海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

グランドキャニオンツアー

台地の浸食
圧倒的スケールを感じる旅

グランドキャニオン

アメリカで一番と言っても過言ではないほど有名な国立公園「グランドキャニオン」。渓谷を流れるコロラド川が長い年月をかけて大地を侵食、壮大なスケールの景観を作り出しました。
グランドキャニオンはコロラド川を挟んで北側の「ノースリム」、南側の「サウスリム」に分けられています。観光客が訪れるのは圧倒的に「サウスリム」。絶景の定番スポットや宿泊施設、ギフトショップなどが完備されています。
また、冬季はノースリムは閉鎖されてしまいますが、サウスリムは通年観光が可能。STWのツアーも人気のサウスリムを訪れるツアーを中心にご紹介しています。

グランドキャニオン ツアー

添乗員なしの
個人旅行でも安心!
STWなら、
アメリカ現地支店が
24時間日本語で
サポートします

25億年の年月が刻んだ
グランドキャニオンツアー6つの見どころ

マーサポイント

point1

マーサポイント

ツアーバスが停車するビジターセンター近くのマーサポイント。バス停から整備されたトレイルコースを歩いて行けるサウスリムを代表するビューポイントです。
ちなみに渓谷を挟んで彼方に見えるノースリムとの距離は約15km。渓谷内部は車が通れる道がないので、なんと360kmも迂回してないと行けないんです!

ホピポイント

point2

ホピポイント

朝日や夕日に染まるグランドキャニオンが特に美しく見える場所として有名なホピポイント。ホピ・インディアンにちなんで名前が付けられた展望エリアです。 見下ろすとコロラド川や、先住民族の交易道だったブライト・エンジェル・トレイルを歩く人々の姿が見られることもあり。
3月~11月の行楽シーズンは中心地から無料のシャトルバスも出ています。(この時期は一般の車両は乗り入れが禁止となります)

デザートビューポイント

point3

デザートビューポイント

グランドキャニオンの中心地からはかなり離れており(約40km)、無料バスも運行していないため、日本人観光客も比較的少ないエリア。 その名の通り遥か遠くに広がるデザート(砂漠)を一望でき、川が大きく湾曲するでもあるため、他では見られない絶景を楽しむことができます。
一番の名物は高さ21mのデザートビュー展望台。谷の下を流れるコロラド川の上流まで見渡すことができます。

ヤバパイポイント

point4

ヤバパイポイント

中心地から近くマーサポイントと並んで人気の高いビューポイント。谷底の景観をよく見ることができ、コロラド川の流れなどを見ることができます。
近くには入場無料のヤバパイ博物館があり、グランドキャニオンの地質や生物、化石、歴史を説明、展示されています。窓からは壮大なグランドキャニオンが180度楽しめ、実際の景観を見ながら博物館を堪能することができます。

冬のグランドキャニオン

point5

雪のグランドキャニオン

砂漠の中心にあるグランドキャニオン、四季はないように思われますが夏は暑く、冬には雪も降ります。平均気温は東京と似た感じですが、標高が2500mほどあるので一日の寒暖の差も激しいのが特徴です。
12月~2月は雪が降る日も多く、霧なども発生するため景色がよく見えないこともありますが、雪化粧に染まったグランドキャニオンはまた格別。氷点下になることもあるので防寒対策はお忘れなく!

グランドキャニオンの気候

グランドキャニオンの気候
3月からは無料バスも運行が始まりますが、5月ぐらいまでは肌寒い風が吹くことや、時には雪が降ることもあります。
朝晩は特に冷え込みますので、防寒対策、余分に羽織るものなどを持っていると安心です。
6月~8月は最も暑いシーズンとなり、Tシャツなどで過ごすことができます。反面、日差しが強烈になりますので、日焼け止めなどは必須アイテムとなります。 標高が高いため、朝晩は冷え込むこともあります。遅くまで外出する予定の場合、羽織るものを持っていくとよいでしょう。
また、7月、8月は雨の多いシーズンとなります。急な豪雨にご注意下さい。
気温は落ち着き、日中も快適な日が増えます。春同様、降水確率も下がりますのでゆっくりと絶景を見るには快適な天候となります。
通年言えることですが、朝晩の冷え込み、日によっては寒い日がありますので、防寒グッズは持参した方が無難です。
防寒対策が必須のシーズン。特に12月~2月はダウンやコートの着用が必要で、最低気温はマイナス、雪が降ることもあります。
観光客は減るため、無料バスなどはなくなりますが、雪化粧などはこの時期しか見ることのできない絶景。2度目、3度目の訪問という方には グランドキャニオンの違った顔を見るチャンス。またツアー価格がリーズナブルなのもこのシーズンです。

どうせ行くなら泊まりたい!
グランドキャニオンの宿泊施設

グランドキャニオン

グランドキャニオンは
■ラスベガスからの日帰り
■セドナからの日帰り
■グランドキャニオン国立公園内に宿泊
■グランドキャニオン国立公園周辺に宿泊

などニーズに合わせて色々なツアーがあります。日中の景観はもちろん、朝日夕日ものんびりと楽しみたいのであれば国立公園内に宿泊するのがおススメ。
公園周辺宿泊でも朝日や夕日を見ることができますが、壮大な景色を見ながら宿泊ではなくなってしまいます。どうせなら寝起きから絶景を楽しんで頂きたい。

ヨセミテビューロッジ

エス・ティー・ワールドなら
ホテルの変更、お部屋のランクアップ、
ご旅行する都市の追加、延泊など、
ご希望にあわせて、
ツアーを1からオーダーメイドでおつくり致します。

アメリカ海外旅行・ツアーTOP / 海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

電話でお問い合わせ電話でお問い合わせ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 ロシア旅行 ジョージア旅行 アゼルバイジャン旅行 アルメニア旅行 ウズベキスタン旅行 ウクライナ旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 東欧旅行 ベネルクス旅行 コーカサス三国旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
チュニジア旅行 イラン旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
カタール旅行 ケニア旅行 マダガスカル旅行 南部アフリカ旅行
タンザニア旅行 ナミビア旅行 ジンバブエ旅行 ザンビア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行 ブルネイ旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 カリブ海旅行 南極旅行
ページのトップへ