海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

Poland
Poland
クラクフ観光ガイド

はじめての旅行でも大丈夫!
中世の街並みが美しいクラコフの観光地、名所、見所、ホテル全部まとめてご紹介します。

クラクフとは
クラクフはかつてはポーランドの首都として繁栄した都市です。中世時代の面影を残す旧市街は 1978年に世界遺産に登録されました。第二次世界大戦時にポーランドはドイツに占領されたましたが、クラクフは奇跡的に壊滅的なダメージを受けることなく、昔ながら美しい街並みが残されました。歴史に彩られたクラクフの古い街は、あてもなく歩いているだけでも、中世にタイムスリップしたかのような美しい街です。また、クラクフからはヴィエリチカ岩塩坑やアウシュビッツといった世界遺産へのデイトリップも可能。街並み・歴史・世界遺産など様々な魅力がつまったクラクフをご紹介します。
行き方と日数
クラクフへは直行便は就航しておらず、飛行機で入る場合は経由便となります。
成田発ワルシャワ経由のLOTポーランド航空を利用すると、約15時間程で到着します。
クラクフ市内自体は1日でも見て回ることができますが、ヴィエリチカやアウシュビッツ等の世界遺産にもいかれる場合は、2~3日必要となります。
ワルシャワからの電車で入る場合は、高速鉄道で約2時間半ほどです。
クラクフの楽しみ方

クラクフの楽しみ方

How fun

クラクフの楽しみ方

絶対に外せない観光スポットや、クラクフで今話題のエリアをご紹介します

  • クラクフの名所
  • Attractions

クラクフ旧市街(クラクフ歴史地区/世界遺産)

旧市街の街並み旧市街の街並み
街並みとフロリアンカ門街並みとフロリアンカ門
入り口が可愛いピエロギの店入り口が可愛いピエロギの店

クラコフ旧市街は最初に登録された世界遺産12個の内の1つです。戦禍を免れて残ったこの街並みは、日本でいう京都のような古都。ドイツ占領時に総督府が置かれたため、街が破壊されずに残ったそうです。クラクフは中世時代は城壁で囲まれた城塞都市で、この城壁は破られたことがないとか。現在はほとんど残っておりませんが、旧市街北のフロリアンカ門や円形の砦バルバカンで当時の様子を垣間見ることができます。

STWスタッフおすすめポイント
ヨーロッパらしい中世の面影残る古い街並みはもちろん、市内を走るレトロな路面電車も情緒を感じる美しい街です♪街自体がコンパクトなので観光も徒歩で回ることができます。
おすすめオプショナルツアー
  • おすすめオプショナルツアー
  • 【日本語アシスタント付 プライベートツアー】クラクフ半日観光 *KRK001

クラクフ旧市街へ行く おすすめツアー

おすすめツアー

 

ヴァヴェル城(ヴァヴェル大聖堂・旧王宮)

ヴァヴェル大聖堂ヴァヴェル大聖堂
春や夏は花が咲いて綺麗です春や夏は花が咲いて綺麗です
ヴィスワ川から望むヴァヴェル城ヴィスワ川から望むヴァヴェル城

旧市街の南に位置しているヴァヴェル城・ヴァヴェル大聖堂。16世紀末にワルシャワに首都が移るまでは ここに歴代のポーランドの王様が居城し、大聖堂では戴冠式なども行われました。城壁の中に大聖堂や王宮が あります。大聖堂の中には数々の国王の棺や、ポーランドにおいて英雄と言われている人々のお墓もあり、ここの権威の高さを感じることができます。外から見た黄金のドームも必見です。

STWスタッフおすすめポイント
ヴァヴェル城の近くを流れるヴィスワ川沿いは緑が多く、観光の途中休憩にぴったり♪少し歩くと川と城がきれいに映る写真を撮ることができるので、川沿いの散歩もおすすめです!

中央広場

中央広場を囲む中世の建物中央広場を囲む中世の建物
旧市庁舎の塔旧市庁舎の塔
聖マリア教会聖マリア教会

旧市街の中心に位置する中央広場は、中世の時代から残っているものとしては、ヨーロッパ最大の大きさを 誇り、広場を囲むようにたくさんのレストランやカフェが立ち並んでいます。この歴史ある広場や 昔ながらの建物を眺めながらのお食事はいかがでしょうか?広場には1時間に一度ラッパの音がなる 聖マリア教会や、旧市庁舎の塔など見所がたくさんあります。広場の真ん中には織物会館という、 衣服や布地の交易所が、今はお土産屋さんやアクセサリーショップなった建物もあります。

STWスタッフおすすめポイント
中央広場の建物は夜はライトアップされて綺麗です♪夜の中央広場もぜひ訪れてみてください。観光地の中心のため夜でも人も多く安心です。夕食を食べた後にゆっくりと夜の街並みを楽しまれてはいかがでしょう??

話題沸騰中!カジミエシュ地区

可愛いカフェがたくさん可愛いカフェがたくさん
ユダヤ人のお店を再現ユダヤ人のお店を再現
ポーランドらしいアルコール専門店ポーランドらしいアルコール専門店

カジミエシュ地区は、旧市街から南東に下った場所にあります。この地区は、もともとカジミエシュ大王 によって作られたクラクフとは別の街で、彼がユダヤ人の保護に熱心だったことから、多くのユダヤ人がこの街に移り住むこととなり、第二次世界大戦までユダヤ人街として栄えました。今でもシナゴーグというユダヤ教の集会所が残っていたり、ユダヤの商店を再現した建物があります。レトロなカフェやおしゃれなバーなどもこの地区にたくさんでき、地元の若い人たちでにぎわう地元でも話題のエリアです。旧市街とは異なる独特の雰囲気があるので、ぜひ行ってみてください♪旧市街から歩くと20~30分程かかりますので、路面電車の利用がおすすめです。

STWスタッフおすすめポイント
ヨーロッパの多くの街でユダヤ人街やゲットーなどは残っておりますが、ここはその中でも特にユダヤ文化を色濃く感じます。ヘブライ文字などが使われていたり、再現ですがユダヤの商店があったりと、旧市街とは全く違う雰囲気ですが、治安が悪い様子はないです。
クラコフから日帰りで世界遺産へ

クラコフから日帰りで世界遺産へ

Heritage

クラコフから日帰りで世界遺産へ

日帰りで行けるクラクフ周辺の世界遺産も観光しに行きましょう

ヴィエリチカ岩塩坑

ヴィエリチカ岩塩坑とは
ヴェエリチカ岩塩坑はクラコフ郊外にある岩塩の採掘所で、世界遺産として登録されています。
旧市街同様こちらも世界で最初に登録された12の世界遺産の1つです!ヴィエリチカ岩塩坑は13世紀頃から稼働をしており、岩塩の輸出によって富をもたらすポーランドにとっては非常に重要なものでした。現在は商業用の採掘は禁止されており、観光用にオープンしています。内部は個人で見て回ることはできないため、ガイドツアーに参加しなければいけません。A4サイズ以上の荷物は持ち込めず、預り所に預ける必要があります。
行き方
クラコフ市内からだと、クラコフ本駅から電車で約30分、その後徒歩10分程。バスを利用する場合は、クラコフ本駅近くから出発の直通便があり、約40分程となります。バスで行けば降り場からすぐ岩塩坑の入り口があります。
  • ヴィエリチカ岩塩坑の見所
  • Attractions

岩塩坑内

入口入口
坑道内は崩れないよう木材で補強されている坑道内は崩れないよう木材で補強されている
坑道内で高いところでは高さ30m以上ある場所も坑道内で高いところでは高さ30m以上ある場所も

ヴィエリチカ岩塩坑は、深さは地下325メートル、全長は300キロ以上あります。観光ができるのは その中の約3キロほどですので、全体の1%に過ぎません。それでもガイドツアーの所要時間は約2時間ほどかかります。ツアーの最初に地下へと階段で下っていきますが、ここで380段(地下64メートル)、最終的には 地下135メートルまで進みます。中の気温は夏場でも14~16度ですので、羽織るものがあると便利です。

見学のポイント
休憩の途中でお土産を買うこともできます。迷っているとあっという間に休憩が終わってしまいますが、ツアー終了後出口でも購入できますのでご安心ください。料理用の塩やバスソルトなどいろいろなものがありますので、日本へのお土産にぴったりです♪

聖キンガ礼拝堂

聖キンガ礼拝堂聖キンガ礼拝堂
岩塩でできた祭壇岩塩でできた祭壇
床・シャンデリア・壁のレリーフすべて岩塩でできている床・シャンデリア・壁のレリーフすべて岩塩でできている

一番の見所が「聖キンガ礼拝堂」です。地下約100メートルの場所にあるこの礼拝堂は、シャンデリアや 祭壇、床も壁もすべて岩塩で作られていています。ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」のレリーフもあり、これも塩で作られています。さらに驚くべきことにこれらを作り上げたのは芸術家や彫刻家ではなく、実際に働ていた抗夫だったのです!そうとは信じられないくらい精巧に作られています。

見学のポイント
坑道内は基本的に撮影自由ですが、礼拝堂のみ有料で、10ズウォッティ(約300円)の支払いが必要です。非常にきれいなので、支払う価値は十分にあります!

様々なオブジェやモニュメント

採掘した岩塩は俵形にして運搬採掘した岩塩は俵形にして運搬
人力の運搬機人力の運搬機
王女キンガと指輪の伝説のモニュメント王女キンガと指輪の伝説のモニュメント

当時の採掘の様子を表すオブジェが置かれており、どうやって採掘していたのか、また採掘した岩塩の運搬法なども知ることができます。重機などはもちろんなかった13世紀頃から、重い岩塩を人力で地上に運搬をしていたため、大変な作業だったようです。途中から馬も使われたそうです。かつてここを訪れたというコペルニクスの像や、教会などもあります。

見学のポイント
実際に運搬機を動かしてみる体験もできます。意外と簡単ですが、毎日やることを考えると重労働だったことでしょう。オブジェや礼拝堂などは作業員の安全を願ってという意味もあるそうです。
おすすめオプショナルツアー
  • おすすめオプショナルツアー
  • 【日本語アシスタント付 プライベートツアー】ヴィエリチカ岩塩坑 半日観光(公共交通機関利用)*KRK002

ヴィエリチカ岩塩坑へ行くおすすめツアー

おすすめツアー

 

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所とは
「アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所」は、第二次世界大戦時にユダヤ人に強制労働をさせ、最大級の犠牲者を出した収容所です。クラクフから50km程離れたオシフィエンチムという街にあり、元々はポーランドの反ナチスの活動家などを収容されていましたが、次第にユダヤ人の強制収容所へと変わっていきました。第二次世界大戦下で、ナチスドイツはユダヤ人の絶滅を最終目標としており、多くのユダヤ人達がここで虐殺されました。1972年に博物館として世界遺産に登録され、日本の原爆ドームと同じように、人類の負の遺産と言われています。当時の写真や書類などが展示されていたり、収容所に入れられた人々の物が置かれていたりと、ショッキングな内容となっておりますが、戦争時に行われた悲劇の歴史を知るためにも訪れてみてはいかがでしょうか。アウシュビッツ博物館には様々な資料や写真などが展示されており、ビルケナウではユダヤ人達の居住棟や列車の線路などが見学できます。
行き方
クラクフ市内からだと、バスを利用すると約1時間半で博物館の入り口に到着します。鉄道の場合はクラコフ本駅からオシフィエンチム駅まで約1時間45分、そこから徒歩だと20分程、もしくはバスやタクシーとなりますので、バスがおすすめです。
  • アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所の見所
  • Attractions

アウシュビッツ博物館

「働けば自由になる」と書かれている「働けば自由になる」と書かれている
高圧電流が流れていた鉄条網高圧電流が流れていた鉄条網
各建物に様々な展示や写真が置かれています各建物に様々な展示や写真が置かれています

博物館には大きい荷物は持ち込めないので、預り所に預けての見学となります。収容所の門には「ARBEIT MACHT FREI(働けば自由になる)」と書かれていますが、実際はいくら働いても 自由になることはありませんでした。逃げ出したくても収容所の周りの鉄条網には高圧電流が流れており、脱走はほぼ不可能でした。よく見るとBの文字逆になっていますが、これは作成した囚人のせめての反抗とも 言われています。当時の写真や、収容された人々のカバンや靴なども展示されています。

見学のポイント
入場前の売店にて博物館の日本語の案内書を購入することができます。地図や写真付きで解説がされてあり、こちらをもっての見学だと、より深く内容を知ることができるのでお勧めです。

ビルケナウ収容所

死の門へと続く線路死の門へと続く線路
移送に使われた窓のない列車移送に使われた窓のない列車
1段に5~6人が寝ていたベッド1段に5~6人が寝ていたベッド

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所と言いますが、様々な展示があるアウシュビッツ博物館と ビルケナウ収容所は少し離れており、シャトルバスでの移動となります。アウシュビッツ収容所で入りきらなくなったため、あとから建てられました。内部まで電車の路線が引き込まれ、ここの門は死の門と言われています。広大な土地に無数の収容者の居住棟があり、内部を見ることもでき、非常に劣悪な環境だったことが分かります。ドイツ軍が撤退するときに証拠隠滅のため、建物は破壊をしていきましたが、破壊された建物も 残っています。

見学のポイント
アウシュビッツ博物館からビルケナウまでのシャトルバスは時間帯により本数が異なります。利用する場合は、博物館の見学の前に時間を確認しておきましょう。
おすすめオプショナルツアー
  • おすすめオプショナルツアー
  • 【日本語アシスタント付 プライベートツアー】アウシュビッツ=ビルケナウ博物館(公共交通機関利用)*KRK004

ヴィエリチカ岩塩坑へ行くおすすめツアー

おすすめツアー

 

クラクフ人気オプショナルツアー

クラクフ観光はおまかせ

クラクフ人気オプショナルツアー

Optional tour

クラクフ人気オプショナルツアー

オプショナルツアーで効率よく観光しましょう

【日本語アシスタント付 プライベートツアー】アウシュビッツ=ビルケナウ&ヴィエリチカ岩塩坑 終日観光
【日本語アシスタント付 プライベートツアー】アウシュビッツ=ビルケナウ&ヴィエリチカ岩塩坑 終日観光
アウシュビッツ・ヴィエリチカ2つの世界遺産を1日で訪れるプランもあります!日本語で詳しく解説を聞くことができますので、とてもおすすめです!プライベートの専用車で回りますので、他のお客様を気にすることなく、効率的に観光が可能です♪
【日本語アシスタント付 プライベートツアー】クラクフ半日観光
【日本語アシスタント付 プライベートツアー】クラクフ半日観光
旧市街やヴァヴェル城といった、クラコウで見逃せない観光スポットを、プライベートガイドがご案内します。街の歴史や教会のエピソードなど、自分達だけで観光すると分からないことをたくさん知ることができます♪クラコフのことだけでなく、ポーランドのことなども聞いてみましょう。
【日本語アシスタント付 プライベートツアー】ヴィエリチカ岩塩坑 半日観光(公共交通機関利用)
【日本語アシスタント付 プライベートツアー】ヴィエリチカ岩塩坑 半日観光(公共交通機関利用)
ヴィエリチカは、個人でも行くことができますが、内部のガイドツアーに日本語はありません。こちらのツアーは案内になれた日本語ガイドが詳しくご案内します。また、ガイドと一緒なのでバスや鉄道の移動も安心です♪
【日本語アシスタント付 プライベートツアー】アウシュビッツ=ビルケナウ博物館 (公共交通機関利用)
【日本語アシスタント付 プライベートツアー】アウシュビッツ=ビルケナウ博物館 (公共交通機関利用)
アウシュビッツも日本語のツアーはありません。展示品にはポーランド語の他に英語も書かれてはいますが、ガイドはそこに書かれていない情報まで詳しく説明いたします。人類の負の歴史をしっかり学ぶためにもオプショナルツアーがオススメです!
クラクフおすすめホテル

クラクフ観光に最適!

クラクフおすすめホテル

Recommended hotels

クラクフおすすめホテル

クラクフのおすすめホテルをご紹介します

グランドホテル
グランドホテル
グランドホテル
グランドホテル
GRAND HOTEL

ホテルランク ★★★★★

旧市街の中心に位置する豪華5つ星ホテル

旧市街の中心にある立地抜群のホテルです。5つ星ホテルにふさわしく高級感があり、周辺にはレストランやバーもたくさんあります。立地もホテルも両方最高級です。

  • こんな方に
    おすすめ
    • 女子旅
    • ハネムーン
    • カップル
フランクスキ
フランクスキ
フランクスキ
フランクスキ
FRANCUSKI

ホテルランク ★★★★☆

フロリアンスカ門近くのクラシカルな4つ星ホテル

旧市街の城壁内にあるため、観光には非常に便利な場所にあります。 館内はヨーロッパの雰囲気を感じるクラシカルな作りとなっています。

  • こんな方に
    おすすめ
    • カップル
    • ハネムーン
ウィーン ハウス アンデルズ クラクフ
ウィーン ハウス アンデルズ クラクフ
ウィーン ハウス アンデルズ クラクフ
ウィーン ハウス アンデルズ クラクフ
VIENNA HOUSE ANDEL'S CRACOW

ホテルランク ★★★★☆

クラコフ駅すぐそばのお洒落な4つ星ホテル

クラコフ本駅から徒歩5分程の好立地にあるホテル。お洒落でとてもスタイリッシュなホテルです。旧市街までも歩いて10分程です。

  • こんな方に
    おすすめ
    • 女子旅
    • カップル
    • ひとり旅
周遊ツアー

クラクフ観光と合わせて!

周遊ツアー

Excursion

周遊ツアー

STWなら他の都市とのアレンジも自由自在です♪

ポーランド国内周遊
ポーランド国内周遊
せっかくのポーランドならば、ワルシャワとクラクフは外せません。
クラクフ旅行記

クラクフ旅行記

Travel note

クラクフ旅行記

STWスタッフが実際に足を運び、その体験を日記にまとめました

もっとポーランドを詳しく知ろう!

ホテルの希望や、延泊、周遊地のセレクトなど、お客様のご希望にそったオーダーメイドプランもご提案致します。

pagetop

ポーランド海外旅行・ツアーTOP / 海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

電話でお問い合わせ電話でお問い合わせ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 ジョージア旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アゼルバイジャン旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 ベネルクス旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行 タンザニア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 南極旅行
ページのトップへ