火葬許可証・埋葬許可証・改葬許可証のいずれかのコピー1通が必要です。 埋葬許可書は納骨の際に必要になります。万が一紛失しまった場合は、死亡届を受理した市区町村の役所に再発行をお願いしましょう。 また、もし死後5年以上たっている場合は、埋葬許可証の再発行に火葬証明書が必要になってきます。 火葬証明書の再発行については、火葬を行った火葬場に問い合わせてください。

散骨を選ぶ人ってどんな人?

散骨は故人が生前から希望をしている場合や、お墓を持てない、お墓の後継者が居ない場合と様々な理由があります。 特に海洋散骨は、石原裕次郎さんなどの著名人も多く行っています。 生前から希望がある方は、ご家族に予め相談しておく必要があります。 エンディングノートに希望を書き残して置くと、故人様にとっても、残されたご遺族にとっても良いです。 少子高齢化の中、先祖の墓を継承する方が居ない場合もあり、近年墓じまいを行う方も多くいらっしゃいます。 また、経済的な理由からお墓を持つ事が出来ない方も散骨を選ばれる人が増えています。

どこの海に散骨する人が多いの?

相模湾

関東では、東京湾や相模湾横浜沖が有名です。特に相模湾は海から富士山が見える事もあり、人気が高くなっています。 関西では、大阪湾や神戸港でよく行われます。どこに撒いてもいいわけではありませんので、業者に確認してください。 また、沖縄や、瀬戸内海、長崎など故人が親しみがある海を希望する方もいらっしゃいます。 海外のリゾート地であるグアムハワイニューカレドニアタヒチなどの南の島にご家族と一緒にセレモニーを行う事も可能です。

粉骨した遺骨は全てまくの?一部まくの?
残した遺骨はどうするの?

粉骨した場合、すべてを散骨しないといけないと考える方が多いですが、粉骨した遺骨を分骨して手元に置く事も可能です。 すべてを散骨した後に後悔する方もいらっしゃるので、一部を分骨して手元供養として置かれる事をお勧めします。 手元供養用に小さな骨壺や、ペンダントタイプなど、様々なタイプの手元供養の品がありますので、ご自身にあった供養の仕方を考えてみてください。

散骨を委託することは出来る?

海洋散骨がしたいけれど、ご遺族が地方にお住まいであったり、健康面を考えても、ご遺族が一緒に立ち会う事が出来ない場合も多くあります。 そのような場合は、代理散骨を行ってくれる業者に頼む事が良いでしょう。 散骨業者によっては、時には何件ものご遺骨を一緒に散骨する業者もあります。 ご遺骨一柱ずつ、丁寧に心を込めて供養してくれる業者を選びましょう。

海洋散骨を依頼した場合、費用はいくらかかるの?

海洋散骨には大きく分けて、船をチャーターして行う場合、代理で依頼する場合があります。 代理で行う場合は、20,000円~60,000円が相場です。 安価の場合、何件ものご遺骨を一度に船に載せて行う事が多いので、ご遺骨一柱ずつボートをチャーターし、丁寧に散骨してくれるかを確認してください。 また、どこの海で散骨するか?どのような船で行うか?も確認した方が良いでしょう。 船をチャーターして、ご遺族やご友人と一緒に散骨する場合は、300,000円~500,000円が相場です。 クルーズ船大型の帆船まで会社により扱う船が異なりますので、どのような船で散骨したいかを検討してから決めるようにしましょう。

海洋散骨以外にも、散骨方法ってあるの?

散骨で一般的なのは、海に撒く方法ですが、船からの散骨に限らず、海に潜って行うダイビング散骨や、ご遺骨を納棺した海洋墓標を海底に置く方法もございます。 海以外では、山の草木の下にご遺骨を埋葬する樹木葬や最近では、ロケットで宇宙まで運んで撒く宇宙葬もあります。 いずれの散骨であっても、どこに撒いていいという訳ではありません。 海洋散骨の場合は、トラブルを避ける為に地元住民の方や漁業関係者にも考慮した場所で行う事が必要な為に、船で沖に出る必要がありますので、専門業者に依頼する事をお勧めします。

近年、海洋散骨を選ばれる方が増えています

  • 海がずっと
    大好きだった方

  • ハネムーンで訪れた海に
    散骨したい方

  • お墓の中で眠るより、
    自由に海を泳ぎたい方

  • 自然に還る事が
    一番自然だと思う方

  • 記念日として、
    家族で明るく見送ってほしい方

  • お墓を持たない
    (墓じまいをお考えの)方

エス・ティー・ワールドの
散骨への想い

海を愛するSTWの海洋散骨

エス・ティー・ワールドが、ビーチリゾート専門旅行会社からスタートして30年以上。 今までにも、ハネムーンで過ごした海外の地で散骨を希望されるお客様を手配してきました。 スタッフは海をこよなく愛しており、散骨が海にやさしい行動であることを十分に理解しております。 特に大型帆船散骨は、エス・ティー・ワールドの海への思いが詰まった帆船で行う散骨です。 ボートやクルーザーと違い、故人様・ご遺族様・ご友人様にも、海の素晴らしさを感じていただけます。 故人様とご遺族様の希望を共有して、海に携わる方の気持ちも理解し、心を込めて手配致します。

海

心を込めて丁寧に 乳鉢で粉骨を行います

エス・ティー・ワールドの粉骨は、乳鉢を使って丁寧な粉骨を行う専門業者に依頼をしております。 ご希望の方は郵送パックをご用意します。また引き取りご希望の方はご相談ください。 丁寧な粉骨できれいなパウダー状に仕上げて、散骨を行います。 1年以上経過したご遺骨・納骨後のご遺骨は洗浄・乾燥処理を行います。ご希望により分骨も承ります。
※沖縄散骨の場合、粉骨業者が異なります
ご遺骨によっては、稀に火葬炉のステンレスで使用されているクロム成分が六価クロムとして残留する事があります。 六価クロムは、環境保全・汚染対策として取り除かなければなりません。 エス・ティー・ワールドでは、すべてのご遺骨の六価クロムの検査を行い、検出されれば除去し、海洋散骨を行っております。

粉骨

海洋散骨の
お問い合わせ

contact

大型帆船散骨・海外リゾート散骨

おまかせください

営業時間 10:00-18:00 
営業日 月~金(土日祝 休業)

pagetop

海洋散骨TOP / 海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

電話でお問い合わせ電話でお問い合わせ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 ロシア旅行 ジョージア旅行 アゼルバイジャン旅行 アルメニア旅行 ウズベキスタン旅行 ウクライナ旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 東欧旅行 ベネルクス旅行 コーカサス三国旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
チュニジア旅行 イラン旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
カタール旅行 ケニア旅行 マダガスカル旅行 南部アフリカ旅行
タンザニア旅行 ナミビア旅行 ジンバブエ旅行 ザンビア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行 ブルネイ旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 カリブ海旅行 南極旅行
ページのトップへ