専門別サイト
一覧
ダイビング
サーフィン
ゴルフ
ウェディング
クルーズ
世界遺産
海外旅行の新基準「レーベル」
レーベルについて
一人旅行
家族旅行
上質な旅
直前バーゲン
女子旅
弾丸旅行

海外旅行・ツアーTop  >  スリランカの海外旅行・ツアー >  スリランカ基本情報 ~マナーと豆知識編~

エリア基本情報

挨拶 ●シンハラ語
アーユボーワン(おはよう、こんにちは、こんばんは、さようなら)
ボホーマ ストゥティイ(ありがとう)
服装・マナー 年間を通じて夏服でOK。ヌワラエリアなど高地へ行く場合は、カーデガンなどの重ね着が必要。仏教遺跡などを訪れる際は、ノースリーブや短パンなど露出の多い服装は避けること。また、靴を脱ぐ機会が多くなるので脱ぎやすい靴が便利。
仏教徒が大半を占めるが、ヒンズー教やイスラム教、キリスト教などの信者もおり、宗教と生活が密接している。宗教上の習慣を尊重し、軽はずみな行動はしないように。写真撮影が禁止されている寺院もあるので、必ず確認すること。
喫煙 公共の場所では禁煙。違反者には罰金が科せられる。
飲酒 飲酒は21歳以上。
飲料水 ミネラルウォーター以外は、飲用しないように注意。
免税について 一部のホテルやレストランを利用した場合、付加価値税(VAT)15%とサービスチャージ(SC)10%が上乗せされる。これに加え、観光税(TDL)などが上乗せされる場合もある。
税関 【入国時】
免税となるのは、タバコ200本か葉巻50本、または、刻みタバコ375g、普通サイズ(0.72L)のワイン2本、酒類1.5L以内。1/4L以下のオーデコロン、2オンスまでの香水。また、骨董品、猥褻出版物、インドおよびパキスタン通貨の持ち込みは厳禁。
あると便利な持ち物 日差しが非常に強いので、日焼け止めはもちろん、帽子、サングラスなどを持参したい。デング熱やマラリア対策に虫除け、蚊取り線香、虫さされの薬などの用意を。停電や夕刻の遺跡見学などに備えて、懐中電灯があると重宝する。
クレジットカード ほとんどの国際クレジットカードは、ホテル・店等のサービス機関で利用できる。ただし、一部の店ではカード利用の際、別途手数料を請求されることがある
郵便 コロンボから日本へは航空便でおおよそ4~7日程度。地方の場合は10日~3週間くらいかかることも。ハガキは20ルピー。郵便局の営業時間は月~金曜9:00~17:30、土曜9:00~13:30。日曜、祝日は休み。街中にポストがあるが、郵便局から出すのが一番確実。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

ページ先頭へ

お役立ちサイト

  • 外貨プリペイドカード
  • おみやげ宅配サービス ギフトランド
  • イモトのwifi

お問い合わせ先

お客様のご要望に充分にお応えし、+α(プラスアルファ)の感動を提案させていただくために、ご来店は予約をお願いしています。
ご来店予約 ご来店の際は、旅への思いを存分にお聞かせください。最大限の準備をしてお迎えいたします!
ご予約は「来店予約フォーム」をご利用ください。また、お電話でのご予約も可能です。(定休日と営業時間について

インド洋
南太平洋
オセアニア
太平洋
北米
中南米・カリブ海
南米
東南アジア
南アジア
東アジア
日本
西欧
南欧
中欧
東欧
北欧
中近東
アフリカ

▲スリランカの海外旅行・ツアーTOPへ

スリランカのページです。スリランカの海外旅行・ツアーをお考えならエス・ティー・ワールドへ(STW)へ!スリランカの海外旅行・ツアーのプランを多数お取り扱いしております。スリランカの海外旅行・ツアーならエス・ティー・ワールド(STW)!

海外旅行・海外ツアーのエスティーワールドCopyright © 2002-2019 STWORLD, Inc. All Rights Reserved.