【後編】女ひとり旅にブータンを勧める理由 | ネパール・ブータンの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

【後編】女ひとり旅にブータンを勧める理由

エリア
ブータン
/ネパール・ブータン
テーマ
1人旅
時期
2019/10/8~2019/10/16
投稿日
2019/10/14
更新日
2019/11/17
投稿者
川島枝莉

生まれてきてから今まで、一人でカフェに入るのすら躊躇してしまう私が、「ひとり旅」しかも「海外旅行」にも関わず、満喫することができたのか?

アジアの国々を実際に見てきた私がなぜ、その中でもブータンを「女ひとり旅」におすすめしたいのか!?
今回は、ブータンが少し気になっている方、ひとり旅チャレンジしてみたいけどどこの国にしようか迷っている方に向けて「女ひとり旅にブータンをすすめる理由」をご紹介いたします!
♥こんな人に読んでほしい♥
#ひとり旅にチャレンジしてみたいけど、どの国にしようか迷ってる
#ブータンが少し気になっている
#アジア各国行きつくして次はどこに行こうか迷っている
#秘境マニアの方
#大自然を満喫したいという方

スタッフおすすめ!お得ツアー

ひとり旅!≪羽田深夜発/タイ国際航空利用≫★2都市周遊★専用車日本語ガイドと行くワンランク深い旅 ティンプー&プナカ&聖なるブムタン谷&パロ観光チベット仏教聖地タクツァン僧院観光10日間

羽田発

ひとり旅!≪羽田深夜発/タイ国際航空利用≫★2都市周遊★専用車日本語ガイドと行くワンランク深い旅 ティンプー&プナカ&聖なるブムタン谷&パロ観光チベット仏教聖地タクツァン僧院観光10日間

日数:10日間  
旅行代金:378,800円~498,800ツアーはこちら

  • 1)自分専属ガイド・ドライバーで安心!通訳もしてくれる!

    • 今回、私のガイドをしてくれたダワさん

    • 観光中たくさん写真撮ってくれます♪

    • 餃子好きな私のために連れて行ってくれた知る人ぞ知る名店

    ブータンは入国から出国までの全てを自分専属のガイドがサポートしてくれます。

    現地の言葉、英語が全く分からなくても大丈夫!
    (中学生のときに取得した英検5級以降更新されていない私でも問題なく過ごせました)
    チェックインから、レストランでの注文、お土産店まで滞在中はありとあらゆる場面でガイドが助けてくれます。

    絶景ポイントを熟知している!
    ⇒ひとり旅だとついつい景色だけの写真になってしまいますが、フォトジェニックポイントを押さえたガイドが自分を入れたショットもたくさん撮ってくれます!
    現地ガイドだからこそ知るローカル情報も!
    ⇒興味はあるけれど、一人だと危険で中々足を踏み入ることのできない、ディープスポットもガイドも一緒だから安心!また、ガイドには載ってない現地で暮らす人だから知る、ローカル人気スポットへも連れて行ってくれます。
    ◎一人だからこそ自由度が高い!
    ⇒「スーパーに行ってみたい!」「現地の人が集まるレストランで食べたい!」など、自分だけのプライベートツアーだから、自分の思うままに自由自在にアレンジもできます!「あのお土産屋さんにもう一回行きたい!」などのわがままだって大丈夫♪

    また、観光客の大半が欧米系(インド系も多いです)他の国に比べて団体客等もすくないので、周りの目も全く気になりません。

  • 2)現地滞在費がかからない!

    • キラをきて観光もできます!

    ブータンのツアーは、宿代・食事代・交通費の全部が旅行代金に含まれているから、現地での出費はほとんどなし!

    ※食事中の飲み物(ジュースやアルコール)は別途

    他の国より多少高額なブータンだけど、行ってしまえば向こうで一切お金はかからないから気楽です♪
    しかも、民族衣装(ゴ・キラ)を着てみたり、時間が余ったら観光スポットを増やしたり等の現地アレンジでも追加料金はかかりません!

    私は6日間の滞在で10,000円換金しておつりが出ました。

  • 3)食事がおいしい!

    • ガイド曰くパロで一番おいしいご飯を作るお母さん

    • 現地の人は素手で食べます(私は食器つかいました)

    • ローカルレストランでは基本ブッフェで自分の好きな分だけよそいます

    世界一辛い食文化として有名なブータンですが、観光客向けの食事は辛くありません。

    最初にガイドに「辛い物食べられない」と伝えれば、レストランやホテル側に事前に教えといてくれるので安心です。
    スパイスや香辛料も抑えられ、あまり癖もなく日本人でも食べやすい味付けです。
    また、インド・ネパール・チベットからの移民から成り立つブータンは本場のカレーが食べられます!

    「辛いもの大好き!」っていう方には是非行ってほしい!
    塩胡椒の感覚で唐辛子を振りかけるブータン料理
    日本のレベルなんて比べ物になりません。
    私は辛い物苦手なので、最終日に1品だけ勇気を振り絞って食べましたが、舌がしびれて涙が止まりませんでした。。。笑

  • 4)自然豊かで全身でリラックスできる!

    • 見渡す限り山!

    • 最高峰のドチェラ峠(標高3,988m)富士山よりも高いです!

    • 山の緑と黄金に輝く稲穂が美しい。。。

    • 自然だけでなく、動物もいっぱいいます。

    見渡す限り山!山!山!

    まだまだ未開拓地のブータンは国土の70%以上が自然に囲まれています。
    汚染されていないブータンは、空気が澄み渡り視界がとてもクリア。
    (こればっかりは実際に行ってみないと感動が伝わりません。。。)

    他の国からの入国を許さず国を観光地として外国人を受け入れ始めたのは1974 年。つい近年まで閉ざされていたブータンは他国からの侵略を受けず独自の文化が色濃く残ります。
    そこはまるでアジア最後の秘境

    日本のコンクリートジャングルとは対極にあり、
    深い新緑に覆われた山々に、黄金色に輝く棚田、澄んだどこまでも広がる青空に、透明感の強いおいしい空気。。。
    もう、そこにいるだけでリラクゼーション体験
    日本で日々溜めこんだ身体的・精神的疲れがデトックスされます。
    スパなんていりません!
    ブータンという国自体がもう自分を心から足の先まで全身から癒してくれるのです。

  • 5)人が優しい!あったかい!

    • 民泊先のホストファミリー

    • 現地のおばあたち。優しくお祈りの仕方を教えてくれた

    • あったかくて可愛いお風呂を入れてくれました(ドツォ/石焼き風呂)

    • 民泊先のワンちゃん(シンバ)甘噛みします

    こっちに来てもっとも感じたのは人の優しさ♥

    ガイド・ドライバーはもちろんのことレストラン・ホテルのスタッフだけでなく、現地で暮らす人々もみんな優しく接してくれました。

    また、ブータンでは他の国では珍しい「民泊」が盛んな国です。
    ブータンへ行ったら一度は体験してほしい。
    海外旅行では一般的にホテルに泊まって、日中は観光して夜はホテルで寝るだけ。あまり現地の人、現地の生活を体験できる機会はありません。
    ブータンで生まれ育った家庭に1泊し、一緒にご飯を作り、食卓を囲み、夜は一緒に団欒の時間を過ごし(ガイドも一緒に宿泊するので言葉の壁もありません)。。。
    是非、リアルな生のブータンを体感してみてください。
    きっと、もう一つの自分の家族ができるはずです


  • どうでしたか?ブータンに心惹かれてませんか?

    ♥女ひとり旅にブータンをすすめる理由(ワケ)♥
    1)自分専属ガイド・ドライバーで安心!通訳もしてくれる!
    2)現地滞在費がかからない!
    3)食事がおいしい!
    4)自然豊かで全身でリラックスできる!
    5)人が優しい!あったかい!

    今まで、一人でカフェすら入れなかった私が気づけばひとり旅の虜に。。。
    観光も自由!食事も好きなものが食べられる!ホテルでも自由に過ごせる!でも、さみしくない!

    行くときはひとりだったけど、帰ってくるときには仲間・家族が増えた、帰ってくるべき場所がもう一つできた
    そう感じさせてくれる神秘の国ブータン

    まだ迷われている方、勇気をだして一歩踏み出してみてください。帰ってくるときにはとても幸せな気持ちに包まれているはずです・・・♥