国旗

スペイン

現地ネットワーク

海外旅行・ツアーTop > スペインの海外旅行・ツアー > スペイン エリア情報 > バルセロナ旅行

バルセロナBarcelona

バルセロナのツアー

スペインで最も人気のある観光都市、バルセロナ。観光の目玉は、市内に点在する建築家アントニオ・ガウディの芸術作品。他にもピカソやダリ、ミロなどの美術館は見所十分。「芸術の町」バルセロナを心ゆくまま散策しよう!
あと、忘れてはいけないのがサッカー!世界最高峰のサッカーといわれるリーガ・エスパニョーラ。本場バルセロナで圧倒的なプレーを間近で見れば感動間違いなし!

バルセロナ

バルセロナのお得なツアー

ページのトップへ

バルセロナのみどころ

  • サグラダ・ファミリア聖堂

    サグラダ・ファミリア聖堂 1882年に建築家フランシスコ・デ・ビヤールが着工し、1891年からアントニオ・ガウディが引き継いだが、彼の死後いまだ建設が続いている。エレベーターで展望台に上がるとバルセロナ市街が一望できる。
    【料金】8ユーロ、エレベーターは別途2ユーロ
    【休み】1/1,1/6,12/25,12/26の午後
    【最寄駅】SAGRADA FAMILIA

  • グエル公園

    グエル公園 ガウディのパトロンであり良き理解者でもあったグエル伯爵と組んで都市再開発に臨み、最初に手がけた公園。ここからもバルセロナの街の素晴らしい眺望を楽しめます。モザイクタイルを使ったベンチや大階段、ガウディが亡くなる一年前までに住んでいた家など必見です。
    【料金】無料、ガウディ博物館4ユーロ
    【休み】1/1,1/6,12/25,12/26(ガウディ博物館のみ)
    【最寄駅】LESSEPS

  • カサ・ミラ

    カサ・ミラ カタルーニャ・モダニズムの最高傑作とされる。曲線を帯びた建物は、モンセラットの山からヒントを得たという。最上階はガウディ建築に関する博物館となっている。ラ・ペドレラという愛称でも親しまれ、世界遺産にも登録されている。
    【休み】1/1,1/6,1/9~1/15,12/25,12/26
    【料金】8ユーロ
    【最寄駅】DIAGONAL

  • カサ・バトリョ

    カサ・バトリョ 富豪バトリョ家が増改築のためガウディに依頼した邸宅。この建物のテーマは海。外壁に埋め込まれたガラスモザイクは、海面に光が乱反射しているかのように輝いている。目の前はバルセロナのメインストリートの一つであるグラシア通りに面し、隣のCASA AMATLLERなどと共に街の景観を彩っている。日本語の音声ガイドも貸し出しあり。
    【休み】1/1,12/25
    【料金】16,50ユーロ
    【最寄駅】PASSEIG DE GRACIA

  • モンジュイックの丘

    モンジュイックの丘 市の南西部にある小高い丘、標高173メートル。広大な緑地地帯に美術館やスポーツ施設が点在し、丘の頂上からはバルセロナの町が一望できる。

  • カタルーニャ美術館

    カタルーニャ美術館 スペイン、カタルーニャ地方のキリスト教美術を展示する美術館。カタルーニャ地方に発達したロマネスク壁画は必見のすばらしさ。ピレネー山麓各地に点在する教会から集められた壁画が何室にもわったて展示されている
    ◎主な展示品
    「全能のキリスト」「聖母子」
    【休み】月、1/1,5/1,12/25
    【料金】8,50ユーロ
    【最寄駅】ESPANYA

  • ピカソ美術館

    ピカソ美術館 14世紀頃に貴族の館が多く残るモンカダ通りの一角にある。ピカソが9歳のときから「青の時代」までがおもに展示されている。
    ◎主な展示品
    「初聖体拝受」「女官たち」「鳩」
    【休み】月,1/1,5/1,6/24,12/25,12/26,(また2008年1/7-1/14は展示品入れ替え作業のため休館)
    【料金】6ユーロ
    【最寄駅】JAUME I

  • オリンピック・スタジアム

    オリンピック・スタジアム 1929年の万国博覧会の会場として造られた競技場。バルセロナ・オリンピックを機に5万500人を収容する巨大なスタジアムに改装される。現在はおもに地元サッカーチームの試合会場として使われている。

  • ミロ美術館

    ミロ美術館 ジョアン・ミロ自身によって寄贈された300点近い油彩と彫刻を中心に1975年に開館した。ふんだんに採光を取り入れた造りでひろびろとした館内の美術館は、ミロの友人だったホセ・ルイス・セルスの設計による。
    【休み】月,1/1,12/25,12/26
    【料金】7,2ユーロ
    【最寄駅】フニクラのパルク・モンジュイック駅

  • カテドラル

    カテドラル 13世紀末から15世紀に建てられ、完成までには約150年かかったというバルセロナで最も古い建築物の一つ。旧市街を代表する建物で、ゴシック様式の特徴でもある尖塔がその正面にみられる。中には中央祭壇があり、その地下にはバルセロナの守護聖女サンタ・エウラリアが安置されている。
    【最寄駅】JAUME I

  • ランブラス通り

    ランブラス通り カタルーニャ広場と港側のコロンブスの塔を結ぶ、並木が続くバルセロナ旧市街の目抜き通り。通り沿いにはサン・ジュセップ市場やリセウ劇場があり、道の中間地点あたりではミロのモザイクタイルも見ることができる。他にもお土産屋やホテル、カフェなどが軒を連ね、観光客で賑わっている。

  • グエル邸

    グエル邸 ノウ・デ・ラ・ランブラ通りにあるグエル邸は、ガウディが1886年から1888年にエウセビ・グエル伯爵のために設計した豪華な邸宅。世界遺産にも認定されている、この建物がガウディ独特の建築様式を用いた最初の作品。柱の組み合わせや放射線状のアーチ、ドーム、多岐にわたる建築資材の使用、屋上の煙突に用いられた「トレンカディス」と呼ばれる陶器の破片を用いた装飾など、ガウディの独創性が表われている。

  • コロニア・グエル教会

    コロニア・グエル教会 バルセロナから12kmほど離れた場所にあり、ガウディ作品の中で、最も独創性に富んだものとして賞賛される世界遺産の教会。1898年に着工されたこの教会は、1917年最終的に完成を見ないまま建設が中止になった。天井のリブ構造の双曲線放射面と傾斜した柱は何とも言えない、落ち着いた雰囲気を醸し出している。

  • カサ・ビセンス

    カサ・ビセンス グラシア地区の中心、カロリネス通り18番に立つビセンス邸は、ガウディが最初に手がけた重要な建築物。1883年から1888年にタイル工場の経営者マヌエル・ビセンスにより依頼された建築で、石材とレンガ、そして陶器を駆使した建物ではムデハル様式に着想を得ている。ビセンス邸の所有者は個人のため、見学は外観のみ。

  • カタルーニャ音楽堂

    カタルーニャ音楽堂 このコンサートホールは、地元の合唱団オルフェオ・カタラの本拠地として、1905年から1908年に建設された。この設計を手がけたのは、ルイス・ドメニック・ムンタネール。このカタルーニャ音楽堂は、まさにバルセロナの文化、芸術、音楽を象徴する建物といえます。モデルニスモ建築の名宝ともいわれるこの建物はユネスコの世界遺産に登録されている。

  • サンタ・クレウ・イ・サン・パウ病院

    サンタ・クレウ・イ・サン・パウ病院 エシェンプレ地区9ブロック分の敷地を占有するこの建物は、市営病院としてドメネック・イ・モンタネールによって設計された。敷地内48の病棟の周囲は手入れされた庭園で囲まれている。ユネスコの世界遺産に登録されている。サグラダ・ファミリアとは道一本でつながっているので、合わせて見たい建築物である。

  • カンプ・ノウスタジアム

    カンプ・ノウスタジアム スペインサッカーリーグのリーガ・エスパニョーラは世界でも注目のリーグです。
    その中のFCバルセロナの本拠地であるカンプ・ノウスタジアムは数々の歴史、奇跡を生みました。スペインでは毎試合スタジアムが満員になるほど人気で、その活気に包まれながらのサッカー観戦はやみつきになります。スタジアム見学では実際に選手が通る道、ピッチの近くまで見学でき、ミュージアムでは奇跡の証が残されています。

ページのトップへ

バルセロナのおすすめホテル

バルセロナ Barcelona

コロン
  • ホテル詳細
  • このホテルに泊まる

カテドラル近くにある4つ星ホテルです。
クラシカルなヨーロッパらしい雰囲気が特徴的です。
女子旅やハネムーンにお勧めです!

コロン
フロント

バルセロナ Barcelona

アイレホテルロゼロン
  • ホテル詳細
  • このホテルに泊まる

サグラダファミリアから徒歩約1分、好立地な4つ星ホテルです。 屋上テラスや食堂からいつでも教会が眺められ、 時間帯によって変わる様々な世界遺産の表情を間近で楽しめるのが最大の魅力です。 「せっかくバルセロナに来たなら、サグラダファミリアを堪能したい!」 そんなお客様へ是非おすすめしたいホテルです。

アイレホテルロゼロン

バルセロナ Barcelona

ホテル オム
  • ホテル詳細
  • このホテルに泊まる

ホテル オムはグラシア通りから1ブロックの所に建つ大変個性的なデザインホテルです。カタルーニャ広場やカサ・ミラは徒歩圏内です。 ホテルの室内は趣の異なる照明があしらわれており、部屋の配置とデザインから、それぞれが風変わりな空間を作り出しています。 バスルームはオープン設計で自然光が射し込むようになっており、部屋全体をさらに広く見せています。 1階にはミシュラン1つ星のレストラン「Roca Moo」がある。 屋上のテラスバーからはサグラダファミリアやカサ・ミラといったガウディ建築やモンジュイックを望むことが出来る。

ホテル オム
ページのトップへ

バルセロナのオプショナルツアー

STWベアフット<バルセロナ発>サグラダファミリア入場&エレベーター券付き日本語市内観光【STB04】

サグラダファミリア入場ファストパス付き!
STWバルセロナ支店から出発し、サグラダファミリアへ入場。サグラダファミリア入場チケット&オーディオガイド&エレベーター券付き。
カサ・ミラ、カサ・バトリョ、カサ・アマトリェールなど、モデルニスモ建築の傑作群を眺めながら日本語アシスタントがご案内。
地下鉄と徒歩で、ガウディ建築の数々をお楽しみください。
【STB04】

ツアー詳細

ツアー代金

大人料金
80ユーロ
子供料金
70ユーロ

STWベアフット ガウディ建築 人気の2か所へご案内 グエル公園&カサ・ミラまたはカサ・バトリョ入場券手配(日本語アシスタントがご案内) 【STB07】

STWバルセロナ支店から出発し、バス(または地下鉄と徒歩)でグエル公園へ。
地下鉄にてディアゴナル駅へ移動、徒歩でカサ・ミラ、カサ・バトリョをご案内。
カサ・ミラまたはカサ・バトリョの入場券をお渡しして解散となります。
カサ・ミラ選択の場合【STBM7】
カサ・バトリョ選択の場合【STBB7】

ツアー詳細

ツアー代金

大人料金
60ユーロ
子供料金
50ユーロ

STWベアフット1日でバルセロナの見どころを満喫!サグラダファミリア&旧市街&バル巡り★【STBPF】

サグラダファミリア入場ファストパス付き!
STWバルセロナ支店から出発し、サグラダファミリアへ入場。サグラダファミリア入場チケット&オーディオガイド&エレベーター券付き。
カサ・ミラ、カサ・バトリョ、カサ・アマトリェールなど、モデルニスモ建築の傑作群を眺めながら日本語アシスタントがご案内。
午後は旧市街にタイムスリップツアーへ!
人気のバルにも巡る、お得&満腹ツアーです。
【STBPF】

ツアー詳細

ツアー代金

大人料金
155ユーロ
子供料金
120ユーロ
ページのトップへ

バルセロナのグルメ

  • LOS CARACOLES(ロス カラコレス)

    LOS CARACOLES(ロス カラコレス)

    ランブラス通りから細い道を一本入ったレイアール広場近くにあるこのお店。魚介類をふんだんに使ったパエリアや、エスカルゴ、野菜や魚介のタパスなど、どれも文句なしのおいしさです。店内は伝統を感じるような趣があり、とても落ち着いてお食事ができます。研修スタッフおすすめのお店です!

  • 7 PORTES(セッテ・ポルタス)

    7 PORTES(セッテ・ポルタス)

    1836年創業の老舗。かつてはピカソやダリも訪れた名店です。海の幸と山の幸のミックスパエリアが自慢。伝統的なカタルーニャ料理が楽しめます。

  • BAR DEL PLA(バー・デル・プラ)

    BAR DEL PLA(バー・デル・プラ)

    バルセロナ旧市街の中ほどにあるこちらのは、地元のお客さんでも賑わうバルです。生ハムやアンチョビなどどれもおいしいですが、中でもポテトフライが絶品です。ほんのりニンニクが香るアリオリソースとピリ辛のブラバスソースがかかったポテトは、一度食べたらやみつきになります。

  • LA PLATA (ラ・プラタ )

    LA PLATA (ラ・プラタ )

    海のあるバルセロナならではの、海鮮がおいしいバルです。飾らないこじんまりとした店内ですが入りづらさはなく、1945年から続く本場のバルの雰囲気を味わえます。メニュー自体が少ないですが、何といってもおすすめは小魚のフライです。熱々の状態で出されるフライがあると、ビールがとまらなくなります。

  • CITRUS (シトラス)

    CITRUS (シトラス)

    こちらは、カサバトリョの斜向かいに位置するモダンな内装のレストランです。窓には大きなガラスがはめ込まれているので、グラシア通りを眺めながら優雅に食事を頂けます。ここでは、見た目にも可愛らしいお料理が出てくるので、味はもちろん目でも楽しめます。

  • EL GLOP (エル・グロップ)

    EL GLOP (エル・グロップ)

    カサバトリョから徒歩で2分程度で行ける好立地のレストラン。気さくな店員さんが多く温かみのある店内で、ゆっくりとした時間を楽しめます。おすすめは、ロメスコソースというカタルーニャ地方の名物をかけて食べる野菜の酢漬けです。これらをパンに乗せると、その香ばしさと野菜の酸味とソースが絶妙にマッチします。

ページのトップへ

バルセロナの旅行記

ページのトップへ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 北欧旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 中欧旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アイスランド旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 バルト三国旅行 ヨーロッパ旅行
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコール遺跡カンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行特集 沖縄旅行 日本国内旅行
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米・中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行 南極旅行
ページのトップへ