海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

タイで象乗り体験したい!象の保護施設で象乗り&ふれあい半日体験inラントン セーブ&レスキュー エレファントセンタータイで象乗り体験したい!象の保護施設で象乗り&ふれあい半日体験inラントン セーブ&レスキュー エレファントセンター

ラントン セーブ&レスキュー
エレファントセンターとは?

ラントン セーブ&レスキュー エレファントセンターイメージラントン セーブ&レスキュー エレファントセンターイメージ

チェンマイ近郊には数多くのエレファント施設があり、中には観光客から利益を上げることを目的とし象を酷使しているも施設もございます。
結果的にそれが観光客の方を楽しませ、現地の方の雇用も生んでいるので難しい問題でもあります。
『ラントン セーブ&レスキュー エレファントセンター』は、数多くあるエレファント施設の中でも、商業目的としておらず、人間の手で傷つけられた象の救済・保護を目的としています。
ただ、象の救済・保護には莫大なコストがかかる為、適切な環境下で象との触れ合いプログラムを行い資金を得ることで、施設運営を維持しています。
プログラムに参加することで、施設運営の手助けが出来ると共に、観光施設と象のリアルとそこで傷けられた象を保護する人達の活動を学ぶことが出来ます。

ラントン セーブ&レスキュー エレファントセンターのポリシー

訪問して頂いた方に、施設での体験を通じて象の幸せについて学んで頂くことが我々(施設)の最大の目的です。

絵画、踊り、または他の不自然な技を象に強要させることはしません。
象の赤ちゃんを母親と分けることはいたしません。
本来の自然環境の近い状況で、象の生活の質を向上させ、長時間働かせることはなく適切な量の食糧と水を提供します。

ラントン セーブ&レスキュー
エレファントセンターの

ここがオススメ!

  • 象乗りイメージ01ポイント1

    象に直乗り!?
    象との距離が近い

    基本的には象を鎖などで繋いでおらず、象に乗る際も専用の籠などはなく直に象の背中に乗ります。(つかまる用の紐はございます)その他の国や施設で象に乗れるところは数多くございますが、直に象の背中に乗れる施設はなかなかございません。

  • 象乗りイメージ02ポイント2

    象と人間が共生する
    サスティナブルな環境

    こちらの施設は象の救済・保護を目的としており、施設の運営を維持する為に適切な環境下の中で、象と人間の触れ合いを体験できるプログラムを用意しています。

  • 象乗りイメージ03ポイント3

    象を調教する為の金属性の
    かぎ爪は使用していません

    一般的な象乗り体験だと、象使いが金属製のかぎ爪を持って象をコントロールしています。こちらの施設では、かぎ爪など象を傷つける道具は使用せず、象との信頼関係を築き言葉によるコントロールを主として実践しています。実際にプログラムに参加する方も言葉を覚えて、象との触れ合いを楽しむことが出来ます。

ご参加いただくにあたっての注意点

象乗り体験時に、着替えを施設が用意しておりますが、体験中は本来の自然に近いかたちで象と触れ合う為、泥などが付き汚れます。肌着、靴含め汚れてもいい格好にてお越し下さい。泥の中を歩いたり、川や池の中に入って水浴びをお手伝いをする為、潔癖症の方のご参加はオススメいたしません。
※水着の着用をオススメいたします。

ホテルからの送迎含め、全て英語での対応となります。日本人スタッフ及び日本語スタッフはおりませんので、英語での対応に抵抗のある方のご参加はオススメいたしませんが、スタッフの方はとても親切なので言葉は通じずともジェスチャーなどでコミュニケーションを取ることは十分可能です。

ラントン セーブ&レスキュー エレファントセンターは、象の救済・保護を最大の目的とした施設の為、タイ北部の素朴な雰囲気で綺麗な設備が整った施設ではございません。トイレやシャワーなどは汚れが見受けられます。シャワーは、シャンプーやボディーソープなどもなく、お湯もでない為、しっかりしたサービスや施設をお求めの方にはオススメいたしません。できる限り自然に近いかたちで象との触れ合いをお楽しみ頂く施設となります。

象との触れ合い&象乗り 半日体験
スケジュール

ご宿泊ホテルまで
お迎えに参ります
【午前の部】07:00-07:30
【午後の部】13:30-14:00
※施設のスタッフによる送迎となりますので、英語ドライバーのみ。
※チェンマイ郊外にご宿泊の場合は、追加代金が別途500バーツ(お一人様につき)かかります。
施設到着後
●各自でゾウ乗り頂く為の練習を行います
●練習後、実際にゾウに乗って山を登ったり、森の中や川の中を進みます。途中、水浴び場でゾウの体を洗います。
終了後、施設へ戻り、その後
各ホテルまでお送りします。
【午前の部】12:30-01:00
【午後の部】19:00-19:30
※ラントン セーブ&レスキュー エレファントセンターは、チェンマイ中心部から60km(車で約1.5時間)の距離に位置しています。

\スタッフが象乗り体験して来ました/

初めて象に乗りました!

間近で見る象は迫力がありながらも可愛く、まさか籠イスなどもなくて直に座るとは思わなかったので、最初はドキドキしましたが、えさを直接あげられたりと貴重な体験ばかりでとても楽しめました。
泥水に入るのは正直抵抗がありましたが、象が気持ちよさそうにしているのを見るとそんなことも忘れてしまいました。
今まで象乗り体験をしたことある人でも、こんな自然体な象と触れ合えるのは珍しいのでおすすめです!

とにかく興奮しました!

以前、アユタヤで象乗りを体験したのですが、象の上に座椅子が置いてあってそこに乗るだけのもので、いかにも「商用」というイメージがありましたが、ここの象はそのまま自分のおしりで乗れちゃいます。
1歩進む度に象の背中からエネルギーが伝わってくる様な感じです。
そして何といっても背中に生えた「まばらなウブ毛」が愛くるしいです(笑)
そんなこともあり、正直かなり汚れてしまうのですが、象と一緒に泥んこになれるって、素敵じゃないですか!?

タイシティの海外旅行・ツアーTOP海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

電話でお問い合わせ電話でお問い合わせ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 ロシア旅行 ジョージア旅行 アゼルバイジャン旅行 アルメニア旅行 ウズベキスタン旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 ベネルクス旅行 コーカサス三国旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行 タンザニア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行 ブルネイ旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 南極旅行
ページのトップへ