国旗

ラオス

現地ネットワーク

海外旅行・ツアーTop > ラオスの海外旅行・ツアー > ラオス エリア情報 > ルアンパバン旅行

ルアンパバンLuang Phabang

ルアンパバンのツアー

かつてラオス王国の首都として君臨したルアンパバンは、約80もの寺院がひしめき、町全体がユネスコの「世界遺産」に指定されています。
この山間の小さな町は、手付かずの自然に囲まれ、少数民族が静かに暮らしていて、とにかくスローな時の流れを感じることでしょう。
ルアンパバンへ行ったら、まず徒歩でぶらぶらと街歩きすることをお勧めします。シーサワンウォンからサッカリン通りには、雑貨屋さんや明るいオープンエアのカフェが並んでいますし、メコン河やナムカーン河沿いのレストランからのゆっくりと流れるメコン河の雄大な風景もお薦め。
ワットシェーントンはルアンパバン一、 いわばラオスの寺院の中では1番の美しさを誇ると言われているお寺です。ルアンパバン様式といわれるスタイルで建てられており、幾重にも重なるデザインの屋根が大胆に美しく必見です。
その他、完成に50年を要したというワットマイや、王朝時代の歴史を感じる国立博物館も訪れてみてはいかがでしょうか。
そして、ラオスの一番の魅力だと思う素朴で温かい彼らとのふれあいこそが、一番の思い出になること間違いありません。「何日も何日ものんびりしてみたい」、そんな気持ちにさせられる小さな山間の町ルアンパバンへ出かけてみてはいかがでしょうか?

ルアンパバン

ルアンパバンのお得なツアー

ページのトップへ

ルアンパバンのみどころ

  • ワットシェンーントン

    ワットシェンーントン メコン川とカーン川が合流する地点に立つ、ルアンパバーンを代表する寺院。1560年、当時の王セタティラートの建立で、屋根が地面に着きそうなくらいに張り出しています。黄金の装飾が見事な本堂や、裏側に施された「生命の木」のモザイクも必見です。かつての王国の栄華をいまに伝える見どころが揃っています。

  • ワットマイ

    ワットマイ 町の中心にある寺院で創建は1796年。本堂の5層の屋根にルアンパバーン様式の美を見ることができます。また、本堂の扉にある黄金のレリーフはインドの叙情詩ラーマヤーナや釈迦の説話が描かれています。

  • プーシーの丘

    プーシーの丘 王宮博物館の正面から328段の階段を登った頂上からは、ルアンパバーンの全景を眺望することができます。また頂上には1804年、アヌルット王によって建てられたタート・チョムシーと呼ばれる仏塔があり、金色に輝くその姿は町のいたる所から目にすることができます。

  • 王宮博物館

    王宮博物館 シーサーワンウォン王の住居として1909年に建てられた宮殿。現在は博物館として利用されています。内部には各国から贈られた美術品が展示されているなど、かつての王族の暮らしぶりを垣間見ることができます。また、入口正面の王位授与ホールの壁一面に施された、ルアンパバーンの生活や民話をモチーフにしたモザイク画は必見です。

  • ワットタートルアン

    ワットタートルアン ビエンチャンのタート・ルアンと同じく「大きな塔」を意味する寺院。1514年、ウィスナラート王によって建立されたもので、ビエンチャンよりもかなり小さめですが、そびえ立つ仏塔がシンボルとなっています。

  • パクウー洞窟

    パクウー洞窟 ルアンパバーンからメコン川上流へ35km、ボートで約1時間30分ほどにところにある洞窟。2つある洞窟はタム・ティンとタム・プラカチャイといいますが、ここがメコン川に合流するウー川の河口にあることから、それを意味するパクウーと呼ばれています。
    タム・ティンは川から垂直に切り立った岸壁にくりぬかれており、内部には人々が奉納した大小5000体もの仏像が静かにたたずんでいます。



  • サンハイ村

    サンハイ村 ルアンパバーンからパクウー洞窟へ向かう途中にある小さな村。ここではラオスの伝統的な焼酎「ラオラーオ」が造られており、その製造風景を見ることができます。村ではできたてのラオラーオのほか、織物などの手工芸品を購入することもできます。

  • クアンシーの滝

    クアンシーの滝 ルアンパバーンの南30kmほどの場所にある滝。石灰岩のすき間を細い滝が幾重にも線をなして流れ落ちる姿は優しげな印象を受けます。深い緑色をした滝壺の美しさも有名です。

  • ラオ族の村

    ラオ族の村 クアンシーの滝へ向かう途中にある小さな村。少数民族ラオ族が、ナイトマーケットで売る、小物や織物を造っています。素朴で、暖かい、ラオ族の笑顔が見れることでしょう。

ページのトップへ

ルアンパバンのオプショナルツアー

【ルアンパバン】午後から出発♪ルアンパバーン半日観光(日本語ガイド)/LPQ-E PM

午後から出発でゆっくり観光♪
昼食を希望の場合は、お一人様3,500円にてご案内可能です。

ツアー詳細

ツアー代金

大人料金
100USD

【ルアンパバン】メコン川クルーズとパクオー洞窟・サンハイ村終日観光(日本語ガイド)/LPQ-B

 ルアンパバン郊外の見所観光へご案内。メコン川をクルーズしながら、ラオス仏教の聖地ともなっているパークオー寺院へ。途中、ラオス名物のラオラオ(お酒)作りの町へもご案内します。昼食&夕食付。

ツアー詳細

ツアー代金

大人料金
141USD

【ルアンパバン】世界遺産ルアンパバン終日観光(日本語ガイド)/LPQ-A

 ルアンパバンでは外せない!朝の托鉢風景の見学からスタート。ルアンパバン市内の寺院巡り、プーシー山からのサンセット観賞、少数民族モン族によるナイトマーケット散策と、ルアンパバンに来たら外せないエッセンスがすべてつまったツアーです。名物料理が楽しめる昼食&夕食付。

ツアー詳細

ツアー代金

大人料金
132USD
ページのトップへ

ルアンパバンのグルメ

  • エレファント

    エレファント

    オープンエアでコロニアル様式の店舗で、フレンチ料理が楽しめます。雰囲気もさることながら、フランス系ラオス人のコックが腕を振るうだけに、味も折り紙付。店内はいつでも陽気なヨーロピアンが絶えません。

  • パークファイミーサイ

    パークファイミーサイ

    伝統的なラオス料理と、ルアンパバンの地方名物料理が楽しめる、気取らない雰囲気が魅力のレストラン。ルアンパバンソーセージ、川海苔「カイペーン」、お肉と野菜の煮込み「オラーム」などがお薦め。

ページのトップへ

ルアンパバンのショッピング

  • ナイトマーケット

    本当に手作りの小物や絵画が多く、同じ物だと思っても、どこかがちょっと違っています。料金交渉やちょっとした会話も、シャイで、観光客ズレしていないラオ族のおばさまや子供たちだから、とっても楽しい。

  • 朝市

    新鮮な野菜に、果物、ネズミに、こうもりに、・・・。素朴なアジアの朝の風景です。

ページのトップへ

ルアンパバンの旅行記

ページのトップへ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 北欧旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 中欧旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アイスランド旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 バルト三国旅行 ヨーロッパ旅行
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコール遺跡カンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行特集 沖縄旅行 日本国内旅行
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米・中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ・ジャマイカ・アンギラ他カリブ旅行
ペルー旅行 ボリビア旅行 ブラジル旅行
アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
ページのトップへ