専門別サイト
一覧
ダイビング
サーフィン
ゴルフ
ウェディング
クルーズ
世界遺産
海外旅行の新基準「レーベル」
レーベルについて
一人旅行
家族旅行
上質な旅
直前バーゲン
女子旅
弾丸旅行

海外旅行・ツアーTop  >  スイスの海外旅行・ツアー >  スイス基本情報 ~マナーと豆知識編~

エリア基本情報

挨拶 ●スイスドイツ語
グリュエッツィ(こんにちは)
グーテン アービック(こんばんは)
ダンケ/メルシ(ありがとう)
●フランス語
ボンジュール(おはよう、こんにちは)
ボンソワール(こんばんは)
メルスィ(ありがとう)
●イタリア語
ブォン ジョルノ(おはよう、こんにちは)
ブォナ セーラ(こんばんは)
グラーツィエ(ありがとう)
服装・マナー 平地では、日本の四季に合わせた服装をイメージすると良いだろう。湿度が低いので、夏でも朝晩は肌寒くなり、長袖のカーデガンなどを用意したい。山岳地帯は気温の変化が大きいので、夏でもカーデガンやセーター、ウィンドブレーカー、フリースなどで調整を。標高が高くなるにつれ、気温が低くなるので冬の防寒対策は万全に。ハイキングや登山を予定している場合は、装備や服装をしっかり準備すること。観光はラフで構わないが、高級レストランなどではきちんとした身なりを整えたい。
喫煙 スイスでは2005年12月から、法律により全交通機関が禁煙に。ヨーロッパの中でも禁煙化が進んでおり、公共の場所は禁煙の場合が多いので、喫煙する際は「NO SMOKING」の表示に注意しましょう。
飲料水 水道水は飲用できるが、基本的にミネラルウォーターを飲用したほうが安心。
免税について 物品を購入すると課税される。海外からの旅行者は、一定の条件のもとで手続きすれば払い戻される。
◎同一の店で、1日に購入した総額が300フラン以上であること。
◎購入した物品は、未使用で国外へ持ち出されること。
購入店で免税手続きを希望して必要書類を発行してもらい、出国時に物品と免税書類を提示し、承認印をもらう。払い戻しは現金、クレジットカード、小切手、銀行口座振り込みから選択可。
●グローバル・リファンド(http://www.globalrefund.com/default.asp?viewLanguageId=16)
税関 【入国時】
タバコ:200本又は葉巻50本又は刻みタバコ250g(18才以上) 酒:15%以上1L、15%未満2L(17才以上) 食品:1日相当消費量 上記以外の品物:合計CHF300迄 携行品:私物のみでそのまま持ち帰るものは無税で持ち込み可。タバコ、酒類は17歳以上。外貨の持ち込み、持ち出しは申告不要。
あると便利な持ち物 山岳地帯は日差しが強く、夏はもちろん、冬も雪の照り返しがあるのでサングラスや日焼け止めの用意を。乾燥しているので、保湿クリームやリップクリームもあると便利。
クレジットカード VISA、マスターカード、アメックスなど、主要なクレジットカードは利用可能。
郵便 スイスから日本へは航空便のプライオリティでおおよそ3~5日程度。ハガキと20gまでの封書は1.8フラン。郵便局の営業時間は月~金曜8:00~12:00、14:00~17:00。土・日曜、祝日は休み。都市では土曜午前に営業している局もある。

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

ページ先頭へ

お役立ちサイト

  • 外貨プリペイドカード
  • おみやげ宅配サービス ギフトランド
  • イモトのwifi

お問い合わせ先

お客様のご要望に充分にお応えし、+α(プラスアルファ)の感動を提案させていただくために、ご来店は予約をお願いしています。
ご来店予約 ご来店の際は、旅への思いを存分にお聞かせください。最大限の準備をしてお迎えいたします!
ご予約は「来店予約フォーム」をご利用ください。また、お電話でのご予約も可能です。(定休日と営業時間について

インド洋
南太平洋
オセアニア
太平洋
北米
中南米・カリブ海
南米
東南アジア
南アジア
東アジア
日本
西欧
南欧
中欧
東欧
北欧
中近東
アフリカ

▲スイスの海外旅行・ツアーTOPへ

スイスのページです。スイスの海外旅行・ツアーをお考えならエス・ティー・ワールドへ(STW)へ!スイスの海外旅行・ツアーのプランを多数お取り扱いしております。スイスの海外旅行・ツアーならエス・ティー・ワールド(STW)!

海外旅行・海外ツアーのエスティーワールドCopyright © 2002-2020 STWORLD, Inc. All Rights Reserved.