ミャンマー 随一のリゾート

ガパリ Ngapeli

インドの対岸・ベンガル湾に面したガパリビーチは、イギリス植民地時代にイタリア人が、
遠く故郷のナポリの海を偲んでつけた「ナポリビーチ」がその語源と言われています。
ベストシーズンは10月~4月!白砂のビーチと手付かずの自然が残る、のんびりとした
雰囲気が漂い、欧米人やミャンマー駐在の日本人、裕福なミャンマー人には絶大な人気
を誇るビーチとなっています。

~企画者より~

日本人には馴染みの薄いミャンマー。実は!観光スポット満載!!観光資源に恵まれた、知る人ぞ知る、
穴場のアジアンカントリーです。長い間、軍政支配が続いていた国なので、暗いイメージがあるかもしれませ
んが、実際のミャンマー人達は実に明るくて、穏やか♪そんなミャンマーにも、美しい白砂が広がるビーチリ
ゾートが存在しました~!手つかずの自然、どことなく懐かしい雰囲気を感じ取れます。遺跡&ビーチという
セットプランでお楽しみください♪

ミャンマー地図 私が行ってきました~!!

STWでガパリへ行く3つのメリット

STWはビーチリゾート専門会社!穴場のビーチリゾートまで完全網羅♪
STWはモルディブを皮切りとし、数多くのビーチリゾート滞在プランを手掛けてきました。
今後期待がされるミャンマービーチリゾートも例外ではありません!ビーチリゾートに精通
したスタッフがお客様1人1人に合わせたご希望のプランを提案させて頂きます♪
STWの現地オペレーターは、ミャンマーをこよなく愛す日本人!
STWと提携している現地オペレーターは、ミャンマーをこよなく愛したために、現地での
永住を決めてしまいました!そんなミャンマー愛120%のネットワークで皆さんの旅行をサ
ポートします。オーソドックスな周遊プランはもちろんのこと、奥様がミャンマーの避暑地、
シャン州の出身ということもあり、トレッキングや農村体験、ホームステイなどのマニアッ
クプランも豊富に取り揃えております♪
STW限定!脅威のワンコイン保険!トラベルプラスガード♪
ご旅行前の不安は、海外旅行保障トラベルプラスガードにお任せ下さい!
  • ご旅行前の突然のトラブルにも対応 旅行キャンセル料保障!
  • 旅行中のケガ、事故等の治療費の保障
  • 海外旅行特有の「困った」も保障
  • 1日わずか500円!
  • 掛け捨てにならない!2回目以降は掛け金繰越

ガパリってどうやっていくの??

ミャンマー中心都市ヤンゴンから飛行機で最短50分で行けます!
車だと約15時間かかり、陸路移動では非常に困難ですが、ミャンマーは国内線が各都市間で運航しているので、らくらく移動ができちゃいます♪ガパリへの入り口は、サンドウェ
(Thandwe)空港となります。

サンドウェからガパリビーチへは車で約20分前後。サンドウェ空港にはタクシーはありませんので、滞在ホテルへの移動はホテル送迎車が一般的となります。
ヤンゴンのみならず、バガンやヘーホー(インレー湖観光の拠点)からもフライトがありますので、寺院・遺跡観光や高原リゾート観光と組み合わせた日程も可能です!

ガパリってどんなところ??

ガパリの見どころって?

ガパリの最大の見所は、言うまでも無くビーチ!全長5kmほど続く白砂のビーチを有し、
他国のビーチリゾートにはあまりない、どことなく懐かしい雰囲気を感じさせます。食事は、
ヤンゴンなどでは味わえない新鮮な魚介類の料理を堪能することができます。?

ガパリのホテルって?

ホテルは、どのホテルもオンザビーチと好立地。ただしプライベートビーチではないので、時折、地元の海水浴客や貝殻で作ったアクセサリーを売る人たちがいますが、執拗に売り込む様なことはせず、いたって穏やかです。

ガパリの海の楽しみ方って?

海はというと、小さな白波が立つほどの波のため、海底の砂が巻き上げられてか、透明度は今一歩。しかしながら、沖合いにはいくつか島があり、シュノーケリングなどはそこで楽しめます。
デラックスホテルであれば、ホテル主催のエクスカーションツアーがあります。無人島のパール島で一人20$ほど。 サーフィン、カヤックなどのアクティビティはホテルによって異なりますが、概してマリンスポーツをする人は少なく、浜辺のデッキチェアーにてのんびりと日光浴や読書を楽しむ欧米人が目立ちます。ビーチに平行して走るメインロードも実に素朴。
街は、大きなホテルの前にローカルのレストランや、アクセサリーや木彫りの飾りを売る掘っ立て小屋のおみやげ物屋が3~4軒並ぶのみで、あとは椰子の木や緑豊かな並木道となっています。

ローカルレストランでは、新鮮なシーフードが驚きの料金で楽しめます。また、ミャンマー料理やシーフードに飽きたら、ホテル内のレストランにてイタリアンやジャンクフードも楽しめます。

こんな方におすすめ!

何よりも、、メジャーなリゾートにはない『素朴さ』を求めてるお客様へおすすめしたい場所です。
お土産店が立ち並んでいるわけでも、ショッピングモールがあるわけでもありません。あるのはのんびりとした穏やかな空気だけ。「有名どころのリゾートは行った事がある、、知られていない穴場リゾートへ行きたい!」「アジア系の団体旅行者が来ないところへ行きたい!」「素朴なビーチで、ひたすらのんびりしたい!」そんな想いを叶えてくれる、実は秘密にしておきたいビーチです。

どんなホテルがあるの?

どのホテルもオンザビーチと好立地!デラックスクラスのリゾートホテルには、バンガローやヴィラタイプの客室を構えるホテルも多く、優雅で快適なリゾートライフを過ごせます。
洗練された、確立されたサービスが期待できる、リッツ、コンラッド、バンヤンツリーといった国際級のホテルは残念ながらまだありませんが、型にはまらない、正直で素朴な暖かさを感じることができるリゾートです。

お勧めのホテル

ヒルトン・ガパリリゾート

ヒルトン・ガパリリゾート

2015年1月オープン。サンドウェイ空港から車で5分と最も空港から近い最新リゾートです。全51室の客室はデラックス(レイクビュー94㎡、ジャグジー)とヴィラスイート(レイクビュー130㎡、オーシャンビュー127㎡ プール)と広々とした贅沢空間。インフィニティプールやレストランバーも3箇所(Flow、Shore、The Lounge)があり、優雅な滞在をお楽しみ頂けます。
ホテルの玄関に入りロビーを抜けると海へと続く美しいプールが特徴で、敷地内には、ビラ・コテージ群の中央に巨大な池もあり、より一層の趣を感じさせます。

アマラオーシャンリゾート

アマラオーシャンリゾート

2011年オープンの隠れ家高級リゾート。サンドウェイ空港から北、(デラックスホテルが集まるエリアとは逆方向)へデコボコの小路を車で約15分進むと、広大な敷地のホテルが姿を現します。緑豊かな玄関のアプロ-チからロビ-を抜けると再び広々とした庭園が目の前に。ヤシの木が立ち並ぶ庭園の先には真っ白い砂のビーチと青い海と空が広がります。全室バンガロータイプのお部屋はプライベート感抜群で、リビングルームが70㎡とゆったりした造りとなっています。また、全室から海が望めるように2列目のバンガローは高床式。静かな環境でのんびりと過ごしたい方に最適のホテルといえます。

アマタリゾート&スパ

アマタリゾート&スパ

2004年オープン。サンドウェイ空港から車で約30分の4つ星リゾートです。オープンエアーのエントランスから、スタイリッシュに造られた回廊をくぐると、プールと海へつながっています。施設内は木々が生い茂り、ネイチャーテイスト溢れる雰囲気になっており、一歩足を踏み入れれば、心やすらぐ空間が広がっています。全約60部屋の客室は、全室バルコニー付きで、シンプルで落ち着いた造りとなっています。

アメイジング・ガパリリゾート

アメイジング・ガパリリゾート

2004年オープン。サンドウェイ空港から車で10分の立地で、アセアン・グリーンアワードを受賞した自然との共存をコンセプトにうたう高級ホテルです。全約50部屋の客室は、全室ヴィラタイプで、周囲には緑豊かなココナッツの木々や南国植物で囲まれ、お部屋内は、明るめのブラウン系や、オレンジ系カラーなどが使用され、暖かい雰囲気を持つ空間になっています。

ミャンマーの海外旅行・ツアーTOP / 海外旅行の専門店 エス・ティー・ワールド

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 北欧旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 中欧旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アイスランド旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 バルト三国旅行 ヨーロッパ旅行
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコール遺跡カンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行特集 沖縄旅行 日本国内旅行
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米・中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ・ジャマイカ・アンギラ他カリブ旅行
ペルー旅行 ボリビア旅行 ブラジル旅行
アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
ページのトップへ