ファヴィニャーナ旅行・ツアー

  • 閲覧履歴

    閲覧履歴

    最近見たツアー

  • お気に入り

    お気に入り

    お気に入りツアー

    選択したツアーを一括で
    お問い合わせできます(最大5件)

  • 検索

ファヴィニャーナ イタリアの国旗

イタリア好きなら誰もが憧れるシチリア島。そこに絶景とも呼べる透明度の高い青い海ファヴィニャーナ島があることをご存じですか?メディアで取り上げられた際、海があまりにも綺麗すぎてボートが宙に浮いているように見えると話題を呼んだ場所です。のんびりとバカンスを楽しみ、シチリアならではのお魚、貝をはじめ海の幸を楽しみ、太陽の恵みが与えてくれたレモンやトマトを堪能!シチリアン・イタリアリゾートを楽しんでみませんか?ファヴィニャーナ島は国際空港パレルモから送迎車でおよそ1時間ほどで港町、トラーパニへ到着。その後僅か30分のフェリーにて、ファビニャーナ島上陸となります。観光シーズンは、ビーチということもあり夏場の6~10月のみで、一般的には日帰り旅行がおすすめです。島自体は小さく、自転車を借りてレンタサイクルがおすすめです。シチリアで有名なレモンや海産物が有名ですので、滞在中は是非シーフードレストランにてランチをお楽しみいただくのが最もおすすめです。

ツアーを探す

  • 出発地

    出発地を選択

  • 目的地

    エリアを選択

  • 出発日

詳細条件で検索する

ファヴィニャーナの 特集・キャンペーン

一覧を見る
特集・キャンペーン 一覧を見る

ファヴィニャーナとよく比較される旅行先

ファヴィニャーナの 旅行記

一覧を見る
旅行記 一覧を見る

ファビニャーナ島何する?

絶景ビーチに行く

ファビニャーナ島の絶景ビーチと言えば「カラ・ロッサ」。港からレンタル自転車を借りて走ること30分ほどで到着します。道はわかりやすく、ビーチへの案内板もあるので特に迷いません。自転車は高台の崖の上に止めていざビーチへ。その前に崖の上からの絶景を写真に収めましょう。ちょうど太陽を真上にある正午前後、風のないべたなぎ状態であればボートが宙に浮いて見える絶景が見れるかもしれません。朝いちばんだと太陽の位置とプレジャーボートが停泊していない可能性があるので絶景撮影はタイミングを見計らってみてください。「カラ・ロッサ」はトイレがありませんのでご注意を。「カラ・ロッサ」から自転車で10~15分ほどの場所に別の有名なビーチ「カラ・アズッロ」があります。こちらは「カラ・ロッサ」のごつごつした云わばと違って白い砂浜があるので海水浴にはこちらのほうが適しているかもしれません。またイタリアならではのコーヒーショップのバールもありましたので軽食、トイレには困らないので便利です。季節は6月初旬はまだ肌寒い日もありますが6月ぐらいから10月初旬ぐらいまで十分泳げます。夏は天候が安定しておりますがせっかく来ても雨ならすべてが残念になってしまうので2日間は時間を取って過ごしてみてください。

食を楽しむ(ファビニャーナ・トラーパニ)

シチリアならではのファビニャーナ島では新鮮なシーフードがとても人気。とくに日本人にはおなじみのマグロが有名です。マグロは生でカルパッチョにしたりボッタルガと呼ばれるカラスミはパスタなどに入れて食べます。シーフードだけでなく太陽の恵みが与えてくれたレモンをはじめとする柑橘系や野菜、特にトマトは絶品です。太陽の光が強いので糖質を多く含む果物や野菜ができるようです。シチリアはピスタチオも有名でパスタやカルパッチョに細かく砕いてふりかけます。ジェラートもシチリア産のピスタチオはじめアーモンドがとてもおいしいので是非、食べてみてください。ファビニャーナ島はリゾート地だけあってちょっと物価は高いのですが、対岸のシチリア島トラーパニはファビニャーナ島に比べるとレストランもリーズナブルになります。イタリア本土のかたもバカンス時期はシチリアで新鮮なシーフードを食べることが最高のようです。ムール貝のたっぷり入ったペスカトーレ、新鮮ウニパスタ、いわしのパスタはシチリアならではの食事です。新鮮なシーフードと冷えた白ワインで食を堪能してみてはいかがでしょうか?

ファビニャーナ島 知って得する情報

レンタサイクル・フェリー

フェリー乗り場はたくさんのフェリーが発着、そして夏場は人が多いので出港30分ぐらい前には到着するようにしましょう。トラーパニから約30分でファビニャーナ島に到着しますが船に弱い方は念のために酔い止めを持っていくと安心です。港に到着すると数軒レンタサイクルのお店があるので店をのぞいて借りてみましょう。片言の英語で十分借りれます。普通の自転車が苦手な人用に電動自転車のあるお店もありました。

あると便利な持ち物

日差しが強いのでサングラス、帽子、リュック、日焼け止めクリームはあると便利ですね。レンタサイクルでは多少、坂もありますのでスニーカーを履いて運転したほうが怪我の心配もなくていいでしょう。ビーチサンダルは持参したほうがいいですね。ビーチについたらなにもないのでコンパクトなレジャーシート、お水、おやつがあるといいですね。港のバール(コーヒーショップ)でパニーニをテイクアウトして持っていけばお昼もビーチでゆっくりと食べられます。イタリアンなバカンスが楽しめますね。

ファビニャーナ島へ行くツアーはこちら

ファビニャーナ島へ行くツアー

TravelEmotion

驚きと感動の体験を
すべての旅人へ

STWは豊富な海外視察経験と
世界30支店以上のネットワークを
持っています。

STWの旅が満足できる理由

旅のコンシェルジュ

Travel Concierge

理想のご旅行プランをお聞かせください!

お客様の理想の旅を渡航経験豊富なコンシェルジュがオーダーメイドでご提案。
メールや電話、ご来店のほか、ご自宅からオンラインでもご相談いただけます。

お問い合わせはこちら オンライン旅行相談はこちら