絶景!美しすぎるビーチ シチリア・ファビニャーナ島 | イタリアの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

絶景!美しすぎるビーチ シチリア・ファビニャーナ島

エリア
ファビニャーナ島
/イタリア
テーマ
現地情報
時期
2016/07/08~2016/07/10
投稿日
2016/7/12
更新日
2017/10/6
投稿者
北村和将

 イタリア・ローマ在住の私、北村は今回バルセロナ在住の増田支店長とシチリアのファビニャーナ島、トラーパニ、パレルモ視察へ行ってきました。

 
 ボートが宙に浮いて見えるほど透明度の高いこの海は日本のCMで撮影されたことでも有名です。実際には・・・感動するほどきれいな海でした。きれいな海だけでなくイタリアならではの美味しい食事にも出会えオススメのツアーになります。
 
 ビーチ良し、アクセス良し、食事良し、だけど・・・日本では情報が少ない・・・地中海シチリア、エガディ諸島のファビニャーナ島。
じっくり旅日記をご覧ください。

スタッフおすすめ!お得ツアー

★世界が驚いた話題の島★船が浮いて見える!?美しすぎる絶景ファビニャーナ島を訪れる♪港町トラパニ&エキゾチックなパレルモ滞在6日間

成田発

★世界が驚いた話題の島★船が浮いて見える!?美しすぎる絶景ファビニャーナ島を訪れる♪港町トラパニ&エキゾチックなパレルモ滞在6日間

日数:6日間  
旅行代金:251,800円~332,800ツアーはこちら

  • トラーパニからファビニャーナ島までは僅か30分!

    • インターネットの引換書をチケットに変えていざ出発!

    • 港はこんな感じで出発30分以上前に並ぶのがベスト

    • 揺れもなく、僅か30分でファビニャーナ島に到着

    • 港には採れたての新鮮な魚、エビが売られていてます。海の幸!

     国際空港パレルモから送迎車でおよそ1時間ほどで港町、トラーパニへ到着。2泊はトラーパニに宿泊し、1日日帰りでファビニャーナ島を満喫するプランになります。 

     トラーパニは小さな港町でどこのホテルからも港までは徒歩圏内なので水着のまま出発。島ではレンタル自転車がオススメなのでリュックがベストです。ホテルに貴重品を預け、水、タオル、日焼け止め、サングラスはあれば便利グッズです。

     僕らは朝、8:30の船だったため早めに港に行き、インターネットの引換書を販売窓口でチケットに変えました。

     前日の下見では20分前に来るようにと言われましたが念のため早めに行ったほうがいいですね。(余った時間は目の前のバールでエスプレッソコーヒータイム)
     チケットには船の名前「カリプソ号」と明記されているのでその船が到着するまで並びます。船は指定席ではなく、今回の便も満席でしたので早め並んでいたのでベストな席が取れました。

    僅か30分の船旅。6月~10月は天候も安定しているので船酔いの心配もありません。

  • ファビニャーナ島では自転車周遊がベスト!

    • 島では自転車がベスト!だからリュック系がオススメ。

    • 料金表→ 自転車、電動自転車、125ccバイク、車までレンタル可能

    • 自転車がとても気持ちいい!

    • 道が砂交じりになってきた!もうすぐカラロッサだ!

     島に到着すると港にはいくつかのレンタル自転車屋があります。

    だいたいそばのお店よりも少し奥の方が安かったりするのでは?と思い・・・港近くのお店では8ユーロと言われましたが僕らが借りた奥のほうのお店(それでも100mぐらいしか離れてませんが)直感通り1日6ユーロでした。

     自転車に自信のない人でも他には、電動自転車(18ユーロ)、125ccのスクーター(30ユーロ)とあります。
    やはりエコと運動不足を考え自転車がベストですね。

    料金表には7月のプライスとありましたので月ごとに変動するようです。

    お店の人に目的地「カラ・ロッサ」(美しいビーチ)の方角を聞きいざ出発!

     自転車はギア付きでカラ・ロッサ方面はあまり起伏がなくゆったり30分ほどで到着しました。

  • ついに来た!絶景!「カラ・ロッサ」(ビーチ名)

    • 朝早いためまだ船が少ない。

    • のんびりしているとだんだん船が集まってきた。

    • 日が昇ってくる正午前後、船が浮いてみてる???

    • 風がなければ海底までくっくり見えるため船が飛んでいるように見えます。

     自転車で走ること港から30分、ついに到着しました。

    絶景「カラ・ロッサ」
    到着地点が高台の崖の上なので、突然見える「カラ・ロッサ」は美しすぎて驚かされます。

     朝10:30すぎではまだまだ人が少なかったのですが時間が経つにつれ、徐々に人と沖のボート沖数が増えてきました。
    「あっ?ボートが宙に浮いて見えてきた!」
    正午に近づき太陽が真上になればなるほど透明度の高い海を上から照らし、海底の白砂を反射させボートが宙に浮いてる?飛んでる?ように見えます。
    風もなく波もない状態のべたなぎであれば驚く光景になるはずです。

     目に焼き付けたく2時間ほど景色をゆっくり眺めてました。
    ここはトイレも食事するところもないのでお昼を食べに港まで戻ることに。
    ずっとここにいたい場合は事前にサンドイッチ、ドリンクを持ってきたほうがいいですね。

  • シチリアを食する!海の幸ざんまい!ファビニャーナ編

    • レストラン Quello che ce ce!(クエッロ・ケ・チェチェ)

    • マグロのカルパッチョ、イチゴソースあえ

    • ボンゴレ・ピスタチオあえパスタ

    • シチリア産うにのパスタ

     自転車で港町に戻り、ここでもトリップアドバイザーで上位にあるリストランテを検索したところ・・・ありました!海の幸系でおいしそうなお店。

    "Quello che ce ce!"
     店内は明るく感じのよいお店でオススメはまぐろのカルパッチョということで以下をオーダー。

    〈アンティパスト〉
    ・マグロのカルパッチョ、イチゴソースあえ 20ユーロ
    〈セコンド〉
    ・ブロンテ産ピスタチオのボンゴレパスタ 18ユーロ
    ・シチリア産うにのパスタ 20ユーロ

     島なのでトラーパニよりは割高ですがやはり絶品海の幸でした。特にマグロとイチゴソースの絶妙なバランスがなんとも言えない味わいで最高でした。

  • 午後は「カラ・アズッロ」(ビーチ名)へ

    • シチリアならではの荒野っぽい感じ。

    • カラ・アズッロはカラ・ロッサに比べてビーチがあります。

    • カラ・アズッロは人が浮いて見える!

    • カラ・アズッロはバールがあるためトイレは問題ありません。

    おなかも満たされ、カラロッサの次にきれいと言われる「カラ・アズッロ」へ。


     こちらもカラ・ロッサと同じ方向で港から30分ほど。カラ・ロッサとカラ・アズッロの間は10分ぐらいなので行き来が楽チンです。
     
     しかもカラ・アズッロは
    ・小さいけど砂浜がある。海水浴はこちらの方が適している。
    ・Bar(バール)があるのでトイレ、ドリンク、軽食にも困らない。

    というメリットがあります。
    やはり地元の方はわかっているようで午後はたくさんの海水浴で賑わってました。

    ファビニャーナは1日でも充分楽しめるすばらしい島でした!

  • シチリアを食する!ストリートフードB級グルメ!パレルモ編

    • アジアっぽく屋台が市場にストリートフードの屋台が並ぶ

    • ゆでだこにシチリア産レモンとオリーブオイルかけて食べます。

    • 注文したスティッギオーレ(牛の腸)を2人前焼いてもらってます。

    • スティギオーレをぶつ切りにしてシチリアレモンと塩をかけて食べます。

    ファビニャーナ島のあとは後泊パレルモでの宿泊が必要になります。


     是非、パレルモまで来たら青空市場のストリートフード、B級グルメへ行ってみましょう。
     旧市街近くにはホテル徒歩圏内に3箇所の青空市場(メルカート)があります。この文化はアフリカに近いこともありアラブの文化が社交の場として発展したものだとか?同じイタリアでもここでしか味わえない文化です。

    〈3つの市場〉
    ・A Vuciria (ヴッチリア市場)
     ローマ通りとヴィットリオ・エマヌエーレ通りの交差した近くで海岸寄り。写 真はすべてこちらヴッチリア市場です。
    ・Il Capo (カーポ市場)
     マッシモ劇場裏。とにかく長く永遠と続く市場です。
    ・Mercato Ballaro (バッラロ市場)
     パレルモ中央駅近く。日曜雑貨も多く、アフリカ系、インド系の人が多い。
    リストランテもいいけど、是非、1日は夕方からおいしく安上がりなストリートフードで食べ歩きをしてみてはいかがでしょうか?

  • パレルモのアラブ・ノルマン王朝の遺跡がユネスコ世界遺産登録!

    • 世界遺産!パレルモ大聖堂

    • ゴッドファーザーPartⅢの舞台になったマッシモ劇場

    • 日中の青空市場

    • この小さいかたつむり・・・パレルモの人は食べるようです。

    パレルモ大聖堂をはじめ2015年にアラブ・ノルマン王朝遺跡が

    ユネスコ世界遺産登録
    されました。イタリアの他都市と異なりどこかイスラム教とキリスト教の融合、イタリアとアラブの融合が感じられるここパレルモはとても興味が惹かれます。

     遺跡だけでなく、陽気なシチリア文化はローマの方では味わえません。また海の幸はじめ、ストリートフードグルメは同じイタリアでもまったく異なった美味しさに出会えること間違いありません。

    ファビニャーナ島のきっかけに是非、パレルモでも数泊楽しんでみてはいかがでしょうか?


  • 絶景!ファビニャーナいかがでしたか?

    今回のファビニャーナ島、トラーパニ、そしてパレルモ視察。

    旅行会社スタッフ目線でも大満足でした。また
    ハネムーナー、ファミリー、友人、一人旅
    どちらでもオススメコースになります。

    ただしファビニャーナ島は6月~10月までの期間限定です。

    イタリアだけど知っているイタリアとはまったく異なるこのコース、時間あればローマ、フィレンツェ、ベネチアの帰りに・・・またスペインバルセロナからも近いので他国周遊の組み合わせでも行くことができます。
    ルートは旅行のプロであるエス・ティー・ワールドスタッフがご案内させていただきますのでよろしくお願いします!