海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

絶景のサハラ砂漠

永遠に続いているかのような、オレンジ色の広大な砂漠。
モロッコ旅行に行くなら、サハラ砂漠に行かなきゃもったいない!
時間とお金がかかる分、それ以上の価値があるのです。
言葉では表しきれない感動が待つ世界へ訪れませんか?

サハラ砂漠を訪れるおすすめツアー

サハラ砂漠を訪れるおすすめツアー

人気の2カ国周遊

 

サハラ砂漠を訪れるおすすめツアー

お得×ゆったり王道周遊

 

サハラ砂漠を訪れるおすすめツアー

短い日程で砂漠を訪れたい

 

サハラ砂漠を訪れるおすすめツアー

ハネムーナーにおすすめのホテル指定

 

サハラ砂漠の地図

サハラ砂漠とは?

アフリカ大陸のおよそ3分の1を占める広大な砂漠。その面積はアメリカ合衆国とほぼ同じとも言われており、その大きさが伺えます。低温砂漠である南極大陸をのぞけば、サハラ砂漠は(高温)砂漠としては世界最大です。モロッコのサハラ砂漠は、オレンジ色のさらさらの砂が、風に吹かれて作り出す砂紋がどこまでも続いていて、イメージする通りの砂漠の風景ではないでしょうか。
ここでしか出会うことの出来ない景色を探しに、ぜひ訪れてみてください。

サハラ砂漠の行き方

そんなサハラ砂漠の拠点となるのはメルズーガ。ここへのアクセスはアトラス山脈を越える、陸路が一般的です。STWのツアーではモロッコ北部の迷宮都市として有名なフェズから出発し、車に揺られて約8~9時間で到着。途中、メルズーガの玄関口であるエルフードに到着したら4WDの車に乗り換えて砂漠へ突入します。8~9時間というと長い道のりに聞こえますが、モロッコのスイスと呼ばれる「イフラン」に立ち寄ったりするなど、様々に移り変わる景色をお楽しみいただきながらのご移動です。

サハラ砂漠の魅力写真で見るサハラ砂漠

サハラ砂漠で見逃せない景色は「星空」と「朝日」。日が落ちて、あたりが真っ暗になってきたらホテルの周りをお散歩してみましょう。
ちょっと外に出るだけで、見上げた夜空には満天の星。運がよければたくさんの流れ星も見られるかもしれません。翌朝はちょっと早起きをしてサンライズへ。
ちろん、らくだに乗って観賞ポイントへ向かいます。見渡す限り広がる砂漠に昇る朝日は、息をのむ美しさです。

  • サハラ砂漠イメージ1

    壮大なサハラ砂漠をらくだに乗って歩くのは夢のような気分!

  • サハラ砂漠イメージ2

    らくだはすっごくおとなしいので、近くで記念撮影をしましょう!

  • サハラ砂漠イメージ3

    サハラ砂漠に佇むホテル。

  • サハラ砂漠イメージ4

    サハラ砂漠の砂はさらさらです。

  • サハラ砂漠イメージ5

    朝日が昇る瞬間の美しさは一生の思い出になります。

  • サハラ砂漠イメージ6

    どこまでも続くサハラ砂漠。ずっとその場所にいたくなります。

  • サハラ砂漠イメージ7

    夜空にきらめく満天の星。

  • サハラ砂漠イメージ8

    流れ星だってたくさん見られるかも!

  • サハラ砂漠イメージ9

    らくだの上からみる景色。

  • サハラ砂漠イメージ10

    らくだに乗るのは結構体力を使いますよ!

  • サハラ砂漠イメージ1
  • サハラ砂漠イメージ2
  • サハラ砂漠イメージ3
  • サハラ砂漠イメージ4
  • サハラ砂漠イメージ5
  • サハラ砂漠イメージ6
  • サハラ砂漠イメージ7
  • サハラ砂漠イメージ8
  • サハラ砂漠イメージ9
  • サハラ砂漠イメージ10

サハラ砂漠で眠るどこに泊まる?

サハラ砂漠の中にあるホテルに泊まろう

サハラ砂漠滞在ツアーは、サハラ砂漠の中に佇むホテルに宿泊するプランが基本的です。
フェズやマラケシュなど他の都市部のホテル同様、
一定の設備は整っているので、砂漠に泊まるといえども不便することはありません。
少し外に出れば砂漠をお散歩することも!

サハラ砂漠でホテル泊

カスバ ホテル トンブクトゥ

  • サハラ砂漠のカスバ ホテル トンブクトゥ
  • サハラ砂漠のカスバ ホテル トンブクトゥ
  • サハラ砂漠のカスバ ホテル トンブクトゥ
  • サハラ砂漠のカスバ ホテル トンブクトゥ
  • サハラ砂漠のカスバ ホテル トンブクトゥ
  • サハラ砂漠のカスバ ホテル トンブクトゥ
砂漠とは思えないホテル

全77部屋という規模の大きいホテルということだけあって、大きな朝食会場があったり、スパ・ハマムの施設やギフトショップが併設されていたり、屋外プールがあったり、と砂漠の中にいるとは思えぬ快適さ。
客室は、南部モロッコらしいカラフルな色使いとデザインが、お部屋ごとに施されています。

お客様の口コミ
  • モロッコっぽいお部屋のつくりに大満足!
  • レストラン近くのテラスから見た星空がとってもきれいでした。

オーベルジュ ド スッド

  • サハラ砂漠のオーベルジュ ド スッド
  • サハラ砂漠のオーベルジュ ド スッド
  • サハラ砂漠のオーベルジュ ド スッド
  • サハラ砂漠のオーベルジュ ド スッド
  • サハラ砂漠のオーベルジュ ド スッド
  • サハラ砂漠のオーベルジュ ド スッド
砂漠のオアシスのようなホテル

砂漠に面した屋外プールが印象的なホテルです。プールサイドから見える、どこまでも続く砂漠の景色を眺めながら、お食事をお楽しみいただけます。
また少し歩けば、真っ暗な世界になるので、星空観賞もバッチリ。お部屋の中は、こちらも南部モロッコらしいデザインで、土壁に暖かみのある装飾となっております。

お客様の口コミ
  • 可愛らしいお部屋でした!
  • プールサイドで砂漠を見ながらの食事は最高です。
ホテルでプチテント泊体験も可能
ホテルで手軽にテント泊体験も出来ちゃいます!

基本的には、各ホテル内(屋内)のお部屋をご用意致しますが、
ご希望のお客様は、無料にて、隣接するテントに泊まることが可能です。
寝る際のみのご利用となり、トイレやシャワーはホテル内にあるものをご利用いただきます。
ホテルの隣とは言え、砂漠のテントで眠る体験は一生に一度!
事前予約が必要となりますので、ご予約時お申し付けください。

エス・ティー・ワールドなら!
ホテルやテント泊の希望や、延泊、周遊地のセレクトなど、
お客様のご希望にそったプランをご提案致します。

その他モロッコ都市のおすすめホテル

サハラ砂漠滞在の前後、モロッコで滞在する「フェズ」「マラケシュ」。
モロッコでは邸宅を改装して作られた宿泊施設を「リアド」といいます。
フェズとマラケシュには、おすすめのリアドがいっぱい!
モロッコらしい調度品やタイルがあしらわれた素敵な空間で、上質なひとときを過ごしませんか?

モロッコ海外旅行・ツアーTOP / 海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

電話でお問い合わせ電話でお問い合わせ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 ジョージア旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アゼルバイジャン旅行 アルメニア旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 ベネルクス旅行 コーカサス三国旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行 タンザニア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 南極旅行
ページのトップへ