海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

【極み旅】《馬と旅する地の果て~アルタイ山脈と氷河の絶景を臨む草原で、満天テント泊》浪漫と冒険のある旅をしよう♪ STW限定モンゴル7日間の旅

ツアープランナーご紹介

モンゴルの旅職人/宮下綾乃

モンゴルの旅職人/宮下綾乃

『大草原を馬で駆けてみたい!』という夢をモンゴルで実現してから、すっかりモンゴルに惚れ込んでしまった宮下です!

モンゴルを旅する魅力は、経験値をあげる旅ができるという点です。
・馬に乗って走ったら風になった!
・自然に身をゆだねたシンプルな生き方を体験できた!
・時間の流れを空で感じた!
・動物との絆と共存を体感した!
・遊牧民族の強さと優しさを知った!
などなど、モンゴルの旅は多くを教えてくれるんです。出会いと別れに涙する旅ができるところも大好きな理由です。いざワイルドでシンプルな旅が待っているモンゴルへ!私が全力でご旅行をサポートします!

このツアーの
 こだわりポイント!

《大人になっても冒険したい!未知の体験をしたい!その気持ちを叶えるプランができました》
<企画担当者のコメント>
旅の目的地は国境近くのモンゴル最果ての地。
アルタイ山脈と氷河に囲まれた草原を目指します。
草原と山を馬の背に乗って辿り着いた目的地では、テントを張って大自然の絶景を自分だけの宿に。
星が真横にあるような満天の空と、生まれたての空気が自然の宿を彩ります。
そんな旅には日数や体力が必要ではないか心配ですか??
ご安心ください!
短期間かつ登山無しで、大自然の絶景を全身で浴びる事が出来る旅を見つけたんです!!
〈馬と旅する地の果て〉をご紹介します。

このツアーの魅力①

【馬に乗って行くので登山や特別な技術の必要がなく、山脈の絶景を臨む事ができます】
モンゴル最高峰のフィティン山やポターニン氷河が目の前に迫る草原が目的地です。
山岳地帯は馬に乗って流れ行く絶景をじっくり眺めながら進んで行きます。

このツアーの魅力②

【気軽&手軽に海外でテント泊!】
アウトドア好きの方を魅了する、テント泊の自由でピースフルな時間を
最果ての地で過ごす事ができます。
アクティブ派には氷河散策や、ハイキングがお勧めです♪
ゆったり派には、絶景を眺めながらお酒を飲んだり、読書をしたりするのはいかがでしょうか。
氷河の下を流れる川のせせらぎを遠くに聴きながら過ごすのがおすすめ!

このツアーの魅力③

【最果ての地での出会い】
遊牧民宅ホームステイと、イヌワシ狩猟の民族・カザフ族のお宅訪問もこの旅の魅力です。
大自然の中で動物と共に生きる、誇り高き民族の強さと優しさを必ず感じることができます。

このツアーの魅力④

【プライベートツアーなので自由きまま&乗馬初心者でも安心です!】
日本語ガイドと馬主が同行し、アドベンチャーの旅をしっかりサポートします。
テントの設営や、青空レストランの食事もお任せください♪

ツアースケジュール

日程 交通 スケジュール 食事条件 宿泊地
1日目   14:40予定 成田空港よりミアットモンゴル航空にてウランバートルへ
19:10予定 ウランバートル到着

※7~8月の土曜日は下記の便も運航します。ご希望の場合はお申込の際にお知らせ下さい。
20:30予定 成田空港よりミアットモンゴル航空にてウランバートルへ
翌日01:00予定 ウランバートル到着

空港到着後、現地係員がお出迎しホテルへご送迎します。

レストランでご夕食をお召し上がり下さい。

【ウランバートル市内のスタンダードランクホテル泊】
  • 朝 ×
  • 昼 ×
  • 夜 ○
ウランバートル
2日目   早朝:空港へご送迎します。

国内線にてウランバートル発、最先端の街ウルギーへ(およそ3時間半)

ウルギー空港ご到着後、市内のスーパーでテント泊時の食料等の買出しをします。

その後、ホームステイ先までランドクルーザーで向かいます。

★約250キロ、舗装されてない道を進みます。(およそ5-6時間)
道中、羊の大移動、草原や小川の景色が流れていきます。モンゴルの古くからの暮らしが色濃く残る風景に癒されます。

ロケーション抜群・アルタイ山脈の麓の遊牧民のお宅にホームステイとなります。
(標高およそ2400m)
★お母さんお手製の乳製品やミルクティー、郷土料理をお楽しみ下さい。

【遊牧民宅泊】
  • 朝 ○
  • 昼 ○
  • 夜 ○
ウルギー
3日目   朝食後、馬に乗って出発します。
※この先は国立公園で車両禁止のため、お荷物は全て馬で運びます。

日本語ガイド、馬主の遊牧民とでおよそ5時間の乗馬トレッキンクでポターニン氷河を目指します。

★途中、万年雪に覆われた山脈や清流を横目に、豊かな草原を越えて行きます。

標高およそ3100mまで来ると、目的地・地の果てに到着です。
アルタイ山脈の一部、タバンボグド連山の麓となる場所で、目の前には、モンゴル最高峰のフィティン山(4,374m)が迫り、山々を囲むようにポターニン氷河広がります。

★草原にテントを設営し、最高に優雅で贅沢なお宿が完成です!
鉄道や車ではなく、馬の力を借りてここまでやって来るという旅の浪漫を満喫して下さい。
※ガイドが設営を行います。

テント泊時のお食事はガイドがご用意し、青空レストランとなります。

夜の星空の輝きは・・・期待以上かもしれません♪
静かな美しい夜をお楽しみ下さい。

【テント泊】
  • 朝 ○
  • 昼 ○
  • 夜 ○
ウルギー
4日目   ★終日、ゆっくりと流れるモンゴル時間をお楽しみください。

<お勧めの過ごし方>
◎アクティブ派の方
-最大深度225mのポターニン氷河の散策-
まるで雲の上を歩いているような気持ちになる純白の場所です。
※滑りにくいトレッキングシューズだと安心です。


◎ゆったり派の方
-絶景を眺めながらのんびりと読書や昼寝をして過ごす-
時間や日常を忘れてしまう大自然に身を委ねて、氷河の下を流れる川のせせらぎを遠くに聴きながら過ごすのがお勧めです。


★ダイナミックな絶景を臨む地の果ての自然宿では
最高にワイルドでシンプルな時間を、お好きなようにお過ごし頂くことができます。


【テント泊】
  • 朝 ○
  • 昼 ○
  • 夜 ○
ウルギー
5日目   朝日で輝く山脈と、青空レストランでのご朝食をお楽しみ頂いた後、4-5時間の乗馬トレッキングをしながら戻ります。

★何度も振り返りたくなる、絶景ともお別れです。
たくさん深呼吸をして美味しい空気を味わってください♪

乗馬トレッキング出発地に戻り次第、車に乗り換えます。(およそ5時間)

市内へ戻る途中、
伝統のイヌワシ狩猟を継承する民族・カザフ族のお宅を訪問します。

★カザフ族にとって誇りと強さの象徴である、勇ましいイヌワシを腕に乗せて撮影もできます。
ぜひカザフの民族衣装をまとって記念のお写真をお撮りください!

その後、ウルギー市内へ戻ります。(およそ2時間)


【ウルギー市内のエコノミーランクホテル泊】
  • 朝 ○
  • 昼 ○
  • 夜 ○
ウルギー
6日目   朝食後、空港へご送迎します。

国内線にてウルギー発、ウランバートルへ(およそ3時間半)

ウランバートル空港ご到着後、市内観光にご案内します。
★モンゴル帝国時代の宮殿の秘宝が展示されたボグドハーン宮殿博物館
★先史時代から現代にいたる歴史資料や、各地の民族・暮らしについて知れる国立博物館
★伝統芸のホーミーと舞踊は必見!民族音楽コンサートへご案内します。

※その後のご夕食はお客様のご希望により・・・
ウェスタン、和食、モンゴル料理、、、選択可能です! 


【ウランバートル市内のスタンダードランクホテル泊】
  • 朝 ○
  • 昼 ○
  • 夜 ○
ウランバートル
7日目   空港へ送迎致します。

07:55予定 ウランバートル発、空路、成田へ
13:40予定 成田空港到着後、自由解散。

※7~8月の土曜日は下記の便も運航します。ご希望の場合はお申込の際にお知らせ下さい。
13:45予定 ウランバートル発、空路、成田へ
19:30予定 成田空港到着後、自由解散。

☆☆お疲れ様でした☆☆
  • 朝 ×
  • 昼 ×
  • 夜 ×
 
1日目ウランバートル
14:40予定 成田空港よりミアットモンゴル航空にてウランバートルへ
19:10予定 ウランバートル到着

※7~8月の土曜日は下記の便も運航します。ご希望の場合はお申込の際にお知らせ下さい。
20:30予定 成田空港よりミアットモンゴル航空にてウランバートルへ
翌日01:00予定 ウランバートル到着

空港到着後、現地係員がお出迎しホテルへご送迎します。

レストランでご夕食をお召し上がり下さい。

【ウランバートル市内のスタンダードランクホテル泊】

食事条件: 朝 × 昼 × 夜 ○
2日目ウルギー
早朝:空港へご送迎します。

国内線にてウランバートル発、最先端の街ウルギーへ(およそ3時間半)

ウルギー空港ご到着後、市内のスーパーでテント泊時の食料等の買出しをします。

その後、ホームステイ先までランドクルーザーで向かいます。

★約250キロ、舗装されてない道を進みます。(およそ5-6時間)
道中、羊の大移動、草原や小川の景色が流れていきます。モンゴルの古くからの暮らしが色濃く残る風景に癒されます。

ロケーション抜群・アルタイ山脈の麓の遊牧民のお宅にホームステイとなります。
(標高およそ2400m)
★お母さんお手製の乳製品やミルクティー、郷土料理をお楽しみ下さい。

【遊牧民宅泊】

食事条件: 朝 ○ 昼 ○ 夜 ○
3日目ウルギー
朝食後、馬に乗って出発します。
※この先は国立公園で車両禁止のため、お荷物は全て馬で運びます。

日本語ガイド、馬主の遊牧民とでおよそ5時間の乗馬トレッキンクでポターニン氷河を目指します。

★途中、万年雪に覆われた山脈や清流を横目に、豊かな草原を越えて行きます。

標高およそ3100mまで来ると、目的地・地の果てに到着です。
アルタイ山脈の一部、タバンボグド連山の麓となる場所で、目の前には、モンゴル最高峰のフィティン山(4,374m)が迫り、山々を囲むようにポターニン氷河広がります。

★草原にテントを設営し、最高に優雅で贅沢なお宿が完成です!
鉄道や車ではなく、馬の力を借りてここまでやって来るという旅の浪漫を満喫して下さい。
※ガイドが設営を行います。

テント泊時のお食事はガイドがご用意し、青空レストランとなります。

夜の星空の輝きは・・・期待以上かもしれません♪
静かな美しい夜をお楽しみ下さい。

【テント泊】

食事条件: 朝 ○ 昼 ○ 夜 ○
4日目ウルギー
★終日、ゆっくりと流れるモンゴル時間をお楽しみください。

<お勧めの過ごし方>
◎アクティブ派の方
-最大深度225mのポターニン氷河の散策-
まるで雲の上を歩いているような気持ちになる純白の場所です。
※滑りにくいトレッキングシューズだと安心です。


◎ゆったり派の方
-絶景を眺めながらのんびりと読書や昼寝をして過ごす-
時間や日常を忘れてしまう大自然に身を委ねて、氷河の下を流れる川のせせらぎを遠くに聴きながら過ごすのがお勧めです。


★ダイナミックな絶景を臨む地の果ての自然宿では
最高にワイルドでシンプルな時間を、お好きなようにお過ごし頂くことができます。


【テント泊】

食事条件: 朝 ○ 昼 ○ 夜 ○
5日目ウルギー
朝日で輝く山脈と、青空レストランでのご朝食をお楽しみ頂いた後、4-5時間の乗馬トレッキングをしながら戻ります。

★何度も振り返りたくなる、絶景ともお別れです。
たくさん深呼吸をして美味しい空気を味わってください♪

乗馬トレッキング出発地に戻り次第、車に乗り換えます。(およそ5時間)

市内へ戻る途中、
伝統のイヌワシ狩猟を継承する民族・カザフ族のお宅を訪問します。

★カザフ族にとって誇りと強さの象徴である、勇ましいイヌワシを腕に乗せて撮影もできます。
ぜひカザフの民族衣装をまとって記念のお写真をお撮りください!

その後、ウルギー市内へ戻ります。(およそ2時間)


【ウルギー市内のエコノミーランクホテル泊】

食事条件: 朝 ○ 昼 ○ 夜 ○
6日目ウランバートル
朝食後、空港へご送迎します。

国内線にてウルギー発、ウランバートルへ(およそ3時間半)

ウランバートル空港ご到着後、市内観光にご案内します。
★モンゴル帝国時代の宮殿の秘宝が展示されたボグドハーン宮殿博物館
★先史時代から現代にいたる歴史資料や、各地の民族・暮らしについて知れる国立博物館
★伝統芸のホーミーと舞踊は必見!民族音楽コンサートへご案内します。

※その後のご夕食はお客様のご希望により・・・
ウェスタン、和食、モンゴル料理、、、選択可能です! 


【ウランバートル市内のスタンダードランクホテル泊】

食事条件: 朝 ○ 昼 ○ 夜 ○
7日目 
空港へ送迎致します。

07:55予定 ウランバートル発、空路、成田へ
13:40予定 成田空港到着後、自由解散。

※7~8月の土曜日は下記の便も運航します。ご希望の場合はお申込の際にお知らせ下さい。
13:45予定 ウランバートル発、空路、成田へ
19:30予定 成田空港到着後、自由解散。

☆☆お疲れ様でした☆☆

食事条件: 朝 × 昼 × 夜 ×

アンケート

  • ご帰国後のお客様にアンケートのご記入をお願いしております。 お客様の声をもとに、よりよい[極み旅]をご紹介してまいりますので、 何卒、ご協力をお願い致します。

電話でお問い合わせ電話でお問い合わせ

ご来店予約はこちら

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 アイスランド旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 ロシア旅行 ジョージア旅行 アゼルバイジャン旅行 アルメニア旅行 ウズベキスタン旅行 ヨーロッパ旅行 北欧旅行 バルト三国旅行 中欧旅行 ベネルクス旅行 コーカサス三国旅行
中近東&アフリカ
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
イラン旅行 タンザニア旅行
アジア
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコールワットカンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行 ブルネイ旅行
アジア旅行 沖縄・奄美旅行
インド洋&南太平洋
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米&中南米
北米&中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
南米旅行 南極旅行
ページのトップへ