💛憧れのノイシュバンシュタイン城へ!オプショナルツアーで行ってみた✨ | ドイツの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

💛憧れのノイシュバンシュタイン城へ!オプショナルツアーで行ってみた✨

エリア
ドイツ
/ドイツ
テーマ
街歩き
時期
2018/12/15~2018/12/15
投稿日
2018/12/18
更新日
2019/2/13
投稿者
吉田

今回、クリスマスマーケットシーズン限定 みゅう主催の「ミュンヘン発【11月30日~12月23日の金・土・日曜限定】 ノイシュヴァンシュタイン城、世界遺産ヴィース教会とアウグスブルクのクリスマスマーケット」に参加してきました!

実際に現地写真を交えて、イメージしづらい具体的なツアーの流れをレポートさせていただきます!

スタッフおすすめ!お得ツアー

羽田発≪カタール航空≫夜便利用!日本人人気NO.1芸術と文化の街・バイエルン王国の古都ミュンヘン5日間~価格重視ホテルフリープラン ~

羽田発

羽田発≪カタール航空≫夜便利用!日本人人気NO.1芸術と文化の街・バイエルン王国の古都ミュンヘン5日間~価格重視ホテルフリープラン ~

日数:5日間  
旅行代金:84,300円~267,300ツアーはこちら

  • ツアー出発

    • 外観も内装も綺麗な車両です。

    • シートもゆったり。フットレストもあります。

    8時10分、ミュンヘン中央駅のスターバックスの前に集合

    日本人ガイドの方が「みゅう」と書かれたプラカードを持って点呼をしてくれているので声をかけましょう。
    参加者の確認が終わったら早速出発、ミュンヘン中央駅の北口に停まっているツアーバスに乗りこみます。
    この場所には多くの大型バスが停まっていて、
    空港シャトルバスのルフトハンザエアポートシャトルバスもここから発着しています。

    ツアーバスは40人乗りくらいゆったりしたサイズで、座席はリクライニングも可能です。
    移動中の車内ではガイドさんがノイシュバンシュタイン城にまつわるお話と到着してからの流れを説明してくれるので事前準備バッチリで観光することができます!

    *ルフトハンザエアポートシャトルバス*
    ルフトハンザと名前は付きますが、どの航空会社でも利用はできます。
    料金:片道1人あたり11ユーロ。(運転手からチケットを購入できます。)
    所要時間:空港まで約40分ほど。

    ターミナル2→ターミナル1の順で停車します。
    ルフトハンザ航空とANAの直行便、おおよそのスターアライアンスの航空会社はターミナル2、
    それ以外はターミナル1となっていますが、出国前にちゃんと確認しておきましょう。
    20分に1本間隔で運行していて、停留所にはいつでも待機しているようなので、
    どのタイミングで行っても利用できます。
    大きなスーツケースも置けて、バス内には無料のWi-Fiもあり、
    すごく便利なので是非ご利用されてみてください!

  • いよいよノイシュバンシュタイン城へ

    • 麓からも小さくですが、お城が見えます!

    • 辺りは雪で覆われた山道を登っていきます。

    • 頂上で見ると大迫力!

    • 画像右側のモニターにチケットの入場番号が表示されます。

    約2時間の移動を経て、ノイシュバンシュタイン城の麓に到着

    こちらのツアーには昼食が含まれていないので、ガイドさんが事前に周りのレストランの場所を説明してくれながらノイシュバンシュタイン城に向かって道を登っていきます。
    ちなみに馬車で登ることもできて、1人当たり往路は7ユーロ、復路は3.5ユーロ。
    ガイドさんが馬車に乗るか確認してくれるので乗りたい場合はガイドさんに言いましょう。
    約30分ほどかけて登るので、歩きやすい靴を忘れずに!冬は雪で滑りやすくなります。

    いよいよノイシュバンシュタイン城が目の前に!
    到着した場所から見たときはぽつりとイメージより小さいなと感じましたが、実際登って目の前にするとすごい迫力です!

    事前に配られる入場チケットで自分たちで入場して、日本語オーディオガイドを中で受け取り順路に沿って進みます。
    5分おきに入場人数が区切られているため混み合うことなく、しっかり回れるのもポイントです。
    城内は撮影が禁止されているので、あいにく写真ではご紹介できませんので、是非、ご自身で行かれた際のお楽しみにしていただければと思います。

    補足
    ノイシュバンシュタイン城の写真で必ず目にするアングルですが、マリエン橋というところから撮った写真なんです。
    ただ、マリエン橋まで行く道は冬のシーズンは積雪のため行くことができません。
    必ずマリエン橋からの写真が撮りたいという方は春から秋までのシーズンを狙って行きましょう。

  • 美しすぎるヴィース教会

    • ぼつんと佇み姿も神々しいです。

    • 内装は吸い込まれるような美しさです。

    • 天井に描かれるのは「最後の審判」。

    ノイシュバンシュタイン城の次は世界でもトップクラスの美しさを誇るヴィース教会へ

    ノイシュバンシュタイン城からは車で30分ほど。
    ヴィース教会のヴィース(wies)とは「草原」という意味で、鞭打たれる木彫りのキリスト像をもらい受けた農婦が大切に祈りを捧げていたところ、
    キリスト像が涙を流した、というお話が広がり、
    その木彫りのキリスト像へ礼拝する人の数の増えために建てられた教会がヴィース教会なのだそうです。

    外観からその美しさが伝わりますが、内部は想像を超える美しさでした。
    教会内に施されたフレスコ画は言葉が出ないほどの美しさで、時間を忘れていつまでも眺めていられます。

    ミュンヘンへご旅行の際は、必ず訪れたい観光地の一つです!

  • アウグスブルクのクリスマスマーケット

    • 盛大な飾りつけで美しくライトアップされています。

    • アウグスブルグのカップ!

    • 写真右上の市庁舎2階で「エンゲルシュピール」が行われます。

    ヴィース教会から約1時間30分かけて、ミュンヘンの南西部に位置するアウグスブルクへ

    *自分で行く場合*
    ミュンヘン中央駅から乗り換えなしで30〜40分ほど。
    料金も片道20ユーロ前後なので、日帰り旅行にはもってこいです。

    人口約28万人が暮らすアウグスブルクの市庁舎前広場がクリスマスマーケットのメイン会場になっています。

    ハイライトは週末の18時から市庁舎のバルコニーに現れる「エンゲルシュピール」(天使の演奏)。
    美しくライトアップされた市庁舎のバルコニーで天使たちが音楽を奏でる様子はまさにクリスマスの雰囲気そのものです。

    クリスマスマーケットの楽しみ方はこちらの旅日記で!

  • まとめ

    普段は自分でチケット手配して観光する方ですが、

    クリスマスマーケットのようなイベントでは荷物が邪魔だったりスリの心配もあるので、
    今回のようなツアーで手ぶらでのんびり観光できるのやっぱり楽です。笑

    実際にかかる交通費や入場料なども含まれていて、移動はバスに乗ってるだけなのでかなりコスパがいい内容だと自信を持って言えます!

    来年のクリスマスは、是非こちらのツアーに参加してみてください!!