国旗

バリ島他インドネシア

現地ネットワーク

ウブドホテル一覧Hotel List

ウブド

  
    
             
     
★★★★★
     

ウブドの人気ホテルグループ、「コマネカ」より、グループの中でも最高級の新リゾート「コマネカビスマ」が誕生しました。コマネカビスマは渓谷沿いに建てられ、緑に囲まれたリゾートの中に、全長32メートルのプールやスパ、レストランが存在。客室はどれもシンプルでお洒落。爽やかな高級感が漂うリゾートです。新たなウブドの魅力を作り出している、コマネカビスマはそんな空気の漂うリゾートです。

  
    
             
     

ウブド、モンキーフォレストから徒歩10分。田園に囲まれた隠れ家へ。 20ユニットのバンガローと2013年に新たにオープンしたヴィラ、24室のビルディングタイプからなるリゾートは、モダンで快適なお部屋での時間を過ごせるだけではなく自然に囲まれた昔ながらのバリの雰囲気を味わうことが出来ます。ご家族や友達同士だけではなくハネムーンなどのカップルなどの全てのお客様へ思い出に残る一時を提供します。

  
    
             
     
★★★★★
     

空港からリゾート専用車で約50分、ウブドの中でも最高級ホテルが並ぶ屈指の景勝地であるアユン渓谷沿いに、バリ島初のアマンリゾートとなったアマンダリがあります。 アマンと言えば、ラグジュアリーホテルの代名詞。アマンダリとはサンスクリット語で「心の平安」という意味で、その名の通り、訪れる人々を癒し、極上の寛ぎの時間を提供しています。
独立した各ヴィラの造りはナチュラルかつシンプル。屋外にしつらえたバスルームでは緑を眺めながらのバスタイムをお楽しみいただけます。 敷地内は、ウブド地区のリゾート特有の階段や高低差が少なく、移動や散策も快適です。
アマンダリにはわずかな客室数に対し、大勢のスタッフが常駐し、「アマンマジック」と呼ばれるホスピタリティの行き届いたサービスを受けることができます。
また、施設内で行われるバリ伝統舞踊の教室はアマンダリに宿泊される女性のお客様に大人気です。

  
    
             
     

<アラヤウブド> 2013年1月にOPENしたばかりのクタで人気の「ヴィラデダウン」姉妹ホテル。ハノマン通り沿いで買い物に便利な立地にもかかわらず、お部屋から見える田園風景が素晴らしく落ち着くリゾート内。竹をふんだんに利用した外観はとてもスタイリッシュ、お部屋は女性好みのお洒落なナチュラルモダン。 ヴィラデダウンの人気の「ダラスパ」も完備されておりスパ好きの方にもおすすめ。 この立地とお部屋、クオリティでは非常にコストパフォーマンスの高いホテルです!

  
    
             
     

アリラ・ウブドはウブド市内から車で15分程離れているところにあり、大人向けの落ち着きのある雰囲気が漂うバリ島のホテル。
レストラン真下に広がる渓谷へ向けて流れるプールの美しさは世界的にも有名。
ホテル内には2005年にオープンしたオリジナルのスパ施設「スパ・アリラ」があり、バリ島古来の技術、伝統的な「美のレシピ」に加え、アリラ・ホテルのコンセプトである、「その土地ならではの体験」をお楽しみいただくために、材料はすべて地元で採れたフレッシュなものを使い、植物、ハーブ、フルーツ、スパイスなど、バリ島産のものを絶妙の配合でブレンドしています。 また、ワンランク上のビラルームから眺める景色はウブドの壮大な自然を堪能できる。

  
    
             
     
★★★★
     

伝統的なバリニーズ様式の建築とアランアランの屋根が特徴的なウマウブド。しかしお部屋内は白とベージュを基調として シンプルかつ清潔にまとめられたモダンスタイルとなっています。有名レストランモザイクにも近く、ウマウブドはバリ島で人気のコモホテルグループのひとつです。ヨガレッスンやネイチャーウォークなど無料アクティビティも豊富に取り揃えていることもウマウブドの魅力の一つです。

  
    
             
     

2000年にOPENして以来、手軽な料金で人気の高いカキアンバンガロー。 プライベート感あるゆったりとした一時を過ごしてもらう為、ホテル側からのサービスは必要最低限のみ。しかし困った際はホテルスタッフの方たちが丁寧に対応してくれます。女性一人旅でも安心して利用できるホテルです。

  
    
             
     

場所はUBUD VILLAGEとPERTIWI RESORTの間でKONANEKAの斜め向かい。駐車場が完成。ToyaとBejiの違いは部屋の広さと眺め。プライベートプールは塩水。自転車無料貸し出し。 4bedroom Villaは部屋単位(プールはシェア),2ベッド/3ベッド/4ベッド(プライベート)と料金体系が分かれる。2ベッドまたは3ベッドでの利用の場合、1部屋はリビングとなる。

  
    
             
     

Garden Pavilionは1棟で2部屋を構成。ダブルベッドは全て上のフロア。2階の床は板張りの為、1階の部屋は音が気になりそう。Garden Villa以上の部屋はバレ付き。Pool Villaのプールの大きさは部屋により若干異なる。GARDEN VIEW,JAZUJJI VILLA,POOL VILLAの違いはJAZUSSI,POOLの有無とCDの有無と部屋の広さ。2bed Pool Villaの寝室は2棟に別れている。Deluxe pool Villaは寝室とリビングに分かれている。

  
    
             
     

アユン川の渓谷に築かれたお瀟洒なヴィラ。カユマニスとはシナモンの意。あちこちに茂るシナモンの木々の芳香や、対岸の濃密な緑の息吹にそっと癒されるはず。客室とは別棟に半屋外のリビングとプールを用意。客室はジャワやチャイニーズなど各テーマでデザインが異なります。
アマン出身のマネージャーゆえ、サービスの細やかさは出色。2人のシェフもまたアマン出身と食事も楽しみ。日本人スタッフも常駐しています。

  
    
             
     
★★★★★
     

クプクプバロン ヴィラズは、アユン川渓谷に沿って建つ絶景リゾート。渓谷に突き出したテラスのようなダイニングレストラン、ポンドの奥にあるメインプールなどクプクプバロンのいたるところでウブドの大自然を体感でき、緑とアユン川のせせらぎに心身ともに癒されます。クプクプバロンで特に人気の「アユンリバープールヴィラ」は全面ガラス張りの客室から、間近にウブドの大自然を望め、清々しい朝もやの森、夕暮れに染まる渓谷の眺めなど、客室にいながら刻々と移り変わる自然の景色をお楽しみいただけます。

  
    
             
     

ウブドをぬって流れるウォス川を眼下に望み、おだやかな風景に囲まれて建つコマネカ・スイートは全室がヴィラとスイートの小さなリゾートです。コマネカ・リゾートの姉妹ホテルとして、細部にわたって配慮された造りになっています。敷地内には随所にインドネシア各地から運ばれた資材が使われております。ヴィラの面積は広く、各戸の中庭にはプライベートなプランジ・プールや東屋まであるぜいたくな空間があります。

  
    
             
     

バリ絵画のコレクターとして知られるネカ美術館のオーナーの子息が、自ら設計したスモール・ラグジュアリー・ホテル。 4種類の客室はどれもナチュラルな風合い。 “プラ・チュ”という布をふんだんに使った天蓋付きベッドに、 肌触りのいい生成りのファブリック、アンティークのテーブルなど、 調度品のひとつひとつにオーナーの美意識がうかがえます。 奥まったプール・ヴィラからの眺めは、田んぼが広がるのどかな田園風景。

  
    
             
     
★★★★
     

2011年にオープンしておりますので、コマネカグループの中では一番新しいホテルになります。ラササヤンは他の3軒とは異なり、バリらしい雰囲気をリーズナブルな料金で味わえるように建設されました。お部屋はビルディングタイプで眺めがほとんどありませんが、4軒の中で料金が最もお安く、モンキーフォレスト通り沿いに建っておりますので、ウブド内を散策するにはとても便利なロケーションが魅力です。

  
    
             
     

ウブド中心部から車で約5分、田園地帯にひっそりとたたずんでいるのがコリウブド リゾート スパ&レストランです。
有名レストラン「モザイク」がすぐお隣に、またネカ美術館もあり、ギャラリーなども近年増えているそうです。
プライバシーを重視したコリウブド リゾート スパ&レストランのお部屋は、シンプルですが、清潔感あふれる居心地のよい空間です。 パブリックプールや2階のレストランからはコリウブド リゾート スパ&レストランを取り囲む美しいライステラスを眺めることができます。
風通しの良いレストランでは、美味しいと評判のインドネシア料理をいただけるため、オプショナルツアーのランチに利用されているほどです。 コリウブド リゾート スパ&レストランはこじんまりとしていますが、スパ施設もあり、ゆったりとした時間の中、体も心も癒したいというお客様にお勧めできるリゾートです。

  
    
             
     
★★★★★
     

ロイヤルピタマハは、王家の息子が自らデザインし、建築スタッフ、建築過程に妥協を許さずに着手した、完成度の高さを誇るリゾート。全室渓谷ビューのヴィラは大きめのプールを併設しています。ロイヤルピタマハの客室ベッドルーム前に広がる景色は大自然のパノラマとマイナスイオンが流れ込んでくるようです。ヨガクラスやオーガニック野菜を使った料理、敷地内にある資生堂のキラーナスパなど、ロイヤルピタマハは滞在中、飽きることのないリゾートです。

  
    
             
     

ホテルチェーンGHMグループが昨年新しくバリ島・ウブドにオープンさせたザ・チェディクラブ。 田園の広がる広大な敷地の中に建つビラ、スパ施設、レストラン、すべてがスペースを十分にとって建設されている。特にレストランは広大な田園のなかに建ち、息をのむほど。スタッフのサービスもクオリティが 高く、スパビラではお部屋内でスパを満喫いただける。

  
    
             
     

ウブドの中心モンキーフォレスト通りに位置するチェンダナリゾートはまわりを ライステラスに囲まれているので、田園風景をこよなく楽しめる。 ショッピングや食事にも便利な場所に位置しています。

  
    
             
     
★★★★
     

バグースジャティは、バリ島で最初のヘルス&ウェルビーイング(健康とより快適な暮らし)を追求した滞在型リゾートで、ウブドから北東に進んだ、バリ島のほぼ中央となる場所に位置します。 バグースジャティは、標高765mの高地に5ヘクタールもの敷地を持ち、青々と茂った熱帯雨林に包まれています。 山の清浄で澄んだ空気が熱帯の湿気を解き放ち、心と身体のエネルギーを回復させてくれることでしょう。 ストレスから完全に解消された真のリトリート・隠れ家「バグースジャティ」でアジアの伝統的な真の精神の豊かさと優雅さを感じてみませんか? エス・ティー・ワールドでは、このバグースジャティが主催するスパトリートメントをツアーパッケージの中に組み込み、神々の住む島『バリ島』で心も身体も癒されるプランをご用意致しました。 スパトリートメントだけでなく、ヨガ、ネイチャーウォーク、サイクリング、クッキングクラス等様々な楽しみ方で思い思いのお時間をお過ごしください。

  
    
             
     
★★★★★
     

バリ島のジャングルに渡された吊り橋を進むと、空中に浮かんだような巨大な蓮池が。池の下へと続く階段を下りると、渓谷が一気に広がるメイン棟のロビーに辿り着く。このホテルでは逆転の発想から、上から下へと施設が展開するデザインになっている。 ここの魅力は雄大なバリ島の自然とmp一体感。自生の木は伐採せず、バリ島・ウブドの景観を乱さないよう建物を配置。 ホテルの随所からアユン川の絶景を満喫できます。

  
    
             
     

フラマヴィラズアンドスパ ヴィラ リゾートは、ウブドの南西20km、デンパサールから車で約30分のバンジャールビンブ村の美しい水田に囲まれたヴィラ・リゾートです。2ヘクタールの広々としたのどかな敷地には、スバックが奏でる美しい水の音とさわやかな水田の景色が広がります。プライヴェートヴィラのプールやガゼボで自然と融けあうひと時を。 ウブドのプール付ヴィラではかなりのお手頃価格なのでもオススメです! ・ウェルカムドリンクと冷たいおしぼり
・フルーツとお花のアレンジ
・ミネラルウォーター
・ウブド中心への無料シャトルバスサービス
・30分フットマッサージ(2名様まで)
・トレッキングツアーの無料体験(滞在中1回)

・ベッドへのフラワーアレンジ
・フラワーバスサービス
・フルーツのサービス
・ホテルからのギフト

  
    
             
     

ブワナ ウブド ホテルはウブドのファミリー向けリゾートで、近隣にはアルマ美術館、ガジャマスギャラリー、ルダナ美術館があります。モンキーフォレスト通りまでは徒歩10分ほどの距離です。 無料で貸し出されている自転車に乗って田園風景の中をサイクリングすることができ、穏やかなウブドライフを過ごしことが出来るでしょう。

  
    
             
     

バリ島のアユン川沿いに建つ「プリ・ウランダリ」は豊かな自然とバリの伝統文化が融合して生まれたブティック・ホテルです。谷の勾配に建てられたリゾートでは、どこにいても美しい渓谷を一望できます。バリ情緒ある門扉をくぐると、ゆったりとした敷地にベッドルームとオープンエアーのリビングにバスルーム。谷に水がこぼれ落ちていくプライベートプートでは至福の時がすごせることでしょう。

  
    
             
     
★★★★
     

マヤウブドリゾートはバリ島ウブドの東側、プタヌ川に沿った、ライステラスとパームツリーの森を見渡す、広大な敷地の中に建てられています。モダンで清潔なウイング・ルームと、バリの伝統建築と斬新なデザインのインテリアが見事にマッチしたヴィラがあり、 ヴィラは緩やかに南北に延びた敷地にそれぞれプライバシーを考えてレイアウトされている、まさにリラックスする為の洗練されたリゾートがマヤウブドです。その他にもマヤウブドは充実のアクティビティをご用意し、お客様をお待ちしております。

  
    
             
     
  
    
             
     

買い物に便利なモンキーフォレストの中心に位置する。部屋は奥まっており、静か。メインプール12x4m。

  
    
             
     
★★★★★
     

ウブドの中心地から車で約10分のところに、新たなラグジュアリ-ヴィラがお目見え。
バリ島の伝統建築を基本にしながら、モダンデザインも取り入れ新たな空間を造り出している。部屋の仕切りを極力なくしたオープンな造りのヴィラからは、間近にせまる自然を、目、耳、肌で体感できそうな壮大な景観を望める。
すべてにおいて、穏、静寂といった聖域の空気が流れる、究極のプライベ-トヴィラといえるだろう。
POOL SUITEとTERACE VILLAは1棟独立タイプではなく、1棟4部屋(1階の2室はPOOL SUITE、2階の2室はTERRACE VILLA)からなります。
いずれもプライベートプールがあり、部屋も充分な広さで高級感があります。但しPOOL SUITEの方はプールが屋内にある為、日光浴はあまり出来ないため、 屋外にガゼボがあるTERRACE VILLAの方がお勧めです。 TERRACE VILLAが人気のあまり、新たに造られたDELAXE TERRACE VILLA はリピーターさんに大人気!テラスヴィラにない要望をすべて叶えたホテルスタッフも一番おすすめするヴィラタイプです。

ページのトップへ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 ロシア旅行 ジョージア旅行 アゼルバイジャン旅行 アルメニア旅行 ウズベキスタン旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 東欧旅行 ベネルクス旅行 コーカサス三国旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行 タンザニア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行 ブルネイ旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 南極旅行
ページのトップへ