海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

モーリシャスって
どんなところ?

芸能人が新婚旅行先に選ぶなど近年人気が上昇している
モーリシャスをご案内します。
『神はモーリシャスを最初に創り、そしてモーリシャスを真似て天国を創った』
これはトム・ソーヤの冒険で有名なアメリカ人作家マーク・トゥエインが残した言葉です。
目を見張る雄大な山々、珊瑚礁に縁取られた美しい海、動物達とのふれあい。
天国のモデルと聞いて頷ける程、モーリシャスには楽園リゾート地に欠かせない
あらゆる素材が一挙に集っています。ハネムーン、カップルでの旅行でのお奨めの旅行先です。

ガゼラ・ネイチャー&レジャーパーク
フリッカン・フラック
ラムリード・シャマレル
ルモーン山
グランベ
ポートルイス
シャマレル・七色の大地
砂糖博物館
パンプルムース植物園
イル・オ・セルフ
イル・デ・ドゥ・ココス
ブラックリバー渓谷
担当者おすすめのモーリシャスの12大スポットはこちら
モーリシャスツアー検索 モーリシャスツアー検索
モーリシャスってどこにあるの?

モーリシャスは、南半球インド洋にある島国。アフリカ、マダガスカルの東のあたりにある。
島の大きさは2,040km²で東京都とほぼ同じ。


モーリシャスってどうやっていくの?

行き方は複数ありますが、日本からはドバイ乗り継ぎのエミレーツ航空利用が主流。日本からドバイまで約11時間、ドバイからモーリシャスまで約6時間のフライト。
成田空港、羽田空港、関西空港からアクセス可能で、
毎日運航している。

ドードー鳥

日本から少々時間がかかるけど、
その分、モーリシャスでしか味わえない
自然、観光、なによりラグジュアリーな
雰囲気があります。

帰りにドバイに立ち寄って
1~2泊すると楽しいよ。
最後にお買い物もできるしね!

ドバイ立ち寄りの際は、
アトランティス・ザ・パームホテル滞在がおすすめ!
Atlantis the palm Hotel

日本から少々時間がかかるけど、その分、モーリシャスでしか味わえない自然、観光、なによりラグジュアリーな雰囲気があります。帰りにドバイに立ち寄って1~2泊すると楽しいよ。最後にお買い物もできるしね!

モーリシャス基本情報

時差

日本から-5時間

通貨

モーリシャスルピー。1ルピー=3.5円(2014年5月現在)

公用語

英語。地元の人は、英語・フランス語・クレオール語(現地語)の3ヶ国語を使う。

ビザ

3カ月以内の観光目的なら不要。帰りの航空券、滞在ホテルなどの予約確認書を提示する。

パスポート

残存有効期間は滞在予定日数プラス6カ月以上必要。

ドードー鳥

モーリシャスはフランス領から
イギリス領になった後、
独立したため3カ国語が使われているよ。
日本人には考えられないねぇ。
トリリンガルなんて憧れちゃう。

モーリシャスはフランス領からイギリス領になった後、独立したため3カ国語が使われているよ。日本人には考えられないねぇ。トリリンガルなんて憧れちゃう。

モーリシャスはいつ行くのがいいの?

気候

大別して、11~4月が夏期で5~10月が冬期。
年間平均気温は20~29度でほぼ常夏だが、冬季の朝晩は少しひんやりするので、長袖が必要。季節風の影響で、
6~9月は東部で風が強くなる。12・1・2月はサイクロンの発生率が多いため、まとまった雨が降りやすくなり、
降水量は多い。冬季は、雨量は少ないものの、スコール程度の雨が降る回数は多い。

旅行シーズン

一般的には12~2月がベストシーズンだが、年間を通じて旅行できる。
夏のリゾート気分を楽しみたいなら日本の冬が良いし、避暑地的感覚なら料金の安い夏もいい。

ドードー鳥
お奨め時期は目的によって変わるよ!
モーリシャスは時期により
楽しみ方もいろいろ。
エス・ティー・ワールドスタッフ
まずは相談してみてね!
お奨め時期は目的によって変わるよ!モーリシャスは時期により楽しみ方もいろいろ。エス・ティー・ワールドスタッフにまずは相談してみてね!

モーリシャスツアーの特徴ってなに?

国や地域を問わずハネムーンや記念日に渡航する人が多い場所。
そのためハネムーン割引などでお得に渡航ができます。
セレブな場所のイメージが強いけど、『意外と手が届きそうな場所』、それがモーリシャス。

しかも朝・夕食付や、3食が全て付くオールインクルーシブプランのホテルが
ほとんどだから現地に行ってからの費用がグッとお得!

モーターを使わないウォーターアクティビティも
一般的には無料だから遊びにも費用がかからない?!

モーリシャスツアー検索 モーリシャスツアー検索

モーリシャス基本情報

ホテルでのんびりと過ごしつつ、⽇帰り観光ツアーに参加したり、ウォータースポーツやゴルフを楽しむスタイルが⼀般的。
海あり、⼭あり、動物あり。さまざまな楽園アクティビティを楽しむことができるのが、モーリシャスの魅⼒だ。

モーリシャスの海

モーリシャスと言えばまずは海!その中でも『イル・オ・セルフ』は、2つの島の間に白砂が堆積し、潮が引くと扇形の砂州が広がるモーリシャスを代表するビーチ。カタマラン船に乗って優雅にクルージングをしながら出かけよう。

モーリシャスの山

かつての奴隷の歴史を物語る『ルモーン⼭』は世界遺産。『ブラックリバー渓⾕』では広い⼤地を濃緑の森が覆う。『シャマレルの滝』は⽔しぶきを放ちながら100mの落差を流れ落ち裾野には⽕⼭噴⽕により⽣まれた”七⾊の⼤地”が広がる。島内観光ツアーに参加して楽しんで。

モーリシャスの動物

アフリカからきた動物やモーリシャス固有種の鳥等を見ることが出来る。
また「ウォーク ウィズ ライオン」プログラムでは、ライオンと歩いたり、触ったり写真を撮ったりしながら、約1時間の散歩が楽しめる。

モーリシャスで観光・お買いもの

首都・ポートルイス「コーダンウォーターフロント」はカジノもある近代的な大型ショッピングモール有名ブランドの生産工場が国内にあるため、アウトレットセールで安く服を購⼊することができる。島内で栽培されているサトウキビから作ったお砂糖やラム酒、バニラティーもお⼟産に最適。

モーリシャスのホテルライフ

『インド洋の貴婦⼈』と呼ばれるモーリシャスでは、古くからヨーロッパのセレブのリゾート地として愛され、ホテルのレベルは⾼い。
元フランス領だったこともあり、⾷事は美味しくホテルサービスも良い

ゴルフ・マリンアクティビティ

モーリシャスでは18ホールのゴルフ場を持つホテルや、プレイ料が無料のホテルもある。ホテル近くの海では、いつでも手軽にシュノーケリング、グラスボトムボート、カヌー、ジェットスキーなど、様々なアクティビティが楽しめる。

モーリシャスツアー検索 モーリシャスツアー検索

モーリシャス観光・
見どころガイドマップ
~エス・ティー・ワールド担当者が実際に行って楽しかった場所~

モーリシャスマップモーリシャスマップ
エス・ティー・ワールドのモーリシャス担当も大満足!モーリシャスに行ったら行くべき12スポット
イル・オ・セルフ

2つの島の間に白砂が堆積し、潮が引くと扇形の砂州が。
広がるモーリシャスを代表するビーチ。
島にはレストランやウォーターアクティビティデスクもありル・トゥエスロック、フォーシーズンズリゾート、ル・トロピカル宿泊のお客様はイル・オ・セルフ行きの無料送迎ボートがあります。

イル・デ・ドゥ・ココス

ナイアデリゾート(レパヴィオン・ボーリバージュ・タマサ・レジェンズ・メルヴィルビーチ)のプライベートアイランド。島は海洋保護区となっており、シュノーケリングでは熱帯魚や珊瑚を見ることができます。

ガゼラ・ネイチャー&レジャーパーク

広大な敷地のパークにはアフリカからきた動物や
モーリシャス固有種の鳥等を見ることができます。
動物を見る以外にもモーリシャスで人気のジップライニング、4WDバギー等のア パーク内での1番人気は「ウォークウィズライオン」トラクションもあり。
ライオンと写真を撮ったり、撫でたりしながら
1時間程のお散歩を楽しめます。

この場所を訪れるオプショナルツアー この場所を訪れるオプショナルツアー
シャマレル・七色の大地

七色の大地は大自然が生んだ芸術作品。
火山の噴火によって地層が変化したことにより、大地が異なる七色に見えます。 天候によってもその姿は様々な色を放ちます。行きの無料送迎ボートがあります。

この場所を訪れるオプショナルツアー この場所を訪れるオプショナルツアー
ブラックリバー渓谷

深い森に覆われ、森を流れる川が作り出した景色は「モーリシャスのグランドキャニオン」と呼ばれています。展望台から見落とす落差100Mの雄大なシャマレルの滝など、緑豊かなワイルドな一面を見ることができます。 裾野には七色の大地が広がります。
行きの無料送迎ボートがあります。

パンプルムース植物園

世界中の植物学者に有名な、幅広いコレクションの熱帯植物を見ることができます。
この植物園での見どころの1つがオオムニバス(蓮)。子供が乗っても沈まないくらいの大きな葉が広がっています 11万坪の広さを誇る植物園ですので、ゆっくり時間をかけて観賞するのもお薦めです。

この場所を訪れるオプショナルツアー この場所を訪れるオプショナルツアー
フリッカン・フラック

フリッカン・フラックとは、もともとオランダ語で
「自由で平らな土地」という意味。
モーリシャスでもっとも美しいビーチのひとつ。 フリッカン・フラックの街から北へ1km. 南へ3km. の合計4kmの区間を白砂のビーチが続きます。

ラムリード・シャマレル

モーリシャスで人気のお土産のひとつがラム酒。
特にここのシャマレル産ラム酒は各ホテル・お土産屋さんで見かけることができます。
工場見学では各種ラム酒のテイスティングも可能。

ラヴァンチュール・ドゥ・シュークル ~砂糖博物館~

モーリシャスの歴史、モーリシャスの第一産業であった砂糖製造の工程を関連付けて案内してくれる博物館。元々は砂糖製造工場として運営をされていました。
何種類もの砂糖を販売しており、テイスティングも可能です。

ルモーン山~世界遺産~

008年に世界遺産として登録されたルモーン山。
奴隷が過酷な生活から逃れる為に、逃げ場としていた岩山。中には追っ手に追い詰められ、山頂から飛び降り死を選んだ者も。 モーリシャスの奴隷の歴史を象徴する悲しい世界遺産です。

ポートルイス

モーリシャスの首都であるポートルイスは港として開拓された街。「コーダンウォーターフロント」はカジノもある近代的な大型ショッピングモール。活気ある地元の生活を垣間見るには生鮮食品からお土産物まで幅広い品を揃える中央マーケットがお薦めです。

グランべ

モーリシャスの歴史、モーリシャスの第一産業であった砂糖製造の工程を関連付けて案内してくれる博物館。元々は砂糖製造工場として運営をされていました。
何種類もの砂糖を販売しており、テイスティングも可能です。

モーリシャスツアー検索 モーリシャスツアー検索
Page up

モーリシャスの海外旅行・ツアーTOP海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

電話でお問い合わせ電話でお問い合わせ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 北欧旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 中欧旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アイスランド旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 バルト三国旅行 ヨーロッパ旅行
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコール遺跡カンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行特集 沖縄旅行 日本国内旅行
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米・中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行
ページのトップへ