国旗

スリランカ

現地ネットワーク

海外旅行・ツアーTop > スリランカの海外旅行・ツアー > スリランカ エリア情報 > ヌワラエリヤ旅行

ヌワラエリヤNuwara Eliya

ヌワラエリヤのツアー

ヌワラエリヤは、高原地帯に位置する美しい町です。スリランカは熱帯のイメージがあるかと思いますが、このエリアは例外です。朝晩は半袖ではいられないほど冷え込むため、必ず長袖が必要となります。夜は、冬服を着ていても寒いくらいの気温になります。

山々に囲まれた街はそれほど大きくはないですが、コロニアルホテルや競馬場、ゴルフ場、昔ながらの郵便局など車窓から見ても面白い風景が広がっています。

ホートンプレインズ国立公園へ訪れる方はヌワラエリヤでの滞在がおすすめです。

ヌワラエリヤ

ヌワラエリヤのお得なツアー

ページのトップへ

ヌワラエリヤのみどころ

  • ティーファクトリー

    ティーファクトリー ヌワラエリヤを中心とする丘陵地帯はセイロンティーの本場。紅茶の精製工場では、旅行者にもその工程を見学させてくれます。

    また工場見学をした後は、横にあるカフェで実際にセイロンティーを味わうことが可能です。

  • ホートン プレインズ国立公園(ワールドエンド)

    ホートン プレインズ国立公園(ワールドエンド) ヌワラエリヤから訪れることのできるホートンプレインズ国立公園。ヌワラエリヤと同じく、朝はとても冷え込みます。
    標高2000mの草地が広がる高原。そこには青々と生い茂る木々や野生動物を見ることが出来ます。

    またワールドエンドと呼ばれる絶壁にも行くことが可能です。

    自然好き、トレッキング好きは訪れるべき場所の一つ!

ページのトップへ

ヌワラエリヤのオプショナルツアー

☆アジア最古のゴルフクラブ♪ヌワラエリヤ・ゴルフ・クラブ18H☆

1889年、英国の植民地時代に作られたアジア最古のゴルフコース!ヌワラエリヤは標高1,890mの高地に位置するため、通年に渡り平均気温は16度と快適な気候条件です。
全長5,520メートル、パー71のコースです。細長いフェアウェイにはもみの木が立ち並び、景観が良いのもこのゴルフ場ならでは。

ツアー詳細

ツアー代金

大人料金
85USD
ページのトップへ
ページのトップへ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 北欧旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 中欧旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アイスランド旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 バルト三国旅行 ヨーロッパ旅行
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコール遺跡カンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行特集 沖縄旅行 日本国内旅行
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米・中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行 南極旅行
ページのトップへ