Reykjavik Sightseeing体験記~ブルーラグーン~ | アイスランドの旅行記

支店
渋谷
福岡

Reykjavik Sightseeing体験記~ブルーラグーン~

エリア
レイキャヴィク
/アイスランド
テーマ
ご当地体験
時期
2023/8/27~2023/8/31
投稿日
2023/9/13
更新日
2023/9/13
投稿者
中本 貴弘

アイスランドに来たなら外せないOP第二弾「ブルーラグーン」に行ってきました。
第一弾のゴールデンサークル編はこちら↓↓
レイキャビークから1時間程の場所にある、世界最大の露天風呂「ブルーラグーン」は、ゴールデンサークルと並んで大人気のツアーです。ただし、ツアーといってもガイドやアシスタントがいるわけはなく、往復の送迎バス+ブルーラグーン入場券というシンプルなものです。
温泉に入るだけなので、ガイドなどは全く不要です。
まるで違う惑星に来たかのようなゴツゴツとした岩場に映える水色の水面は、他のどこでも見ることができません。
その上温泉で体を癒せるなんて、こんなに素晴らしい場所があるでしょうか!
特に滞在時間は決まってないので、のんびりゆっくりつかるもよし、半日くらいで引き揚げてレイキャビーク市内観光というもの良し。時間調整がしやすいので、しっかり予定を立てていきましょう。バスは往復とも1時間に1本ほどです。

スタッフおすすめ!お得ツアー

羽田夜発フィンエアーで行く!アイスランド&フィンランド2カ国周遊 大自然アイスランドの首都レイキャヴィク&北欧雑貨の本場フィンランドのヘルシンキ7日間

羽田発

羽田夜発フィンエアーで行く!アイスランド&フィンランド2カ国周遊 大自然アイスランドの首都レイキャヴィク&北欧雑貨の本場フィンランドのヘルシンキ7日間

日数:7日間  
旅行代金:359,800円~532,800ツアーはこちら

  • ピックアップ&バスターミナルでの乗り換え

    • ミニバス

    • ブルーラグーン行きのバス

    これはゴールデンサークルと一緒なので、こちらをご参照ください↓↓

    今回はSmart Busと書かれた緑色のミニバスが来ました。
    バスターミナルからブルーラグーンへは「destination blue lagoon」と書かれている分かりやすいものでした。ブルーラグーンに到着する直前にSilcaというホテルでもストップしましたので、ここでは降りないように注意しましょう。ほとんどの人がブルーラグーンに行くので、みんなが降りたら降りるという感じで良いと思います。

  • ブルーラグーン到着&入場

    • 入口に立つ看板

    • ごつごつした岩場を抜けていきます

    • チケットを持っているのでcheck inというレーンに

    火星に来たかのような岩場の通路を抜けた先にブルーラグーンの入口があります。
    入場券が含まれているツアーのため、入口を入るとcheck inとかかれたレーンに並びます。あとは受け付けで入場券を見せると日本の温泉であるようなバンドをもらえるので、そのバンドを入口でかざして中に入ります。コンフォートパックの場合、ドリンク1杯が含まれておりますが、2杯目からは有料で、このバンドに支払いを記録し、出る際に出口で精算となります。

    水着着用がマストなので、水着は持参しましょう。レンタルもあります。800ISK(約800円)でした。ロッカーの写真は取れませんが、使い方は受付で教えてもらえるのでご安心ください。空いているロッカーに荷物を入れて、閉めると自動でロックがかかり、バンドをかざすとそれがカギ代わりになります。自分のロッカーを覚えておくようにしましょう。

  • 入浴前に

    入浴の前にシャワーを浴びて体をきれいにしないといけません。日本の温泉と同じですね。シャンプー・コンディショナー・ボディソープはありますので、持参は不要ですが、海外のものが気になる人は自分のものを持参しましょう。
    ブルーラグーンの水質の関係で、髪の毛がめちゃめちゃギシギシになるため、コンディショナーは流さずそのままつけた状態で行くことが推奨されています。私もそのようにしましたが、結果髪をつけるので、やっぱりギシギシにはなりました。。。

    ※シャワーゾーンも撮影禁止です。

  • いよいよ入場

    • 水色の世界!

    • キャップをかぶっている人もいますが、マストではないです。

    シャワーを浴びて外に出ると水色の世界!異世界間にあふれてます。世界最大の露天風呂と言われてるだけあり広い!

    ブルーラグーン内は撮影OKなので、防水スマホケースに入れてスマホを持ち込むことができます。GoProを持参している人もよくいました。

    水温は39度くらいに保たれていると言われてますが、ぬるいところがあったり、場所によって違う印象です。結構深いところもあるので、バンドやスマホを落とすと探すのは非常に困難です。
    あと濁って下が見えないので、スロープのようになっているところでつまずかないように注意しましょう。

    注意するのはそれくらいです。あとは心行くまで露天風呂を堪能するのみ!
    実はブルーラグーンの水は日本の温泉のように地下から湧き出ているというわけではありません。アイスランドは地熱を利用した発電施設が多くあり、このブルーラグーンもその発電所で生まれた温水なのです。もちろん体に悪いことはなく、ミネラルなどを多く含んで、皮膚病などに効果があると言われています。

  • マストでいるもの&あると良いもの

    • こんな感じでバスローブや羽織るものをかけるところがあります。

    【マスト】
    *水着
    ⇒忘れても借りられます。

    【あると良いもの】
    *羽織るもの
    ⇒シャワーを浴びてブルーラグーン入浴まで少しだけ歩きます。ほぼ屋内ですが、この間地味に寒いので気になる方は、羽織るものがあると良いです。特に冬。専用のかけるところがあります。

    *サンダル
    ⇒上と同じ理由で、素足で歩くよりは、サンダルがあると良いです。入浴前に脱ぐ必要がありますが。

    *スマホの防水ケース
    ⇒水没すると泣きたくなりますからね、、

    あとは特に女性は髪を止めるゴムなどを持ち、なるべく髪をつけないようにした方が良いかもしれません。

  • その他施設

    • お湯につかりながら注文できるバー

    • 泥パックがもらえます

    • 着替えることなく、ドリンクや軽食が買えます

    • 整いゾーン

    *バー
    ⇒併設されたバーは、入浴しながらドリンクをもらうことができます。コンフォートパックなら1杯無料なので、ぜひ貰いに行きましょう。お酒やソフトドリンク、スムージーなどがありました。コップは回収ボックスのようなものがいくつか点在しています。

    *シリカのフェイスパック
    ⇒こちらも入浴しながらもらえる場所があるので、美肌目指してもらいに来ましょう。

    *サウナ・スチームサウナ
    ⇒日本と比べると温度は低めです。

    *休憩所
    ⇒建物の中入ると、ソファなどが置いてある休憩所があります。一旦ここで休んでまた入浴というのもの良いですね。

  • 出るとき

    ロッカーに戻る前にタオルをもらえます。シャワーを浴びて着替えましょう。ドライヤーを置いてありますので、髪を乾かすこともできます。

    出口でバンドをかざせば退場が可能です。
    泥パックなどのお土産屋さんもあるので、時間があれば覗いてみてください。ここで食事を済ませたい方には、レストランもあります。

  • レイキャビークに戻るバス

    • 「destination blue lagoon」と書かれたバスに乗りましょう

    下記のように1時間に1本ほどあります。

    10:15/11:15/12:15/13:15/14:15/15:15/16:15/17:15/18:15/19:15/20:15/21:15/22:15/(23:15)/(00:15)
    ()は夏場のみ
    ※時間は変更になる場合があります。

    特に予約は不要のため、来たバスに乗ることができます。ドライバーにバウチャーを見せて、自分のホテル・最寄りのバス停を伝えましょう。

    往路と同じくバスターミナルでミニバスに乗り換えます。

  • まとめ

    開放的な露天風呂は心身ともにリラックスでき、長旅の疲れも癒されます。
    ゴールデンサークルとブルーラグーンはマストの訪問スポットです!!