国旗

フィリピン

現地ネットワーク

海外旅行・ツアーTop > フィリピンの海外旅行・ツアー > フィリピン エリア情報 > セブ島旅行・ツアー

セブ島Cebu Island

セブ島のツアー

セブ島といえば、直行便が多く運航しており、わずか5時間半で行ける大人気リゾートアイランドです。2019年には新しいリゾートも続々と建設中でますます発展を見せるセブ島ですが、マクタン島のビーチ沿いのホテルに宿泊するプランが定番で、ホテルのプライベートビーチでのんびり過ごすのがお勧め。
2回目以降の方におすすめしたいのが、セブ島南部からボート移動し世界的にも最上級の透明度を誇るブルーウォータースミロンというリゾート。また、セブ島の北部にあるカンダヤというラグジュアリーリゾートではマクタン島には無い、数百mにも及ぶプライベートビーチを楽しめますし、「天国に近い島」と呼ばれるマラパスクアにアクセスもできます。ご滞在プランの選択肢も非常に多いセブ島です。

また、セブ島を訪れたら絶対に参加して頂きたいのが【STW限定のジンベエザメツアー 】です!ジンベエとの遭遇率99%に加え、公式ガイドを連れての当ツアーならジンベエザメとの距離が数センチまで近づいて泳ぐことができる刺激満点のツアーです。日本人スタッフも同行 + 専用のフカフカシートのバスで移動もラクラクです。

セブ島の町はフィリピン最古の町で歴史の香り漂う古き都でもあります。セブ島は1521年にマジェランが来島し、はじめてフィリピンにキリスト教を伝えました。 その故事にまつわるマジェランの十字架やバシリカ風サント・ニーニョ教会、スペイン軍の城砦だったフォートサンペドロ、フィリピン最古のサンカルロス大学、マクタンには、マジェラン記念碑やマジェランと戦った酋長ラプラプ記念碑、ギター工場など、見所がたくさんあります。
街歩きも良し、さらに最先端の大型ショッピングモールも続々とできており、
お買い物をするのも良し、カジノでナイトライフを楽しむのも良し。
直行便利用なら4日間でも3泊できるので、滞在時間が長く楽しめるのもセブ島の魅力です。
魅力が詰まった「もっと楽しいフィリピン」セブ島へ!

セブ島

セブ島おすすめ特集

セブパシフィック航空で行くセブ島
  • ジンベエオプション
  • オワノビーチハウス
  • ソルパ
  • フィリピン厳選ヴィラ
  • フィリピン家族旅行
  • スミロンブルーウォーター

セブ島のお得なツアー

ページのトップへ

セブ島のみどころ

  • 歴史的建造物

    歴史的建造物 セブ・マクタン島内の歴史あふれる建造物にも注目です!
    長い間スペイン統治下にあったフィリピン。
    最古のサントニーニョ教会は、キリスト教徒や観光客でいつも賑わっており、
    日本軍の捕虜収容所として使われた過去があるサンペドロ要塞は、セブ島唯一の憩いの場と化しています。
    知る人ぞ知る英雄!ラプラプの記念碑はマクタン島で見ることが出来ます!

  • 目の前まで接近するジンベエツアー

    目の前まで接近するジンベエツアー 一度は見ておきたい世界最大の魚類、ジンベエザメ!
    シティから車で4時間程度、南端に位置するオスロブは、野生のジンベエザメと泳げる大人気のスポット。
    その遭遇率は99%で、今や奇跡の海とも言われています。
    大きな口を開けて泳ぐ巨大なジンベエザメを目の前に、こんなに近いなんて!と誰もが驚き感動します。
    透明度抜群の海洋保護区、マイナスイオン全開の滝、他にはない穏やかな海辺ランチなど、忘れられない思い出となる事間違いなしです!

  • マリンアクティビティー

    マリンアクティビティー 1年中お得にマリンアクティビティが楽しめるセブ島!
    定番のアイランドピクニック、スノーケル、パラセーリング、今人気のサップなど、
    ビーチで穏やかな海を眺めながらのんびりもいいですが、よりセブ島の海を楽しむには、やはりマリンアクティビティが欠かせない!
    一気に色々なアクティビティを体験したい!という方は、パッケージプランをどうぞ。

  • ダイビング

    ダイビング セブ島は有数のダイビングスポットととしても知られており、世界中からダイバーが集まります!
    アフターダイブも十分満喫出来るため、リピーターも多数!
    ダイビング資格が最短3日間で取得可能、資格が無くても楽しめる体験ダイビングなど、未経験者の方へもお勧めです。
    日本人スタッフ常駐のショップも多いため、英語が苦手な方も安心してご参加頂けます!

  • ナイトスポット

    ナイトスポット セブ島のナイトスポットはカジノだけではありません!
    沈む夕日を追うように、島を繋ぐ2本の橋を潜り抜ける、サンセットクルーズ
    セブ島・マクタン島、運が良ければボホール島まで見渡せる、山頂展望台
    ローカルや観光客で賑わうグルメなナイトマーケットも、所々で見ることが出来ます。
    旅のテーマに最適なナイトスポットをご選択ください!

ページのトップへ

セブ島のおすすめホテル

シャングリラ マクタン アイランド リゾートは、広大な敷地に総面積1500平方メートルのメインプール、三日月型の綺麗な幅広いビーチ、南国風のカジュアルな客室に充実のアメニティとマクタンを代表するデラックスホテルです。
2005年オープンのアジア最大級の氣(チー)スパ・ヴィレッジではさまざまなメニューで遊び疲れた体を癒してくれます
セブ島の情報はこちら

シャングリラ マクタン アイランド リゾート
シャングリラマクタンアイランドリゾート CHI-SPA

爽やかな白を基調とし、インテリアはアースカラーのアクセントを入れた爽快感溢れるスタイリッシュなハイタワーリゾート。マクタン島で一番のホットスポットの「イビザ」レストランではナイトシーンを色鮮やかに彩ります。 キレイに手入れの行き届いたビーチは気取らずのんびりと過ごすことができ、夜になると一転、鮮やかにライトアップされ、お洒落な雰囲気が漂う。 日本人だけが知らない、世界ではハーゲンダッツと同じくらいに有名な、モーベンピックのアイスを食べることが出来るのも、滞在の楽しみの1つ。 夕方の時間帯では甘い物好きにはたまらないチョコレートアワーになり無料で美味しいチョコレートスイーツのサービスがございます。またシャングリラの横に位置をしており、海洋保護区に指定された目の前の海でシュノーケルも外しません。

モーベンピック リゾート&スパ
お部屋 イメージ

アジア特有のコテージタイプ、そしてバリで人気のヴィラタイプのリゾートが2010年マクタン島に完成しました。開放感ある敷地には海風が気持ちよく流れ、1日中爽やかなリゾートライフを楽しむことができます。ヴィラタイプで言えばマクタン島では初といえるプライベートプール付きで1日中リゾートにいても飽きることなく充実感が味わえます。マクタン島内で唯一インフィニティープールを有し、大人から子供まで楽しめるリゾートです。白砂が輝くプライベートビーチは、海洋保護区に指定されている為、生き生きとした魚たちをシュノーケルで眺めることができます。
セブ島の情報はこちら

クリムソンリゾート&スパ・マクタン
クリムゾンリゾート ロックバー
ページのトップへ

セブ島のオプショナルツアー

【日本人ガイド+返金保証で安心・安全】実績・満足度No.1 オリジナルジンベエザメツアー

【ジンベエだけじゃない!!】 スミロン島&口コミ高評価 滝のトレッキングが付いたお得満載ツアー 欲張りさん大必見です!! ≪特集ページ≫ TRIPREX限定ジンベエツアーは【こちら】 【☆3つの魅力的な特典☆】 ①返金補償!ジンベエに遭えなかったらオプショナルツアー代全額補償! ②アギニッドの滝でクライミング体験! ③安心の日本人スタッフ確約! ※送迎車は写真と異なる場合がございます。ご了承ください。(16名乗りバス若しくは9名乗りワゴン車)

ツアー詳細

ツアー代金

大人料金
148.00USD〜
ページのトップへ

セブ島のグルメ

  • ランタウ・フローティング・ネイティブ・レストラン

    ランタウ・フローティング・ネイティブ・レストラン

    セブに来たからには食べておきたいフィリピン料理。
    マリバゴから車で30分ほど南に進んだコルドバにあり、小さなお子様連れのファミリーでも気軽に行ける、アルフレスコスタイルの水上レストランです。
    夕方にはサンセット、夜にはセブシティーの灯りを臨みながらお食事をお楽しみ頂けます

  • イビザ・ビーチクラブ

    イビザ・ビーチクラブ

    モーベンピック内にあるイビザ・ビーチクラブでは、15種類の肉と魚介が味わえるシュラスコが大人気。
    日本未上陸、リッチテイストなモーベンピックアイスクリームも是非ご堪能ください。
    日替わりでライブバンドやダンスショーなどが行われており、ダイニングとエンターテイメントの両方をお楽しみ頂けます。

  • アバカ

    アバカ

    シャングリラやモーベンピックなどリゾートが立ち並ぶプンタエンガニョエリア。
    隠れ家のように佇むアバカブティックリゾート内には、地中海料理レストランがあります。
    その落ち着いた雰囲気は、カップルや成熟したファミリーが大切な時間を過ごすのに最適です。で、是非ご利用下さい。

  • ジョリビー

    ジョリビー

    フィリピンでもっともポピュラーなファーストフードのお店です。世界中どこでもある“マクドナルド”がここフィリピンでNO.1のシェアーを取れないのは、このジョリビーの人気が高いからだそうです。創業は1975年で、元々はアイスクリーム店だったそうですが、現在はフィリピンの他にアメリカ、香港、ベトナム、インドネシア、ブルネイにも進出しています。人気のキャラクターは可愛い目をしたミツバチで、ジョリー(幸せな、陽気な)ビー(ミツバチ)という意味だそうです。 メニューはハンバーガーとフライドチキンがメインで、それ以外にライスやスパゲッティなどがあります。ジョリビーではバナナで作られた「バナナケチャップ」を使用しているため、やや甘めの味付けです。是非一度お試し下さい

  • エニエ

    エニエ

    マクタンを代表するリゾートのひとつ、クリムソン内のスペイン料理レストラン。
    一歩踏み込めば、そこにはスタイリッシュな空間が広がっています。
    温かみのある照明やシーン別に使い分けられるフレキシブルなテーブルスタイルも嬉しい。
    本格的なタパスや、伝統と近代が融合した家庭スペイン料理をお楽しみ頂けます。

  • コウリーコーブ

    コウリーコーブ

    シャングリラ内にあるシーフードレストランで、大人の隠れ家のような雰囲気の中で海が目の前に広がるロケーション。ロマンティックな夜を過ごすなら当レストランで決まり!セブNO1リゾートの施設も楽しみつつお食事と合わせて一石二鳥の満足度。

ページのトップへ

セブ島のショッピング

  • ロビンソンガレリア

    ロビンソンモールはマニラを中心に展開していますが、
    現在はセブ島内にも複数、中でもロビンソンガレリア・セブは一番新しく大きなロビンソンモールです。
    雑貨、ファッション、ボホール島で有名な『BEE FARM CAFE』など飲食店も続々開店中、スーパーマーケットでは良質な食品も揃います。
    AEONキッズスペースやプレイラボ、ホールではイベントも多く、お子様連れでも十分に過ごせます。
    他のモールは広過ぎて見切れない、ちょっと人混みは疲れる、という方にもお勧めです!

  • アヤラセンター・セブ

    アヤラセンターはセブ島ビジネスパークに位置しており、SMモールに次ぐ巨大モールの1つです。
    高級志向なスーパーマーケット『ルスタンス』をはじめ、輸入品ブランドも多く取り揃えています。
    開放的で雰囲気のあるテラスには様々な飲食店が並び、時間を忘れてつい寛いでしまうでしょう。
    以前は富裕層向けというイメージが強かったアヤラセンターですが、最近は観光客向けの土産やファッションも増えています!

  • SMセブシティー

    フィリピン各地に店舗を構える大型ショッピングモールとして、ローカルから観光客まで幅広い客層に支持されています。
    デパート、スーパーマーケット、飲食店、ボーリング場に映画館やスパなど、バラエティー豊かな店舗が揃っています。
    全部周るなら1日は必要かもしれません。
    お土産選びには、名前入りのセブTシャツも手に入る『ISLAND SOUVENIR』や、小物や人気のケアコスメまで揃う『KULTURA』がお勧めです!

  • Jセンターモール

    Jセンターモールは、東横インが隣接する中規模ショッピングモール。
    全体的にリーズナブル!
    ビザの更新が出来る移民局があるため、外国人客の出入りも多く、『MANGO REPUBLIC』などの人気お土産店も入っています。
    2018年にオープンしたフードコートはポップな造りで、写真映えスポットとしても人気です。
    フィリピン料理のみならず、多国籍料理をご堪能頂けます!

  • SMシーサイド

    世界最大級と言われるショッピングモールSMシーサイドは、その名の通り海の目の前。
    800店以上が入っていると言われ、その広さはなんと東京ドーム10個分に相当するとか。
    一番の魅力は、広さを生かした娯楽施設。
    映画館やボーリング場はもちろん、遊具が豊富で景色のいいスカイパーク、セブ島初のスケートリンクまで!
    買い物、食事、遊び、本当に一日中楽しめるショッピングモールです!

ページのトップへ

セブ島の旅行記

ページのトップへ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 ジョージア旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アゼルバイジャン旅行 アルメニア旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 ベネルクス旅行 コーカサス三国旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行 タンザニア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 南極旅行
ページのトップへ