国旗

ポーランド

現地ネットワーク

海外旅行・ツアーTop > ポーランドの海外旅行・ツアー > ポーランド エリア情報 > グダニスク旅行

グダニスクはヴィスワ川がバルト海に注ぐ河口に発達した港湾都市です。13~14世紀にはハンザ同盟の一員として繁栄を誇り、現在もポーランド北部の歴史・文化・観光の拠点都市となっています。グダニスクの旧市街にはルネッサンス様式の華麗な市庁舎や中世貴族の館が建ち並び、みどころがコンパクトに集まっているので、気軽に街歩きを楽しめます。グダニスクはバルト海における琥珀産業の中心都市としても知られていて、旧市街のマリアツカ通りにはたくさんの琥珀の露店が並んでいます。グダニスクを拠点に、世界遺産マルボルク城に気軽にアクセスすることができます。

グダニスク

グダニスクのみどころ

  • グダニスク旧市街

    グダニスク旧市街 グダニスク旧市街の中心は、ポーランド王がグダニスクを訪問した時に通った「王の道」と呼ばれるドゥーギ通り。通りの両側には、ルネッサンス様式の華麗な市庁舎や中世貴族の館が建ち並び、ポーランド王国の繁栄を今に伝えています。レンガ造りの教会としては世界最大級の聖母マリア教会からは、オレンジ色の屋根が並ぶ旧市街の様子を一望できます。

  • モトワヴァ運河と遊覧船

    モトワヴァ運河と遊覧船 モルトヴァ運河は、港として利用されていたかつての町の玄関口です。夏の時期には、遊覧船のミニクルーズをお楽しみいただけます。港からのびるマリアツカ通りにはバルト海の宝石・琥珀を扱う露店でにぎわっています。

  • 大武器庫(Wielka Zbrojownia)

    大武器庫(Wielka Zbrojownia) オランダ・ルネッサンス建築の大武器庫には、竜の形の雨樋など細やかな装飾が施されています。かつては、内部には大砲や弾丸などが保管されていました。大武器庫の前にある取り出し口は、地下から大砲の弾を出すためのものです。大武器庫は第2次世界大戦で破壊され、1945年に再建されました。現在では、美術アカデミーとして利用されています。

  • 旧市庁舎(Ratusz Głównego Miasta)

    旧市庁舎(Ratusz Głównego Miasta) 1379年に着工された旧市庁舎は、グダニスクの富とこの町のヨーロッパにおける地位というものを顕示するものでした。現在はグダニスク歴史博物館となっており、赤の広間(Sala Czerwona)という評議会の間は必見です。市庁舎の上の展望台からは、グダニスクの美しいパノラマを楽しむことができます。

  • ネプチューンの噴水(Fontanna Neptuna)

    ネプチューンの噴水(Fontanna Neptuna) 海の守護神であるネプチューンのブロンズ像は17世紀からグダニスクを見守っています。グダニスクの伝説では、このネプチューンは噴水に人々が金貨を投げ入れるのを嫌がって、手にした三叉の矛(トリアイナ)で水を突き、金貨を金箔に変えてしまったといわれています。その金箔の輝きがグダニスク名産のハーブ・リキュール「黄金の水」の味をいっそう熟したものにしたということです。

  • 緑の門(Zielona Brama)

    緑の門(Zielona Brama) 1568年から1971年にかけて造られたオランダ・ルネサンス様式の緑の門は、ドゥーギ広場の最後、モトワヴァ運河に一番近い場所に建っています。緑の門は、グダニスクを訪れる各国の国王のための宿泊所となるはずでしたが、実際には一度しか利用されませんでしたが。現在では国立博物館の別館としてさまざまな展示会が開催されています。

  • 黄金の門(Złota Brama)

    黄金の門(Złota Brama) 黄金の門は17世紀はじめにできた凱旋門です。この門をくぐって王の一行が市内に入って来たといわれています。門の上の彫刻は、平和・自由、裕福、名声、調和、正義・敬神と賢明をあらわしています。

  • マルボルクのドイツ騎士団城

    マルボルクのドイツ騎士団城 マルボルク城は中世の要塞としてはヨーロッパ最大の城砦です。13世紀にドイツ騎士修道会がここを本拠地とするために始められました。その後、広大な修道会国家の首都となり、さらに大幅な増築を経て現在の姿へと至りました。

    【グダニスクからのアクセス】
    グダニスク中央駅よりマルボルク駅まで列車で約30分、マルボルク駅からマルボルク城まで徒歩15分又はタクシーで5分

ページのトップへ

グダニスクのオプショナルツアー

【グダニスク発】グダニスク半日プライベート観光(日本語ガイド付) *GDN01/GDN11

日本語ガイドが徒歩でグダニスクの街をご案内します。プライベートツアーなので、お客様のペースで観光できます。

ツアー詳細

ツアー代金

大人料金
80ユーロ

【グダニスク発】グダニスクとオリヴァ大聖堂オルガンコンサート鑑賞 半日プライベート観光(日本語ガイド付) *GDN02/GDN12

グダニスクの市内観光に加え、グダニスク郊外のオリヴァでのオルガンコンサートを鑑賞していただけるお得なツアーです。

ツアー詳細

ツアー代金

大人料金
95ユーロ

【グダニスク発】マルボルク城とグダニスク終日プライベート観光(日本語ガイド付) *GDN05

グダニスク滞在中に訪れたい人気の観光地マルボルク城とグダニスクの市内観光を1日で楽しめる充実のツアーです。

ツアー詳細

ツアー代金

大人料金
190ユーロ
ページのトップへ

グダニスクのグルメ

  • Pierogarnia Mandu Gdansk Glowny

    Pierogarnia Mandu Gdansk Glowny

    グダニスクに2店舗あるピエロギ専門店。Gdansk Glowny店はグダニスク中央駅から徒歩5分ほど。お店の内装はカフェのようなおしゃれな店内。ポーランド名物のピエロギを様々な味付けでお楽しみいただけます。

    Pierogarnia Mandu Gdansk Glowny
    http://www.pierogarnia-mandu.pl/

  • Targ Rybny Fishmarkt

    Targ Rybny Fishmarkt

    モルトヴァ運河沿いにあるシーフードがおいしいレストラン。特に具だくさんのブイヤベースがおすすめです。

    Targ Rybny Fishmarkt
    http://www.targrybny.pl/

ページのトップへ

グダニスクのショッピング

  • マリアツカ通り(琥珀通り)

    聖母マリア教会からモトワヴァ運河に向かってのびるマリアツカ通りには、琥珀のアクセサリーを売る店が並んでいます。琥珀はポーランドの特産品のひとつで、グダンスクは琥珀の取扱店が全国一多いことで知られています。濃いあめ色やクリーム色、淡い茶色などさまざまな色がありますが、どれも天然の琥珀です。

ページのトップへ

グダニスクの旅行記

ページのトップへ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 北欧旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 中欧旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アイスランド旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 バルト三国旅行 ヨーロッパ旅行
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコール遺跡カンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行特集 沖縄旅行 日本国内旅行
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米・中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行 南極旅行
ページのトップへ