海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

ドイツおすすめ観光スポットランキング

現地視察やプライベートでドイツを訪れたことのあるドイツ好きスタッフの投票により決定した「お客様におすすめしたいドイツの観光スポットランキング」!!堂々の1位はノイシュバンシュタイン城観光。ドイツを旅行するなら絶対に訪れてほしいおすすめ観光地です。初めてのドイツ旅行なら、1位から5位のおすすめ観光地を巡るドイツ決定版ツアーがおすすめです。

ドイツへ行くすべてのツアー

1位 ノイシュバンシュタイン城に行く

ノイシュバンシュタイン城
詳細はこちら

ノイシュバンシュタイン城

ノイシュバンシュタイン城とは
ノイシュバンシュタイン城は、ドイツの南、雄大な自然の中に佇む美しい白亜の古城です。あのシンデレラ城のモデルにもなった事でも有名です。謎を秘めたルートヴィッヒ2世の生涯が今なお息づく城内では、彼のロマンを感じさせてくれる様々な家具、調度を見る事ができます
STWがおすすめする
ノイシュバンシュタイン城の
観光のポイント
ノイシュバンシュタイン城観光と合わせて楽しみたいポイントが3つあります。1つ目は、お城を美しく眺める定番スポット!マリエン橋へ。ノイシュバンシュタイン城のベストショットを撮影するならマリエン橋にぜひ足を運んでください。2つ目は、お城好きにはたまらない!ホーエンシュバンガウ城の観光です。入場は勿論、湖畔をゆっくり散歩しながらお城を眺めたり、ここからもノイシュバンシュタイン城を見ることが出来ます。3つ目は、かわいい近郊の村フュッセンに滞在することです。フュッセンはロマンティック街道とアルペン街道の交差する町でノイシュバンシュタイン城観光の拠点です。フュッセンでは、馬車に乗ったり、かわいらしい街並みを眺めたりと、ドイツらしい滞在が楽しめます。また、ノイシュバンシュタイン城は夏と冬では違った景色が楽しめます。雨のノイシュバンシュタイン城もとても綺麗です。

ノイシュバンシュタイン城
おすすめツアー

  • おすすめオプショナルツアー
    ミュンヘン発ノイシュバンシュタイン城&リンダーホフ城日帰りツアー
    ツアー詳細はこちら

出発地別 ノイシュバンシュタイン城ツアー

2位 ロマンティック街道を巡る

ロマンティック街道
詳細はこちら

ノイシュバンシュタイン城

ロマンチック街道とは
ロマンティック街道は中世の面影を残した小さい街々を巡る、ドイツらしい魅力の詰まった街道です。シンデレラ城のモデルになったノイシュバンシュタイン城や、三角屋根のメルヘンな街ローテンブルク、世界遺産のヴィース教会などなど、見所が集まっているのでドイツ初心者の方には特にお勧めです!
STWがおすすめする
ロマンチック街道の観光のポイント
ロマンティック街道というとローテンブルクに宿泊するツアーが多いのですが、列車やバスを使って、お好きな都市の組み合わせで滞在もできます。アウクスブルクや、ヴュルツブルクなどの魅力的な街に途中下車したり、ノイシュバンシュタイン城の麓の街フュッセンに宿泊したり、お客様のご希望にあわせたアレンジを承ります。中世ヨーロッパのメルヘンな世界をぜひご堪能ください!

ロマンティック街道
おすすめツアー

  • おすすめオプショナルツアー
    ミュンヘン発ローテンブルクとテディベア博物館日帰りツアー
    ツアー詳細はこちら
  • おすすめオプショナルツアー
    ミュンヘン発ローテンブルクとディンケルスビュール日帰りツアー
    ツアー詳細はこちら

出発地別 ロマンティック街道ツアー

3位 ベルリンで最新の流行を知る

ベルリン
詳細はこちら

ベルリン
詳細はこちら

ベルリン

ベルリンとは
ベルリンといえば東西ドイツ時代象徴「ベルリンの壁」が有名です。今でもベルリンには西側の街並と東側の街並の違いを感じられるスポットが数多く残っていますので探してみてください。
STWがおすすめする
ベルリンの観光のポイント
ベルリンは政治混乱や戦争など幾度となく混乱に巻き込まれたため、歴史的な建物や世界遺産がほとんど残っていませんが、近年ではアート・音楽・ファッションなどの流行の発信地として力を入れ、2005年にはユネスコから「デザインの街」の称号を授与されました。さらに、約150の博物館、約50の劇場もあり、世界遺産に登録された博物館や、日本でも一度は耳にしたことがある方も多い「ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団」のオーケストラもあります。複雑な歴史的背景がありつつもエンターテイメントシティに発展した街ベルリンは、遺跡めぐりや世界遺産めぐりとは少し違った「経験」や「体験」が楽しめる街なので是非、訪れてみてください!

ベルリン
おすすめツアー

出発地別 ベルリンツアー

4位 ケルン大聖堂に感動する

ケルン
詳細はこちら

ケルン
詳細はこちら

ケルン

ケルン大聖堂とは
ケルンといえば、ケルンの街のシンボルで、世界遺産にも登録されている「ケルン大聖堂」が有名です。 ゴシック様式の建築物としては世界最大であり、ローマ・カトリック教会のミサがおこなわれます。ケルンの街はその他にも、ローマ様式の塔やゴシック建築の教会、現代的な建築など素晴らしい建築物が点在しています。
STWがおすすめする
ケルン大聖堂の観光のポイント
目の前にすると間違いなく大きな衝撃を受けるケルン大聖堂。「でかっ!えっ!ってゆうか、近っ!」と間違いなく声がでてしまいます。ケルン大聖堂はケルンの駅を出るとなんと目の前。そしてゴシック建築最大の大聖堂と言われるだけあり、写真を撮ろうとしても、完全にフレームアウト…。そこで、向かい側にある信号を渡った先の道路へ移動しましょう。やっと全景の写真を撮ることが出来ます!お勧めは夕方から夜の時間帯。西日に照らされたステンドグラスがより教会内の雰囲気をロマンチックにしてくれ、夜のライトアップは少し離れたところからケルン大聖堂を眺めるとさらに荘厳さが増して魅力的です!タイミングがよければ教会前で生演奏をしている場面に遭遇することも。フランクフルトからの日帰りやブリュッセルからのアクセスも可能です。

5位 ライン川、ライン渓谷を下る

ライン川

ライン川、ライン渓谷とは
ライン川は、ドイツ、スイス、フランス、オランダなど、ヨーロッパを流れる川です。そのうちの約半分はドイツを流れており、ドイツはこの川を中心に栄えていったと言っても過言ではありません。ドナウ川とともに、ヨーロッパを代表する河川となったライン川は、美しい街並みや古城など、素晴らしい景観をお楽しみいただけます。
STWがおすすめする
ライン川、ライン渓谷のポイント
ライン川にはクルーズ船が運航しており自然豊かな丘にあるドイツの古城やドイツらしい風景をのんびりと船の上から眺めて楽しむことができます。クルーズ船はマインツからケルンまでの全長185kmの区間を運航しており、すべてクルーズすると所要時間はなんと約11時間!その中でも特に人気がある区間がリューデスハイム〜ザンクト・ゴアール(所要時間1時間40分)。こちらの区間では逸話に彩られた中世の古城や砦などが姿を現し楽しませてくれます。またリューデスハイムでは乗船前もしくは下船後に、ワイン酒場めぐりなども楽しめます。ライン渓谷を短時間で巡るなら、ライン川クルーズと同じ景色を眺めることができる列車の旅もおすすめです。
  • おすすめオプショナルツアー
    フランクフルト発ライン川クルーズとハイデルベルク日帰りツアー
    ツアー詳細はこちら
  • おすすめオプショナルツアー
    フランクフルト発ライン川クルーズと古城ワイナリー日帰りツアー
    ツアー詳細はこちら

6位 クリスマスマーケットを楽しむ

クリスマスマーケット
詳細はこちら

クリスマスマーケット

クリスマスマーケットとは
クリスマスマーケットとは、キリストの生誕を祝うクリスマス(12月25日)とその前4週間の準備期間(アドヴェント)の間にドイツをはじめとするヨーロッパで開かれるものです。(11月下旬から12月23日までが主流) ドイツが発祥と言われるだけあり、ドイツ国内で150ものクリスマスマーケットが存在します。 なかでも、「世界最古のドレスデン」「世界最大のシュトゥットガルト」「世界一有名なニュルンベルク」で開催される3大クリスマスマーケットが有名です。
STWがおすすめする
クリスマスマーケットのポイント
クリスマスマーケットでは、クリスマス関連の小物やグッツ、温かいグリューワインやシュトーレン、ソーセージなどを販売する露店が立ち並びます。 お店ごとに趣向をこらした飾りやイルミネーションで飾りつけられていて、寒いドイツの夜に華やかな美しい景色が広がります。 都市によっては、マーケットごとに巨大なクリスマスツリーも飾られており、この美しい景色をみるだけでも大満足間違いありません。 ドイツ各地で開催されているクリスマスマーケットは、都市によって規模や雰囲気も様々です。 ここでお勧めしたいのが、グリューワインを飲むためのマグ。各地でオリジナルのマグを作成しており、お持ち帰り可能です! 旅の記念に集めてみるのも楽しいですね。 クリスマスマーケットを旅のメインイベントとするのであれば、ミュンヘンやベルリンを起点として、いくつかのマーケットをはしごしたり、他国との周遊を楽しむことも可能です。 この時期しかできないドイツでの楽しみ方を是非堪能してください!

クリスマスマーケット
おすすめツアー

7位 オクトーバーフェスト(ミュンヘン)でビールを飲む

ミュンヘン
詳細はこちら

オクトーバーフェスト

オクトーバーフェストとは
オクトーバーフェストは、ミュンヘンで開催される世界最大のビールのお祭りです。 9月中旬から10月上旬に16日間にわたって開催され、毎年、約600万人もの人々が会場を訪れます。 友達も家族も初対面の人も、みんな陽気になれるお酒好きの方必見のイベントです!
STWがおすすめする
オクトーバーフェストの観光ポイント
まず、オクトーバーフェストでビールを飲むには、ミュンヘン市内の6つの醸造会社が運営する14の巨大ビールテントに入り、席を確保する必要があります。 しかし、これが大変!週末ともなると、地元の人でさえ、席を確保するのが困難と言われています。 席がないと、ビールを飲むことができないので、ご注意を・・・。 日本から事前に席を確保できるツアーに参加すれば、そんな心配もなくなるので、参加される方はお忘れなく! また、現地の方の多くは民族衣装の「ディアンドル」を着て参加しています!現地でも調達できますので、是非、挑戦してみてください! 気分も盛り上がって楽しい1日になること間違いありません!
  • おすすめオプショナルツアー
    オクトーバーフェスト2019【9/21・22・28・29、10/5・6 限定】
    ~パウラーナーが提供される人気テント・アルムブルストシュッツェン~
    ツアー詳細はこちら
  • おすすめオプショナルツアー
    オクトーバーフェスト2019【10/6 限定】
    ~世界最大のビール祭りが始まる人気テント・ショッテンハーメル~
    ツアー詳細はこちら

8位 サッカー観戦(ブンデスリーガ)で日本人選手を応援

ヨーロッパサッカー特集
詳細はこちら

サッカー観戦

ブンデスリーガとは
ブンデスリーガとは、1部、2部合わせて56クラブが所属しているドイツのサッカーリーグです。 他のヨーロッパリーグと異なり、ブンデスリーガに属するにはヨーロッパで最も厳しいといわれるドイツサッカー連盟のブンデスリーガ・ライセンス取得の条件を満たさないとプロクラブとしてリーグに参加することができません。 日本のJリーグも参考にしたと言われているブンデスリーガ、どんな試合が観られるのか楽しみですね。
STWがおすすめする
ブンデスリーガの観光ポイント
近年、長谷部選手や香川選手など有名日本人選手の所属により、日本でのチケット入手も困難になってきています。 やはり、同じ日本人として二人の活躍は気になりますよね。今回、内田篤人選手はケガからの復帰が遅れているようで、二人の対決は見ることが難しそうです。 しかし、香川選手はトーマス・トゥヘル政権2年目も、中盤のキーマンとして主力の地位をキープしており、今後も活躍が期待できるのではないでしょうか。 ドルトムントにとっては、11月には今シーズンの優勝争いを占う大一番、ホームでのバイエルン戦が控えています。 サッカーファンの方はぜひこの機会に本場の迫力ある試合を体験してみてはいかがでしょうか。

番外編 ビール、ソーセージ、ドイツグルメを楽しむ

ドイツグルメ

ドイツグルメとは
ドイツといえばビールとソーセージ!ドイツのビールは地方ごとに様々な種類があり、周遊旅行なら街ごとに地ビールを味わうことができます。ビールと同様に、ソーセージにも街ごとに特徴があるので、ソーセージを巡る旅も楽しいです。ビールとソーセージ以外にも、ベルリンのケバブやフランクフルトのリンゴ酒など、その街ならではのご当地グルメも見逃せません。

ドイツへ行くすべてのツアー

ドイツ関連おすすめ特集

ドイツの海外旅行・ツアーTOP / 海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

電話でお問い合わせ電話でお問い合わせ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 ロシア旅行 ジョージア旅行 アゼルバイジャン旅行 アルメニア旅行 ウズベキスタン旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 ベネルクス旅行 コーカサス三国旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行 タンザニア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行 ブルネイ旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 南極旅行
ページのトップへ