海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

Sud Italia

海辺にカラフルな建物が並ぶ
世界遺産の村

チンクエテッレ
Sud Italia
イタリア北西部、リグーリア海岸に面した世界遺産のチンクエテッレ。海に面して赤、黄色、青など色とりどりの家々が並ぶ風景は、まるでおとぎ話の世界です。チンクエテッレとはイタリア語で5つの村を意味しますが、それぞれの村のなかは細い道が広がり、街歩きにも最適!インスタ映えする景色を眺めに、世界中から多くの観光客が訪れます。

チンクエテッレ なにする?

What are you doing?

5つの村に行ってみる

ローマから約350km離れていますが、トレニタリア(イタリアの国鉄)の特急を利用すると、日帰りで観光することも可能です。まずはローマ・テルミニ駅発の特急が停車するラ・スペッツィア駅へ。そこからローカル電車で各村の最寄りの駅まで向かいます。手前から順にリオマッジョーレ⇒マナローラ⇒コルニリア⇒ヴェルナッツァ⇒モンテロッソと並んでいます。それぞれ電車で各4~5分と隣接しているので、頑張れば日帰りでも5つの村を回ることも可能です。余裕をもって観光するなら、ラ・スペッツィア周辺ホテルに宿泊するのがおすすめです。

  • img
  • img
  • img

5つの村の違いまとめ

5つの村はそれぞれ趣きが異なります。5ヶ所すべて回るのも楽しいですし、お気に入りを見つけてのんびり過ごすのもおすすめです。

リオマッジョーレ

ラ・スペッツィア駅でローカル線に乗り換えて、最初の駅がリオマッジョーレ。小さな漁港にカラフルな建物が立ち並ぶチンクエテッレを代表する風景を眺められます。チンクエテッレには海沿いに村々をつなぐトレッキングコースが整備されていますが、もっとも有名なのがリオマッジョーレとお隣のマナローラを結ぶ「愛の小道」。2017年夏現在、残念ながら修復工事中で通れませんが、再開後はぜひ歩いいただきたコースです(再開は2018年とも2020年の予定。ラ・スペッツィア駅のインフォメーション・センターなどでご確認ください)。

  • img
  • img
  • img

マナローラ

カラフルな建物の背後にぶどう畑が迫る風景が特長です。隣村のコルニリアへ向かうトレッキングコースを少し進んだ場所がビューポイントで、山を背景にした風景を眺められます(「愛の小道」同様、残念ながらこのコースも現在閉鎖中。再開は2018か2020年予定。ラ・スペッツィア駅のインフォメーション・センターなどでご確認ください)。夏は漁港そばの岩場で海水浴を楽しむ人たちも多数。レストラン、カフェなども充実しています。

  • img
  • img
  • img

コルニリア

コルネリアと他の4つの村との違いは、ここだけ海抜約100mの高台に位置している点です。リオマッジョーレやマナローラのような海辺に並ぶカラフルな建物の風景はありませんが、ひときわ細い道にお店が並ぶ雰囲気は独特です。コルニリア駅から歩く場合は約400段の階段を登るため、脚力と歩きやすい靴がマスト。バスを利用するのがおすすめです。

  • img
  • img
  • img

ヴェルナッツァ

少し大きめ湾で、教会(左手)と塔(右手)の間にカラフルな建物が並ぶ村がヴァルナッツァ。多くの旅行系サイトが、ここからの風景をチンクエテッレのイメージとして掲載しているようです。この風景を眺められるビューポイントは、隣村モンテロッソと結ぶトレッキングコースの入口周辺(トレッキングコース自体は長さ約3.3km、走破する場合は山道を歩いて約2時間かかります)。湾の右手には波をかぶる広場があり、海水浴を楽しむ人も多いようです。

  • img
  • img
  • img

モンテロッソ

チンクエテッレでもっとも広いビーチがある村です。リドと呼ばれる海の家でパラソルやベッドを借りて、のんびり過ごすことができます。村自体はビーチから陸側に広がるため、海辺にカラフルな建物が密集する風景はありませんが、レストラン、ショップの充実度は5つのなかでトップクラス。食事&街歩きだけでも十分に楽しめます。ランチにはテナガエビの濃厚な出汁が効いたスカンピのパスタ、海のスープ(ズッパ・デ・マーレ)などシーフードをぜひ!

  • img
  • img
  • img

チンクエテッレ 
知って得する情報

Point

おすすめレストラン情報!

レストラン名:Da Eraldo
モンテロッソ・アル・アーレ(Monterosso al Mare)にあるお店です。
13 時頃から混み始める大人気のお店なので、12時の開店直後に行くのがおすすめ!
赤色のチェック柄のテーブルクロスが印象的な、可愛らしい内装です。シーフードがおいしく、前菜がボリューム満点!

  • img
  • img
  • img

ローマ・テルミニ駅発6時台の特急なら日帰り可能!

ローマから日帰りでチンクエテッレに行く場合、最寄りのラ・スペッツィア駅とローマ・テルミニ駅を約3時間で結ぶトレニタリアの特急利用がおすすめです。行きは朝6時台発、帰りは20時3分発の便を利用すれば、最大で約11時間も現地で滞在が可能です。ただし、帰りは最終電車なのでラ・スペッツィア駅には余裕を持って戻り、乗り遅れないようにご注意を。もちろん、ラ・スペッツィア周辺のホテルを利用すれば、時間に余裕をもってチンクエテッレを観光できることができます。

  • img
  • img
  • img

乗り放題のチンクエテッレカードを入手!

ラ・スペッツィア駅では、1番線ホームにある販売所でチンクエテッレカードを入手しましょう。これはラ・スペッツィア駅からレバント駅(モンテロッソの隣駅)までのローカル電車・バスの乗車券とトレッキングコース入場券が付いたもの。村を移動する度に、駅窓口に並んで乗車券を買うより断然スムーズに乗車できるので、日帰り旅行の場合は欠かせません。その際、窓口で時刻表のコピーをもらうことも重要です。ローカル電車の時刻はホームページにも出ていませんし、窓口では愛の小道をはじめ、閉鎖されているトレッキングコースの情報も教えてくれます。なお、最初に乗車する前に、乗車券をホーム据え付けの機械入れて、日付を刻印することをお忘れなく。

  • img
  • img
  • img

エス・ティー・ワールドなら!
ホテルの希望や、延泊、周遊地のセレクトなど、お客様のご希望にそったプランをご提案致します。

Page up

イタリアの海外旅行・ツアーTOP海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

電話でお問い合わせ電話でお問い合わせ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 北欧旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 中欧旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アイスランド旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 バルト三国旅行 ヨーロッパ旅行
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコール遺跡カンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行特集 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米・中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行 南極旅行
ページのトップへ