国旗

モルディブ

現地ネットワーク

北マーレ環礁ホテル一覧Hotel List

北マーレ環礁

  
    
             
     
スーペリア
     

緑と花に囲まれた牧歌的な雰囲気のフドゥランフシは、1つの島にコンセプトが違う2つのリゾートからなります。
ビーチヴィラのエリアは「アダーラン セレクト フドゥランフシ」、水上コテージのエリアはハイクラスのカテゴリー「アラーダン プレステージ オーシャンヴィラズ」となります。
フドゥランフシにお泊りのお客様はオーシャンヴィラズのエリアに立ち入ることは出来ませんが、オーシャンヴィラズにお泊りのお客様はフドゥランフシの施設も全て利用可能です。 ビーチヴィラであるフドゥランフシのお部屋は黄色を基調としたカジュアルで明るい雰囲気。 水上ヴィラのエリアであるオーシャンヴィラズのお部屋は赤を基調としたモダンでスタイリッシュなデザインで、もちろん海に直接降りる階段もついています。
フドゥランフシは以前は「ロヒフシ」という名前のリゾートで親しまれていた島で、島の南東はサーフポイントになっておりサーファーたちに愛されています。サーフィンだけでなくフドゥランフシは魚影の濃いハウスリーフを持つのでダイバーにも人気です。
モルディブの言葉でホワイトゴールドの島、という意味を持つフドゥランフシは老若男女問わず、アクティブな方、のんびりしたい方、ロマンティックに過ごしたい方、様々なスタイルに答えてくれるでしょう。

  
    
             
     

【ハネムーン特典】
<2012年11月1日チェックイン~2013年10月31日チェックアウトのお客様が対象となります>
◎ワイン1本
◎フルーツバスケット
*ツアーご予約時にお申し出ください。
*ホテルからのサービスにつき、内容は予告なく変更となる場合もございます。

  
    
             
     
スーペリア
     

美しい自然に囲まれた「アンサナ・イフル」はモルディブの中でもフォトジェニックな島として知られています。
イフルの魅力はビーチを囲む椰子の木にカラフルな珊瑚とたくさんの魚、透きとおった海。
1周徒歩10分の小さな島はシュノーケルをしながら島の回りを泳ぎきれるほどで、ハウスリーフはモルディブでもトップクラス。
イフルの客室は全室ビーチヴィラで黒を基調にライムグリーン、オレンジ、イエローを取り入れたビビッドでスタイリッシュかつモダンなデザイン。一部ジャグジー付の客室はバスルームスペースが半屋外となっており開放感に溢れています。
また、アンサナ・イフルのもうひとつの魅力は「アンサナ・スパ」。島の中央部に緑に囲まれた静かなエリアにあり、セラピストはタイやバリで研修を受けているためそのテクニックの高さには定評があります。
アンサナ・イフルの隣には姉妹リゾートであるバンヤンツリーがあり、無料の定期船が行き来しています。お互いの施設を利用することが出来るのも魅力のひとつです。

  
    
             
     
スタンダード
     

エリヤドゥアイランドリゾートは極上のハウスリーフと真っ白な砂浜を持つダイバー&シュノーケラーパラダイス。
北マーレ環礁の最北西部に位置するため、手つかずのダイビングスポットが満載です。 ハウスリーフダイビングも盛んというエリヤドゥは、島全体がシュノーケリングに適しています。 リーフの先はドロップオフになっており、ダイビングではどこを潜ってもハズレはなく、 モルディブでもトップクラスと言われています。 また、エリヤドゥから近隣へのシュノーケリングトリップもお勧めで、乾季にはマンタ狙いや無人島へのトリップが開催されることも!!
客室はシンプルで、真っ白な砂浜に白い壁のバンガローが並ぶ姿がとても可愛らしいです。 エリヤドゥアイランドリゾートはダイビング旅行だけでなく、シンプルに海を楽しみたい人にお勧めのリゾートです。

  
    
             
     
デラックス
     

北マーレ環礁の最北端にあるヘレンゲリは島1周10分の細長くて小さな島です。北マーレ環礁にありながらヘレンゲリの周辺にはリゾートがほとんどないため、とても静かな環境に包まれています。
ヘレンゲリは環礁の外側にあるため極上のハウスリーフがビーチのすぐそばに広がっています。リーフだけでなく干潮時には真っ白な砂洲が浮かび上がり、幻想的な風景が広がります。ヘレンゲリのラグーンプールヴィラは、シンプルでかわいらしい室内で、全室サンセット確約です。
リゾート施設もプールはあるものの必要最小限です。豪華なリゾートが乱立しているモルディブでは少なくなった「モルディブらしさ」がヘレンゲリには残されています。ヘレンゲリの周辺にはほかのリゾートからもわざわざ訪れるほど大人気の「ヘレンゲリ・ティラ」という大物遭遇率が高いスポットがありダイバーに大人気。
ヘレンゲリはモルディブらしさを求めるリピーターやダイバー、シュノーケラー人気の穴場リゾートです。 ★オーブルアットヘレンゲリに宿泊するツアーはこちら★ ☆もっと詳しく!特集ページはこちら☆

  
    
             
     
デラックス
     

オープン以来、盛りだくさんの内容とコストパフォーマンスの良さで、日本マーケットからものすごい熱い支持を獲得した「オーゼンバイアトモスフィア」。その姉妹リゾートにあたるのがこちらの『オーブルセレクトアットサンゲリ』です! ヘレンゲリ、オーゼンに続き、系列リゾートとしては3つのグランドオープンとなるサンゲリは、2018年7月、北マーレ環礁の北西に位置し、空港からはボート約50分ほどの立地。 北マーレでも比較的手付かずの自然が残る場所にあり、シュノーケルはバッチリ楽しむことができます♪ また、嬉しいオールインクルーシブプランを採用しており、リゾートにいる間はお財布要らずのストレスフリーな滞在が実現!絶対に流行るリゾートをSTWだけの独占販売でお届けします!

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

★ギリ・ランカンフシに宿泊するツアーはこちら★ ☆もっと詳しく!特集ページはこちら☆ 全室スイート仕様の水上ヴィラを持つギリ・ランカンフシは、ハネムーナーや世界中のセレブカップルに絶大な人気を誇っているモルディブを代表するリゾート。
ギリ・ランカンフシの水上ヴィラはプライバシーを重視した広々とした造りでお部屋のどこにいても海が見渡せるように工夫されています。 また、人工的なものをできるだけ排除したインテリアは、流木やバンブーなど自然素材でセンス抜群に心地良い空間を演出しています。
ギリ・ランカンフシ内にある「ミーラ・スパ」は客室と同じく水上に建てられ、きめ細やかな白砂がスクラブ効果をあげてくれるトリートメントが人気です。

  
    
             
     
スタンダード
     

モルディブで最初にオープンしたリゾート「クルンバ・モルディブ」は、オープン以来改装を重ね、現在はモダンでアジアンチックな雰囲気になっています。
クルンバは首都マーレからボートで10分という立地にあり、客室も水上コテージはないもののバンガローからプール付きのヴィラまで多彩です。そのためハネムーナーだけでなくファミリーにも人気です。
クルンバの客室数は180室ととても多く、いずれもナチュラルかつモダンなインテリアでまとめられています。
クルンバでは客室数に合わせてレストランも7件と充実しており、イタリアン、中華はもちろんのことアラビアンなどモルディブでは珍しい料理を味わうことが出来ます。
ちなみに日本食もあって、マーレ在住の日本人がわざわざクルンバまで遊びにいくというほどお食事には定評があります。
クルンバのスパはドーニミギリやフヴァフェンフシを手がける<パーアクアム>がプロデュースするアクアム・スパ。光り輝く自然と調和した古代モルディブのインスピレーションを感じる建物で、滞在中に一度は是非体験したいもの。クルンバはあらゆる層を満足させてくれるオールマイティなリゾートです。

  
    
             
     
デラックス
     

北マーレ環礁内、、、空港から程近い場所に満を持しての登場!『グランドパークコーディパル』。 2017年9月グランドオープンしたばかりのブランニューリゾートで、特徴的なのはV字に伸びる長いリーフ! オーシャン水上のお部屋タイプが建てられている方のハウスリーフは非常に魚影が濃く、シュノーケラーにもオススメです♪ 空港から近くて、ハウスリーフもよく、さらにお財布要らずのオールインクルーシブプランという最強コンボ★ 是非一度、泊まってみてください♪

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

ココ ボドゥヒティはバアア環礁にある 「ココパーム ドゥニコル」と同じココ・コレクションブランドで、抜群のハウスリーフとトロピカルな植物とヤシの木の美しい自然を生かしたスタイリッシュで豪華なリゾートです。
ココ ボドゥヒティの特徴でもある全室プライベートプール付の客室は全部で4種類。 人気が高いのはハウスリーフへのアクセスもいい水上ヴィラです。しかしながらボドゥヒティの中でも目を引くのはビーチに建てられたアイランドヴィラ。 広々とした室内には部屋の中央に配したバスタブが斬新かつ開放感も抜群です。プライバシーを重視した造りはハネムーン旅行にもおすすめ! また、プライベートプールだけでなくボドゥヒティで特徴的なのはパブリックプール。青いタイルを床に配してLEDライトを埋め込み、夜になると7色に光り輝くとてもロマンティックな雰囲気に。

ボドゥヒティではお食事も評判で、世界中から集まったシェフが織り成すフュージョン料理は毎日の楽しみ。 ボドゥヒティのスパ「ココ スパ」は水上に作られておりアーユルベーダも含めたアジアの施術が人気です。ココ ボドゥヒティはシュノーケルも楽しみたいハネムーンにお勧めのリゾートです。

  
    
             
     
スーペリア
     

モルディブらしい素朴さを残したサマーアイランドは、長さ500m、幅120mの気取らないカジュアルな島です。
サマーアイランドではソフトコーラルやマンタなどのダイビングスポットが満載。
そのほかサマーアイランドでは各種マリンスポーツを楽しむことが出来ます。
サマーアイランドの客室はシンプルながらも水上コテージは床の一部がガラス張りになっています。サマーアイランドの宿泊スタイルは全食事付ですがオールインクルーシブもお手頃に楽しめます。
サマーアイランドのスパは「セレナスパ」で多種多様なマッサージを受けることが出来ます。
サマーアイランドは日本人ゲストも少なく穴場リゾート。モルディブリピーターにお勧めのリゾートです。

  
    
             
     
デラックス
     

2008年にスターウッドグループになったシェラトン フルムーン。空港から15分という立地の良さとシェラトンならではのサービス、充実した施設で老若男女問わず対応出来るリゾートです。
遠浅の美しいラグーンに囲まれたシェラトン フルムーンはラグーンでのマリンスポーツが盛んなだけでなく、周辺には古くからのダイビングスポットが45箇所以上あり、 北マーレ環礁で抜群の人気を誇るダイビングスポット「バナナリーフ」と「マンタポイント」も目と鼻の先に位置しているのでダイバーにも人気が高い島です。
また、シェラトン フルムーンが人気のある理由のもうひとつはなんと言っても施設が充実していること。4つのレストラン、スパ、ジム、テニスコート、プール、インターネットカフェ、卓球と幅広いお客様層に対応した設備を持っています。プールは子供用のプールもあるのでファミリーにもおすすめです。
シェラトン フルムーンの部屋タイプは4種類で中でも人気の水上バンガローは部屋数が多くハネムーンに人気です。 シェラトン フルムーン内にあるスパ施設は桟橋でつながった小島にあり、内容も充実しています。

  
    
             
     
スーペリア
     

チャーヤ・アイランド・ドンヴェリはスリランカのホテルグループが経営するリゾートで、他にもチャーヤ・ラグーン・ハクラフラとチャーヤ・リーフ・エライドゥと同系列です。
ドンヴェリの南端にある「パスタ・ポイント」は波が高くサーファーに人気で、島の近くにもいくつかのサーフポイントがあります。しかしながらドンヴェリでのサーフィンはオーストラリアの会社がポイントに立ち入る独占権を持っているため、リゾーター向けのツアーではサーフィンをすることが出来ません。サーフィンをする場合はサーフィン用のツアーに参加する必要があります。
ドンヴェリの客室は様々な客層に対応しています。一番人気は水上コテージで水上バンガローのほか、リビングスペースが別になった水上スイートがお勧めです。
また、ドンヴェリではスパ施設も充実しており、女性ゲストに喜ばれているのはもちろんのこと、カップルで楽しめるスパルームもあります。
さらに曲線を描いた大きなプールやキッズクラブもあるので、家族旅行にもお勧め。ドンヴェリの食事は、朝、昼、夜と基本的に気軽に楽しめるビュッフェスタイルで、種類も豊富なところは日本人に限らず欧米系のゲストにも定評があります。

  
    
             
     
スーペリア
     

マーレ国際空港からスピードボードでわずか15分、美しい北マーレ環礁に位置するセンターラ・ラスフシ・リゾート&スパ モルジブは、心身ともにリラックスして素晴らしい休日をお過ごしいただけるリゾートです。
客室数140室のリゾートでは多数の水上ヴィラを有し、カップルにもぴったりのリゾートです。(12歳未満のお子様はご宿泊いただけません。)
また近郊には有数のダイビングスポットもあり、ギラーヴァルケーブ、クダ・ハア、ライオンヘッド、キキ・リーフにはボートで10分の距離です。サメのダイビングスポットも約20分で到達する事ができます。ダイビングはリゾート内PADIダイビングセンターにて、またその他の水上アクティビティも幅広く楽しむ事ができるリゾートです。
食事については人気のオールインクルーシブプランをご用意。お客様がお気軽に楽しめるリゾート、それがセンターラ・ラスフシ・リゾート&スパ モルジブです。

  
    
             
     
デラックス
     

ハウスリーフが豊かでドロップオフも近く、シュノーケリングを楽しみたい方にぴったりです。 毎日ジェッティ付近にはエイが訪れるので餌付けをすることが出来ます。 水上ヴィラは入り口がビーチサイド、テラスが水上の半水上タイプ。 部屋の内装はシックで落ち着いており、バスルームからは海を眺めることが出来ます。 お食事は3食共にアラカルトで、メインレストラン以外も本格釜でピザを食べられるレストランや南米料理を取り扱うレストランなど個性的で種類豊富です。 タージ コーラルリーフは超豪華高級リゾートはちょっと肩がこる、そんなハネムーナーやカップルが居心地良く過ごすのにぴったりのリゾートといえるでしょう。

  
    
             
     
スーペリア
     

トラギリ アイランドリゾートは1周歩いて10分ほどの小さな島。放し飼いのインコのさえずりに包まれた素朴&ナチュラルさがトラギリの魅力で、レストランやバーの床にも純白の砂が敷き詰められています。高級リゾートが増え続けるなかでトラギリの変わらない素朴さはリピーターを含めて依然人気を集めています。
トラギリの客室はヤシ葺き屋根に白い壁がかわいらしい素朴な雰囲気の「ビーチバンガロー」とヤシ葺き屋根に八角形の形をした「水上バンガロー」の2種類です。 ビーチバンガローは古きよきモルディブといった雰囲気でバンブーの家具が置かれシンプルな造り。水上バンガローは窓も広くモルディブでは珍しいガラステーブルがありロマンティックな雰囲気を演出してくれます。
またトラギリはハウスリーフも抜群でスノーケルでも十分楽しむことが出来ますが、魚影の濃さではモルディブのトップクラスに入るダイビングスポット「オコベティラ」も近いのでダイバーにも支持されています。 バーやレストランなどどこかレトロな雰囲気が漂うトラギリですが、フカフカの真っ白いビーチは変わらない美しさを保ち続けています。

  
    
             
     
デラックス
     

ラグーンのきらめく海の真ん中に青々と浮かぶ南国の島、バロス モルディブ。ラグーンは生き生きした海洋生物がいっぱいのリーフに囲まれて、ビーチにはヤシの木の影が落ちているエレガントで上質なリゾートです。 バロス モルディブの客室は、半屋外のバスルームを持った「デラックスルーム」、インドアバスながらより広いテラスを持った「バロス ヴィラ」、 バロス ヴィラと同じ内装でバスルームからは海が臨める「水上コテージ」のいずれもナチュラルな雰囲気の内装。 もちろん水上コテージのテラスからは直接海にエントリーすることが出来ます。
バロスが人気の理由のひとつにお食事があり、レストランは種類が豊富でゲストを飽きさせません。バロス モルディブはリゾートの方針として8歳未満のお子様のご宿泊を推奨しておらず、静かな雰囲気を楽しみたいハネムーナーにもぴったりのリゾートです。
バロスはスモールラグジュアリーリゾートにも選ばれており、数あるモルディブリゾートの中でも人気ランキングの上位に選ばれています。

⇒バロスモルディブ特集ページはこちら

  
    
             
     
スタンダード
     

モルディブで2番目にできた老舗リゾートのバンドスですが、施設は改装や新設をしており古さは感じさせません。 むしろ老舗ならではのアットホームさとまんまるの島を取り囲むハウスリーフで愛され続けています。バンドスのビーチからは泳いですぐの場所に絶品のハウスリーフが広がり、また目の前にある無人島の「クダ・バンドス」まで送迎ボートが出ているので、両方の島を楽しむことが出来ます。
バンドスには老舗ならではの充実した設備が揃い、キッズルームはもちろんのこと24時間のメディカルセンターや潜水病を治すチャンバーも備わっているので お子様連れのダイバーファミリーや年配の方も安心です。
バンドスは客室の種類も豊富で、ダイバーや若者に人気の「スタンダード」や広めのつくりでファミリーに人気の「デラックス」、敷地の真ん中に位置する「ガーデンヴィラ」やモルディブでは珍しい2階建ての「ジャクジービーチヴィラ」があります。ジャクジービーチヴィラはドングリのような外観がかわいらしく、1階はリビング、2階は寝室という造りになっています。リビングを通り抜けると半屋外の木々に囲まれたバスルームがあり、ジャグジーが付いています。ハネムーナーやカップルにお勧めしたいお部屋です。
バンドスはその他のウォーターアクティビティーも豊富で、プールやスパも備わっています。初めてのモルディブ旅行にも最適なおすすめリゾートです。

  
    
             
     
デラックス
     

バンヤンツリー・モルディブ・ヴァビンファルは、世界各国のハネムーナーやカップルに人気のあるラグジュアリーリゾートです。
バンヤンツリーの室内は世界の高級隠れ家リゾートを手掛けるグループがプロデュースしているだけあり、巻き貝がモチーフの茅葺き屋根や優雅な天蓋付のキングサイズベッド、壁に影絵を映し出す竹の照明など、伝統様式と現代感覚が見事にマッチしています。
バンヤンツリーの一棟独立型のヴィラは、100㎡以上という十分なスペースが確保され、180度窓が開くためエアコン無しでも風通しが良く快適に過ごすことができます。客室は海に近いビーチフロントヴィラと奥まったオーシャンビューヴィラに分かれています。
そしてバンヤンツリーが誇る20種類以上のトリートメントを体験できるスパは、お香が立ち込める至福の空間で最高のリラックスを味わうことができ、滞在中に是非一度は体験したいもの。セラピストは全員タイで訓練を受けているのでテクニックはお墨付きです。
さらにバンヤンツリーで是非行っていただきたいのは「サンドバンクダイニング」。インド洋に囲まれたサンドバンクで食べるプライベート感たっぷりのお食事スタイル。モルディブ旅行ならではの贅沢なひとときとなるでしょう。
バンヤンツリーは自然保護にも力をいれており、海亀の保護や珊瑚の養殖などにも力を入れています。その素晴らしい海でのシュノーケルはまた格別です。
お隣の姉妹リゾート、アンサナ・イフルをつなぐ無料の送迎ボートを利用して、アンサナ・イフルの施設も使うことが出来ます。
バンヤンツリーは自然を愛し、のんびりとした休日を満喫したいハネムーナーやご夫婦にお勧めしたいリゾートです。

  
    
             
     
スタンダード
     

モルディブ国際空港からほど近いパラダイスは、1つの島にコンセプトが異なる2つのリゾートからなっています。
ビーチヴィラのエリアは「パラダイス・アイランドリゾート&スパ」、水上コテージのエリアはハイクラスのカテゴリー「ザ・ヘブン・モルディブ」。
パラダイスにお泊りのお客様はヘブン・モルディブのエリアに立ち入ることは出来ませんが、ヘブン・モルディブにお泊りのお客様はパラダイスの施設も全て利用可能です。
ビーチエリアの客室、スーパーデラックスはタイル敷きのシンプルなお部屋ですが機能的。お勧めはヘブン・モルディブの水上コテージ。アジアンテイストにまとまった客室はセンスよくスタイリッシュで、ラグジュアリーに生まれ変わりました。
パラダイス(ヘブン)はレストランの数も多くメインレストランのほかに日本食やシーフードレストランもあります。
パラダイス(ヘブン)のスパはアラーム・スパ。木々に囲まれたスパエリアでのトリートメントはお勧めです。また、パラダイス(ヘブン)のビーチは遠浅でシュノーケルには向きませんが、島のすぐそばにマンタスポットがあり、ダイバーに人気です。

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

フォーシーズンズ クダフラはブーゲンビリアやプルメリア、極楽鳥花であふれるカラフルなガーデンアイランドです。 フォーシーズンズ クダフラの建物は、細部まで地元の職人が現地の素材を材料に何世紀も昔から伝わる技術で築き上げたもので、 藁葺き屋根のバンガローや白い石垣を眺めながら歩いているとさながらモルディブの村に迷い込んだようなそんな雰囲気が漂っています。
フォーシーズンズ・クダフラの客室はビーチと水上の2タイプ。ビーチのお部屋は全室プール付きで直接ビーチに出られるロケーション。 水上のお部屋はプライバシーに配慮した設計でベッドが高いので寝ながら海を眺めることが出来ます。どちらのタイプも漆喰の壁と藁葺き屋根のバンガローで室内は天然素材を使った明るく爽やかな雰囲気になっています。
フォーシーズンズ クダフラにあるスパはリゾートの沖合いに浮かぶ小さな島にあります。 船で数分の距離ですが、その船もとっても小さく可愛らしいので、小島に渡る前からワクワクとさせてくれます。 フォーシーズンズ・クダフラの近くにはサーフポイントがありリゾートにはモルディブ唯一の専門のサーフスクールがあります。
1島1リゾートであるモルディブのリゾートライフをしっかり満喫したい、そんなハネムーナーやカップルにお勧めのリゾートです。

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

オープンから変わらない人気を誇るフヴァフェンフシ。フヴァフェンフシは近年デラックスリゾートとして改装/新築されているモルディブリゾートの先駆者といっても過言ではない存在です。それまでのモルディブの高級リゾートはインテリアも施設もよりナチュラルにモルディブらしさを意識していましたが、フヴァフェンフシは全室にプライベートプールを備え付け、世界初となる水中スパトリートメントルームを持ち、パブリックプールはLEDライトでライトアップされたインフィニティプールなど、スタイリッシュかつモダンなデザインで登場しました。
そんなフヴァフェンフシの客室は大きく分けて2種類。小さな島のため、ビーチバンガローの客室は合計16室とかなり少なめ。デラックスのお部屋はビーチバンガローと比べてリビングなどが広めのゆったりとした造りになっています。フヴァフェンフシの西側、砂洲の先に延びる水上コテージは遠浅のラグーンに面したラグーンバンガローとハウスリーフに面したオーシャンバンガローに分かれます。オーシャンバンガローは床の一部がガラス張りになっていてとってもロマンティック。いずれの客室もナチュラルな素材を使いつつモダンなデザインに仕上げています。バルコニーにはフヴァフェンフシならではの丸くて大きいソファが置かれていて、ソファに埋もれながら見るリゾートの風景は最高!
フヴァフェンフシはお食事にも定評があり、サンドカーペットが心地よいメインレストランやシーフードが楽しめる水上レストランがあります。
※2018年1月よりご宿泊頂ける年齢が21歳以上と、完全にアダルトなリゾートへと規定が変わりました。

  
    
             
     
スタンダード
     

1周10分の小さな島、マクヌドゥはフカフカのビーチと緑豊かな木々に囲まれています。
マクヌドゥのバンガローは伝統的なスタイルでデザインされたモルディブらしさとともに、自然環境に配慮されて建てられており、なるべく島内の木を切らないように作られたため一部のバンガローではリビングやデッキにヤシの木が突き抜けて生えています。
そんなマクヌドゥの客室は円形の1棟2室タイプのビーチバンガロー。シンプルながらも木をふんだんに使ったインテリアは別荘に来たような、どこかほっとするようなインテリアです。
マクヌドゥは豪華なリゾートが多くなったモルディブの中で、モルディブらしい素朴さとナチュラルさをあわせもったリゾートです。 お食事にも定評があり、サンドカーペットのレストランが人気です。
また、マクヌドゥは滞在中シュノーケルセットを無料で借りることができ、シュノーケルトリップやナイトフィッシング、お試しダイビングが1回ずつ無料で楽しむことが出来ます。
マクヌドゥは「何もしない贅沢」を十分に堪能したい、リゾート上級者にお勧めのリゾートです。


  
    
             
     
ラグジュアリー
     

★ワン&オンリー アット リーティラに宿泊するツアーはこちら★
☆もっと詳しく!特集ページはこちら☆
数あるリゾートと比べても非常にお部屋が広く、洗練されたアジアンテイストのデザインが素敵。美しいスパ施設や、最新設備がそろったジム等、お部屋以外の部分も充実です。また、空港-リゾート間の移動は、他のリゾートとは一線を画した高級スピードボートでの移動であり、リゾート到着前からセレブ気分を味わえる、特にハネムーナーにお勧めのリゾートです。

ページのトップへ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 ジョージア旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アゼルバイジャン旅行 アルメニア旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 ベネルクス旅行 コーカサス三国旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行 タンザニア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 南極旅行
ページのトップへ