海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

ベトナム国内周遊
東南アジア旅行を楽しむには周遊がおすすめ!
日本から近く、航空会社の種類も豊富な東南アジア旅行には、周遊がおすすめ。 一度の旅行で複数の国を巡る周遊旅行。東南アジアの周遊旅行がおすすめの理由は「東南アジアなら5日間でも2カ国巡れる」「世界遺産巡りができる」「アジア料理をたくさん楽しめる」「時差があまりない」「移動時間がコンパクト」「全く異なった雰囲気を味わえる」など、1度の旅行でたくさんの体験を楽しめるから! せっかく行くなら、周遊旅行で東南アジアを効率よく楽しみませんか?

絶対行きたい都市を選ぼう!

  • ベトナム
  • カンボジア
  • タイ
  • マレーシア
  • シンガポール
  • ラオス

3か国周遊ツアーはこちら

3か国周遊ツアーはこちら

2カ国周遊ツアーをご紹介

ベトナム

img

南北に細長いベトナムはエリアごとに様々な特色を持っています。その中でも、東南アジア周遊で特に人気の都市はホーチミン・ハノイとダナン。ホーチミンはベトナムで1番の賑わいを見せる街。フランス統治時代の趣あるコロニアル建築が残っていることから「東洋のパリ」とも言われています。一方で、急速に発展が進む都会的な街並みもあり、2つの顔を楽しめる都市です。ハノイは賑やかなホーチミンとは異なり、どこか懐かしい雰囲気が漂う昔ながらのんびりとした街。1番人気の観光スポットは、ハノイから日帰り行ける世界遺産の「ハロン湾」。まるで水墨画のような景色をクルージングで楽しめます。ダナンは人気上昇中のビーチリゾート。多くのホテルが続々オープンし、ファミリーからハネムーンまで幅広い層に人気があります。また、ダナンからは世界遺産の「ホイアン」や「フエ」、「ミーソン遺跡」等にアクセスなため世界遺産観光も楽しめます。

あなたならどの周遊で行く?

ホーチミン
&アンコールワット

img

アクセスの良さとお手頃価格で最も人気の東南アジア旅行の2カ国周遊。2都市間のフライト本数が多く、ホーチミンでのショッピングや食べ歩きと、世界遺産のアンコールワット遺跡観光のどちらに比重を置くかは、お好みで調整ができます。

ハノイ
&アンコールワット

img

ノスタルジックな旧市街散策ができるハノイと世界遺産のアンコールワット遺跡観光を楽しめる2カ国周遊。更にハノイからは世界遺産のハロン湾クルーズにもアクセスが可能なので、アジアを代表する2つの世界遺産をのんびり楽しむこともできます。

ダナン
&アンコールワット

img

ベトナムで人気上昇中のビーチリゾート・ダナン。東京・大阪からは直行便の運航もあり、気軽にアクセスできるベトナムリゾートです。ビーチリゾートと世界遺産の遺跡観光という他ではなかなか体験できない個性的な2カ国周遊です。

ハノイ
&ルアンパバーン

img

ノスタルジックな旧市街のあるハノイと町がまるごと世界遺産のルアンパバーンという東南アジアならではの渋さを味わえる周遊です。近代的な派手さよりも、東南アジアならでは混沌とした日常を感じられます。

ホーチミン
&バンコク

img

東南アジアで有名な2都市を組み合わせた2カ国周遊。どちらの都市も観光・ショッピング・グルメと幅広い楽しみが豊富なので、東南アジア初心者の方にもおすすめの行程です。

ホーチミン
&クアラルンプール

img

アジアらしい可愛い雑貨が豊富なホーチミンとツインタワーをはじめとしたお洒落スポットがいっぱいのクアラルンプール。東南アジアの中でも幅広い街歩きを堪能できる2カ国周遊です。

カンボジア

img

カンボジアの観光と言えばアンコールワットを中心とした世界遺産のアンコール遺跡群。アンコールワット以外にもタプロム、ロリュオス遺跡、クバルスピアン、 ベンメリアなど 見逃せない遺跡が満載で、訪ねる旅行者を魅了しています。 また、アンコールワットがあるシェムリアップの魅力は遺跡だけではありません。食品からお土産まで並び、ローカル感を体験出来る「オールドマーケット」や、レストランやバーが立ち並ぶお洒落なナイトスポット「パブストリート」、水上集落に住む人々を見学出来る「トンレサップ湖」など見所が盛りだくさんです。

あなたならどの周遊で行く?

アンコールワット
&ホーチミン

img

アクセスの良さとお手頃価格で最も人気の東南アジア旅行の2カ国周遊。2都市間のフライト本数が多く、世界遺産のアンコールワット遺跡観光とホーチミンでのショッピングや食べ歩きのどちらに比重を置くかは、お好みで調整ができます。

アンコールワット
&ハノイ

img

世界遺産のアンコールワット遺跡観光とノスタルジックな旧市街散策ができるハノイを楽しめる2カ国周遊。ハノイからは世界遺産のハロン湾クルーズにもアクセスが可能なので、アジアを代表する2つの世界遺産をのんびり楽しむこともできます。

アンコールワット
&ダナン

img

世界遺産のアンコール遺跡観光とベトナム屈指のビーチリゾートという他ではなかなか体験できない個性的な2カ国周遊。ベトナムで人気のビーチリゾート・ダナンは、東京または大阪からなら直行便が運航しており好アクセスです。

アンコールワット
&ホイアン

img

アンコールワット遺跡観光と町がまるごと世界遺産のホイアンという世界遺産を巡る2カ国周遊。壮大なアンコール遺跡群とランタン灯る幻想的なホイアンの町並みという全く異なる絶景を楽しめる周遊旅行です。

アンコールワット
&ルアンパバーン

img

町がまるごと世界遺産のルアンパバーンは近代的な派手さよりも、東南アジアならでは混沌とした日常を感じます。アンコールワット遺跡観光とタイムスリップしたようなルアンパバーン観光というディープな周遊です。

タイ

img

バンコクは、タイ王国の首都であり東南アジア屈指の大都市です。高層ビルが立ち並ぶバンコク中心地には、タイを代表する「ワットポー」などの寺院やマーケットなどの観光スポットが集まっています。観光・食事・買い物・スパ体験など、幅広く旅を楽しめる街です。タイはバックパッカーだけでなく、海外旅行初心者から女子旅、ひとり旅、リピーターと幅広い層に人気の国です。 また、バンコクから世界遺産「古都アユタヤ」を観光することも日帰りで可能。木の根に覆われた仏頭で知られる「ワット・マハタート」など荘厳で迫力のあるアユタヤの遺跡を楽しめます。

あなたならどの周遊で行く?

バンコク&
ホーチミン

img

東南アジアで有名な2都市を組み合わせた2カ国周遊。どちらの都市も観光・ショッピング・グルメと幅広い楽しみが豊富なので、東南アジア初心者の方にもおすすめの行程です。

バンコク&
ハノイ

img

観光・ショッピング・グルメと幅広く楽しめるバンコクと、ノスタルジックな旧市街散策ができるハノイを楽しめる2カ国周遊。ハノイなら世界遺産のハロン湾クルーズにもアクセスが可能な2カ国周遊です。

バンコク&
クアラルンプール

img

東南アジアの中でも発展著しいバンコクとクアラルンプール。バンコクではフォトジェニックなナイトバザールへ、クアラルンプールでは夜空に輝くツインタワーを堪能するなど、お洒落な旅を楽しむ2カ国周遊です。

マレーシア

img

マレーシアのクアラルンプールは夜空に輝くペトロナスツインタワーをはじめとした近代建築と自然が調和した美しい街です。またモスクやヒンドゥー教寺院、中国寺院など多国籍文化の国ならでは観光やグルメを楽しめます。特に、クアラルンプール郊外には通称ピンクモスク、ブルーモスクと呼ばれるフォトジェニックなスポットがあり女性に人気。お洒落で近代的な国際都市としての歴史と未来を感じることの出来る国です。クアラルンプールからは日帰りで世界遺産の古都「マラッカ」にも観光も可能です。

あなたならどの周遊で行く?

クアラルンプール
&ホーチミン

img

ツインタワーをはじめとしたお洒落スポットがいっぱいのクアラルンプールとアジアらしい可愛い雑貨が豊富なホーチミン。東南アジアの中でも幅広い街歩きを堪能できる2カ国周遊です。

クアラルンプール
&ハノイ

img

お洒落なカフェやショッピングを楽しめるクアラルンプールとノスタルジックな旧市街散策ができるハノイを楽しめる2カ国周遊。ハノイなら世界遺産のハロン湾クルーズにもアクセスが可能な2カ国周遊です。

クアラルンプール
&バンコク

img

東南アジアの中でも発展著しいバンコクとクアラルンプール。バンコクではフォトジェニックなナイトバザールへ、クアラルンプールでは夜空に輝くツインタワーを堪能するなど、お洒落な旅を楽しむ2カ国周遊です。

シンガポール

img

東南アジアの中でも近代都市として人気のシンガポール。シンガポールは多民族国家なので、様々な料理や文化に触れ合うことができ、街歩き・食べ歩きなどを楽しめる国です。また、夜の動物たちの様子を見学することができるシンガポール動物園の「ナイトサファリ」や、船の形をした屋上のプールがシンボルのホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」、植物が2,000種を越える近未来型植物園「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」など見所がたくさんあります。シンガポールのチャンギ国際空港は東南アジアの多くの都市への乗継空港としても便利です。

あなたならどの周遊で行く?

シンガポール
&ビンタン島

img

ビンタン島はシンガポールから船で約60分で行けるビーチリゾート。日本からシンガポールまでは直行便の航空会社が多いので、好アクセスでシンガポールの街もビーチリゾートも楽しめるお得な2カ国周遊です。

ラオス

img

ラオスは東南アジアで唯一海を持たない内陸の国。ラオスは「東南アジア最後の楽園」とも言われ、美しく素朴な田園風景や人々の笑顔に、昔の日本のような「なつかしさ」を感じる国です。ラオスの中でもルアンパバーンはかつて都が置かれていたこともあり、文化的に重要な建築物などが多いことから、街自体が世界遺産に認定されております。毎朝、僧侶が鉢を持って街中を歩き、人々から施しを受ける風景の「托鉢」は、厳かな空気と人々の信仰の篤さを感じられます。

あなたならどの周遊で行く?

ルアンパバーン
&ハノイ

img

町がまるごと世界遺産のルアンパバーンとノスタルジックな旧市街のあるハノイという東南アジアならではの渋さを味わえる周遊です。近代的な派手さよりも、東南アジアならでは混沌とした日常を感じられます。

ルアンパバーン
&アンコールワット

img

町がまるごと世界遺産のルアンパバーンと東南アジアの中でも大人気の世界遺産アンコールワット遺跡観光を楽しめる2カ国周遊。東南アジアならではのディープな雰囲気を体感できます。

3カ国周遊ツアーをご紹介

img
ルアンパバン&アンコールワット&ハノイ
街が丸ごと世界遺産のルアンパバーン、東南アジアで人気の世界遺産アンコールワット観光ができるシェムリアップ、ベトナムの世界遺産ハロン湾観光ができるハノイ。趣のある街並み・荘厳な遺跡・エメラルドグリーンの海と無数の奇岩と、3つの全く異なる世界遺産の景色をお楽しみ頂ける盛りだくさんの東南アジアのおすすめ周遊です。
Page up

海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

電話でお問い合わせ電話でお問い合わせ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 ロシア旅行 ジョージア旅行 アゼルバイジャン旅行 アルメニア旅行 ウズベキスタン旅行 ウクライナ旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 東欧旅行 ベネルクス旅行 コーカサス三国旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
チュニジア旅行 イラン旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
カタール旅行 ケニア旅行 マダガスカル旅行 南部アフリカ旅行
タンザニア旅行 ナミビア旅行 ジンバブエ旅行 ザンビア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行 ブルネイ旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 カリブ海旅行 南極旅行
ページのトップへ