海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

ヨーロッパ統治時代のキュートな街並みやカラフルな色彩が特徴の世界遺産の街「マラッカ」。
マレーシアの玄関口クアラルンプールから日帰りでのアクセスも可能でかわいい雑貨や
写真映えスポットをめぐる女子旅やのんびり街歩きを楽しみたい夫婦旅を中心に注目されています。
また、宿泊することで、ライトアップされた街並みやナイトマーケットなど
日帰り観光では味わうことのできない魅力も堪能できます。
世界遺産の街を味わい尽くすSTWおすすめのマラッカ滞在プランをご紹介します!

マラッカはどんな街?
マラッカは2008年にユネスコの世界文化遺産に登録された歴史深い街です。 1400年代初頭にマラッカ王国として立国し、東西貿易の中継地として繁栄しました。 1500年代以降、その利点に目をつけたポルトガルの統治をはじめ、オランダ・英国などヨーロッパ各国に統治された歴史からヨーロッパとアジアの風土が混ざり合った独自のプラナカン文化やババニョニャ文化が誕生しました。 この所以は、移民男性とマラッカの地元女性との間に生まれた子をプラナカン、特に貿易が盛んだった中国の移民男性との間に生まれた子をババ・ニョニャとよんだためです。 繊細で色鮮やかなビーズ刺繍やパステルカラーの陶器、豪華絢爛な邸宅など、西洋と東洋の文化が見事に融合した唯一無二の色合い・味わいがあります。 街並み・食・地元の人々とのふれあいで、是非、マラッカでしか出会えない魅力を五感で堪能してみてください。

マラッカへの行き方

How to get to Melaka

クアラルンプールから高速バスと車で行く方法のメリット・デメリットをご紹介します

  • クアラルンプールからマラッカへ高速バスで行く
  • Experess Bus

安く行ける!でも交通手段の乗換や観光スポットの回り方など十分な下調べが必要!

安く行ける!でも交通手段の乗換や観光スポットの回り方など十分な下調べが必要!

クアラルンプールからマラッカには高速バスが運行していますが、注意すべきポイントは各バスターミナルの場所。 クアラルンプールのTBSバスターミナルは繫華街・ブキッビンタンエリアにはなく、ブキビンタン駅から電車を乗り継いで約30分のTerminal Bersepadu Selatan駅に直結しています。 マラッカまではバスで約2時間。マラッカでは市街地から離れたセントラルバスステーションに到着。 セントラルバスステーションから市街地までは電車がなく、バスかタクシーで約15分。 マラッカの主な観光スポットは徒歩だけで巡るのは難しく、タクシーやトライショー(人力車)などが必要。 高速バスは安く移動できる手段ですが、バスターミナルへの往復やマラッカ観光中の移動費用や時間、乗り換えの回数と待ち時間、そして予め各交通手段のスケジュールやマラッカで巡りたい観光スポットを十分に下調べし、事前に1日の流れを組む手間を考慮すると、旅慣れた方向きの移動です。 準備に余裕のない方や、効率良く観光したい方、海外旅行に不慣れな方やご年配やお子様をお連れの方には観光付きツアーの方がおすすめです。

STWスタッフおすすめポイント
地下鉄やタクシーを使っての移動は現地の雰囲気を感じながら楽しむことができました。ただ、往復共に移動や乗り換えが多く、移動の合計時間は思っていたより掛かってしまい、観光に使える時間が想定より短くなってしまいました。特に、選んだ行きの高速バスの時間がちょうど渋滞時間に重なってしまい、マラッカへの到着が遅くなってしまったのは盲点でした。十分に時間に余裕をもった計画がおすすめです。
  • クアラルンプールからマラッカへ車で行く
  • Car

効率良く手間無しで行ける!クアラルンプールからマラッカまで乗り換え無し!着いてからの観光もラクラク

効率良く手間無しで行ける!クアラルンプールからマラッカまで乗り換え無し!着いてからの観光もラクラク

エス・ティー・ワールドのマラッカ観光付ツアーではクアラルンプールのご滞在ホテルまで送迎車がお迎え付き。 ご自身での移動や各交通手段のスケジュールを調べる必要はありません。また高速道路を利用し、マラッカまで車を乗り換えることなく移動できるので、ホテルからマラッカの観光スポットまでの所要時間は約2時間と高速バスより少ない時間で移動できます。 マラッカ到着と同時に観光をスタート。観光スポット間の移動手段を探す手間も不要。観光の順番も効率を考えてお連れします。 マラッカは街並みを見ているたけでも雰囲気は楽しめますが、数々の歴史的背景や、なぜここにあるのか、誰が関わっていたのかなど、歴史を理解しながら楽しむのが世界遺産の古都観光の魅力。 その為にはやはり日本語ガイドの説明を聞きながら回る方が堪能できます。 クアラルンプールからの日帰り観光の場合は、終了後はクアラルンプールのホテルまでお送りするので、観光疲れの中、高速バスや電車を乗り継ぎ帰る手間も不要です。

STWスタッフおすすめポイント
往復ともに車で滞在ホテルまで送迎してくれるので、マラッカ観光で遊び疲れても帰りの時間を心配することなく安心して観光を楽しむことができました。オランダ、ポルトガル、イギリスと様々なヨーロッパの国々の影響を受けた街なので、どれがどの国の影響を受けたものなのか自分では分からないことがありましたが、日本語ガイドの説明を聞くことで納得できました。

マラッカおすすめ観光スポット ~基本編~

Recommnded Spots

世界遺産の街歩き観光スポットやババ・ニョニャ文化をご紹介します

  • 日帰り観光でも楽しめる!マラッカおすすめ観光スポット

オランダ広場(オランダ統治時代)

マラッカ観光のスタート地点になる広場。噴水を中心に、クライストチャーチや時計台、スタダイスと呼ばれる旧総督邸等、オランダ統治時代の歴史的建物が並ぶ、マラッカ随一のシャッタースポットです。広場にはにぎやかな装飾が目を引くトライショー(人力車)がたくさん集まっています。

クライストチャーチ(オランダ統治時代)

1753年、オランダ人によって建設されたプロテスタント派キリスト教会。オランダ広場に位置します。ガイドブックでもお馴染みの写真スポットで、マラッカのシンボル的存在。鮮やかなトライショー(人力車)とのツーショットは、マラッカならではの色鮮やかな1枚が期待出来ます。イスラム教の国にも関わらず、キリスト教会がメインシンボルと認められているのは、多民族文化が平和に互いを認め合って暮らすマレーシアならではの温厚さの表れといえるのかもしれません。

フランシスコザビエル教会(ポルトガル統治時代)

宣教師として日本でも有名なフランシスコザビエルは当時インドやマラッカを拠点に布教活動を行っていました。彼の偉業を称え、1849年に建設されたゴシック様式を用いた教会です。また、ザビエルが日本へ渡るきっかけをつくった日本人・ヤジロウの像もあります。

セントポール教会跡(ポルトガル統治時代)

セントポールの丘頂上にある教会跡です。1521年にキリスト教布教の拠点として建造されました。現在は外壁と内部に当時のポルトガル人の墓石が残されています。一番奥の祭壇があったと想定される場所には、かつてフランシスコザビエルの遺体が安置されていました。マラッカの街を見渡せるベストビューポイントでもあるので、丘へ登る坂は少しきついですが登ってみる価値はあります。

サンチャゴ砦(ポルトガル統治時代)

1511年にポルトガルの総督によって建てられた砦です。外からの攻撃に対抗するために作られ、当時はこの周りは高い塀で囲まれていました。防壁は19世紀にイギリスによって取り壊されてしまいましたが、現在は石造りの門と大砲が残されています。

チェンフーテン(青雲亭)寺院

1646年に建てられた、マレーシア最古の中国寺院です。このお寺は、明の永楽帝の命を受けマラッカ大航海を支持した「鄭和」を称えて建てられた寺院です。 中国南部の建築様式を取り入れ、屋根には陶磁で出来た繊細な中国の美しい装飾が施されています。寺院の内部では様々な装飾を目にすることができます。

ババニョニャヘリテージ博物館

中華系移民と地元のマレー系の文化が融合して生まれた新しい文化をマラッカならではの「ババニョニャ文化」と呼びます。この博物館では、華僑のチャン・チェン・シウ氏によって1897年に建てられた邸宅を利用し、繊細で豪華な装飾や色遣いが特徴の「ババニョニャ文化」の華やかな家具や衣装を展示しています。

おすすめ!マラッカおすすめ観光スポット ~堪能編~

Recommnded Spots

宿泊した人だけが味わえるマラッカでしか楽しめない魅力の観光スポットをご紹介します

  • マラッカに宿泊したら楽しめる!マラッカ観光スポット
  • Attractions

ジョンカーストリートのナイトバザール

マラッカの中心地に位置するメイン通り「ジョンカーストリート」は、週末には歩行者天国になり夕方から露店が立ち始めます。日本の縁日にも似た雰囲気で多くの人で賑わう光景を露店のローカルフードを味わいながら散策したり、お洒落なカフェやレストランからその光景をゆっくり眺めてすごすのもお勧めです。

見学のポイント
日帰りツアーでは楽しむことが出来ないナイトマーケットですが、マラッカへ1泊したので時間を気にせずにナイトマーケットの景色を眺めながら食べ歩きを楽しむことが出来ました!

ノスタルジックな運河の夜景

マラッカの街中を流れる運河沿いには東洋と西洋が融合したマラッカならではの色鮮やかな建物や、ポルトガル・オランダ・英国統治時代の面影を残した教会などが続きます。夜になると明かりが灯り、ヨーロッパ統治時代にタイムスリップしたかのようなノスタルジックな街並みを見ることができます。

見学のポイント
歩く場所によって全く異なる景色に魅了されました。夜の街灯が灯ったノスタルジックな光景は昼とは異なる印象で、マラッカに宿泊することでどちらも観ることが出来で良かったです。

お洒落なカフェや美食巡り

マラッカにはマレー風の中華料理の「ババニョニャ料理」やピーナッツ、黒蜜、コーンなどを盛ったマレー風かき氷「アイスカチャン」など美味しいグルメがいっぱいです。夜はオープンスタイルのお洒落なカフェバーもあり、夜風に当たりながらゆっくりとお酒を楽しむ時間もお勧めです。

見学のポイント
1泊したので日帰りの日程に比べ時間に余裕ができ、初日は観光、翌日はクアラルンプールとは雰囲気の違うお洒落カフェでのんびりできるのでマラッカらしい時間が過ごせました。

マラッカらしいホテルステイ

マラッカの歴史を感じることの出来る魅力的な建物は、実は宿泊することも可能です!近年ホテルが充実してきているマラッカですが、特徴は昔ながらの歴史的建造物をホテルに改装した、趣のあるホテルが多いこと。マラッカらしいホテルへ滞在し、眠りにつくまでマラッカを堪能しませんか?

見学のポイント
昼間眺めていた、素敵なコロニアル建築に宿泊が出来てわくわくしました。普段は設備の綺麗さを重視して近代的なホテルを選ぶことが多いのですが、その土地でしか宿泊出来ないホテルに泊まることも素敵だと実感しました。
マラッカおすすめホテル

マラッカ観光に最適!

マラッカおすすめホテル

Recommended hotels

マラッカおすすめホテル

マラッカにきたら絶対泊まってほしいおすすめホテルをご紹介します

マジェスティックマラッカ

マラッカ川沿いに建つこのホテルは、1920年代に建てられたコロニアルな建物を利用しつつ、マラッカ文化を取り入れた新しい建築スタイルを見事に融合させたプラナカンスタイルの5つ星ホテルです。バスルームのお洒落でレトロな猫足バスタブも素敵です。ホテル内にはマレーシア屈指のスパ「スパ・ビレッジ」もあります。独自の文化溢れる街マラッカに泊まるには、更に旅の演出をしてくれる雰囲気の良いホテルです。

カサ デル リオ マラッカ

マラッカの街に溶け込むように作られた、スパニッシュ・リゾートの雰囲気を味わえる建物が魅力的な5つ星ホテルです。立地も抜群であり、オランダ広場からも徒歩5分・ヒーレンストリートへは徒歩3分という便利な立地です。川沿いにあるホテル内のレストランは、解放感あるテラスが気持ちよくリバークルーズを楽しむ人たちを眺めながらのロマンティックディナーも人気です。

マラッカ旅行記

マラッカ旅行記

Travel note

マラッカ旅行記

STWスタッフが実際に足を運び、その体験を日記にまとめました

ホテルの希望や、延泊、周遊地のセレクトなど、お客様のご希望にそったオーダーメイドプランもご提案致します。

pagetop

マレーシア海外旅行・ツアーTOP / 海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

電話でお問い合わせ電話でお問い合わせ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 ロシア旅行 ジョージア旅行 アゼルバイジャン旅行 アルメニア旅行 ウズベキスタン旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 東欧旅行 ベネルクス旅行 コーカサス三国旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行 タンザニア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行 ブルネイ旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 南極旅行
ページのトップへ