海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

わくわくドキドキ!家族で行くドバイ旅行

「新常識」家族旅行には、
ドバイがおすすめ!

ドバイといえば「高級 富裕層が行く国」「中東だから危険」「観光地は砂漠だけ」…そのイメージ、古いです!!!
ドバイは今ビーチリゾートとしても楽しめる、まるで常夏のリゾート「ハワイ」のような国へ、急成長を遂げています。
ドバイは治安も良く、STWなら日本語のサポートもあり、家族旅行にぴったり!
行くなら今!ハワイに負けない、流行最先端のドバイへ家族旅行に出かけませんか?

sp写真

ドバイまでのフライトは
何時間?

意外と近い!?約10時間

ハワイは直行便で8時間ほどで行けるのが嬉しい点。
ドバイも直行便エミレーツ航空にて、約10時
間で行くことができます!時差は5時間。日本を夜出発し、現地に朝到着となるので負担も少ないんです。

sp写真

ドバイって安全なの?
治安が知りたい

世界で2番目に治安が
良い国(世界経済フォーラム調べ)

意外な印象かと思いますが、中東ドバイ(UAE)はとても安全な国です。治安のよいハワイ同様に、ファミリー旅行にも優しいドバイです。

sp写真

ドバイで子供でも
楽しめるスポットはどこ?

大規模な「テーマパーク」
や「ウォーターパーク」

ドバイには、大規模なウォーターパークや、アミューズメントテーマパーク、レゴランドなど大人も子供も一緒になって思いっきり楽しめる夢のような場所が盛りだくさん!
テーマパークが充実しているのが、他の王道リゾートでは味わうことのできない、ドバイならではの魅力なポイントです。

sp写真

ドバイの海、ビーチって
どんな感じ?

ビーチリゾートでもある
ドバイ!透明度抜群の
海が楽しめます

ハワイリピーターに聞く、ハワイの魅力の一つはやっぱりビーチ。実はドバイでもビーチ滞在を楽しむことができます。
ドバイNO.1のビーチがあるドバイマリーナ地区は、いまドバイで最も注目を集めている最新スポット。約2kmの砂浜に想像以上に透き通る海と背後にはドバイの高層ビルが立ち並び、ここでしか見られない近未来な光景が広がっています。このビーチにはアスレチックが海の上にあったり、なんと砂浜でラクダに乗ることもできます。

sp写真

ドバイの家族旅行におすすめのホテルって?

大型リゾート型、コスパ重視、アパートメントタイプなど
各ニーズに沿ったホテルあり!

ドバイには様々な目的にあったホテルがあります。ビーチ沿いに建つリゾート型ホテルや、巨大なウォーターパークを備えた家族にぴったりのホテル、また、ハワイで家族連れに人気のアパートメントタイプのホテルもドバイにはあります。
大規模なホテルに宿泊すると、ホテル内に数多くのレストランやアクティビティが充実しているので、1日中ホテルの中だけで遊ぶこともできます。ビーチでゆっくりしたい方はプライベートビーチ付きのホテルがおすすめです。

ドバイの基本情報

ドバイ旅行のベストシーズンはいつ頃?

写真
ドバイは1月~3月がベストシーズン!
気温が25度前後と過ごしやすい!

日中は暑いですが、電車・タクシーの料金は日本よりも安いので公共交通機関を活用すれば移動も問題ありません。
1月~3月は25度前後と比較的過ごしやすく、旅行に行くにはベストシーズンです。8月頃は気温が40度くらいまで上がるので旅行に適していないと思われがちですが、代わりにホテルの料金が下がり、高級リゾートもお安く泊まれちゃうことも。昼はホテルでゆっくりし、気温の下がる夕方から夜に街に出かける過ごし方もできるので、ドバイはいつ訪れても楽します。ちなみに、ドバイモールは夜中0時まで営業(時期によって変わります)と夜からも十分遊べるのでご安心を!王道リゾートは、日本の連休や祝日に大変混み合いますので、この機会にちょっと穴場のリゾートドバイに行ってみませんか?

ドバイの物価は高い?

写真
ドバイの物価は、日本、ハワイより安い!

ドバイの交通公共機関は日本よりも安い!メトロは片道一番端の駅まで行っても2000円程、タクシーも初乗り300円ほどで乗れます。
食事は中心部のお店では高くなりますが、旧市街のレストランやショッピングモール内のフードコードなどを活用すれば食費も安く抑えることができます。中東「ドバイ」と聞くと金持ちなイメージが強くなりがちですが、コストをおさえながらの滞在も可能なのです。

ドバイにいこう!旅費の相場は?

写真
高級ホテルの宿泊
王道リゾートに比べるとお得!

ドバイ旅行のハードルは高くありません!お安いホテルなら、5日間のご旅行代金が10万円を切ることもあります。なんと、5つ星ホテルのご宿泊でも14万円~18万円でご案内できることも。素敵なホテルに泊まって、街の観光、ビーチ、ショッピング、砂漠など、さまざまな楽しみ方ができるのがドバイ旅行の魅力です。

ドバイまで直行便 エミレーツ航空

  • 成田・羽田・関空から
    ドバイまで毎日就航!

  • 映画や音楽など、豊富な
    エンターテイメントで退屈知らず!

    2,500以上のチャンネルで、世界中の映画やTV番組、音楽やビデオゲーム。最新ニュースを楽しめます。
    機内でもお子様向けのエンターティメントが豊富なので、家族で楽しくお過ごしいただけます。

  • ドバイの空港は煌びやか!

    ドバイ空港にはたくさんのレストランやカフェ、お土産屋、免税店があるので、
    ご帰国前のショッピングも可能!

エミレーツ航空 サービス紹介

シート 機内食

ビジネスクラスは最大200cmまで延長可能な設計のライフラットシートが採用されており、タッチスクリーンのコントローラーでお好みに合わせて調整することができます。 またエコノミークラスでも、12.1インチの大きなモニターに加え、電源やUSBアダプターが内蔵されていたり、時差による体調不良の軽減に効果のある特別な照明を採用していたりと、快適な機内空間となるよう工夫がされています
こだわりの機内食は、目的地に応じて、数種類のお食事をご用意。ご希望のコースをお選びください。メニューは月ごとに更新し、新鮮な各地の食材を使用した、シェフの手によるグルメなお料理をお届けしております。
エミレーツ航空エコノミークラス
エコノミークラス
エミレーツ航空ビジネスクラス
ビジネスクラス
エミレーツ航空ファーストクラス
ファーストクラス

エンターテインメント・機内Wi-Fi

「ワールド・ベスト機内エンターテインメント」を13年連続受賞! 機内エンターテインメントiceには、なんと3,500以上のチャンネル数。 世界中の映画やTV番組、音楽やビデオゲーム、最新ニュースを、自由に選んで楽しめます。 また、ほぼ全てのエミレーツ便の機内で、ログイン後2時間を上限として、最大20MBまで無料のWi-Fi接続をご利用いただけます。
エミレーツ航空エコノミークラス
エコノミークラス
エミレーツ航空ビジネスクラス
ビジネスクラス
エミレーツ航空ファーストクラス
ファーストクラス

マイ・エミレーツ・パス

ドバイほかUAE全域 500か所以上のパートナー施設でご利用できる、お得なプラン
My Emirates Pass(マイ・エミレーツ・パス)をご案内します。

2019年8月31日までのプログラム期間中、エミレーツ航空でご旅行のお客様は、パートナー施設にて豪華なお食事、ラグジュアリー・ホテルでのスパ体験、ゴルフなどをお得な料金でお楽しみいただけます。
ご家族で楽しめる「ドバイ・イルカ水族館」、「市内観光ツアー」、エキゾチックな雰囲気の中で究極のリラックスを楽しむスパ体験「クレオパトラズ・スパ・アンド・ウェルネス」、はプログラムパートナー施設の一例です。
My Emirates Passの特典を受けるにはエミレーツ航空ドバイ行きフライトの搭乗券(またはe-搭乗券)と写真付身分証明書のご提示が必要となります。
My Emirates Pass の ご利用可能施設、また規約条件を含むすべての詳細についてはエミレーツ航空ホームページにてご確認ください。

エミレーツ航空就航都市

エミレーツ航空10
エミレーツ航空10

ドバイ家族旅行の口コミ

写真

~実際にドバイ旅行に出かけたご家族の声~
夫婦&7歳のお子様

過去に一度だけハワイに海外旅行へ行ったことがあるのですが、今回再度ハワイをリピートするか迷い、友人より今は穴場リゾートドバイが断然楽しい!と耳にし、思い切って子供を連れてドバイへ行ってきました。子連れドバイって、あまり想像ができなかったのですが、行って見ると街自体がまさに非現実的なエンターテイメント!羽田より、夜発エミレーツ便を利用したので子供もほとんど寝てくれて助かりました。起きている時間もエミレーツ航空は子供向けの番組が満載なので子供は大喜び。子供向けのミニプレゼントももらいました。
ドバイでの滞在はというと、海が期待以上に綺麗で、家族でのビーチ滞在が素晴らしかったです。大きなショッピングモールがたくさんあるので買い物も楽しめる!大人も嬉しいですね。あとは、世界一高いタワーや、異国情緒広がる旧市街なども行きましたが、子供はとてもものめずらしそうに眺めていました。異国を感じるいい経験になったと思います。ちょっと気になっていた治安ですが、中東といっても完全に観光地化されている都市だったので、全く問題なしでした。ビーチでの滞在が中心だったので今回ウォーターパークやアミューズメンパークまで行けなかったのが残念でしたが、また絶対家族でドバイに行きたいと思っています!

エス・ティー・ワールドなら、
ご希望にあわせてツアーをおつくりします!

ドバイ海外旅行・ツアーTOP / 海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

電話でお問い合わせ電話でお問い合わせ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 ジョージア旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アゼルバイジャン旅行 アルメニア旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 ベネルクス旅行 コーカサス三国旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行 タンザニア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 南極旅行
ページのトップへ