海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

日本から唯一の直行便!エアカランで行く!
天国に1番近い島“ニューカレドニア”

「天国に1番近い島」と呼ばれるニューカレドニア♪
日本からは、成田空港/関西空港-ヌメア間にて、エアカランが直行便を運航しています。
2019年夏以降新機材導入予定、プレミアムエコノミーの設定も開始するエアカランの魅力をご紹介致します。

【ニューカレドニアへのご旅行は早期予約がお得♪】
早めに予約することで、割引が適用されていたり、嬉しい食事特典が付いています!

2019年夏より【★新機材 A330-900 neo★】にて運航開始予定!

新機材の座席数及び配列 ※総座席数:291席

  エコノミークラス プレミアムエコノミークラス ビジネス・ハイビスカスクラス
座席数 244
(2-4-2 ※後方は2-3-2)
26
(2-3-2)
21
(1-2-1)
座席間の距離 31インチ
(78.74cm)
38インチ
(96.5cm)
49-50インチ
(124.5-127cm)
座席の
リクライニング
6インチ
(14.6°)
8インチ
(18.1°)
フルフラットシート
画面 11.6インチ
(29.60cm)
13.3インチ
(33.78cm)
15.6インチ
(39.62cm)

ビジネス・ハイビスカスクラス

ゆったり快適にくつろげるシート

  • ビジネス・ハイビスカスクラス1
  • ビジネス・ハイビスカスクラス2
  • 新機材A330-900 neoのビジネスクラス内装は、珊瑚色をアクセントにしたベージュと白の色調で統一。 エレガントでシンプル、さらに快適さを増した空間にニューカレドニアらしい空気が漂います。 最新型シート「ステリア・オパール」は、有名な高級自動車メーカーともコラボレーションするデザイナーのブリュノ・サンジャルムス氏によってエアカランのために設計されました!

★嬉しいポイント★
・フルフラットベッドになるシート
・どの座席からも直接通路に出られる配置
・プライベート空間を生み出すシェル型シート
・USBポート、電子機器用の110Vのコンセント
・ご持参のヘッドフォンも接続可能
・39cm大画面の最新LED HDタッチスクリーン、リモコン付
・インターネット接続(機内無料WIFI)

洗練されたグルメの旅

  • 洗練されたグルメの旅1
  • 洗練されたグルメの旅1
  • 専用サービス
    ●ビジネスクラスラウンジ
    成田、関西、ヌメアの各空港でビジネスクラスご利用のお客様専用ラウンジをご利用頂けます。 エレガントでモダンな内装、落ち着いた雰囲気のラウンジにて、ご出発までゆったりとくつろぎながらお過ごしください。
    ヌメアにあるハイビスカスサロンは、こちらから

    ●チェックイン
    専用優先カウンターでスムーズに搭乗手続きして頂けます。 ご搭乗ならびに着陸後の降機時には優先案内をご利用頂けます。 また、お荷物も優先的にお受け取りいただけます。

    味の流行に敏感なエアカラン航空のシェフが、ニューカレドニアの素材を伝統的なフランス料理、または世界料理と融合させたオリジナルメニューをお楽しみください。

プレミアムエコノミークラス

待望の新クラス・プレミアムエコノミークラスがエアカランに誕生!

  • プレミアムエコノミークラス1
  • プレミアムエコノミークラス2
  • ニューカレドニアまでの空の旅をさらに快適にする新クラス、プレミアムエコノミークラスが新設されました! ※新機材A330-900 neoからの新設となり、従来の機材には設定がございません。
    プレミアムエコノミークラスは、ニューカレドニアの魅力の1つである植物をテーマにしており、 内装はニューカレドニアの自然とその無類の生物多様性にインスピレーションを受けたデザインとなっています。

★嬉しいポイント★
・18.1度までのリクライニングが可能
・広い座席シートに足元のスペースもゆったり
・充電用USBポート
・110Vのコンセントを2〜3座席毎に設置
・ご持参のヘッドフォンも接続可能
・33cmの最新LED HD大画面タッチスクリーン、リモコン付
・1時間無料の定額インターネット接続サービス
※プレミアムエコノミークラスは2019/10/1からの販売開始となります。

エコノミークラス

デザインが新しくなったシートをお楽しみください!

  • エコノミークラス1
  • エコノミークラス2
  • 新新機材に合わせて、エコノミークラスも新しいデザインに生まれ変わりました。
    客室はラグーンの色彩ブルー系に統一。ラグーンと文化を強調したニューカレドニアならではのデザインとなっています。
    座り心地の良いシートと14,6度まで可能なリクライニングで、ゆったりと休息の一時をお過ごし頂けます。

★嬉しいポイント★
・充電用USBポート
・110Vのコンセントを2座席毎に設置
・ご持参のヘッドフォンも接続可能
・29.6cm大画面の最新LED HDタッチスクリーン

★ エアカラン ★ サービス紹介

機内食

エアカランでの空の旅をよりお楽しみ頂けるよう、エコノミークラスでは”アラカルト・メニュー(有料)”をご用意しております。 事前に、アラカルト・メニュー(有料)をお選び頂くと、通常の機内食の代わりにお好きなメニューをお召し上がり頂けます。

  • 機内食1
  • グルメ和食セット
    前菜からデザートまで和満載のメニュー。 日本発の便でお楽しみいただけます。

  • 機内食2
  • ハンバーガーセット
    ハンバーガーがお好きならこちらをどうぞ! デザート、チーズとスナックが付いています。

  • 機内食3
  • フレッシュサラダセット
    フレッシュな食材がお好きな方にぴったりのメニュー。 洗練された風味豊かなお食事をお楽しみください。

※ご出発48時間前までのご予約が必須となります。アラカルト・メニューは数量限定でのご用意のため、お手配できない場合もございます。

さらに足を延ばしてバヌアツにも行っちゃおう!
エアカランはヌメア⇔ポートヴィラ(バヌアツの首都)間も運航中!
ニューカレドニアから足を延ばしてバヌアツも訪れてみては?

Page up

おすすめニューカレドニア特集

インフォメーション イメージ
ニューカレドニアの情報他
テーマ別お得なツアーをご紹介
ハネムーン特集 イメージ
世界遺産の海に囲まれた
南太平洋のフランスで素敵なハネムーンを
早割り特 イメージ
最大15,000円引き
早期予約がお得
離島比較特集 イメージ
離島選びに迷ったら
こちら!
家族旅行特集 イメージ
ミコンドミニアムタイプのホテルも
多く3世帯旅行にもおすすめ

ニューカレドニアの海外旅行・ツアーTOP海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

電話でお問い合わせ電話でお問い合わせ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 ロシア旅行 ジョージア旅行 アゼルバイジャン旅行 アルメニア旅行 ウズベキスタン旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 ベネルクス旅行 コーカサス三国旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行 タンザニア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行 ブルネイ旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 南極旅行
ページのトップへ