食べて歩いて飲みまくる☃クリスマスマーケット巡りの旅✨ | ドイツの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

食べて歩いて飲みまくる☃クリスマスマーケット巡りの旅✨

エリア
ドイツ
/ドイツ
テーマ
周遊
時期
2018/12/13~2018/12/16
投稿日
2018/12/6
更新日
2019/2/13
投稿者
吉田 芳喜

毎年11月の 12月までヨーロッパ各都市で行われる盛大なクリスマスマーケット。

今回ドイツで参加してきたクリスマスマーケットを基に現地の様子と初めてでも安心して楽しめるクリスマスマーケットの🉐情報をお伝えいたします!
~行程~
1日目
フランクフルト(宿泊)
ケルン(日帰り)
ニュルンベルク(日帰り)
ローテンブルク(日帰り)
ミュンヘン(宿泊)
アウグスブルク(日帰り)
*クリスマスマーケットの詳細はこちら の弊社ホームページもご覧ください*

スタッフおすすめ!お得ツアー

成田発≪カタール航空≫夜便利用!日本人人気NO.1芸術と文化の街・バイエルン王国の古都ミュンヘン6日間~価格重視ホテルフリープラン ~

成田発

成田発≪カタール航空≫夜便利用!日本人人気NO.1芸術と文化の街・バイエルン王国の古都ミュンヘン6日間~価格重視ホテルフリープラン ~

日数:6日間  
旅行代金:85,300円~301,300ツアーはこちら

  • 必見!ジャーマンレイルパスについて

    ジャーマンレイルパスとは、ドイツ国内の鉄道(DB)全線に利用できる乗り放題チケットで、

    高速列車IC、ICE、普通列車Sバーンなどにも利用することができます!
    ※地下鉄Uバーン、路面電車トラム、路線バスには利用できません。
    ※座席指定は含まれません。(窓口で手続きが必要)

    チケットは大きく分けて2つ。
    フレキシータイプ(1か月の有効期限内の好きな日で利用)
    連続タイプ(利用日を決めて、連続した日程で利用)

    1等、2等とありますが、2等も十分広く、ドイツの電車は全体的にきれいなので、特にこだわりがなければ2等車で問題ありません。

    料金帯は大人、子供(11歳まで無料)、ユース(12~27歳)、ツイン(2名で全く同行程を利用)に分けれているので、ユースやツインに当てはまる場合は、是非利用しましょう!
    詳しい料金は弊社で手配を行っておりますので、お気軽にお問合せください。

    なんでジャーマンレイルパスがおすすめかというと、、
    ★毎回切符を買う必要がない!
    時間がないときなど、毎回切符を買う手間が省けます!

    ★急な遅延でも安心♪
    ドイツの電車はかなりの確率で遅延します。
    せっかく切符を買っても別の便に振り替えるには新しい切符を購入するしかありません。
    パスならどの便でも乗れるので遅延も気にせず旅行できます。
    またその日の気分で自由に行き先を決められるのも嬉しいですよね。

    ★高速列車にも追加代金なしで乗れる
    例えば、ミュンヘンからフランクフルトへ移動して、日帰りでフランクフルトからケルンへ行こうと思ったとき・・
    ・ミュンヘン中央駅→フランクフルト中央駅:76~107ユーロ
    ・フランクフルト中央駅→ケルン中央駅(往復):72~120ユーロ

    これだけでも連続タイプの3日券とほぼ同じか高くなります。
    それだけパスがお得ってことです!!

    <ジャーマンレイルパスの使い方>
    〇まずはバリデーション
    これから利用開始します、という手続きでドイツ国内の鉄道の窓口で行います。
    主要駅であれば、必ず「Reisezentrum(窓口)」があるので、開始
    する際は駅構内の「Reisezentrum」の文字を探しましょう!

    窓口では、ジャーマンレイルパスとパスポート(全員分)を提示すれば、スタッフの方が必要な手続きをしてくれます。
    (スタッフがしてくれること)
    ・利用開始日、終了日、パスポート番号を記入、スタンプ押印
    ※上記がちゃんと記載・押印されたか必ず確認しましょう!
    記載がない場合、罰金になる場合もあります。
    利用開始日を聞かれるので、いつから使うのか日程を伝えます。
    ※フレキシータイプは各利用する日に自分で日付を記入して利用します。
    ジャーマンレイルパスを受け取ったら自分で「signature」の部分にサインをすれば、利用開始の手続きは完了です。

    後は鉄道に乗るだけ、パスは車内で検札が来たときに提示するだけで大丈夫です。
    (ドイツには改札がありません。)

  • クリスマスマーケットの楽しみ方~ご当地カップを集める~

    クリスマスマーケットで絶対外せないグリューワイン(ホットワイン)


    注文した時に、かわいらしいカップに注いでくれます。
    これは毎年オリジナルで作られるカップで、それぞれの都市でデザインも違うので、思い出用に購入したり、お土産にするのもありですね。

    1杯7ユーロ前後ですが、その内3ユーロくらいがカップのデポジット代となっており、飲んだ後にお店に返せばその分は返金してくれます。
    お酒好きな方は2杯目以降は飲み物代だけで飲むこともできます。

  • クリスマスマーケットの楽しみ方~ドイツ名物を楽しむ~

    Bratwurst/ブラートヴルスト
    ドイツと言えば「ソーセージ」ですよね!
    色んなクリスマスマーケットに行きましたが、どの都市もどのお店も間違いなくうまい!
    丸々1本の焼きソーセージをパンに挟むスタイルがスタンダードですが、パンでお腹いっぱいになったらノーブレットの種類もあるので色んなソーセージを食べてみましょう。
    お値段は一つ4〜5ユーロくらいが相場です。

    Reibekuchen/ライプクーヘン
    じゃがいもをすり下ろして油で揚げたもので、りんごムースを付けて食べるクリスマスマーケットの定番料理です。
    大体どこのお店も3枚セットで3〜4ユーロが相場です。

    Pommes/ポメス
    定番のプライドポテト。
    ドイツはじゃがいもが本当においしい!外かりかりで中はほくほく、ボリュームたっぷりに次いでくれるので、すーぐお腹も膨れます。(歩いてるとすぐお腹すきます。)
    ドイツ人はケチャップやマヨネーズたっぷりつけて食べるのが定番のようです。

    代表的なもののご紹介でしたが、他にもラクレットチーズやスイーツ系の食べ物までたくさんありますので、色んなものに挑戦してみましょう!

  • クリスマスマーケットの紹介~ケルン~

    フランクフルトからICE(高速鉄道)でケルン中央駅(KOLN Hbf)まで約1時間ほどでいけるケルン。


    ケルン中央駅の1つ手前にケルン・ドイツ駅(KOLN DEUTZ)駅で降りてホーエンツォレルン橋を渡ってケルンに入るのがおすすめです!
    クリスマスマーケットの会場はケルン大聖堂のすぐ隣なので、アクセスも簡単です。
    会場自体はそこまで大きくなくて、1時間ほどでも回れちゃいます。

    今回は行くことはできませんでしたが、旧市街のアルター・マルクト広場前にも会場があるので、是非、足を延ばしてみてください。

  • クリスマスマーケットの紹介~ニュルンベルク~

    ドイツで最も人気があると言われるニュルンベルクのクリスマスマーケット。
    旧市街から中央広場まで約150店もの屋台があり見ごたえあり!

    街自体もミュンヘンに次いで2番目に大きい都市でドイツらしい木組の家や石畳の中世の雰囲気を楽しむこともできます。

    アクセスはフランクフルト、ミュンヘンどちらからも乗り換えなしで行けるので、フランクフルトとミュンヘンの周遊の時には是非、立ち寄りたい場所です。
    また駅には十分にロッカーもあるので、大きなスーツケースなどの荷物はロッカーに預けて身軽に観光しちゃいましょう!

  • クリスマスマーケットの紹介~ローテンブルク~

    ドイツ周遊旅行でも人気の行き先の一つ「ローテンブルク(Rotehnburg)」
    正式名称はRothenburg op der Tauber。ローテンブルクと付く他の場所もあるので、電車を調べる時は正式名称で確認しましょう!

    アクセスはフランクフルト、ミュンヘンからともに2回以上の乗り換えが必要となり、街は石畳で駅から中心の広場までは徒歩10分ほどなので、大きな荷物を持っての移動は結構しんどいかもしれません。
    フランクフルトからミュンヘンの道中の立ち寄りで観光を検討の方は、駅のコインロッカーに預けて観光しましょう。
    ※ロッカーの数はそこまで多くないので時間帯やピークシーズンには空いてない可能性もあります。

    個人的には上記のニュルンベルクのコインロッカーで荷物を預けて、ニュルンベルクからローテンブルクまで1回乗り換えで観光するのが楽でおすすめです!
    ニュルンベルク、ローテンブルク2都市を1日で回っても十分観光できます。

    ローテンブルクは町全体が中世の雰囲気で溢れていて、中心はマルクト広場。マルクト広場はクリスマスマーケットのメイン会場にもなっています。
    またマルクト広場から南へ進んだところに、プレーンラインという交差点があり、人気の撮影スポットにもなっています。

  • クリスマスマーケットの紹介~アウグスブルグ~

    アウグスブルグにはオプショナルツアーで行きましたが、個人でもミュンヘンから片道30分ほどで乗り換えなしで簡単にアクセスができます。


    あまり有名ではありませんが、会場は広く、市庁舎前広場がクリスマスマーケットのメイン会場になっています。

    *是非、こちらの旅日記もご参照ください*

  • 最後に

    <出発前に準備しておきたいこと>
    クリスマスマーケットのメニューは基本ドイツ語なので、お目当てのものはドイツ語もチェックしておきましょう!
    後は美味しそうと思ったものは指差しで頼んじゃえばOKです。
    ジップロック、ウェットティッシュ、ティッシュは必ず持参をおすすめします!
    というのも、下記に紹介しますが、カバンを汚さずにカップを持ち帰るのにはジップロックがかかせません。
    またソースたっぷり、肉汁いっぱいの食べ物で手が汚れがちなのでウェットティッシュもかかせないですね。

    ※注意※
    夜になってくるとだんだんと人が増えてきて前に進めないくらい混雑します。
    注文や写真に夢中になっているときに財布や携帯などスリに遭うこともあるので十分に気をつけてください。