海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

パタゴニア

Patagonia

太平洋とアンデス山に囲まれた
風の大地パタゴニア。
心を震わせる本当に美しい絶景が、
日本の裏側に存在しています。
世界の果てを訪れた旅人を虜にする、
パタゴニアの魅力を紹介します。

企画者:エス・ティー・ワールドパタゴニア担当

エス・ティー・ワールドで行くパタゴニアツアーは全区間送迎付きで、ホテルは現地視察済みスタッフが厳選。
とんでもない旅行保険「Travel+Guard」などご旅行を全面サポートいたします!

出発地別おすすめツアー

出発地別おすすめツアー

  • 東京発
  • 東京発
  • 東京発
  • 東京発
  • 東京発
  • 東京発

東京発

ツアーコード

AR-TAF8-00

ツアー詳細

出発日 

旅行代金  [燃油追加代金]旅行代金に含まれます。

→ 東京発全ツアー検索

→ 東京発全ツアー検索

東京発

ツアーコード

AR-TAFH-00

ツアー詳細

出発日 

旅行代金  [燃油追加代金]旅行代金に含まれます。

→ 東京発全ツアー検索

→ 東京発全ツアー検索

東京発

ツアーコード

AR-TAFU-00

ツアー詳細

出発日 

旅行代金  [燃油追加代金]旅行代金に含まれます。

→ 東京発全ツアー検索

→ 東京発全ツアー検索

東京発

ツアーコード

AR-TAFB-00

ツアー詳細

出発日 

旅行代金  [燃油追加代金]旅行代金に含まれます。

→ 東京発全ツアー検索

→ 東京発全ツアー検索

東京発

ツアーコード

CL-TAB7-00

ツアー詳細

出発日 

旅行代金  [燃油追加代金]旅行代金に含まれます。

→ 東京発全ツアー検索

→ 東京発全ツアー検索

東京発

ツアーコード

AR-TAUP-00

ツアー詳細

出発日 

旅行代金  [燃油追加代金]旅行代金に含まれます。

→ 東京発全ツアー検索

→ 東京発全ツアー検索

パタゴニアについて

パタゴニアについて

パタゴニア

パタゴニア  Patagoina

パタゴニアとは、南米大陸の南端、アルゼンチンとチリの2ヵ国にまたがる南緯40度以南の地方の名称。60mもの高さがあるペリトモレノ氷河や世界中の登山家が憧れる標高3,405mのフィッツロイ山、野生動物や自然豊かなパイネ国立公園、南米のスイスと形容されるバリローチェなど、雄大な自然の景観が凝縮されたまさに別天地です。ペリトモレノ氷河へは通年カラファテからツアーがでていますが、全てのツアーが催行するのはベストシーズンの11月~3月(春~秋)です。

行き方と日数

行き方と日数

パタゴニア地方最大の観光拠点であるカラファテの町まではアルゼンチンの首都のブエノスアイレスより国内線で約3時間。ペリトモレノ氷河観光には最低でも2泊は必要で、トレッキングやパイネ国立公園へのツアーなど、4~5泊滞在しても楽しみは尽きません。また、世界最南端の町ウシュアイアまではブエノスアイレスより国内線で3時間30分。ティエラデルフエゴ国立公園を観光する2泊の滞在や、南極クルーズの拠点としてにぎわいます。

パタゴニアツアーの特徴

エス・ティー・ワールドで行く
パタゴニアツアーの特徴

見所が満載!全部の観光地を周れば1ヵ月の滞在でも足りないかも!?
旅の計画のスタートは、見所と拠点の町と必要滞在日数をチェックして、どこに一番行きたいかをリストアップしてみましょう。
行きたいところが決まったら、エス・ティー・ワールドのコンシェルジュに相談してみましょう♪
移動効率の善し悪しや全体の所要日数と費用をお見積りします。下記や既存のツアーを参考に具体的にイメージしてみてください。

アルゼンチン
拠点の町
見所
カラファテ
ロスグラシアレス国立公園、ペリトモレノ氷河、ウプサラ氷河、ビエドマ氷河、エルチャルテン、パイネ国立公園、プンタワリチュ洞窟
エルチャルテン
フィッツロイ山、ロストレス湖、トーレ山、トーレ湖、ビエドマ氷河
バリローチェ
ナウエルウアピ国立公園、ナウエルウアピ湖、カンパナリオの丘
プエルトマドリン
バルデス半島
ウシュアイア
ティエラデルフエゴ国立公園、ビーグル水道クルーズ、南極クルーズ
バリローチェ プエルトマドリン エルチャルテン カラファテ ウシュアイア

Ⅰ カラファテ

滞在日数2~5泊

アルゼンチン側の町カラファテを拠点にパタゴニアで一番人気のロスグラシアレス国立公園、
パイネ国立公園、エルチャルテンを訪れる

南極とグリーンランドに次いで世界で3番目に大きな氷河地帯であるロスグラシアレス国立公園には、ペリトモレノ氷河、ウプサラ氷河など有名な氷河が数多くあります。 それらの氷河観光の拠点となるカラファテの町からはベストシーズンの夏季にはその他にもパイネ国立公園やエルチャルテンへの日帰りツアーが催行しています。 エス・ティー・ワールドのツアーでは、延泊&お好みのツアーの追加手配などアレンジ可能です!

カラファテから
参加できるツアー
STWの基本ツアー
ペリトモレノ氷河 展望台&ミニクルーズ

ペリトモレノ氷河の定番ツアー。展望台からじっくりと氷河が崩落する瞬間を待ったり、船上からさらに氷河に近づいて観光できます。圧巻!

STW基本ツアーから変更可
ペリトモレノ氷河
ミニトレッキング

船で氷河に近づき、実際に氷河を踏みしめる体験は感動もの!約2時間の氷河トレッキング。
10歳から64歳まで、体重30kg以上の健脚な方でしたらご参加いただけます。

STW基本ツアーから変更可
ペリトモレノ氷河
ビッグアイス

本格的な約7時間の氷河トレッキング。諸外国のお客様と歩ける体力のある方向け。
18歳から45歳までの年齢制限がございます。

延泊&追加アレンジ
ロスグラシアレス国立公園
氷河クルーズ

ウプサラ氷河、スペガッツィーニ氷河を眺めるクルーズツアー。
※2014年頃から急速な流氷の融解によりウプサラ氷河等に近づけないことがございます。クルーズ航路は当日の状況によって決まります。

延泊&追加アレンジ
エスタンシアクリスティナ
‟ディスカバリー”

ウプサラ氷河の東側前面、ギジェルモ湖などの絶景が楽しめます。パタゴニアの牧場文化にも触れることができる人気ツアー。

STW基本ツアーから変更可
パイネ国立公園

片道約5時間もなんのその。ペリトモレノ氷河と双璧をなすパタゴニアの外せない観光地。国立公園内ホテルに泊まる1泊2日のアレンジも可能です。

STW基本ツアーから変更可
エルチャルテン

世界的アウトドアメーカーの創始者達が心奪われたトレッカーの聖地。フィッツロイ山やトーレ山に囲まれた村。日帰りツアーでは半日のハイキングが楽しめます。

延泊&追加アレンジ
プンタワリチュ

カラファテの町から続くアルヘンティーノ湖畔の洞窟に残る先史時代に描かれた壁画。動物や手形の壁画が残っています。

カラファテの町はパタゴニアのお土産屋さんや名物羊のアサードのレストラン、アイスクリームショップやカフェなどが充実しています♪

カラファテに行く
パタゴニアツアーはこちら
◆パタゴニアではどのような服装が必要?◆
パタゴニア地方は年間を通じて気温が低く風が強いことで有名です。春から夏(11~2月)は、長袖のシャツにトレーナーやセーター、ウィンドブレーカー等を重ね着して、日中と夜間の気温差に対応できるようにご準備ください。
秋から冬(3~10月)は、更にダウンジャケットなどの冬の服装が必要となります。氷河観光では、氷河を目の前にし天候によっては氷の方角から冷たい風が吹くため、夏でもダウンジャケットや使い捨てカイロの準備をおすすめします。

Ⅱ エルチャルテン

滞在日数2~3泊

トレッカーの聖地・エルチャルテンでパタゴニアトレッキングを心ゆくまで楽しむ

フィッツロイ観光の拠点エルチャルテンへはカラファテから国道40号線を北西へ約3時間30分。チャルテン村に宿泊すれば、村の外れから朝焼けに輝くフィッツロイ山が眺められることも。また、カラファテからの日帰りツアーでは行けないトレッキングルートを心ゆくまで楽しめます。 フィッツロイ山を望むカプリ湖ルート、トーレ山へ向かうトーレ湖ルート、フィッツロイ山へ向かうロストレス湖ルートの3つが人気です。

エルチャルテンから
参加できるツアー

村の外れからもフィッツロイが見えます

カプリ湖トレッキング

カラファテからの日帰りツアーで行ける半日ルート。カプリ湖とフィッツロイ山を一望する展望ポイントまでの往復ルートです。
歩行時間:往復約4時間
歩行距離:約10km
標高差:約330m
レベル:初級~最初の数kmは急な勾配がある中級向け

トーレ湖終日トレッキング

トーレ山やソロ山を望む、トーレ湖展望ポイントまでの往復コース。天候がよければ途中フィッツロイ山も望める。
歩行時間:往復約7時間
歩行距離:約20km
標高差:約400m
レベル:初級 最初の勾配を登れば平坦な道のりが続く

ロストレス湖トレッキング

フィッツロイ山やポインセノット山を望むロストレス湖までのトレッキング。カプリ湖の展望ポイントを通りチャルテン村に戻ります。
歩行時間:往復約10時間
歩行距離:約21km
標高差:約750m
レベル:中級~上級 ポインセノットキャンプ~ロストレス湖までの最後の道のりが高低差400mとハード

エルチャルテンに行く
パタゴニアツアーはこちら
◆トレッキングの準備は何が必要?◆
ツアーに参加する際、個人の装備は、リュックサック、十分な水、携帯食、フリース等の防寒着にウィンドブレーカーや防水ジャケット、手袋、帽子、サングラス、日焼止め、トレッキングシューズをご準備ください。 ルートによってはトイレがなく川や水場から離れた場所で青空トイレとなります。ガイドなしでトレッキングをする場合は地図や方位磁石を用意し、日のあるうちにエルチャルテンに戻るよう計画ください。 トレッキングに不慣れな方はツアーの参加を強くお薦めいたします。

Ⅲ バリローチェ

滞在日数2~3泊

南米のスイス・バリローチェを拠点に美しい湖水地域のナウエルウアピ国立公園を訪れる

アルゼンチンで一番古い国立公園ナウエルウアピ。パンパの荒野の中、アンデス山麓にあるこの地方だけに不思議と美しい湖水群があり豊かな森に囲まれています。 国立公園観光の拠点となるバリローチェの町には、ヨーロッパからの移民が故郷に似た土地に好んで移り住み、美しい町並みは“南米のスイス”と形容されるほど。 ウォーターアクティビティやスキー客で季節を問わずにぎわう、アルゼンチン人や南米人にも人気のリゾート地です。

バリローチェから
参加できるツアー
STWの基本ツアー
ナウエルウアピ国立公園クルーズ

風光明媚な湖の景色やチリとの国境に近くロスカンタロスの滝やカンタロス湖への散策をお楽しみいただけます。

延泊&追加アレンジ
ナウエルウアピ国立公園

ジャオジャオ半島を周回し、チェアリフトでカンパナリオの丘の頂上からこの湖水地域の美しい全体像を望めます。

アレンジ
チリへの国境越えルート

北から南に幾つかあるアルゼンチンからチリへの国境越えルートの1つ。
ナウエルウアピ湖からトロナドール山やオソルノ山を眺めジャンキウェ湖とプエルトバラスに至る、例えようもなく美しい道程です。

バリローチェの町

チョコレートが有名なリゾートタウン。可愛らしい街並みです。

バリローチェに行く
パタゴニアツアーはこちら

Ⅳ プエルトマドリン

滞在日数2~3泊

プエルトマドリンを拠点に動物の楽園バルデス半島を目指す

パタゴニア地方でも北に位置するリゾート、プエルトマドリンから足を延ばして、パタゴニアのもう1つのみどころバルデス半島を訪れることができます。 バルデス半島は南米大陸から東の南大西洋へ100kmほど突き出した4,000㎢、奈良県ほどの大きさの半島です。 400kmにも渡る海岸線に、大小の湾、浅い湾やラグーン、岩崖、広大な干潟、砂や小石の浜など、海洋哺乳類や鳥たちが新しい命を育むためにこの上ない環境を作り出し、 他に類を見ない特殊なエリアとなっています。野生動物の観察ツアーが人気です。

プエルトマドリンから
参加できるツアー
バルデス半島ツアー

シーズンにより異なるの動物たちの姿が観測されています。
通年:オタリア、キツネ、アルマジロ、レア、グアナコ等
冬~春(6~11月):ミナミセミクジラ

バルデス半島ツアー

夏(10~4月):マゼランペンギン、ミナミゾウアザラシ、イルカ、シャチ
ペンギンとクジラの活動が活発な10~11月が人気シーズンです。

プンタトンボ&サンロレンソ

9~3月にかけてマゼランペンギンのコロニーでの活動が活発化します。11月には雛の誕生シーズンです。

プエルトマドリンの町

バルデス半島への観光の拠点となる海沿いのリゾートタウン。

プエルトマドリンに行く
パタゴニアツアー
お問い合わせはこちら

Ⅴ ウシュアイア

滞在日数2~3泊

世界最南端の町ウシュアイアからティエラデルフエゴ国立公園、ビーグル水道、南極を訪れる

世界の果てを思わせる風景が印象的なティエラデルフエゴ国立公園を、かつて受刑者を移送した!?という列車“世界の果て号”に乗りながら観光します。 また、ウシュアイアの港から出発するビーグル水道クルーズは、かのチャールズダーウィンが地球一周の航海で通過したルート。
パタゴニア固有種の動物達がコロニーを形成しています。

ウシュアイアから
参加できるツアー
STWの基本ツアー
ティエラデルフエゴ
国立公園ツアー

パタゴニア固有の植生が豊かな国立公園。 アメリカ大陸を縦断するパンアメリカンハイウェイの終着点。

STWの基本ツアー
ビーグル水道クルーズ ショート

海鳥の島、アシカの島、エクレルール灯台を周回するクルーズツアー

STW基本ツアーから変更可
ビーグル水道クルーズ ロング

ショートクルーズからさらに水道を東にマゼランペンギンが観測されるマルティージョ島まで訪れます。

ウシュアイアの町

南極行きのクルーズ船が発着するウシュアイア港はいつも旅人でにぎわいます。
エスメラルダ湖へのトレッキングツアーも発着しています。

ウシュアイアに行く
パタゴニアツアーはこちら
南極に行くツアーはこちら

Ⅵ プンタアレナス

滞在日数1泊

世界最南端の町ウシュアイアからティエラデルフエゴ国立公園、ビーグル水道、南極を訪れる

気候の厳しい都市でありながら、パナマ運河の開通まで大西洋と太平洋を繋ぐマゼラン海峡の要衝として発展した町。 広場にはマゼラン像が立ち、高台からの海峡の眺めは感慨深いものがあります。 現在は、チリ側パタゴニアの観光の起点となる都市、そして南極クルーズの発着港として賑わっています。 エス・ティー・ワールドのツアーではプエルトナタレスへ向かう通過点となっていますが、日程に余裕のある方は立ち寄りもおすすめです。

プンタアレナスから
参加できるツアー
延泊&追加アレンジ
オトウェイ湾

プンタアレナスから1時間程北にあるマゼランペンギンの営巣地でしたが観測される個体数が減少し閉園のシーズンも。

延泊&追加アレンジ
マグダレーナ島

プンタアレナスからボートツアーでマゼラン海峡上にあるペンギン営巣地を訪れることができます。

アレンジ
アウストラリスクルーズ

プンタアレナス⇔ウシュアイア間を片道4泊5日で運航する
パタゴニアフィヨルドのクルーズです

プンタアレナスの町

歴史の残る建物の街並みや、チリの人々の暮らしがうかがえます。

プンタアレナスへのアレンジ可能な
パタゴニアツアーはこちら
南極に行くツアーはこちら

Ⅶ プエルトナタレス

滞在日数1泊

パイネ国立公園を目指すトレッカーが集まるチリ側パタゴニア最重要の町

チリ側のパイネ国立公園は“パイネの塔”トーレスデルパイネと、“パイネの角”クエルノスデルパイネ、グランデ峰が印象的な、山塊を囲む面積約1,630 k㎡にもなる自然公園。 山、氷河湖、森林と自然が豊かで、パタゴニア地方固有種のグアナコ、ニャンドゥー、カウケン、コンドルなどの動物に会えることもあります。 パイネ国立公園の本格的なトレッキングは5~10日間等国立公園内で過ごすもの。 最寄りのプエルトナタレスは冒険に出発する旅人達が装備を整え、帰還した疲れた体を癒す町で夏のベストシーズン(10~3月)は世界中から訪れる旅行者で賑わいます。 ホテル、レストランやスーパー、アウトドア用品やアートなショップも充実しています。 日帰りツアーではパイネ国立公園観光と、バルマセダ氷河観光が2大人気ツアーです。

プエルトナタレスから
参加できるツアー
STWの基本ツアー
パイネ国立公園

パイネ国立公園観光の定番バスツアー。
美しい絶景をバスで巡りサルトグランデやグレイ湖に立ち寄ります。

STWの基本ツアー
バルマセダ氷河とセラーノ氷河

フィヨルドの山々や風景をクルーズで堪能しつつ、ペラレス牧場でパタゴニアの文化も体験できます

STWの基本ツアー
パイネ国立公園内ホテルに宿泊

園内にいくつかあるホテル毎によりゆっくり国立公園を楽しめるプログラムがございます。

プエルトナタレスの町

かすかに物悲しさを湛えるフィヨルドの静かな美しい町ですが、夏のシーズンは活気があります

プエルトナタレスに行く
パタゴニアツアーはこちら

Ⅷ パイネ国立公園

滞在日数1~2泊

パイネ国立公園の大自然の中で朝を迎える、至上の贅沢

プエルトナタレスまたはカラファテを発着するパイネ国立公園の日帰りツアーからのアレンジで、パイネ国立公園内のホテルに宿泊をすることができます。 国立公園に幾つかあるホテルからはそれぞれホテル主催のアクティビティがあり、フリータイムにご自身でホテル周辺のトレッキングコースを小散策することができます。 1泊滞在の場合は翌午前の半日、2泊滞在の場合は1日半国立公園内で自由時間を過ごせます。シーズン中はどのホテルは混みあうので予約はお早めに! 国立公園の外れや外には、プエルトナタレスからの送迎を含めたオールインクルーシブプランを提供するラグジュアリーホテルもあります。 エス・ティー・ワールドでは本格的なトレッキングツアー手配は行っておりませんが、ご自身でのご滞在計画に合わせて日本発着航空券およびプエルトナタレス滞在手配も可能です。

パイネ国立公園内の代表的なホテル
アレンジ
オステリアラゴグレイ

国立公園の西側グレイ湖畔に位置するホテル。半日から終日まで豊富なアクティビティとグレイ氷河クルーズを主催しています。

アレンジ
オステリアペオエ

国立公園のほぼ中心、ペオエ湖に浮かぶ半島に建てられたホテル。 外へのアクセスは不便なものの、晴天の‟パイネの角”と‟グランデ峰”の絶景は格別。

アレンジ
ラストーレスホテル

国立公園内の東側に位置するホテル。‟パイネの塔”へのトレッキングルートの開始点。

アレンジ
エクスプローラーパタゴニア

南米の大自然の中に展開するラグジュアリーホテル。自然環境の中でゲストが最大限に楽しめるオールインクルーシブサービスを提供しています。

パイネ国立公園に行く
パタゴニアツアーはこちら

Ⅸ プエルトリオトランキーロ

滞在日数1~2泊

近年注目が高まる世界の絶景‟神秘の洞窟”マーブルカテドラルへの拠点
プエルトリオトランキーロ

中部パタゴニアに位置する神秘的な青色が美しいマーブルカテドラルは、ウユニ塩湖の次にブームが来ると注目が高まる絶景スポット。 プエルトリオトランキーロの小さな町からボートツアーが発着しています。 プエルトリオトランキーロまではチリの首都サンチャゴから空路でバルマセダへ。 バルマセダからアウストラル街道というパタゴニアの美しい風景の中を行く陸路の旅となります。 夏場の11~3月が晴天日が多くおすすめですが、春が一番美しく見えると言われます。

プエルトリオトランキーロから
参加できるツアー
マーブルカテドラル
ボートツアー

小型ボートで15分ほどの場所にある青の洞窟。午前中の方が洞窟内に良く光が入ります。

アウストラル街道

プエルトモンからヴィラオイギンスまで続く国道7号線。

プエルトリオトランキーロに行く
パタゴニアツアー
お問い合わせはこちら

Ⅹ プエルトモン

滞在日数1~2泊

チリ北部パタゴニアの漁業の町プエルトモンで海鮮料理に舌鼓、
オソルノ山や世界遺産チロエ島へ向かう

富士山に似たオソルノ山とカルブコ山、ジャンキウェ湖とフィヨルドの湾に抱かれた北部パタゴニアの商業都市プエルトモン。 アンヘルモ漁港の海産物や干物、青果や民芸品を売る市場は必見です。 羊肉が主要なパタゴニアへの旅の中、チリの海鮮料理を堪能できる街。 教会と寺院群が世界遺産に登録されているチロエ島にもフェリーで訪問することができます。 湖とアンデス山脈を越えてアルゼンチンのバリローチェへ辿り着く国境越えの旅も可能です。

プエルトモンから
参加できるツアー
チロエ島

独自の生活様式が根付く世界遺産の島

ペトロウエ

トドスロスサントス湖の遊覧やペトロウエ滝などを周るツアー

プエルトモンの町

ドイツ移民が開拓した町。オソルノ山の景色は印象的

プエルトモンの町

アンヘルモの市場は必見

プエルトモンに行く
パタゴニアツアー お問い合わせはこちら
INFORMATION

パタゴニア観光のおすすめホテル

ポサーダロスアラモス
(カラファテ)

町の中心に位置する人気の5つ星ホテル。種類豊富な朝食や、夕食には郷土料理も楽しめます。

ザ シンギュラーパタゴニア
(プエルトナタレス)

プエルトナタレスの街外れ、ウルティマエスペランサ湾を望む静寂の中に建つ貯蔵所を改築したアートなオールインクルーシブホテル

ラストーレス
(パイネ国立公園)

国立公園内に位置するエスタンシア(牧場)風ホテル。 トレッキングルートの開始地点でもあり登山者人気。

お問い合わせはこちら
ピックアップ旅行記
ピックアップ旅行記

ピックアップ旅行記

パタゴニアで氷河トレッキング!

タイトル:パタゴニアで
氷河トレッキング!

世界の果て!イースター島&パタゴニア

タイトル:世界の果て!
イースター島&パタゴニア

INFORMATION
  • TRAVEL+FREE!

    TRAVEL+FREE!

    フルサイズスーツケースを
    無料レンタルでカバー!

  • TRAVEL+GUARD!

    TRAVEL+GUARD!

    驚異!1日500円でキャンセル料も保障。
    南米旅行で心配なトラブルもカバー!

  • 社内スタッフの知識が豊富!

    社内スタッフの知識が豊富!

    渡航経験が豊富なコンシェルジュが
    あなたのお悩みを解決します!

トップへ戻る

南米の海外旅行・ツアーTOP / アルゼンチンの海外旅行・ツアーTOP / 海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

電話でお問い合わせ電話でお問い合わせ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 ロシア旅行 ジョージア旅行 アゼルバイジャン旅行 アルメニア旅行 ウズベキスタン旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 東欧旅行 ベネルクス旅行 コーカサス三国旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行 タンザニア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行 ブルネイ旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 南極旅行
ページのトップへ