海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

フィジー旅行観光ガイドフィジー旅行観光ガイド



フィジーってどんなとこ?フィジーは海しかないの?街では何ができるの?どんなホテルに泊まるのがお勧め???
直行便復活で注目度の上昇中の旅行先、’フィジー’のよくある質問Q&Aにお答えします!

大人気フィジーツアーの一覧はこちら

フィジーってどんなところ?

フィジー

リピート率が高い理由は癒しの美しい海と
大自然と人懐っこいフィジアンの国民性!

ハネムーンや家族旅行で訪れる人が多いフィジーですが、ウエディングやダイビング・ゴルフのようなスポーツも楽しめたり、留学費用を抑えて南国気分が味わえるということで、留学生も数多くを占めています。

フィジーに行ってみたい!とおもったらSTWに問い合わせしてみよう

日本からの行き方

フィジーエアウェイズ

東京なら成田から直行便で約9時間。

その他香港やソウルなどを経由して行くことも出来ます。 2018年夏、9年ぶりに復活したフィジーエアウェイズは週3便(※ 注)の就航。 時差3時間の常夏がますます便利になりました!
※注 日曜便は特定日の運行となっております。

フィジーの治安は?

フィジー 家族旅行

世界一幸福な国に選ばれたことがある笑顔であふれる国です。

常識の範囲内での行動であれば 問題はありません。 留学生が多かったり、家族旅行が多いのは治安のよい証拠です! キッズクラブやお子様半額ツアーが豊富で家族旅行に大変お勧めの国です。

お申し込み前には外務省 海外安全ページのご確認もお願いしますお申し込み前には外務省 海外安全ページのご確認もお願いします 。

どんな気候?あると便利な持ち物は?

1年中南国気候のフィジー

特に旅行に向いてる時期は5-10月《特に6-9月》。 乾季に入り世界中のツアリストでホテルが混雑します。 天気予報はあてにならず、乾季・雨季はありますが、低気圧が停滞しない限り雨が降り続くということはありません。 雨季でも1日中降り続く訳ではなく、スコールが1日1回ざーっと降る程度です。
年間の平均気温は27度で1年中半そで短パンで過ごすことができ海に入ることもできますが、朝晩冷えたりエアコンが効きすぎる箇所もあるので長袖の羽織物を持参すると便利です。

また年中暖かい気候ならでは…虫の多い国です。 虫除けなどの薬は必須アイテム!

チップの習慣は?

ありません

両替の情報が知りたい

現地で両替したほうがお得といわれております。 現地では空港の荷物受け取りに1か所、現地スタッフとの待ち合わせ箇所に銀行系両替所と両替所が2か所あります。 街中には数か所の両替所、デナラウ港にも銀行系両替所と両替所とがあります。 また、主要のホテルフロントでも両替可能になってます。 基本銀行系がレートがいいといわれてます思います。 街中はビジネスアワーのみ、空港は24時間の営業となります。

ナンディの移動手段は?タクシーの相場は?

距離のある移動はタクシーが便利です。 日中は徒歩で問題ないですが夜はタクシーの利用をお勧めします。
タクシーの相場:
 ・空港 → タウン 約F$25
 ・現地支店ラウンジ周辺 ⇔ タウン 約F$9
 ・ナンディ ⇒ デナラウ 約F$15
公共バスは1F$ (公共のバスは現金不可になりました。バスカードが必要です)

フィジーの物価・レストランの相場

近年、フィジーの物価は上昇しております。

ファーストフードのセット (バーガー・ポテト・ジュース)約F$15
ローカルレストラン 約F$8
ホテル内レストラン ランチ F$40前後 / ディナー F$80前後
観光客向けレストラン ランチ F$30前後 / ディナー F$60前後
フィジービール F$3.5 / フィジーウォーター F$2 (ホテルで購入の場合2-3倍になります)

ドレスコードは必要ですか?

ホテル内のファインダイニング以外は特にありません。Tシャツ・短パン・ビーチサンダルで大丈夫です。

どんなお土産がありますか?

1番人気はピュアフィジー。 石鹸・オイル・ローション・キャンドル・虫除けなど揃っています。 他 チョコレート・フィジーコーヒー・カレー粉・Tシャツ など ほとんどの方はタウンやデナラウ地区のお土産やさんで購入できます。 スーパーに行くと MADE IN FIJI のクッキー、カサバチップス、ダロチップスなども購入できます。 空港も大きなお土産やさんや免税店が揃っています。

WIFIに関して

空港は30分無料。レストランやカフェのほとんどは、お食事等すれば無料です。タウン内はなし。 SIMは空港またはタウンで購入可能です。 ホテルのネット環境詳細は、それぞれ異なりますので、予約時にお問い合わせください。

その他、よくあるご質問に関して

ナンディでは何が出来ますか?

フィジー ナンディタウン

<離島プラン 最終日1泊のみナンディ宿泊の場合>
ナンディタウンでお土産店等の利用、あるいはSPOラウンジ近くのスーパーマーケットでのお買い物がお勧めです。

<全泊ナンディ泊プランの場合>
1日は日帰りツアー(離島等)、1日は買い物や観光で過ごされる方が多いです。

売れ筋オプショナルTOP3
1位 半日サウスシーアイランド(もどってきた後買い物に行くことができます!)

2位 泥温泉と午後買い物(泥温泉が癖になる面白さ!)

3位 キャスタウェイ島日帰り(リゾート感が味わえます)

その他・陸も海も楽しい フィジーのオプショナル全ツアー

どこに泊まるのがお勧めですか?

フィジー ホテル

フィジーにはお手ごろ価格から泊まれるホテルから、水上コテージや滞在中全食事付きリゾートなど、目的や予算に合わせたホテル選びが可能です。
直行便就航で弾丸ツアーも実現したフィジー。3,4日間の滞在は本島プランの滞在がお勧めですが、5日間以上から離島プランのアレンジも可能。6日間以上のお休みが取れる方は是非離島へ足を伸ばされることをお勧めいたします!
どこに泊まればよいかわからない方は「フィジーおすすめホテル特集」ををご参照ください。

UGG工場の情報をもっと知りたい!!

UGG工場

Q UGG工場ってどんなところ? どういう風にオーダーするの?
A ブーツを作っているところを見学できます。ショールームもございます。そこに、サンプルが並んでいるので、まず形(ロングやショート、ボタン付き、リボン付き等)を選んで、その後好きな色を自由に選びます。 後のタグも、“FIJI” や“AUSTRALIA”などを選べます。

Q UGG工場は 自分で行くことはできますか?
A はい、ナンディ滞在プランであればタクシーでいけないことはないです。ただ 場所がやや街外れにあります。また全て英語のやり取りになります。離島プランやコーラルコースト滞在プランの場合、ホテルチェックインや離島行きの移動前の時間を有効に使えます。

Q いくらくらいで購入できますか?
A クラシックショート F$239~ / クラシックロング F$329~ となります。

離島へ行く船はどのような船ですか?

フィジー バウンティアイランド

ママヌザ諸島エリアの船は 高速船で フィジーの海に合わせて特別に設計されています。 エアコン付きのラウンジ2室、屋外展望デッキ、バー完備(アルコール類、その他のお飲み物、スナック類などを販売)。 1日数本の運行スケジュールで各リゾートを巡回します。 ルートは時間により異なるため、各リゾートへの所要時間は運行スケジュールにより異なります。

高速船の揺れはその日の海峡や天候によりますが、船酔いが苦手な方はお薬を持参されることをお勧めします。特にヤサワエリアまで船で移動される場合、ママヌザエリアを出ると外洋に入るので、大きく揺れることがあります。

スポーツ用品の持ち込み規定はありますか?

フィジーエアウェイズご利用の場合、ダイビング機材 並びに ゴルフバッグに限り、通常の無料受託許容量に加えて、 無料でお預けが可能となりました。(2018年12月7日発以降より)
詳しくは フィジーエアウェイズ特集内 "フィジーエアウェイズの魅力" をご確認ください。

フィジーに行くならエス・ティー・ワールド!STWを選ぶ3つの理由

  • フィジー現地支店が
    24時間サポート

    エス・ティー・ワールドでは、現地フィジーに支店を持ち、日本人スタッフもおり24時間サポート致します。 空港到着後はラウンジにて、滞在時の詳しいご案内も差し上げており、緊急時も安心です!

  • 目的に応じた特集を揃えています!

    ハネムーン・挙式・家族旅行・1人旅など、目的に応じた旅の特集が揃っているので、自分にあったツアーをお探しいただけます!

  • フィジーのプロが
    ご要望を伺います!

    実際にフィジーを訪れ、魅力を存分に味わった、フィジー視察済みスタッフが在籍しています。 ご旅行前の疑問や質問にも詳しくご案内いたします

大人気フィジーツアーの一覧はこちら

pagetop

STWで行く フィジーの特集はこちら

フィジーインフォメーション イメージ
フィジー旅行全般の情報の他、テーマ別ツアーやお得なツアーをご紹介!
フィジーホテル特集 イメージ
旅の予算や誰と、何がしたいのかに合わせて離島のおすすめホテルをご紹介!
家族旅行 イメージ
お子様向けの施設が整っていて、家族旅行にもオススメ!
フィジーに暮らすように旅する
フィジーに暮らすように旅する
コンドミニアムに泊まろう!
ハネムーン イメージ
1年中常夏。大人のみが滞在できるリゾートも多数あり♪
ひとり旅 イメージ
価格重視ホテルや世界の仲間と友達になれるドミトリータイプもあり
フィジーエアウェイズ イメージ
日本とフィジーを結ぶ唯一の直行便フィジーエアウェイズでフィジーへ
フィジーQ&A イメージ
フィジーって、どんなところ?そんな疑問でお答えします!

フィジーの海外旅行・ツアーTOP / 海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

電話でお問い合わせ電話でお問い合わせ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 ロシア旅行 ジョージア旅行 アゼルバイジャン旅行 アルメニア旅行 ウズベキスタン旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 東欧旅行 ベネルクス旅行 コーカサス三国旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行 タンザニア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行 ブルネイ旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 南極旅行
ページのトップへ