海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

ドイツのおすすめ観光・見どころ

ドイツ観光・見どころ おすすめ10選

現地視察やプライベートでドイツを訪れたことのある
ヨーロッパ好きスタッフの投票により決めた
「お客様におすすめしたいドイツの観光10選」!!
ドイツって何が出来るのかわからないという方にも
その魅力を感じて頂けるようなスポットを選抜しました!

ドイツ観光 おすすめツアー

ドイツ観光 おすすめツアー

ノイシュバンシュタイン城観光付き
ミュンヘン滞在

 

ドイツ観光 おすすめツアー

歴史の最先端の流行が融合する街
ベルリン滞在

 

ドイツ観光 おすすめツアー

フランクフルト+ミュンヘン
鉄道の旅

 

ドイツ観光 おすすめツアー

フランクフルト+ローテンブルク+ミュンヘン 周遊贅沢旅

 

ドイツってどんなところ?

ローテンブルクなど中世の街々を行くロマンチック街道、グリム童話ゆかりの地を結ぶメルヘン街道など、縦横に走る街道を利用して旅や観光が楽しめるドイツ。 ノイシュバンシュタイン城などの名城巡りやライン川下りなど、旅のテーマはいろいろ。また、ビールやワイン、陶磁器など、マイスターの国ドイツには魅力がいっぱい。 特に12月25日のクリスマスに向かう4週間だけの、ドイツのクリスマスマーケットツアーは大人気!毎年約150か所で開催され、開催地ごとの違いを楽しむのがおすすめです。

Spot1

ノイシュバンシュタイン城に行く

美しい白亜の城ノイシュバンシュタイン城

美しい白亜の城ノイシュバンシュタイン城

馬車に乗る体験も出来ます

馬車に乗る体験も出来ます

ノイシュバンシュタイン城までの道のりは坂道も

ノイシュバンシュタイン城までの道のりは坂道も

ノイシュバンシュタイン城とは

ノイシュバンシュタイン城は、ドイツの南、雄大な自然の中に佇む美しい白亜の古城です。あのシンデレラ城のモデルにもなった事でも有名です。 謎を秘めたルートヴィッヒ2世の生涯が今なお息づく城内では、彼のロマンを感じさせてくれる様々な家具、調度を見る事ができます。

ノイシュバンシュタイン城 旅行記はこちら >

マリエン橋

マリエン橋

お城を美しく眺める定番スポット!マリエン橋へ。ノイシュバンシュタイン城のベストショットが撮影出来ます。

ホーエンシュバンガウ城

ホーエンシュバンガウ城

近郊にあるホーエンシュバンガウ城は、湖畔を散歩しながらお城を眺めたり、ここからもノイシュバンシュタイン城が見えます。

フュッセンの街

フュッセンの街

フュッセンはロマンティック街道とアルペン街道が交差する、ノイシュバンシュタイン城観光の拠点です。 馬車に乗ったり、かわいらしい街並みを眺めたりと、ドイツらしい滞在が楽しめます。

季節によって異なる美しさ

季節によって異なる美しさ

ノイシュバンシュタイン城は夏と冬では違った景色が楽しめます。雨のノイシュバンシュタイン城もとても綺麗です。

ノイシュバンシュタイン城を訪れる おすすめオプショナルツアー

Spot2

ロマンティック街道を巡る

市庁舎の上からの眺めはローテンブルクの町を一望出来ます

市庁舎の上からの眺めはローテンブルクの町を一望出来ます

カメラのシャッターが止まらないローテンブルクの街並み

カメラのシャッターが止まらないローテンブルクの街並み

ロマンティック街道のスタート地点であるヴュルツブルク

ロマンティック街道のスタート地点であるヴュルツブルク

ロマンチック街道とは

ロマンティック街道とは、南ドイツをヴェルツブルクからフュッセンへ縦断する人気の観光街道です。東京から大阪の距離に四敵する約350㎞の街道上に、中世の面影を残す木組み建築のかわいらしい街並みやアルプスの大自然の中に佇む古城や教会が点在しています。ドイツ観光の人気スポットがつまったロマンティック街道を巡りましょう!

ヴュルツブルク

ヴュルツブルク

ロマンティック街道のスタート地点である美しい古都で、見どころがたくさんあります。フランケンワイン発祥の地としても有名です。

ローテンブルク

ローテンブルク

ローテンブルクは14世紀のかわいらしい街並みが残るロマンティック街道のハイライト。ドイツ旅行には外せない人気観光地です!

アウクスブルク

アウクスブルク

アウクスブルクはローマ人によって建設されたローマ帝国都市で、時の繁栄を今もしのばせるロマンティック街道最大にして最古の都市です。

ヴィース協会

ヴィース協会

ヨーロッパでもっとも美しいロココ様式の教会のひとつと称えられています。「天から降ってきた宝石」と称えられるほど美しい内部は必見です。

ロマンチック街道を訪れる おすすめオプショナルツアー

Spot3

ベルリンで最新の流行を知る

ベルリンの街

ベルリンの街

ベルリンの壁 最も有名なアート

ベルリンの壁 最も有名なアート

ブランデンブルク門

ブランデンブルク門

ベルリンとは

苦難の歴史を乗り越えて東西の統一を果たしたドイツ。 その歴史舞台の中心になっていた街がベルリンです。街のあちこちに東西ドイツ時代の面影が残されています。ブランデンブルグ門や博物館の島、ポツダム広場に残っているベルリンの壁など、観光スポットも点在しています。

イーストサイドギャラリー

イーストサイドギャラリー

シュプレー川沿いのミューレン通りの壁、約1.3㎞に渡るオープンギャラリーで現存する最長のベルリンの壁。アーティストによる様々な作品を見ることができます。

ハッケシェ・ヘーフェ

ハッケシェ・ヘーフェ

ベルリンのミッテ区に位置する、8つの中庭をもつ建物です。ヘーフェはドイツ語で中庭を意味します。大きなヘーフェでショッピングを楽しみましょう。

東ドイツ生まれのアンペルマン

東ドイツ生まれのアンペルマン

アンペルマンは旧東ドイツ時代に誕生した歩行者用信号機です。アンペルマンショップ本店もあるので、お土産におすすめです。

ポツダム広場

ポツダム広場

ベルリン壁崩壊後、次々と建設された高層ビル群がそびえる広場。巨大なガラス屋根のソニーセンターや家族連れに人気のレゴランド、周辺には博物館や見所が集まっています。

ベルリンを訪れる おすすめオプショナルツアー

Spot4

ケルン大聖堂に感動する

近くでは全体が見れないほど大きく、迫力があります

近くでは全体が見れないほど大きく、迫力があります

夜にライトアップされるケルンも素敵です

夜にライトアップされるケルンも素敵です

大聖堂内のステンドガラスの美しさ

大聖堂内のステンドガラスの美しさ

ケルン大聖堂とは

ケルン中央駅前にそびえる世界最大のゴシック建築「ケルン大聖堂」はドイツ人観光客も多数訪れる人気の観光地です。フランス語で「ケルンの水」を意味するオーデコロン発祥の地としても知られています。ケルン大聖堂は特に内部のステンドガラスがとても美しく、夜はライトアップもあり、昼間とは違う雰囲気をお楽しみいただけます。

ホーエンツォレルン橋

ホーエンツォレルン橋

恋人たちの聖地となり、沢山の愛の南京錠が付けられています。橋の上は大聖堂とケルンの街並みを一望できる絶好の撮影ポイントでもあります。

チョコレート博物館

チョコレート博物館

ケルンの有名なチョコレートメーカーImhoff-Stollwerkの工場兼博物館となっており、内部を見学することができます。

トライアングルパノラマ展望台

トライアングルパノラマ展望台

ケルン大聖堂は近くからでは全体像がカメラに収まらないほど大きいです。「ケルン・トライアングル」の高層ビルからは全体を眺める事が出来ます。

アウグストゥスブルク城

アウグストゥスブルク城

ケルンから列車でわずか15分のブリュールのアウグストゥスブルク城。広大な敷地にはバロック様式の美しい庭園別邸ファルケンルストがあります。

ケルン おすすめオプショナルツアー

Spot5

ライン川、ライン渓谷を下る

ライン川にはクルーズ船が運航しています

ライン川にはクルーズ船が運航しています

ゴンドラから見えるブドウ畑とライン川

ゴンドラから見えるブドウ畑とライン川

ライン川クルーズの始発点として有名なリューデスハイムの街並み

ライン川クルーズの始発点として有名なリューデスハイムの街並み

ライン川、ライン渓谷とは

ライン川は、ドイツ、スイス、フランス、オランダなど、ヨーロッパを流れる川です。そのうちの約半分はドイツを流れており、ドイツはこの川を中心に栄えていったと言っても過言ではありません。 ドナウ川とともに、ヨーロッパを代表する河川となったライン川は、美しい街並みや古城など、素晴らしい景観をお楽しみいただけます。 一般的に馴染みのある『ライン川クルーズ』というのは、中部ラインエリアのマインツ~ケルン間で楽しむことができます。 川沿いに建つ古城や可愛らしい街並み、ワインの名産地だけあってブドウ畑の広がる景色をクルーズ船から眺めることができます。

短時間でも楽しめる

短時間でも楽しめる

ライン川の全長は約1233km。数時間でも楽しめるポイントは「リューデスハイム~コブレンツ」渓谷中部のコースです。古城が集まるハイライト区間です。

川のほとりワインの街

川のほとりワインの街

ライン川クルーズの始発店として有名なリューデスハイムはワインの産地として有名です。観光客も多く、ワイン酒場もたくさんあり愉快な雰囲気です。

両岸に無数の古城

両岸に無数の古城

ライン川クルーズの魅力と言えば、世界遺産にも登録されている絶景を眺めることが出来る事です。たくさんの古城はもちろん、歴史的な街並みが連なっています。

展望台から眺めるライン川

展望台から眺めるライン川

リューデスハイムでは、ゴンドラで展望台まで行き、ライン川やぶどう畑や可愛らしい街並みを眺めることが出来ます。展望台から見下ろす景色はおすすめです。

Spot6

クリスマスマーケットを楽しむ

これぞ本場のクリスマスマーケット!

これぞ本場のクリスマスマーケット!

都市によっての装飾も楽しみの1つ

都市によっての装飾も楽しみの1つ

世界最古のクリスマスマーケット「ドレスデン」

世界最古のクリスマスマーケット「ドレスデン」

クリスマスマーケットとは

ドイツでもっとも重要な歳時はクリスマスです。12月25日のクリスマスのクライマックスに向かう4週間をアドベント(待降節)と言い、ドイツの人々にとって1年で1番大切な、喜びに溢れる4週間となります。街の飾りやイルミネーションも美しいものですが、ドイツの特色は「クリスマスマーケット」にあります。どの街の中心広場にも、この4週間クリスマス市が立ち、クリスマス飾りやプレゼント、人形、季節のお菓子などを売る木の屋台が並びます。伝統と風習、音楽、色、香り、陽気さに溢れロマンチックに出会えるクリスマスのドイツ。もみの木の緑が美しくイルミネーションが輝くクリスマスの時期にドイツを訪れてみませんか。

世界一有名なニュルンベルク

世界一有名なニュルンベルク

「クリストキンドレスマルクト」と呼ばれるニュルンベルクのクリスマスマーケットにはたくさんの人たちが各地から大型バスでやってきて賑わいます。

グリューワインで温まる

グリューワインで温まる

赤ワインにスパイスを加えたホットワイン。街により異なる可愛いマグカップが魅力です。返却も可能で、お土産として持って帰ることも出来ます。

名物料理を食べ比べ

名物料理を食べ比べ

その街の郷土料理が味わえる屋台もあります。街のクリスマスマーケットによっメニューも異なりますので地元の味を是非お楽しみください。

街により異なる装飾

街により異なる装飾

ドイツのクリスマスマーケットは、毎年約150か所で開催されます。その街によって雰囲気も異なるので複数の街を訪れてみてはいかがでしょうか。

Spot7

オクトーバーフェスト(ミュンヘン)でビールを飲む

オクトーバーフェスト会場内は大賑わい

オクトーバーフェスト会場内は大賑わい

ビール片手にプレッツェル

ビール片手にプレッツェル

会場全体がお祭りのように賑やか

会場全体がお祭りのように賑やか

オクトーバーフェストとは

オクトーバーフェストは、ミュンヘンで開催される世界最大のビールのお祭りです。 9月中旬から10月上旬に16日間にわたって開催され、毎年、約600万人もの人々が会場を訪れます。 友達も家族も初対面の人も、みんな陽気になれるお酒好きの方必見のイベントです!

席の確保が必要

席の確保が必要

まず、オクトーバーフェストでビールを飲むには、ミュンヘン市内の6つの醸造会社が運営する14の巨大ビールテントに入り、席を確保する必要があります。

席がないなどの注意点

席がないなどの注意点

週末ともなると、地元の人でさえ、席を確保するのが困難と言われています。 席がないと、ビールを飲むことができないので、ご注意を…。

民族衣装で盛り上がる

民族衣装で盛り上がる

現地の方の多くは民族衣装の「ディアンドル」を着て参加しています。現地でも調達できますので、是非、挑戦してみてください!

会場外も散策しよう

会場外も散策しよう

会場には移動式の遊園地が造成され、観覧車など大きなアトラクションが設置されます。。お土産やグッズ、軽食を売る屋台もあり、楽しむことが出来ます。

オクトーバーフェスト 旅行記

Spot8

メルヘンチックな小さなかわいい街を散策

どこを切り取っても絵になるローテンブルク

どこを切り取っても絵になるローテンブルク

メルヘン街道の街「マールブルク」

メルヘン街道の街「マールブルク」

かわいい湖畔の街「メールスブルク」

かわいい湖畔の街「メールスブルク」

ドイツに点在する可愛らしい中世の町

ローテンブルクなど中世の町々を行くロマンチック街道、グリム童話ゆかりの地を結ぶメルヘン街道など、たくさんの町観光が楽しめるドイツ。大都市から行くことが出来るドイツの田舎町には知られていない景色や世界遺産がたくさんあります。大都市から行くことが出来る町へ少し足を運んで見ませんか?新しい発見が出来るかもしれません。

アーヘン

アーヘン

デュッセルドルフから列車で約1時間半で行くことが出来ます。世界遺産第一号の「アーヘン大聖堂」もあり、小さいけれど魅力的な街です。

ボン

ボン

フランクフルトから列車で約1時間。ベートーヴェンのゆかりの地として有名なボン。有名なグミメーカーの直営店もあり、お土産におすすめです。

ハイデルベルク

ハイデルベルク

フランクフルトから列車で約1時間。ドイツの学生街としても有名なハイデルベルクですが、ハイデルベルク城や茶色い屋根のヨーロッパらしい町並みが広がる素敵な町です。

アウクスブルク

アウクスブルク

ミュンヘンから列車で約30分。歴史深い古い町として有名なアウクスブルク。きらびやかな大広間をもつアウクスブルク市庁舎は必見です。

Spot9

ブンデスリーガ所属の日本人サッカー選手を応援

サポーターの熱血的な応援

サポーターの熱血的な応援

サポーターの熱狂的な応援

サポーターの熱狂的な応援

ビールを片手に応援

ビールを片手に応援

ブンデスリーガとは

ブンデスリーガとは、1部、2部合わせて56クラブが所属しているドイツのサッカーリーグです。他のヨーロッパリーグと異なり、ブンデスリーガに属するにはヨーロッパで最も厳しいといわれるドイツサッカー連盟のブンデスリーガ・ライセンス取得の条件を満たさないとプロクラブとしてリーグに参加することができません。 日本のJリーグも参考にしたと言われているブンデスリーガ、どんな試合が観られるのか楽しみですね。

観客数の多さに圧倒

観客数の多さに圧倒

欧州主要リーグの中で、平均観客動員数がトップのブンデスリーガ。会場の熱気が素晴らしく、比較的チケット代が安価なことも人気の理由です。

カウンターサッカーが特徴

カウンターサッカーが特徴

ブンデスリーガのサッカーは、相手の守備陣形が整う前に攻撃を仕掛けて、ゴールを狙うカウンターが特徴的です。

FCバイエルン・ミュンヘン

FCバイエルン・ミュンヘン

不動のナンバーワンチームです。連続優勝を逃すことがないと言っても過言ではありません。アリアンツアレーナまではミュンヘン中央駅から列車で約30分ほど。

アイントラハト・フランクフルト

アイントラハト・フランクフルト

日本人選手が所属していることでも有名なチームです。フランクフルトとの観光も一緒に楽しむことが出来ます。

ドイツサッカー観戦 旅行記

Spot10

ビール、ソーセージ、ドイツグルメを楽しむ

街ごとにビールの味も違うので楽しめます

街ごとにビールの味も違うので楽しめます

ジョッキは大きいので飲みすぎ注意!

ジョッキは大きいので飲みすぎ注意!

ソーセージにも街ごとに特徴があります

ソーセージにも街ごとに特徴があります

ドイツグルメとは

ドイツといえばビールとソーセージ!ドイツのビールは地方ごとに様々な種類があり、周遊旅行なら街ごとに地ビールを味わうことができます。ビールと同様に、ソーセージにも街ごとに特徴があるので、ソーセージを巡る旅も楽しいです。ビールとソーセージ以外にも、ベルリンのケバブやフランクフルトのリンゴ酒など、その街ならではのご当地グルメも見逃せません。

やっぱりビールが美味しい

やっぱりビールが美味しい

ドイツといえばやはりビール。一人当たり年間約110リットルという圧倒的な消費量を誇ります。街ごとに地ビールを味わうことができます。

一味違う白いソーセージ

一味違う白いソーセージ

ミュンヘンで有名な「白ソーセージ」。皮の部分は食べず、ナイフで縦に切れ目を入れ、皮を剥がしながら食べていきます。午前中しか食べれないお店もあるので注意!

カリーヴルスト

カリーヴルスト

カリーヴルストはソーセージにソースとカレーパウダーをかけたファーストフード。駅前など、移動販売店が多いので気軽に食べ歩きが出来ます。

シュバイネハクセ

シュバイネハクセ

皮がパリパリになるまで豚肉をローストした料理。がっつり肉料理が食べたい際に大人数で食べることも出来るおすすめのドイツ料理です。

ドイツの行きたい観光地はみつかりましたか?

エス・ティー・ワールドなら、お客様のご希望にあわせて、
滞在地、ホテル、旅行日数など、
ツアーを1からオーダーメイド致します!

ドイツ海外旅行・ツアーTOP / 海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

電話でお問い合わせ電話でお問い合わせ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 ロシア旅行 ジョージア旅行 アゼルバイジャン旅行 アルメニア旅行 ウズベキスタン旅行 ウクライナ旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 東欧旅行 ベネルクス旅行 コーカサス三国旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
チュニジア旅行 イラン旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
カタール旅行 ケニア旅行 マダガスカル旅行 南部アフリカ旅行
タンザニア旅行 ナミビア旅行 ジンバブエ旅行 ザンビア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行 ブルネイ旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 カリブ海旅行 南極旅行
ページのトップへ