国旗

アンコールワットカンボジア

現地ネットワーク

海外旅行・ツアーTop > アンコールワットカンボジアの海外旅行・ツアー > アンコールワットカンボジア エリア情報 > アンコール遺跡(アンコールワット)旅行・ツアー

アンコール遺跡(アンコールワット)Siem Reap

アンコール遺跡(アンコールワット)のツアー

アンコールワットは周囲を約1.3km X 1.5kmの濠に囲まれ、ヒンドゥ教の寺院として建設されましたが今は仏教寺院に改宗されカンボジアのシンボルとなっています。
周囲を囲む環濠は大洋を、回廊はヒマラヤ山脈を表し、中央にひときわ高くそびえる堂塔は世界の中心たるメール山(須弥山)をあらわしており、その3重の回廊を進むごとに天へ近づいていく―まさにそれは神々との交信のための、地上につくられた楽園でした。
必見なのは第一回廊のレリーフ。神々と阿修羅が不老不死の妙薬を手に入れるために海を千年以上かき回し続けたというヒンドゥ教の天地創造の物語“乳海攪拌”、インド古代の叙事詩“マハーバーラタ”の戦闘シーン、上段が天国、中段に閻魔大王、そして下段には地獄の責め苦に苦しむ人々を生々しく描いた“天国と地獄”など、その迫力と美しさに魅了されることでしょう。
その他にも、2千体にも及びかつどれもポーズや髪型が異なるといわれる女神達のレリーフ、17世紀にここを訪れた森本右近太夫が残した十字回廊の墨書き、今でも地元の人々の信仰を厚く受けるヴィシュヌ神像など、十分に時間をとってゆっくり見学したいところです。最後に、65メートルの中央塔に登って眼下にアンコールの豊かな森を望み、アンコール王朝の栄華に想いを馳せてみてはいかがでしょうか?

アンコール遺跡(アンコールワット)

シェムリアップおすすめ特集

観光付ツアー ひとり旅 女子旅

アンコール遺跡(アンコールワット)のお得なツアー

ページのトップへ

アンコール遺跡(アンコールワット)のみどころ

  • アンコールワット①

    アンコールワット① アンコールワットは周囲を約1.3km X 1.5kmの濠に囲まれ、ヒンドゥ教の寺院として建設されましたが、今は仏教寺院に改宗されカンボジアのシンボルとなっています。周囲を囲む環濠は大洋を、回廊はヒマラヤ山脈を表し、中央にひときわ高くそびえる堂塔は世界の中心たるメール山(須弥山)を表しており、その3重の回廊を進む毎に天へ近づいていく―まさにそれは神々との交信のための地上につくられた楽園でした。

  • アンコールワット②

    アンコールワット② 必見なのは第一回廊のレリーフ。神々と阿修羅が不老不死の妙薬を手に入れるために海を千年以上かき回し続けたというヒンドゥ教の天地創造の物語“乳海攪拌”、上段が天国、中段に閻魔大王、下段には地獄の責め苦に苦しむ人々を生々しく描いた“天国と地獄”、その迫力と美しさに魅了されます。その他にも、2千体にも及びかつどれもポーズや髪型が異なるといわれる女神達のレリーフ、17世紀にここを訪れた森本右近太夫が残した十字回廊の墨書きなどが必見。

  • アンコールトム

    アンコールトム アンコールトムは1つの寺院の名ではなくクメール王国の最盛期に建設された城塞都市です。周囲は3キロ四方の堀と城壁に囲まれており、観世音菩薩の巨大な顔が彫られた5つの城門が外部へ通じています。49もの塔がそびえるバイヨン寺院が中央に位置し、その他には三島由紀夫の戯曲で有名なライ王のテラス、別名“隠し子の寺院”バプーオン、王が凱旋した軍を迎えた象のテラスなど、たくさんの見所があります。

  • タプロム

    タプロム 12世紀にジャヤヴァルマン7世が母を弔うために建てた仏教寺院で、塔門には観世音菩薩の四面仏が、植物に覆われながらも四方を見渡しています。主だった遺跡が修復されていく中で、ここだけは当時のままに保存されているため、熱帯の樹木が寺院の上からのしかかるように枝を広げ、根を伸ばし、自然の脅威をまざまざと見せつけています。

  • タケウ

    タケウ 11世紀頃に、ジャヤヴァルマン5世によって造営が始められましたが、王の死によって建設が中止となり、以後、完成を見ることはありませんでした。 壁面を飾る浮き彫りもなく、途中で放棄されたために、かえってアンコール建築の方法を解明する手がかりが多く残されたのでした。

  • スラスラン

    スラスラン 東西700m、南北300mの規模を誇る「水浴の池」という意味の聖池で、ここで王が沐浴をしたといわれています。ジャヤヴァルマン7世の時代に、池の周囲に砂岩の縁取りがなされ、西側にはナーガの欄干が付いたテラスが設けられました。階段は水中まで続き、水底には石が敷き詰められています。

  • ニャックポアン

    ニャックポアン 大池(ジャヤタターカ)の中央に2匹の大蛇が取り巻く円形7層の基壇があり、上に祠堂が設けられています。ニャック・ポアンは、「からみ合うナーガ(蛇)」という意味で、寺院の名前の由来になっています。現在池は干上がっていますが、大池の四方には小池があり、大池から小池へとゾウ、人、ライオン、牛の頭をモチーフとした樋口から水を流し込んでいました。

  • プリアカーン

    プリアカーン 12世紀後半、ジャヤヴァルマン7世によって建立されたバイヨン様式の仏教寺院で、クメール語で「聖なる剣」という意味です。碑文によると、寺院はチャンパ軍との戦いに勝利した事を記念して建てられたもので王の父の菩提寺といわれています。伽藍は3重の周壁に囲まれ、第1周壁には四方にそれぞれ3つの塔門があり、塔門わきにはヴィシュヌ神の乗り物ガルーダ(神鷲)がナーガ(蛇)を両手でつかむ姿を描いたレリーフが見られます。

  • バンテアイスレイ

    バンテアイスレイ アンコールトムから北に約40キロ、シェムリアップ川のほとりに佇むヒンドゥー寺院。小さな寺院ですが、赤色砂岩の建物の破風や壁面を埋め尽くすように彫刻が施され、その繊細な美しさに圧倒!中でも祠堂の壁面の女神像“デヴァター”はフランスの作家アンドレマルローが、その美しさに魅せられ国外に持ち出そうとして逮捕された、といういわく付きので、「東洋のモナリザ」とも呼ばれています。バンテアイスレイとは“女の砦”という意味です。

  • クバルスピアン

    クバルスピアン ときに少し険しい山道を登ること30分、クーレン丘陵の一角に位置し、山の中の川床や川岸の岩に彫られたヴィシュヌ神、シヴァ神、リンガなどを見ることができる水中遺跡です。陸にたたずむ石造遺跡とは一味違った、ピクニック気分の遺跡観光が楽しめます。

  • ベンメリア

    ベンメリア アンコールワット建造前の11世紀末~12世紀初めに造られたとされてはいますが、一般の観光が出来るようになったのはこの5年ほど。南国の鳥の美しい鳴き声があちらこちらから聞こえ、鬱蒼と生い茂るジャングルにひっそりと佇む遺跡。宮崎駿監督がタ・プロム同様に「ラピュタ」のモデルにしたと言われています。

  • クーレン山(プノンクーレン)

    クーレン山(プノンクーレン) 週末になると地元の人たちもピクニックに訪れる避暑地。水辺や滝で遊ぶ子供たちを見ながら、滝や川床のリンガの彫刻を眺めることができます。また、巨大な砂岩を掘り出した涅槃像や修復されていない多くの遺跡物も見ることが出来ます。

  • ロリュオス遺跡群

    ロリュオス遺跡群 790年頃、ジャヤバルマン2世によって築かれ、インドラヴァルマン1世が王都として確立させたヒンドゥー遺跡。アンコール地域の遺跡群よりも前で、アンコール時代初期の遺跡。レンガ造りの建物の保存状態は良くないですが、砂岩の門柱に貴重な碑文がよく残されています。アンコール遺跡中で最古の寺院であるプリア・コー、メール山を象徴した最古のピラミッド型寺院バコン、メボン寺院のの原型ともされるロレイなどがあります。

ページのトップへ

アンコール遺跡(アンコールワット)のおすすめホテル

アンコール遺跡(アンコールワット) Siem Reap

ザ コッカトゥネイチャーリゾート&スパ
  • ホテル詳細
  • このホテルに泊まる

トリップアドバイザー2016エクセレンス受賞しました! お客様への感謝の気持ちを込めて特別キャンペーンをご用意しております。 ザ コッカトゥネイチャーリゾート&スパ公式サイト ザ コッカトゥ ネイチャー リゾート アンド スパはシェムリアップの中心部に建ち、13部屋のこじんまりとした静かな隠れ家的リゾートです。2014年に新館、SPAが出来てスケールアップしました。新館には全室バスタブ付で、設備・室内まで綺麗です! STWでは特に女性同士のご旅行の際にお勧めしたいと思います! 【女子旅プランはこちらから!】 コンネクティングルームもございますので、ご家族、またはご友人同士でのご宿泊にもおすすめします♪

ザ コッカトゥネイチャーリゾート&スパ
新館ツインベッドルーム

アンコール遺跡(アンコールワット) Siem Reap

ヴィクトリア アンコール
  • ホテル詳細
  • このホテルに泊まる

 ベトナム各地に展開するヴィクトリアグループの最新リゾート。  3階建てのフレンチコロニアル様式の建物からは落ちついた木のぬくもりが伝わります。客室へ通じるオープンエアの廊下は、センス溢れる絵画や置物でさりげなく飾られ、まるで美術館でも歩いているようです。調度品の細部にまでこだわった広く取られた客室は全室バスタブとバルコニー付なのもうれしい。  又、フランス系グループのホテルならではの本格的フレンチレストランやホテル中央に取られた広くて開放的なプールがリゾート気分を盛り上げてくれます。スパ「ロータスブラン」もオープン以来の人気で、事前予約を強くお薦めいたします。

ヴィクトリア アンコール
コロニアル建築様式のヴィクトリアアンコールリゾート 

アンコール遺跡(アンコールワット) Siem Reap

シンタマニ・アンコール
  • ホテル詳細
  • このホテルに泊まる

シェムリアップの中心に位置するわずかに全39室で2012年に再オープンした隠れ家系ブティックアーバンホテル。スタイリッシュなモノトーンとクメール様式をうまく融合させたセンスは他のホテルと一線を画しています。惜しくも同年にクローズしたデラックスリゾート・ドラペホテルとは同一オーナーで、そこかしこにドラペホテルの面影が残っています。

シンタマニ・アンコール
清潔感のある客室
ページのトップへ

アンコール遺跡(アンコールワット)のオプショナルツアー

【日本語ガイド】サクッとポイントを周る♪アンコールワット周辺遺跡観光~混雑ピークを外したSTWオリジナル行程!~(入場料別)

※5/7出発以降のお客様対象※ ~ベテランガイド考案~ 《STWオリジナル行程で世界遺産巡り》 ・混雑ピーク時間を外して3箇所の遺跡を訪れます。 ・サクッとポイントが周れる一番シンプルなアンコール遺跡観光。 ・アンコールワット・アンコールトム・タプロームを観光します。 ・もちろん昼食付き!

ツアー詳細

ツアー代金

大人料金
45.00USD〜

【日本語ガイド】アンコールワット周辺遺跡観光(オリジナル行程) アプサラディナー付き

~ベテランガイド考案~ 《STWオリジナル行程で世界遺産巡り》 混雑ピーク時間を外して3箇所の遺跡を訪れます。 アンコールワットの魅力が1日で味わえる、内容がギュっと詰まったSTWオリジナル観光です。

ツアー詳細

ツアー代金

大人料金
55.00USD〜

朝日鑑賞とアンコールワット周辺遺跡観光★アプサラディナー付★~混雑ピークを外したSTWオリジナル行程!~

~ベテランガイド考案~ 《オリジナル行程で世界遺産巡り》 ★朝日鑑賞付きの一番盛りだくさんのプランです★ ・混雑ピーク時間を外して3箇所の遺跡を訪れます。 ・アンコールワットの魅力が1日で味わえる、内容がギュっと詰まったオリジナル観光です。

ツアー詳細

ツアー代金

大人料金
57.00USD〜

【日本語ガイド】絶景3大遺跡を網羅 天空プレアビヒア・密林ベンメリア・巨大コーケー遺跡周遊

■ご案内する絶景3大遺跡■ ≪第二の世界遺産・天空寺院プレアビヒア≫ 世界中の旅マニアが注目する絶景世界遺産。 山頂にそびえ立つ寺院遺跡と目前に迫るタイとの国境を覆う美しく深いジャングルを見下ろす崖からの眺めは東南アジア屈指の絶景! ≪密林遺跡ベンメリア≫ ラピュタの舞台ともいわれるアドベンチャー感溢れる空間は自慢したくなる写真の撮影スポットです! ≪コーケー遺跡≫ 1000年以上変わらない巨大ピラミッドの姿は驚くほど美しく、自信をもってお勧めする絶景遺跡です!

ツアー詳細

ツアー代金

大人料金
127.00USD〜
ページのトップへ

アンコール遺跡(アンコールワット)の旅行記

ページのトップへ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 ロシア旅行 ジョージア旅行 アゼルバイジャン旅行 アルメニア旅行 ウズベキスタン旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 ベネルクス旅行 コーカサス三国旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行 タンザニア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 南極旅行
ページのトップへ