海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

カンボジアの世界遺産観光といえば、シェムリアップのアンコールワット遺跡!
点在するアンコール遺跡群を個人で巡るのは大変なので
それに、ほかにも魅力的な世界遺産や観光スポットがたくさんあるです。
アンコールワット観光プランなら効率よく世界遺産を回りたい!
観光で疲れたらマッサージで癒されたい!
アンコールワット観光プランなら自分にぴったりのシェムリアップ観光プランを見つけて下さい。

カンボジアの世界遺産観光といえば、シェムリアップのアンコールワット遺跡!
点在するアンコール遺跡群を個人で巡るのは大変なので
それに、ほかにも魅力的な世界遺産や観光スポットがたくさんあるです。
アンコールワット観光プランなら効率よく世界遺産を回りたい!
観光で疲れたらマッサージで癒されたい!
アンコールワット観光プランなら自分にぴったりの
シェムリアップ観光プランを見つけて下さい。

カンボジアってどんなところ?

首都はプノンペンですが、カンボジアのシンボルといったら世界遺産アンコールワット! 遺跡が多く残るシェムリアップには、インドシナ半島で600年にわたり栄華を誇ったクメール王朝の大小700以上の寺院が点在しています。 このアンコール遺跡群は、長い歴史と神話や芸術を感じる事ができる観光スポットとして各国の観光客に大人気! 新しいお店やホテルが続々とオープンする街の中心から遺跡までは車で15分程とアクセスも良く、物価が安く気楽に遊ぶことができる点もカンボジア旅行の魅力です!


STWのカンボジア観光は全コースガイド指名や専用車アレンジOK!

STWカンボジア支店専属のガイドはアンコールワット遺跡を心から愛する遺跡案内のプロ集団! 日本の文化にも詳しく、日本語のレベルも高いので、面白トークやカメラ撮影で旅を盛り上げます! STWでは、事前にガイドを指定してプライベートツアーへのアレンジを承っております。よりご満足頂ける旅をお届けします! ★STWなら全店舗にカンボジア視察済みスタッフが在籍しているので、見どころやおすすめ観光スポットのご提案・お客様のご質問や旅のご相談におこたえします。 ご出発前からご旅行中まで全力サポートします!

カンボジアで何する?

観光・見所おすすめスポット

アンコールワット

①アンコールワット

世界最大規模の寺院であり、世界遺産登録もされているアンコールワット。 元々はヒンドゥー教の寺院として建立されましたが、後に改宗し仏教寺院となりました。 回廊では、神話を生き生きと語る、美しい壁画や緻密なレリーフに見入ってしまいます。 急な階段を上がり、中央塔へ登れば敷地を見渡せるすばらしい景色が見られます。

アンコールワット観光
オプショナルツアー

アンコールワット朝日鑑賞

②アンコールワット朝日鑑賞

空の色がグラデーションとなり、夜が明けると共に徐々に浮かび上がってくるアンコールワットのシルエットと、輝く朝日の美しさは神秘の絶景! 聖池に映るアンコールワットとそれを照らす太陽はからはパワーをもらえます。 もちろんホテルからの往復送迎付。 終了後はホテルへ戻って朝食をお召し上がりください。 ※天候によってはご覧頂けない場合もあります。

アンコールワット朝日鑑賞
観光オプショナルツアー

アンコールトム

③アンコールトム

アンコールワットとあわせて訪れたいのが3km四方の城壁に囲まれたかつての都・アンコールトム遺跡。 南大門・バイヨン・バプーオン、ピミアナカス、ライ王のテラス、象のテラスなどガイドブックにも必ず載っているスポットへご案内します。 特に有名な「バイヨン寺院」では、いたるところに立ち並ぶ巨大な49基もの観世音菩薩の四面仏塔に圧倒されます。

アンコールトム観光
オプショナルツアー

タプロム

④タプロム

タプロム遺跡はアンジェリーナ・ジョリーが出演した映画『トゥームレイダー』のロケ地としても知名度が高く、アンコール遺跡群の中でも人気の寺院遺跡です。 巨大なガジュマルの木に飲み込まれるように覆われた遺跡内部の大半が、密林から発見された当時のままの姿で保存されています。 アンコールワットとは一味異なる、自然と遺跡が創り出す光景は必見!

タプロム観光
オプショナルツアー

ベンメリア遺跡

⑤ベンメリア遺跡

「東のアンコールワット」とも呼ばれ、密林に眠るように佇むベンメリア遺跡。 木々の根に追いやられ、倒壊が激しい遺跡ですが、ひっそりと森に埋もれた様子は他の遺跡群とはまた違った雰囲気を醸し出しています。 宮崎アニメ「天空の城ラピュタ」のモデルとなったという噂も。 シェムリアップから1時間ほど離れた郊外に位置していますが、せっかくなら足を運びたい雰囲気抜群のスポットです。

ベンメリア遺跡観光
オプショナルツアー

バンテアイスレイ寺院

⑥バンテアイスレイ寺院

比較的小さな規模ですが、バンテアイスレイ寺院遺跡の見どころはなんといっても精巧で緻密なレリーフ! 他の遺跡と比べても、より細やかでくっきりと彫刻が残っており、じっくりと眺めていたい美術館のような遺跡です。 「東洋のモナリザ」と呼ばれるデヴァター像は柔らかな曲線と美しさで訪れる人々を魅了しています。

バンテアイスレイ寺院
観光オプショナルツアー

ロリュオス遺跡群

⑦ロリュオス遺跡群

のどかな田園風景のなかに現れるロリュオス遺跡群は、アンコールワットに遷都される以前、8~9世紀に栄えた都です。 アンコールワットの原型とも言われるピラミッド型の遺跡「バコン」が象徴的です。 クメール王朝時代の歴史と文化の変化を詳しく知りたい方に特におすすめの遺跡です。

ロリュオス遺跡群
観光オプショナルツアー

クバルスピアン

⑧クバルスピアン

シェムリアップ川の源流に沈む、非常に珍しい水中遺跡です。 川の中に見事なレリーフや彫刻が施され今もなお神々しさを残しています。 遺跡までは40分ほどのトレッキングですので、緑溢れる森林浴もお楽しみいただけます。

クバルスピアン観光
オプショナルツアー

トンレサップ湖

⑨トンレサップ湖

乾季で琵琶湖の4倍、雨季には10倍ほどにもなる、東南アジア一の大きさを誇るトンレサップ湖。 1万人もの人が水上で生活をしています。栄養豊富なメコン川の水が流れ込むため、漁業が盛んで湖に暮らす人々の生活を支えています。 ボートに乗り換えて水上集落を巡ると、カンボジアの今の暮らしとを感じる事ができるので遺跡巡りとの組み合わせがおすすめです。

トンレサップ湖観光
オプショナルツアー

アンコールワット周辺遺跡

⑩アンコールワット周辺遺跡

アンコールワット周辺には大小さまざまな見どころ遺跡があります! 大回り観光で訪れる、かつて病を治す地としても役割もあったニャックポアン遺跡や、仏教とヒンドゥー教が融合したプリヤカン遺跡は特に見ごたえがあります。

アンコールワット周辺遺跡
観光オプショナルツアー

パブストリート

⑪パブストリート

各国の観光客が集まるパブストリートは深夜まで毎晩パーティのように賑やか! レストランや格安マッサージ、雰囲気のいいオープンテラスのバーや屋台が立ち並びます。 周辺にはナイトマーケット通りも多く、買い物と食事、ナイトライフを一気に楽しめるストリートです。

アプサラダンス鑑賞&ディナー

⑫アプサラダンス鑑賞
&ディナー

アンコールワット遺跡でアプサラス(神話に登場する天女)が舞うレリーフを見た後は、ダンスショーでその美しさをご覧ください。 輝く衣装と妖艶な舞いが特徴的な伝統舞踊をディナーと共にお楽しみいただきます。

アプサラダンス鑑賞付
オプショナルツアー

カンボジア観光おすすめプラン 早見表

  王道1日
観光プラン
満喫2日
観光プラン
欲張り4日
観光プラン
①アンコールワット
②アンコールワット朝日鑑賞
③アンコールトム
④タプロム
⑤ベンメリア遺跡  
⑥バンテアイスレイ寺院  
⑦ロリュオス遺跡群    
⑧クバルスピアン  
⑨トンレサップ湖    
⑩アンコールワット周辺遺跡    
⑪パブストリート    
⑫アプサラダンス鑑賞&ディナー
人気の遺跡に行きたい方におすすめ!

王道1日観光プラン

世界遺産アンコールワットの朝日は神秘的な絶景

世界遺産アンコールワットの朝日は神秘的な絶景

広大な寺院遺跡アンコールトムの中心にそびたつ、不思議なバイヨン遺跡

広大な寺院遺跡アンコールトムの中心にそびたつ、不思議なバイヨン遺跡

歴史と自然が創り出した奇跡の空間・タプロム遺跡

歴史と自然が創り出した奇跡の空間・タプロム遺跡

ジャングルを見渡すことができるピラミッド型をしたプレループ遺跡で夕日鑑賞

ジャングルを見渡すことができるピラミッド型をしたプレループ遺跡で夕日鑑賞

美しいダンスと音楽でクメール王朝の栄華を体感するアプサラ舞踊のディナーショー

美しいダンスと音楽でクメール王朝の栄華を体感するアプサラ舞踊のディナーショー

訪れる観光スポット
  • アンコールワット
  • アンコールワット朝日鑑賞
  • アンコールトム
  • タプロム
  • アプサラダンス鑑賞&ディナー

とにかく有名な世界遺産アンコールワットに行きたい!という方には1日のツアーがおすすめです! アンコールワット遺跡はもちろんのこと、人気主要遺跡のアンコールトム遺跡とタプロム遺跡を訪れます。 早朝の朝日鑑賞から夜のディナーショーまでをSTW専属日本語ガイドがご案内します。 カンボジアの歴史や文化を聞きながら巡ると遺跡の面白さは倍増! 自由に遺跡を巡る旅をお好みの方も1日だけガイド付きツアーに参加されるとフリータイプもより楽しむことができますよ!

王道1日観光プランのポイント
  • 1.混雑ピーク時間を外したSTWオリジナル行程で遺跡観光
  • 2.絶対押さえておきたいアンコール遺跡3つを1日で制覇
  • 3.感動!アンコールワットでの朝夕日観賞付
  • 4.アプサラダンスディナーショーとカンボジア料理のご昼食付
モデルプラン行程
ベテランガイド考案のSTWオリジナル行程で混雑ピーク時間を外して人気の遺跡を訪れます!
早朝
アンコールワット朝日観賞
ホテルに戻りゆっくりとご朝食タイム
午前
アンコールワット内部の観光
アンコールワットの頂上部・第三回廊まで訪れます(仏日は入場不可となります)
カンボジア郷土料理のご昼食
午後
アンコールトム観光
南大門、バイヨン、ライ王のテラス、象のテラス等へご案内
☆アンコールワットに写真撮影立寄り☆
この時間が逆光にならずキレイに撮れます!
その後、タプロム観光
巨大な榕樹に覆われた寺院内部へご案内します
夕方
プレループ遺跡で夕日観賞
アプサラ舞踊ディナーショーでご夕食
【シェムリアップ泊】
せっかくなら郊外の遺跡も巡りたい!

満喫2日観光プラン

ラピュタのモデルになったと噂されるベンメリア遺跡は冒険家気分で散策したい!

ラピュタのモデルになったと噂されるベンメリア遺跡は冒険家気分で散策したい!

美しい彫刻が魅力のバンテアイスレイはまるで遺跡の美術館!

美しい彫刻が魅力のバンテアイスレイはまるで遺跡の美術館!

自然に癒されるハイキングも楽しめる水中遺跡クバルスピアン

自然に癒されるハイキングも楽しめる水中遺跡クバルスピアン

STWの日本語ガイドツアーは、遺跡巡りの疲れを癒すマッサージ付

STWの日本語ガイドツアーは、遺跡巡りの疲れを癒すマッサージ付

アンコールワットやタプロームなど王道の遺跡ももちろん訪れます

アンコールワットやタプロームなど王道の遺跡ももちろん訪れます

訪れる観光スポット
  • アンコールワット
  • アンコールワット朝日鑑賞
  • アンコールトム
  • タプロム
  • アプサラダンス鑑賞&ディナー
  • ベンメリア遺跡
  • バンテアイスレイ寺院
  • クバルスピアン

はじめてカンボジアを訪れる方にもおすすめなのが2日観光プラン!アンコールワットなど王道の遺跡を1日巡った翌日は、ぜひ少し足を延ばして郊外の遺跡を訪れてください!ラピュタの舞台とも噂されるベンメリア遺跡と、彫刻が美しいバンテアイスレイ遺跡、山と森を流れる川の中にひっそりと現れるクバルスピアン遺跡を巡り、シェムリアップ市内では遺跡観光の疲れを癒すマッサージもご堪能頂けます。

満喫2日観光プランのポイント
  • 1.水中遺跡クバルスピアンと密林遺跡ベンメリア+王道観光!
  • 2.感動!アンコールワットでの朝夕日観賞付
  • 3.アプサラダンスディナーショーとカンボジア料理のご昼食付
  • 4.60分のマッサージ付
モデルプラン行程
【観光1日目】
王道1日観光プランと同じ行程です。
早朝
アンコールワット朝日観賞
午前
アンコールワット観光
午後
アンコールトム、タプロム観光
夕方
プレループ遺跡で夕日観賞
アプサラ舞踊ディナーショーでご夕食
【シェムリアップ泊】
【観光2日目】
午前
水中遺跡クバルスピアンと東洋のモナリザ・バンテアイスレイ観光へご案内
昼食
ローカルレストランでのご昼食
午後
近年まで密林に埋もれていたベンメリア遺跡観光へご案内
シェムリアップ市内で60分のマッサージ
【シェムリアップ泊もしくは夜便にて出国】
たっぷり遺跡を楽しみたい!街や暮らしも感じたい!

欲張り4日観光プラン

東南アジアで一番大きな湖・トンレサップ湖では水上集落が点在しています

東南アジアで一番大きな湖・トンレサップ湖では水上集落が点在しています

各国の観光客で毎晩賑わうパブストリートは活気が溢れるスポット!

各国の観光客で毎晩賑わうパブストリートは活気が溢れるスポット!

ロリュオス遺跡群のバコン遺跡はアンコールワットの原型ともいわれています

ロリュオス遺跡群のバコン遺跡はアンコールワットの原型ともいわれています

仏教とヒンドゥー教を融合した寺院・プリアカン遺跡

仏教とヒンドゥー教を融合した寺院・プリアカン遺跡

観光中は全食事つき。様々なレストランで現地の味をお楽しみ頂けます

観光中は全食事つき。様々なレストランで現地の味をお楽しみ頂けます

訪れる都市
  • アンコールワット
  • アンコールワット朝日鑑賞
  • アンコールトム
  • タプロム
  • アプサラダンス鑑賞&ディナー
  • ベンメリア遺跡
  • バンテアイスレイ寺院
  • クバルスピアン
  • ロリュオス遺跡群
  • トンレサップ湖
  • アンコールワット周辺遺跡
  • パブストリート

せっかくカンボジアに来たならたくさんの遺跡を巡って現地の暮らしも知りたい!という欲張り大満喫旅をお探しの方にぴったりのプランならこちらです。アンコールワットの原型とも言われるピラミッド型のロリュオス遺跡をはじめとするクメール王朝時代の歴史と文化の変化を伝える遺跡を3日間かけて訪れた後は、東南アジアで一番大きな湖・トンレサップ湖の水上集落を訪れます。ご滞在中の食事もツアーに全て含まれているので安心です!

欲張り3日観光プランのポイント
  • 1.砂漠の真ん中で眠る 宿泊体験
  • 2.砂漠でゆっくり2連泊
  • 3.カンボジア国内をしっかり周遊
モデルプラン行程
【観光1日目】
王道1日観光プランと同じ行程です。
早朝
アンコールワット朝日観賞
午前
アンコールワット観光
午後
アンコールトム、タプロム観光
夕方
プレループ遺跡で夕日観賞
アプサラ舞踊ディナーショーでご夕食
【シェムリアップ泊】
【観光2日目】
午前
水中遺跡クバルスピアンと東洋のモナリザ・バンテアイスレイ観光へご案内
昼食
ローカルレストランでのご昼食
午後
アンコールワット周辺遺跡郡観光へご案内(タケウ、スラスラン、ネアックポアン、プリヤカンなど)
夕食
カンボジア・名物の炭火焼肉のご夕食
賑わうパブストリートへ日本語ガイドがご案内
【シェムリアップ泊】
【観光3日目】
午前
近年まで密林に埋もれていたベンメリア遺跡観光へご案内
昼食
クメール料理のご昼食
午後
アンコールワットの原型ともいわれるロリュオス遺跡観光へご案内
夕食
カンボジア家庭料理のご夕食
【シェムリアップ泊】
【観光4日目】
昼食
中華料理のご昼食
午後
東南アジア一の大きさを誇るトンレサップ湖の水上集落をクルーズ見学
【シェムリアップ泊もしくは夜便にて出国】
※滞在中1回、シェムリアップ市内で60分のマッサージ付き
pagetop

カンボジア海外旅行・ツアーTOP / 海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

電話でお問い合わせ電話でお問い合わせ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 ロシア旅行 ジョージア旅行 アゼルバイジャン旅行 アルメニア旅行 ウズベキスタン旅行 ウクライナ旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 東欧旅行 ベネルクス旅行 コーカサス三国旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
チュニジア旅行 イラン旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
カタール旅行 ケニア旅行 マダガスカル旅行 南部アフリカ旅行
タンザニア旅行 ナミビア旅行 ジンバブエ旅行 ザンビア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行 ブルネイ旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 カリブ海旅行 南極旅行
ページのトップへ