国旗

アゼルバイジャン

海外旅行・ツアーTop > アゼルバイジャンの海外旅行・ツアー > アゼルバイジャン エリア情報 > バクー旅行・ツアー

バクーBaku

バクーのツアー

カスピ海に突き出たアプシェロン半島の南に位置するバクーは、人口200万人を超えるコーカサスで最大の町。カスピ海で採取される石油が経済を支えていて、急速に近代化を進んでいる『第二のドバイ』ともいえる場所。
かつてはシルクロードの中継地として隊商たちが行き交わった町でした。
土色の城壁に囲まれた旧市街には、イスラムのモスクやミナレットが立ち、当時の面影を今に伝えている。町がどれほど近代化されても、ここには数百年前と変わらない空気が漂っている。

バクー

バクーのお得なツアー

ページのトップへ

バクーのみどころ

  • フレーム・タワーズ

    フレーム・タワーズ アゼルバイジャンのバクーにある高層ビルのトリオで最も高い塔の高さは182 m。
    炎を表す塔は、アゼルバイジャンのゾロアスター教におけるアフラマツダの兆候としての火と、預言者ゾロアスターの生誕地としてのアゼルバイジャンの象徴。

  • 乙女の塔

    乙女の塔 「グズガラスゥ」の名で親しまれるバクーのシンボル。
    拝火教寺院として最初に塔が建てられたのは紀元前5世紀のことで、塔は要塞の役割も果たしていました。 高さは30メートルの塔は12世紀に建て直されたものです。塔の名前の由来には望まない結婚を強要された少女がこの塔からカスピ海に身を投げたため、など諸説があります。
    内部はバクーや塔の歴史に触れられる小さな博物館となっており、塔の屋上からはカスピ海と町の様子を眺めることができます。2000年、シルヴァンシャー宮殿と共にユネスコの世界遺産に登録されています。

  • シルヴァンシャフ宮殿

    シルヴァンシャフ宮殿 15世紀に建造されたアゼルバイジャン初の世界遺産。ディワンハーネ、ハーレム、ハマム、そしてモスクなどから形成され、16世紀までこの地を支配したシルヴァンシャー朝の王宮として使用されていました。2000年のバクー大地震により一時は危機遺産となりましたが、その後の復旧工事が行われ危機遺産リストから脱しています。現在、1920年に改修された宮殿部分が、博物館として一般に公開されています。

  • アゼルバイジャン歴史博物館

    アゼルバイジャン歴史博物館 2008年春にリニューアルオープンした歴史博物館。もとは石油王ハジ・ ゼイナラブディン・タギエフの邸宅として建てられた建物です。古代から現代までアゼルバイジャンの歴史が、分かりやすく展示紹介されています。

  • アゼルバイジャン絨毯博物館

    アゼルバイジャン絨毯博物館 外観の見た目ですぐわかる絨毯の博物館。

    3階建で、古いものから新しいスタイリッシュなものまでたくさんのカーペットが展示されています。
    カーペットの織り方を動画で紹介していたり、外観のカーペットの丸みの部分を生かした展示をしている、一見の価値ありの博物館!

  • 殉教者の小道

    殉教者の小道 殉教者の小道は、ソ連崩壊時の戦乱や隣国アルメニアとの戦争における犠牲者を祀った場所。
    たくさんのお墓には犠牲者の生前の姿が彫られており、その多くが若者であり、女性のお墓もあることが窺えます。今のアゼルバイジャンの発展までにはこういった悲しい歴史もあったことを殉教者の小道は教えてくれます。
    犠牲者に哀悼の意を捧げながら墓石の道を抜けると高台があり、カスピ海とバクーの街を一望することができるので、歴史に思いを馳せながら絶景を堪能いただけます。

  • ヘイダル・アリエフ・センター

    ヘイダル・アリエフ・センター ヘイダル・アリエフ・センターはアゼルバイジャンの前大統領名を冠した文化複合施設で、アゼルバイジャンの歴史を学ぶことができたり、近代の街並みを再現した展示もある、アゼルバイジャンの首都バクーのランドマークとなる観光地。ヘイダル・アリエフ・センターをデザインしたのは、2020年東京オリンピックにて新国立競技場のデザインコンペで最優秀賞に輝いた女性建築家、ザハ・ハディド氏。

  • 海岸公園

    海岸公園 カスピ海に沿って,弧を描くように続く海岸公園は、遊歩道やベンチなどもあり、ちょっと休憩して公園の自然に触れてみたり、ウォーキング・ジョギングをすることもできます。
    公園の中には小さい遊園地やカフェ・屋台・レストラン、ショッピングモールなどもあり大人も子供も楽しめる人気の観光地!

  • カスピ海クルーズ

    カスピ海クルーズ カスピ海側からみるバクーはひと味違うと言われる。
    海岸公園にあるショッピングセンター「パーク・ブルバール」前から「EuroVision 2012」が行われたクリスタルホール付近までの往復するコース。1 回 30 分で3マナト。

  • ケーブルカー

    ケーブルカー フレームタワーに行く際に利用すると便利なケーブルカー

  • アテシュギャーフ(拝火教寺院)

    アテシュギャーフ(拝火教寺院) バクー郊外にある18世紀に商人としてこの地に住んでいたパルシーと呼ばれるインドのゾロアスター教徒によって造られた寺院。かつては地表に沸く天然ガスが自然発火したことから、火を崇拝するゾロアスター教徒に聖地として見なされていました。インド北部、現在のトルコ、シリア地方を結ぶルートの中継地としても栄えました。

  • ゴブスタン

    ゴブスタン バクーの南西へ約 60km のところに広がる石器時代からの遺産。こちらの文化的景観は2007 年に世界文化遺産に登録された。
    100平方km に渡って無数の洞窟が分布して
    いる。調査によれば1万年前からこの地には人が生活しており,彼らの生活の様子が無数に描かれた岩絵から窺い知ることができる。岩絵に描かれているのは, 太古の人類や動物, 戦い,宗教的な舞踏, 闘牛, 武装した漕ぎ手の乗る小舟, 槍を携えた戦士, ラクダの隊商, 太陽や星々など多彩である。また,中にはローマのポンペイウスがこの地へ遠征したとき,彼の部下の残した落書きもある。
    当遺跡の入り口付近にあるベンチほどの大きさの石は,ガワルダシュと呼ばれるその反響性を利用した石の楽器があり,叩くとおもしろい音がする。
    この遺跡に向かう途中に博物館があるため,
    ここで岩山遺跡一帯への入場券を購入する必要がある。この博物館では, ゴブスタ
    ンの歴史や岩絵の解釈について英語で展示説明がなされている。
    また, ゴブスタンの遺跡から少し離れたところには, 泥火山が存在する。地下から
    噴出する天然ガスにより泥が泡立ち, マグマがたぎっているように見える。

  • ヤナル・ダグ

    ヤナル・ダグ バクーの北 25 ㎞,ビナガディン地区にあり、車で 30 分程度の距離。ヤナル・ダグとは燃える丘の意味で, 石油採掘場近くにある小高い丘の地中から, 天然ガスが地表の割れ目から噴出し, それが自然発火することで 2000 年もの間絶えること無く燃え続けていると言われている。

  • マサズィル・ギュル湖

    マサズィル・ギュル湖 バクーの北,車で 30 分ほどの距離に位置する湖。この湖の水に含まれるヨード成分のため,湖面がピンク色のように見えることで有名。時間帯によっては紫色に見えたりもする。他の時間帯に比べ,早朝が一番ピンクに見えるという。季節や時間によって, ピンクに見えないこともある。
    湖では塩の生産が盛んで,湖の周りにはたくさんの塩山がある。現在,柵で囲まれ,湖の近くには行けない。

ページのトップへ

バクーのグルメ

  • Anadolu Restaurant

    Anadolu Restaurant

    地元にも大人気のピザからアゼルバイジャンの様々な料理まで楽しめるカジュアルなレストラン。メニューの種類も豊富で写真付きで英語で案内があるので、安心。
    お勧めはナスのサラダのMahran canarとスープギョウザのDushbaraと野菜の肉巻のMixed Dolmaやアゼルバイジャン風ピラフのShah pilafなど

  • Firuze restaurant

    Firuze restaurant

    噴水公園近くのキャラバンサライのような地下室のレストラン。お勧めは肉と野菜の平鍋焼きサージやピラフ。

  • パーク・ブルヴァードのフードコート

    パーク・ブルヴァードのフードコート

    海岸公園にあるショッピングセンターの3階にあるフードコード。アゼルバイジャン料理をはじめ、トルコ料理やハンバーガーやフライドチキンや寿司まであり手軽な値段が魅力的。

  • Old School Cafe and Shop

    Old School Cafe and Shop

    アゼルバイジャン子に人気なおしゃれなパブ。店内の雰囲気が良く、ゆっくりできるので人気。

  • KATSU

    KATSU

    バクーのメインストリートにある日本人オーナーのとても美味しいと評判の日本食レストラン。寿司やカツ丼やたこ焼きやラーメンなど様々なメニューがあり地元にも人気。

  • Otto Club

    Otto Club

    20代の若者に人気なクラブ。ピップホップがお好きな方にお勧めです。

  • 1033 Club

    1033 Club

    大人に人気のクラブ。

ページのトップへ

バクーのショッピング

  • ショッピングモール「Park Bulvar」

    海浜公園にあるショッピングモール「Park Bulvar」には有名なお店も出店しているので、買い物も思う存分楽しむことができますし、レストランや映画館まであります。

ページのトップへ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 ロシア旅行 ジョージア旅行 アゼルバイジャン旅行 アルメニア旅行 ウズベキスタン旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 東欧旅行 ベネルクス旅行 コーカサス三国旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行 タンザニア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行 ブルネイ旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 南極旅行
ページのトップへ