海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

なにする?なに見る?フィンランド観光おすすめランキング

現地視察やプライベートでフィンランドを訪れたことのある北欧好きスタッフの投票により決めた「お客様におすすめしたいフィンランドの観光ランキング」!!
堂々の1位はラップランドの玄関口、ロヴァニエミにあるサンタクロース村観光!一年中サンタさんに会える夢のようなところです。その他冬のオーロラ、夏のハイキングなど、様々な魅力を持つフィンランドのスポットをご紹介します。

フィンランドおすすめツアーはこちら

フィンランドおすすめツアーイメージ

価格重視&短い日数でも行きたい!

 

フィンランドおすすめツアーイメージ

ハネムーンやご褒美旅に…

 

フィンランドおすすめツアーイメージ

女子旅や周遊旅に…

 

フィンランドおすすめツアーイメージ

北欧&パリ3カ国周遊

 

フィンランドを巡るツアーはこちら

  • サンタクロース村
  • サンタクロース村
  • サンタクロース村

サンタクロース村とは

1年中本物のサンタクロースに会える!ラップランドの玄関口となる都市「ロヴァニエミ」にはサンタさんが住んでいます!
サンタさんに会えるだけじゃない!アクティビティやショッピングなどが満載の、1日中楽しめるスポットです。

STWがおすすめする
サンタクロース村の観光ポイント

  • 1サンタさんの家でサンタさんと記念撮影!(有料)写真はその場で購入出来ます。予約不要ですが、混雑しますので早めに並びましょう!
  • 2村の郵便局ではクリスマスシーズンにポストカードを届けてもらえる素敵なサービスが大人気!限定の切手やポストカードも購入できます。
  • 3「北極圏到達証明書」をGET!観光案内所で有料で発行してもらえます。
  • 4数箇所にレストランがあります。ラップランドらしいお料理にトライ!クリスマスグッズのショップやフィンランドならではのお土産物屋さん、マリメッコ・イッタラなどのお店でショッピング!

サンタクロース村へ行ってきましたスタッフ旅行記

サンタクロース村おすすめツアー

2位オーロラを観賞する

北欧オーロラ特集はこちら
  • フィンランドのオーロラ
  • フィンランドのオーロラ
  • フィンランドのオーロラ

ラップランドでオーロラ観賞

フィンランドにはオーロラ観賞可能な都市が数多くあります。
夜のオーロラだけじゃもったいない!フィンランドのオーロラ都市にはそれぞれの都市で昼間も楽しめるアクティビティが充実しています。フィンランドならオーロラ観賞+αの楽しみが充実しています。

STWがおすすめする
オーロラ観賞の為の観光ポイント

各都市で運行しているオーロラ観賞バスに乗れば、その日のオーロラの状況をガイドがチェックして、オーロラの出やすいポイントに連れて行ってくれるので便利! サンタ村が外せないなら「ロヴァニエミ」、ウィンターアクティビティを楽しみたい大自然満喫派は「サーリセルカ」、インターナショナルな雰囲気のウィンターリゾートをご希望なら「レヴィ」がお勧め! 8月末から観賞可能な秋オーロラも人気!川面に映る逆さオーロラが神秘的で美しいです。

オーロラ鑑賞へ行ってきましたスタッフ旅行記

オーロラ鑑賞おすすめツアー

3位北欧デザインに触れる

  • マリメッコ本社アウトレット
  • アラビアのムーミン雑貨
  • イッタラショップ

フィンランドが世界に誇る
「北欧デザイン」

日本でも人気の高い北欧デザイン。カラフルな小物やカップは、是非お土産にしたいですよね。熱狂的ファンも多い「マリメッコ」。シンプルで美しく、実用性も備えたテーブルウェア「イッタラ」「アラビア」。 建築、インテリアなど、世界に名を残す「アアルト」。王道のブランド以外にもおしゃれな新進気鋭のデザイナーのお店もチェックしたい!

STWがおすすめする
北欧デザインを楽しむポイント

ヘルシンキのマリメッコの本社には、ここにしかないアウトレットショップがあります!フィンランド旅行の最大の目的をここにしている方も少なくありません!
アカデミア書店の2階奥にある「カフェ・アアルト」は、その名の通り、アアルトデザインがデザインした貴重なカフェ。あの有名な映画「かもめ食堂」のロケ地でもあります。
ヘルシンキのエスプラナーディ公園周辺には、人気ブランドやカフェが軒を連ねます。街を歩きながらお気に入りの北欧雑貨をみつけましょう!

北欧デザインに触れるおすすめオプショナルツアー

北欧デザインに触れてきましたスタッフ旅行記

北欧デザインに触れるおすすめツアー

4位ムーミンワールドへムーミンに会いに行く

ムーミンワールドオフィシャルサイトはこちら
  • ムーミンワールド
  • ムーミンワールド
  • ムーミンワールド

ムーミンワールドとは

ムーミン好きにはたまらない!
夏だけ期間限定でオープン!ナーンタリにある大人も子供も大好きな夢の場所です。ヘルシンキからトゥルクまで列車で2時間!トゥルクからナーンタリはバスで約40分。そこから徒歩10分です。

STWがおすすめする
ムーミンワールドの観光のポイント

ムーミン谷を再現した可愛い夢の島。小さな島がまるごとテーマパーク!ムーミンの世界に浸りましょう。島内では、ムーミンや登場するキャラクターに出会えます。
大好きなキャラクター達と写真を撮ったり、サインをもらったり、時には一緒に踊ったり…。テーマパークは自然の森や湖を生かして作られていて、1日中まったりと過ごせる場所です。
ムーミンワールドのあるナーンタリを訪れるのなら、ナーンタリスパホテルに滞在し、日中はムーミンワールドで遊びつくし、夕方からはまったりスパホテルでリラックスするのがおすすめです。

ムーミンワールド観光に最適おすすめツアー

5位テンペリアウキオ教会に行く

  • テンペリアウキオ教会
  • テンペリアウキオ教会
  • テンペリアウキオ教会

テンぺリアウキオ教会とは

岩山をくりぬいて造られた洞窟教会。別名「ロックチャーチ」ともいいます。内側は岩盤がむき出しになっており、ユニークな造りになっています。ヘルシンキ中央駅からは、徒歩15分。

STWがおすすめする
教会巡りのポイント

この教会は音響効果も高く、時々コンサートが催されます。
外から見ると、一見教会に見えない斬新なデザイン。
2階には必ず登ろりましょう!パノラマ写真にすると教会全体を撮影することが出来ます!
ちなみに、岩で出来たテンペリアウキオ教会とは別に、木で出来たカンピ礼拝堂がカンピバスターミナル近くにあります。
対照的な2つの教会はどちらもデザインの国らしい、普通の教会とかなり違う感じなので、どちらも訪れてみましょう。

テンペリアウキオ教会へ行くおすすめオプショナルツアー

テンペリアウキオ教会に行ってきましたスタッフ旅行記

教会巡りに最適おすすめツアー

6位ヘルシンキ大聖堂へ行く

  • ヘルシンキ大聖堂
  • ヘルシンキ大聖堂
  • ヘルシンキ大聖堂

ヘルシンキ大聖堂とは

ヘルシンキと言えばここ!街中のどこからでも見えるヘルシンキのシンボル的存在の、白亜の大聖堂。石畳の元老院広場を見下ろすように建っています。ドイツ人建築家のカール・ルートヴィッヒ・エンゲルによって設計されました。

STWがおすすめする
ヘルシンキ大聖堂の観光のポイント

ヘルシンキを訪れた誰もが見学する鉄板のヘルシンキ大聖堂。白の外壁と緑のドームのコントラストが大変美しいです。 大聖堂の目の前は、階段と広場になっており、ヘルシンキの市民や観光客の休憩場所にもなっています。 外観とは異なり、大聖堂の中はごくシンプルな印象です。パイプオルガンもあり、パイプオルガンの演奏も時折行われるようです。 広場の前はおしゃれなカフェや北欧デザインのお店もあるので、ぜひ立ち寄いたい! ヘルシンキ中央駅から歩いて10分程なので、トラムの路線沿いを歩けばすぐの距離です。広場から写真を撮るなら、昼間の混雑した時間をずらして、人の少ない時間がおすすめ!

教会巡りおすすめオプショナルツアー

教会巡りに行ってきましたスタッフ旅行記

教会巡りに最適おすすめツアー

7位フィンランドで2番目に古い街 ポルヴォーに行く

ポルヴォーの詳細はこちら
  • ポルヴォー
  • ポルヴォー
  • ポルヴォー

ポルヴォーとは

フィンランドの芸術家達が愛した、美しくのどかな雰囲気の街ポルヴォー。街に流れるポルヴォー川は、フィンランド湾につながっており、かつては貿易の要衝でした。川沿いには素敵な赤い倉庫が並びます。ヘルシンキからバスで約1時間と、気軽に行けるのも魅力的。

STWがおすすめする
ポルヴォーの観光ポイント

とにかく可愛らしいが詰まった場所!川沿いに並ぶ赤い倉庫群がなんとも優雅です。ポルヴォー旧市街にはカラフルな家々が並び、のんびりとした時間が流れています。高台に立つポルヴォー大聖堂や博物館を訪れたり、アンティークショップ巡りをしたり、カフェでお茶をしたり…。ヘルシンキから日帰りで楽しめる町です。夏であれば、ヘルシンキのマーケット広場からフェリーも運航しています。

ポルヴォーおすすめツアー

8位ヌークシオ国立公園へハイキングに行く

ヌークシオオフィシャルサイトはこちら
  • ヌークシオ国立公園
  • ヌークシオ国立公園
  • ヌークシオ国立公園

ヌークシオ国立公園とは

ヘルシンキ郊外にある、国立公園。森と湖が満喫出来る、ハイキングコースもあります。時期が合えばベリー摘みやキノコ狩りなどもお楽しみ頂けます。映画「かもめ食堂」にも登場した公園です。

STWがおすすめする
ヌークシオ国立公園の観光ポイント

夏は白夜の中、のんびり大自然を満喫したり、ハイキングをしながら取れたてのきのこを食べたり、フィンランドならではの体験が出来ます。
個人ではアクセスしにくいので、ヘルシンキ発のオプショナルツアーにご参加をお勧めします!
特にヘルシンキの夏の夜は、いつまでも明るいので、どう過ごそうか迷うところ。街中の小さなお店は夜6時ごろに閉まるのでヌークシオを訪れて有効に時間を使いましょう。

9位話題のサウナスポット ロウリュで癒される

ロウリュオフィシャルサイトはこちら
  • ロウリュ
  • ロウリュ
  • ロウリュ

ロウリュとは

ヘルシンキのウォーターフロントにある今話題のサウナです。サウナにレストランが併設されています。海沿いにあるので、テラスからの雰囲気が最高!とにかくお洒落な空間です!ヘルシンキからはトラムやバスでアクセス出来ます。

STWがおすすめする
ロウリュの観光ポイント

フィンランドと言えばサウナ!ここはスモークサウナとストーブ式のサウナがあります。そして海に繋がっているので、直接海にダイブすることも出来ます♪地元の人にも大人気のNEWスポットなので、サウナには入らなくても、海沿いのレストランで素敵な雰囲気を味わおう!曜日によって営業時間が異なるので、オフィシャルサイトをチェックしてから訪れたい。サウナの事前予約も出来ます。

ロウリュ観光に最適おすすめツアー

10位トゥルク大聖堂へ行く

トゥルクの詳細はこちら
  • トゥルク大聖堂
  • トゥルク大聖堂
  • トゥルク大聖堂

トゥルク大聖堂とは

ヘルシンキより列車で2時間、古都トゥルクにある大聖堂。1300年に建てられたフィンランドで最も古い教会のひとつ。設計を手がけた1人はヘルシンキ大聖堂をデザインしたカール・ヴィッヒ・エンゲルです。

STWがおすすめする
トゥルク大聖堂のポイント

教会の内部はフィンランドでは唯一のバシリカ様式で見ごたえがあります。トゥルクはムーミンワールドがあるナーンタリの拠点となる町なので、観光されない方もおられますが、歴史的なスポットも多い美しい港町なので、是非立ち寄って頂きたいです!トゥルクにはストックホルムからクルーズで入ることも出来ます。優雅にクルーズで1泊してトゥルクの町をお楽しみ下さい。

トゥルクおすすめツアー

番外編ヘルシンキから世界遺産の街タリンへ日帰り

タリンの詳細はこちら
  • タリン
  • タリン
  • タリン

タリンとは

ヘルシンキより船でわずか2時間!中世に迷い込んだような可愛らしい街並みで人気の、バルト三国エストニアの首都「タリン」。フィンランドへ訪れるなら、一緒に周遊すべき都市の1つです。

STWがおすすめする
タリンの観光ポイント

タリンの旧市街は、街全体が世界遺産!徒歩で旧市街すべてを散策出来ます。 坂を登ったところにある展望台からは旧市街とバルト海が一望でき、ヨーロッパならではのオレンジ屋根の絶景を堪能出来ます。展望台からの光景に限らず、街全体がフォトジェニックです! エストニア タリンは物価も北欧諸国に比べてリーズナブル!かわいいカフェや洗練された素敵なレストランも沢山あります。 バルト海クルーズを楽しみながら、フィンランドのお向かいの国を堪能しましょう。

タリンおすすめオプショナルツアー

タリンに行ってきましたスタッフ旅行記

タリンおすすめツアー

フィンランドを巡るツアーはこちら

フィンランドに行くなら
他国との周遊がおすすめ♪

フィンランド+他の都市を巡る
ツアーはこちら

エスティー・ワールドなら、
ご希望の観光地にアクセスしやすい
最適プランをオーダーメイドで
おつくりします!

滞在ホテル、周遊したい都市、
国、延泊など、お申し付けください。

フィンランド海外旅行・ツアーTOP / 海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

ページトップへ戻る

電話でお問い合わせ電話でお問い合わせ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アゼルバイジャン旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 ベネルクス旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行 タンザニア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 南極旅行
ページのトップへ