国旗

モルディブ

現地ネットワーク

南マーレ環礁ホテル一覧Hotel List

南マーレ環礁

  
    
             
     
デラックス
     

ハウスリーフの良さで古くから多くのダイバーやスノーケラーに愛されてきたヴァドゥが「アダーラン プレステージ ヴァドゥ」として全室プール&ジャグジー付の水上コテージに生まれ変わりました。全ての客室にはそれぞれ専属のバトラー、DVDプレーヤー、ホームシアター、エスプレッソマシーンなどが用意されており、日本人に愛されてきたヴァドゥならではの居心地の良さが演出されています。
ヴァドゥの客室は広々としており木目調のスタイリッシュな造り。
敷地内は緑が豊かで大きなプールも新設、ビーチに並べられたチェアから運が良ければイルカが見れることも。
素晴らしいハウスリーフを誇り、初心者から経験豊富なダイバーまで楽しめる真のダイバーズパラダイス。ヴァドゥの変わらない海を是非体験してください。

  
    
             
     
デラックス
     

タイを拠点に展開するホテルグループ、アナンタラの運営するリゾート。ディグフィノール島の「アナンタラ ディグ」とボドゥフラ島の「アナンタラ ヴェリ」、ナラドゥ島の「ナラドゥ」と3つのリゾートで構成されています。 「アナンタラ ディグ」と「アナンタラ ヴェリ」に宿泊のお客様は2島の間を行き来している無料ボートを利用してお互いの施設を利用可能です。(「ナラドゥ」への立ち入りはできません。)
「アナンタラ ディグ」は3島の中で一番大きく中心的存在で施設も充実しています。
客室はアジアンテイスト溢れるモダンなインテリア。水上コテージは全室ベッドルームだけでなくトイレからも海を臨む事が出来ます。水上コテージにはお子様の宿泊は出来ないので、カップルやハネムーナーにお勧め。島自体はシュノーケリングには向きませんが、遠浅のラグーンが広がりキッズクラブもあるので、ファミリーにはビーチヴィラがお勧めです。
島内にある「アナンタラ スパ」は水上にあり波を感じながらトリートメントを受けることが出来ます。

  
    
             
     
デラックス
     

タイを拠点に展開するホテルグループ、アナンタラの運営するリゾート。ディグフィノール島の「アナンタラ ディグ」とボドゥフラ島の「アナンタラ ヴェリ」、ナラドゥ島の「ナラドゥ」と3つのリゾートで構成されています。 「アナンタラ ディグ」と「アナンタラ ヴェリ」に宿泊のお客様は2島の間を行き来している無料ボートを利用してお互いの施設を利用可能です。(「ナラドゥ」への立ち入りはできません。) 「アナンタラ ヴェリ」は全室水上コテージで客室は爽やかでカジュアルな雰囲気。 また、遠浅なイメージが強いアナンタラですが、ヴェリの水上コテージのすぐそばには大きなサンゴがありシュノーケルをすることも出来ます。「アナンタラ スパ」では緑に囲まれた牧歌的な雰囲気を楽しむことが出来ます。

  
    
             
     
スタンダード
     

エンブドゥは、飾らないのんびりとしたムードと迫力満点のハウスリーフを持つ、ヨーロピアンダイバーに絶大な人気を誇るナチュラルでシンプルなリゾートです。
エンブドゥのハウスリーフは外洋に面しており、大型回遊魚が頻繁に見られます。ベテランダイバーも「エンブドゥのシュノーケリングには満足」と評判ですが、潮の流れが速いときがあるので注意が必要です。
エンブドゥの客室は大きく2種類。エアコン付きのスーペリアルームはヨーロピアンに人気のため予約は困難ですが、日本人には水上コテージが人気です。
エンブドゥの水上コテージはシンプルで1棟4室、直接海に下りる階段は付いていませんが、シュノーケルが一番楽しめる立地に建っています。
客室はモルディブでは珍しい床の一部がガラス張りになっていて、お部屋から海を覗くことも。
エンブドゥのレストランはサンドカーペットになっており、3食ともビュッフェスタイル。
その他のアクティビティはあまり盛んではなく、また施設やサービスが5つ星リゾートのように充実しているとは言えませんが、シンプルにモルディブの海を満喫したい、そんな方にお勧めのリゾートです。

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

2016年07月15日になんと南北マーレ環礁に水中レストランが待望のオープン!! マーレからスピードボートで約40分。南マーレ環礁の南部に、最新リゾート『オゼン・バイ・アトモスフィア』!! モルディブに到着した日に、そのままスピードボートで行けるアクセスの良さに加え、リーズナブルな価格でも、食事・飲み物・アクティビティなどが含まれる、内容充実の”オールインクルーシブプラン”で滞在できるリゾートです。 しかも4泊以上滞在すれば、水中レストランでの夕食も♪ 美しいラグーンで過ごす、優雅な時間をぜひオゼンバイアトモスフィアでお楽しみください。

  
    
             
     
デラックス
     

干潮時になると島の南側に幾重にもサンドバンク=砂洲が浮かび上がり青い海と白い砂の絶妙なコントラストが広がり、その幻想的な雰囲気はオルベリの代名詞でもあります。
オルベリでお勧めのカテゴリーはジャグジー付きの水上コテージとハネムーン水上コテージ。砂洲に近くベッドルームやバスルームからは目の前に広がる海を眺める事ができ、またバルコニーにはジャグジーがついているのでジャグジーに浸かりながら至福の時間を過ごす事が出来ます。
オルベリのビーチカテゴリーでは1棟2階建4室のデラックスと1棟独立型のビーチヴィラがあります。ビーチヴィラは8室しかなく半屋外のバスルームが特徴。
オルベリではマリンスポーツも盛んです。ウィンドサーフィンやカタマランなど定番のものからカイトサーフィンやウェイクボードまで揃っています。

  
    
             
     
デラックス
     

ココア・アイランドはバリ島のウマ・ウブドやコモシャンバラ、バンコクのメトロポリタンを手がけるコモ・ホテルズ&リゾーツが作ったモルディブの隠れ家リゾートです。ココアは1周15分ほどの小さな島で、全室1棟独立型の水上コテージからなっています。「ドーニ」がつくカテゴリーの外見は伝統的なモルディブの船をイメージした独創的なデザインです。
ココアの客室はとっても広く天井が高いため開放感に溢れています。床やバリ風家具はダークブラウン、天井や壁、カーテンやファブリックは全てホワイト、ラグやクッションに挿し色を持ってくるなどとってもハイセンス。オーナーの奥様がデザイナーというだけあって、そのセンスの良さは折り紙つきです。お部屋は1階部分に寝室があるドーニスイートのほかに、2階部分が寝室のロフトドーニも人気です。
また、アジアン創作料理を中心としたココアの食事はとっても美味しいと定評があります。その他モルディブに唯一の大きなハイドロセラピープールを備えたスパや、干潮時にパブリックプールの先に続く美しい砂洲は言葉に表せない美しさ。最高級のサービスを提供するためにスタッフはゲストの3倍以上と、温かいおもてなしを体感することが出来ます。美しい砂洲と遠浅なラグーンのイメージがあるココアですが、水上コテージの先にはドロップオフがあるのでシュノーケルを楽しむことも出来ます。

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

世界最高峰7つ星ホテルを有するジュメイラグループのモルディブ2軒目のホテルが2011年12月にオープン!
ジュメイラが誇る最新設備とモルディブらしいナチュラルな雰囲気が見事に調和しています。
ジュメイラ・ヴィッタヴェリはおよそ20分程度の小さな島。その敷地の中には100室のヴィラがあり、一番小さなお部屋でも184㎡、全室プール付と贅沢な造り。まさにラグジュアリーと呼ぶにふさわしいリゾートです。
ビーチヴィラのお部屋はL字型にお部屋を囲んだプールと高い塀でプライベート空間を演出。高い塀とおしゃれな調度品をながめているとまるでどこかアラブの国にいるような雰囲気を感じます。
ラグーンヴィラはデッキにあるプール、室内のガラス床、洗面所、バスタブとお部屋のどこにいても海を感じられる造りとなっています。
ジュメイラ・ヴィッタヴェリは、元々は極上のハウスリーフと魚影の濃さでシュノーケラー、ダイバーに人気の「ボリフシ」という名で親しまれていた島を、ハウスリーフの素晴らしさはそのままに全面的に改築したリゾートです。
洗練された大人の雰囲気を醸し出し、デザイン性豊かなBARやレストラン、さらにお食事の内容も最高級。
ラグジュアリーと癒しを求めるお客様にぜひともお勧めしたい、大人のための上質なリゾートです。

  
    
             
     
ラグジュアリー
     

タージ エキゾティカ リゾート&スパは透き通った広大なラグーンに囲まれており、ナチュラルさとエキゾチックさが融合したラグジュアリーリゾートです。 島は1周徒歩約20分で、島の真ん中に立つと両サイドに海が見える細長い形をしています。
タージ エキゾティカの客室は水上コテージがメイン。島に沿って建てられた1棟2室のラグーンヴィラの他に、まるでラグーンに落ちた木の葉のように伸びた桟橋につながったプール付の1棟独立型のデラックスラグーンヴィラがあります。 どのヴィラもヤシ葺き屋根で魅力溢れる伝統的なモルディブスタイルのヴィラ。室内は木とランプが醸し出す温かみのあるやわらかい雰囲気です。バスルームからも海が一望出来るようになっていますが、外からは見えないマジックミラーのようになっているので安心です。

客室のプールでのんびりラグーンを眺めるのもいいですが、タージ エキゾティカでお勧めしたいのがパブリックプール。 水上レストランの近くにあるプールは海に続いているように見えるインフィニティプールで、ここに浸かりながら飲むカクテルは絶品です。
さらにエキゾティカの代名詞といえば評判の食事とスパでしょう。エキゾティカのお食事は朝食からアラカルトスタイルというこだわりよう。 水上レストランは地中海料理が人気です。そしてエキゾティカのスパ、「ジヴァスパ」では本格的なインド式トリートメントを受けることが出来ます。 高級リゾートでありながら堅苦しさはなく、初めての海外旅行でもくつろいだ雰囲気にさせてくれる、タージ エキゾティカはそんな温かみのあるリゾートです。

  
    
             
     
スタンダード
     

ビヤドゥはモルディブ屈指のハウスリーフを持つ、ダイバーやシュノーケラーに大人気のリゾートです。ビヤドゥの代名詞ともいえるハウスリーフは7つのパッセージがあり、それぞれが大物や地形、マクロに魚群と違っているので色んな風景を楽しむことが出来ます。ビヤドゥのダイビングは抜群のハウスリーフだけでなく南マーレ環礁屈指のスポットにも近いです。
ビヤドゥの島内はシンプルかつカジュアルでのんびりした雰囲気。ダイビングを終えたダイバーたちがバーで集うのもビヤドゥならではの光景です。ビヤドゥの客室は今の高級リゾートが乱立するモルディブでは少なくなった1棟2階建のアパートメントタイプ。部屋はいたってシンプルですがエアコンや冷蔵庫、 ポットなどの最低限の設備は用意されています。
ビヤドゥはリゾートでのんびりゆっくり過ごすよりも、アクティブにシュノーケルやダイビングを満喫したい方にオススメのリゾートです。

  
    
             
     
スタンダード
     

アットホームな雰囲気に包まれたファン・アイランドは1周20分ほどの細長い島。
長い閉鎖期間を経て2009年に改装、再オープンとなりました。高級リゾートが乱立する中、ファン・アイランドはまるで昔の姿のまま変わらない雰囲気でオープンしました。
ファン・アイランドの客室は1階建ての長屋タイプ。シンプルですがビーチに沿って建てられており、ロケーションが良いです。
ファン・アイランドにはプールなどの施設はありませんが、美しいラグーンを生かしたマリンスポーツが盛んです。気軽にウィンドサーフィンやカタマランなどを楽しむことが出来ます。
ファン・アイランドのビーチは遠浅なためハウスリーフダイブはできませんが、周辺には南マーレ環礁を代表する迫力のダイブスポットがあります。
ファン・アイランドは古くから島でのんびり過ごしたいモルディブリピーターやダイバー、ファミリーに人気の島です。

  
    
             
     
デラックス
     

ヴェラッサル モルディブは以前はラグーナ・ビーチというリゾートで、その名が示すように美しいターコイズブルーの海に浮かんでいます。
ハネムーナー向けに改装を施し、とてもロマンティックに。特にプールは夜になると水中がライトアップされ雰囲気抜群です。
ヴェラッサルの客室もハネムーンコンセプトで、全室キングサイズベッドになっています。
ヴェラッサルの水上カテゴリーは2種類、水上バンガローは80平方メートルでモルディビアンスタイルです。 お勧めは島の西側にある水上ヴィラで、広さは112平方メートル、モダンなインテリアのお部屋はベッドルーム前のガラス窓が広くとても明るく開放的です。
また、ヴェラッサルのスパは水上にあり波を音を聞きながら施術を受けることが出来ます。
そして以前からお食事に定評があったヴェラッサルはレストランが4箇所と充実。特に日本食もあるのもうれしいですね。

ページのトップへ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 ジョージア旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アゼルバイジャン旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 ベネルクス旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行 タンザニア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 南極旅行
ページのトップへ