麗江古城の見どころ

世界文化遺産・麗江古城

中国雲南省、標高2400メートルに位置する麗江は、宋代の末期の1126年に、少数民族のナシ族によって建設された町です。その後、近隣のチベット、雲南の少数民族の影響を受け、麗江に独自の景観を作り上げた。これが現在の旧市街である。瓦葺の屋根が軒を連ねる旧市街には、石畳の道が縦横に走り、水路が網の目のように張り巡らされています。水路には、玉龍雪山から流れる玉龍江の澄みきった水が、絶えず供給されています。独特な民族文化と歴史、中国の他の古城では見られない特異な街並み、古代の伝統が息づく文化財など、世界の貴重な共有文化遺産として高い評価を受けています。ナシ族、漢族、白族、彝族、チベット族といった各民族の特徴が見られる建築群が、民族発展史、都市建設史のすばらしい資料であり、文化的遺産であるとして、1997年末に世界遺産として登録されました。

おすすめポイント

弊社STWと中国観光局と雲南省観光局のタイアップ企画「中国旅で見つける!世界文化遺産・麗江古城の魅力」を大公開!

麗江古城の見どころ

麗江旧市街

旧市街は古い町並みが整備・保存され、多くの建物が商店・飲食店・宿泊施設に利用され、内外から多くの観光客が訪れる観光地となっています。夜は深夜0時までライトアップされ、夜遅くまで観光客が途切れることが無いです。旧市街地には木府と呼ばれる旧領主の政庁などが有料で公開されているが、市街地そのものは無料で入場できます。

おすすめポイント

旧市街地の北側は観光客が多く観光客向けの商店などが多いが、南側は住民用の市場などがあり、ナシ族の現在の生活が垣間見られます。

写真1

写真2

玉龍雪山

玉龍雪山は玉龍雪山国家重点風景名勝区として入場が有料となっており、ロープウェイやリフト、野外劇場などが整備されています。氷河公園までのロープウェイは、下部駅の標高3356メートルから氷河公園駅の標高 4,506 メートルまで、標高差 1,150 メートル、全長 2,968 メートルのロープウェイが通じており、これはロープウェイで到達できる標高としては、ベネズエラのメリダ山脈のロープウェイの 4,7 65 メートルに次ぎ、世界で2番目の高標高地点となっています。

おすすめポイント

玉龍雪山に登られる方は、その前に麗江市内(2,400m)で何日間か過ごされてから、行くことをおすすめします。特に年末の時期は、人も少なめで、天気の良い日が多いので、絶対おすすめです。

四方街

麗江古城の中心となる大きな広場です。ここは茶馬古道という昔の東西通商ルートの重要な拠点のひとつでした。茶馬古道は唐代に始まったとされ、中国の茶の産地からラサやネパールを通って、西アジア、紅海沿岸にまで到達する、約4000キロにもおよぶ商売の道です。主な移動手段は馬ではなくラクダです。

STWスタッフからのコメント

「茶馬古道」という名に含まれている「馬」は、移動手段ではなく、交易商品のことを指しているのです。

写真3

写真4

木府

木府はナシ族の族長である木氏の邸宅です。ナシ族の族長であった阿甲阿得という人が明の頃、皇帝の朱元璋から「木」という姓をもらい、木氏が誕生しました。朱元璋が「木」という姓を与えたのは、ナシ族が太陽と木を重要視していたからです。太陽は東から昇りますが、東は木に属することとなっている方角なのです。

白水台

「白水台」は中国雲南省の世界遺産「雲南保 護地域の三江併流群」の一部として、世界遺産 に登録されています。ユおよそ5,000万年前にラシア大陸とインド亜大陸が衝突したときにできた複雑な地形の間を縫うように、アジアを代 表する3つの大河が交わらずに流れる様子が、豊かで美しい自然環境を作り上げました。
石灰分を豊富に含む地下水が湧き出し、長い年月をかけて白く光る棚田を作り上げた「白水台」は、上に行けば行くほど白くなり、目にまぶ しいほどの光を放ちます。「天池」と呼ばれる中央部は特に美しく、白いあぜ道には粉雪のような結晶が降り注ぎ、黄色や青緑とカラフルな色へと変化したプールには、清く透明な水が絶えず流れ込んできます。 上から下へと水しぶきをあげ流れ落ちる川。その水しぶきが作り出す波紋と水のゆらめきが「白水台」が、 今なお生きて成長しているかのように見えます。

写真5

STWスタッフからのコメント

青く澄み渡る空の下、キラキラと白く光り輝くタイドプールには、透き通った水をたたえています。川の流れる音だけが聞こえる。天女が降りてきそうな「白水台」の美しさは、言葉にできません。 綺麗な景色だけでなく、白水台はトンパ文化発祥の地としても知られています。

写真6

印象麗江/標高世界一の露天実演ショー

「印象麗江」は中国映画の巨匠、北京オリンピック開幕式の総指揮である張芸謀(チャン・イーモウ)と、王潮歌、樊躍の鉄壁トリオが、2004年から自然景観を背景とした演劇で都市の印象を表現する都市山水実景ショー・「印象シリーズ」に取り込んできました。澄み渡った青空、天をつく玉龍雪山、原始的な民族舞踊と素朴な歌声、「印象麗江」の魅力は何と言ってもその雄大さにあります。標高3100メートルの玉龍雪山にステージが設けられ、地元の少数民族の農民総勢500人が動員されています。演出は昼間に行われ、輝かしい照明効果がなく、ありとあらゆるものは自然的で真実です。

公演時間:
毎日9時〜11時 14時から〜約60分 雨の日 休み
座席:
2840席
入場料:
260元

STWスタッフからのコメント

この壮大な麗江風景と古いナシ族の風習を、観光客は感動とともに感じられます。

麗江の名物料理

STWスタッフからのコメント

麗江古城の中心部にある四方街は、屋台や食堂などが所狭しとひしめき合っており、雲南名物料理を堪能できます。下記に、麗江の名物料理を幾つかご紹介します。当然これだけが名物料理ではありません。麗江の古い町並みをのんびり散歩しながら雰囲気に浸りつつ、ぜひご自身でも発見してみてはいかがでしょう。

鶏豆涼粉
東南アジアにも輸出されている大理州(麗江と接する)特産の鶏豆の澱粉から作った料理です。
吹肝
新鮮な豚レバーを膨らませ、塩付けして天日干ししたものです。加熱してスライスし、パセリ、ごま油、しょう油、お酢、ねぎ、しょうがを加え、混ぜて食べます。
氷粉涼宵
愛玉子のように、特別な種子を布で包み水中で練り、できあがったゼリー状のものに、砂糖とバラの花びらで作ったバラ飴と、海老の形をした米で作ったトコロテンを加えて食します。
麗江ババ
小麦粉、卵、黒砂糖の甘いあんと、ネギ、ハムなどが入った総菜風のあんがあります。丸い形にまとめて油で揚げてから、釜の内壁に貼り付けて焼き上げています。
ナシ族風焼き肉
赤身と脂身が混じった豚バラ肉を皮が飴色パリパリになるまで焼き、スライスしたものです。余分な脂が落ち、ゼラチン質の甘みが口の中に広がり、赤身が軟らかいのに皮はカリッと香ばしいのです。

中国の海外旅行・ツアー TOP 海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 北欧旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 中欧旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アイスランド旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 バルト三国旅行 ヨーロッパ旅行
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコール遺跡カンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行特集 沖縄旅行 日本国内旅行
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米・中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ・ジャマイカ・アンギラ他カリブ旅行
ペルー旅行 ボリビア旅行 ブラジル旅行
アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
ページのトップへ