専門別サイト
一覧
ダイビング
サーフィン
ゴルフ
ウェディング
クルーズ
世界遺産
海外旅行の新基準「レーベル」
レーベルについて
一人旅行
家族旅行
上質な旅
直前バーゲン
女子旅
弾丸旅行

海外旅行・ツアーTop  >  スリランカの海外旅行・ツアー >  ジェフリーバワ建築 ホテル・リゾート

スリランカ 楽園計画! テーマのある旅 ジェフリーバワ建築

スリランカの偉大な建築家、"Geoffrey Bawa" (ジェフリーバワ 1919~2003)をご存知ですか?

日本ではあまり知られていませんが、トロピカルアーキテクチャーの第一人者であり、リゾートホテルの最高峰アマンリゾーツのエイドリアン・ゼッカー、アマンお抱えの建築家ケリーヒルにも多大な影響を与えたと言われています。
あのホライズンプールを生み出したことでも有名です。

バワは、1919年イギリス統治下のセイロンでヨーロッパ系の裕福な家庭に生まれます。
19歳で渡英し、ケンブリッジで英文学を学び、弁護士としての道を歩み始めます。
一度1946年にスリランカに戻り、その後長期の世界旅行に旅立ちます。旅行後、ベントタに理想郷を作ろうとしますが、自分の建築知識のなさに気付き、再び渡英し、建築を学びます。彼が建築家としてスタートしたのは38歳でした。
その後2003年の84歳でなくなるまでの約40年間、彼はスリランカの自然、歴史、文化を現代建築に融合させ、ホテル、公共施設、学校、住宅など精力的に活動を続けました。

そんな蘊蓄はさておき、一度バワ建築のホテルに滞在すれば、その素晴らしさを知らず知らずのうちに体感していることでしょう。

今度のお休みは、スリランカ観光がてら、バワのホテルでゆっくりされるのはいかがですか?

ジェフリーバワ建築のホテル

  • ヘリタンス・カンダラマ
    (1994/ダンブッラ)
    ダンブッラ寺院、シギリヤロックからインスピレーションを受け、自然と一体となるよう設計されたバワの最高傑作。山の中腹の岩肌に寄り添うように建てられ、目の前にはカンダラマ湖が広がる。このホテルを見ずしてバワは語れない。
  • ライトハウスホテル&スパ
    (1997/ゴール)
    個性的な螺旋階段を上り辿りついたのは、断崖絶壁の上に建つラウンジ。インド洋の先端を独り占めするかのような素晴らしい眺め。晩年のバワもここから眺めるサンセットをこよなく愛し、よく訪れていたといいます。ゴールの強烈な日差しの中、オアシスのようなホテルです。
  • ザ・ブルーウォーター
    (1998/ワッドゥワ)
    水の流れを取り入れた作りになっていて、直線を生かし、シンプルかつモダン。
    全体的に落ち着いた雰囲気が漂っていて、大人のリゾートという感じ。ハネムーンにもおすすめ。バワ建築の完成系であり最期の作品。
  • ルヌガンガホテル
    (1948-1998/ベントタ)
    世界旅行の後、バワが自分の理想郷を造ろうと思い立ったのがこの土地、ルヌガンガ。彼の建築家の原点であり、終わりを象徴する場所。現在はバワトラストの管理の下、運営されている。

    ガーデンツアーのみの訪問も可能です。9:00~16:30
    エントランスフィー:1,250ルピー

  • ベントタビーチホテル
    (1969/ベントタ)
    オランダ植民地時代の砦の跡に建てられたホテル。
    133室と大規模ホテルながら、過度な装飾がなく、落ち着いた雰囲気がホテル全体を包む。室内もシンプルで快適。
    長期滞在者にもおすすめ。
  • ヘリタンスアフンガッラ
    (1981/アフンガッラ)
    旧トライトンホテル。
    バワが生み出したというインフィニティープールは、インド洋のサファイアブルーに流れ込むような錯覚を起こす。そのプールの左右対称に配置された各部屋は、黒、ベージュ、ゴールドの色調でモダンなインテリアである。
  • ホテル・セレンディブ
    (1970/ベントタ)
    ベントタの老舗リゾート。
    バワの作品の中でも初期のホテル。
    ヤシの木に囲まれて建ちスリランカ様式の外観とモダンな室内のギャップがおもしろい。
    価格も手ごろなので、ファミリーも多くにぎやかな雰囲気。
  • ネプチューンホテル
    (1976/ベントタ)
    バワの初期建築を代表するホテル。大掛かりな改装を行っておらず、白と黒を基調としたモダンシンプルなバワのコンセプトをそのまま保っている。バワのイメージは直線だが、ここは曲線を多用していてコロニアルの雰囲気が感じられます。
  • カニランカ・リゾート&スパ
    (1996/カルタラ)
    カルガンガ川がインド洋に注ぎこむ場所に建てられたホテル。広い敷地の中ゆったりと建てられており、開放感あふれるロビー、回廊とバワテイストを感じられる。日本人ゲストはまだ少ないとのこと。
  • パラダイス・ロード・ザ・ギャラリー・カフェ
    (1963/コロンボ)
    かつてバワがオフィスとして使っていたものを改装。
    コロンボの喧騒から一本道を入れば、オアシスのような空間が広がる。静かで落ち着いた雰囲気の中で、ティータイム。おいしい食事も楽しめる。
    店内にはショップも併設されていて小粋な雑貨もそろう。
  • ルフヌ大学
    (1988/マータラ)
    スリランカで一番新しい大学もバワの建築。
  • 国会議事堂
    (1982)
    政府の要請を受けたバワは大変な苦労をして、わずか3年で竣工させた。

ジェフリーバワについてもっと知りたい方へ

"Geoffrey Bawa:The Complete Works" David Robson (著), Geoffrey Bawa (著) / Thames & Hudson (2002/11)
"Beyond Bawa"David Robson (著), Richard Powers (写真) / Thames & Hudson; illustrated edition版 (2007/12/31)
"Bawa:The Sri Lanka Gardens" David Robson (著), Dominic Sansoni (写真) / Thames & Hudson (2009/4/27)
"Sri Lanka Style: Tropical Design And Architecture" Channa Daswatte (著), Dominic Sansoni (写真)
/ Periplus Editions (2006/6/15)

お役立ちサイト

  • 空港駐車場 サンパーキング
  • AIUの海外保険
  • エース保険
  • 外貨プリペイドカード
  • ショッピングクレジット
  • 海外ホテル予約 アップルワールド
  • みゅうワールド
  • おみやげ宅配サービス ギフトランド
  • 海外用ルーター

お問い合わせ先

お客様のご要望に充分にお応えし、+α(プラスアルファ)の感動を提案させていただくために、ご来店は予約をお願いしています。
ご来店予約ご来店の際は、旅への思いを存分にお聞かせください。最大限の準備をしてお迎えいたします!
ご予約は「 来店予約フォーム」をご利用ください。また、お電話でのご予約も可能です。(定休日と営業時間について

アジア

▲スリランカの海外旅行・ツアーTOPへ

スリランカのページです。スリランカの海外旅行・ツアーをお考えならエス・ティー・ワールドへ(STW)へ!スリランカの海外旅行・ツアーのプランを多数お取り扱いしております。スリランカの海外旅行・ツアーならエス・ティー・ワールド(STW)!

海外旅行・海外ツアーのエス・ティー・ワールドCopyright © 2002-2014 STWORLD, Inc. All Rights Reserved.