よくあるご質問

ドローン よくあるご質問

FAQ

ドローンが欲しいけれど、使い方が分からない。どこで飛ばしたらいいの? 練習出来る場所はどこにあるの?ライセンスって必要なの?どんな種類があるの?いくらかかるの?や、 また、当ドローンスクールへのご質問についてお答えします。

ドローン飛行について

Q.

ドローンは誰でも、どこでも飛ばす事が出来ますか?

A.

ドローンを飛ばすにあたって、「航空法」が適用され、150m以上の空域・人口集中の上空・空港周辺の空域は飛行が禁止されています。また、自治体の規制がある場所や、個人所有の土地の上空、電波法等許可申請が必要になります。

Q.

200g以下のドローンならば、好きな場所で飛ばせますか?

A.

今までは200g以下のドローンは「航空法」の対象にならなかったのですが、2020年12月に国土交通省の発表で今後200g以下のドローンでも「航空法」の適用になる旨の記載がありましたので、規制が厳しくなります。

Q.

ドローンの免許はいつから必要になりますか?

A.

2022年以降に免許制が導入されるようです。 予定では、一等資格(第三者上空飛行に対応)及び二等資格に区分され、機体の種類や飛行方法に応じて分けられるようです。 その前にドローンスクールでライセンスを取っておくことをお勧めします。 STWドローンスクールなら、最短2日間で、JUIDA認定ライセンスが取得可能です。

Q.

ドローンツアーとは何ですか?

A.

ドローンツアーは、お客様に代わって、観光スポットなどの飛行撮影許可の申請まで当社で行う、手間いらずのツアーです。 ドローンツアーを募集している団体はありますが、ツアーとして企画している旅行会社はほとんどありません。 STWは旅行会社が経営するドローンスクールを運営しているため、インストラクターが同行するドローン撮影ツアーが実現しました。

Q.

海外でドローンは飛ばせますか?

A.

ドローンは持ち込みができる国と出来ない国があります。 また、持ち込めたとしても、飛行許可が無いと飛ばせないところがほとんどです。事前に調べておく必要があります。 STWは旅行会社が経営するドローンスクールで、海外でドローンを飛ばすツアーも販売を予定しています。

スクールについて

Q.

どのドローン団体に所属するスクールを選んだら良いですか?

A.

現在は様々な団体がドローンスクールを運営しています。必ず国土交通省の認可を受けた団体のスクールを選びましょう。 代表的な団体はJUIDAとDPAです。JUIDAは現在スクール数も多く、ライセンス発行数も多いの為信頼できます。 STWドローンスクールは、JUIDA認定スクールです。

Q.

ドローンライセンスは何日で取得できますか?
また、受講料金はいくらですか?

A.

スクールによって違いはありますが、ライセンス取得するには、座学と実技で3日~4日掛かるのが一般的です。 金額は25万円前後で取得できるコースがあります。
STWドローンスクールなら、最短2日間、188,000円~で、JUIDA認定資格が取得できます。

Q.

ドローンスクールで、ドローン操縦体験はできますか?

A.

STWドローンスクールでは、気軽にご参加いただける、ドローン練習プランをご用意しています。 ドローン初心者の方も、しばらくドローンに触れていなかった方も。 ドローン団体JUIDAのインストラクターが安心して楽しく飛ばせるよう、 インストラクターが、丁寧にレクチャーいたします。

Q.

ドローンスクールの説明会はありますか?

A.

STWドローンスクールでは、随時、無料体験説明会を行っております。 当校のカリキュラムについての案内だけでなく、 ドローン業界の今後についての説明や、実際にドローンの飛行体験も行います。

Q.

youtubeで観るようなかっこいい空撮動画が撮れるようになりますか?

A.

STWドローンスクールにて、ライセンス取得プランを受講いただくことで、 ノーズインサークルやスクエア飛行など、撮影スキルが身に付きます。 ライセンス取得を目的とするスクールが多い中、当スクールではレジャー目的の動画撮影のノウハウも学べます。 また、さらなるスキルアップを目的としたプランもご用意しております。

ドローンの資格 ライセンスについて

Q.

ドローンスクールではどのような資格が取れますか?

A.

STWのドローンスクール ソラガク大阪和歌山校では、JUIDA認定の操縦技能証明証、安全運航管理者証明証を取得する事ができます。 ウミガク東京神奈川三浦校では、水中ドローン安全潜航操縦士を取得できます。

Q.

ドローンのライセンス資格は、ドローンの免許と同じですか?

A.

現在は免許は制度化されていませんが、操縦技能証明証は、国土交通省の所要要件を満たしているので飛行許可申請の書類をいくつか簡略化できるメリットがあります。また、安全運航管理者の証明証が取得できることで、複数ドローン操縦士がいる中でも現場監督などの役割を担うことも出来ます。

Q.

空中ドローンのライセンスがあれば、水中ドローンも操縦できますか?

A.

空中ドローンと水中ドローンのライセンスは異なります。 空中ドローンは、JUIDAが認定する資格で、水中ドローンは水中ドローン協会が認定する資格です。 それぞれにライセンスを取得する必要があります。

Q.

ドローンのライセンス資格が無いと、ドローンは飛ばせませんか?

A.

「航空法」や自治体の規制等がありますので、事前に申請して許可を取れば、資格が無くても飛ばす事は可能です。 ただし、知識や技術が無く飛ばした場合は様々なトラブルに発展する事が予想されます。 スクールに行って資格を取るもしくは、インストラクター同行のツアー等で飛ばす事をお勧めします。

Q.

ドローンのライセンス資格を取ると、どのようなメリットがありますか?

A.

一番のメリットはドローンを飛ば際に国交省に申請する「飛行申請書」の申請項目・提出書類を省略する事ができます。資格を持っている事により、客観的に技術の証明になります。実際にドローンを飛行させる場所の土地の所有者・警察署・近隣住民への説明を円滑に行う事も可能になります。また、ドローンを使った仕事を探す場合は、必ず資格は必要になります。

Q.

未成年ですがドローンのライセンス資格は取れますか?

A.

無人航空機操縦技能証明証は、未成年者の同意書があれば、取得することができます。安全運航管理者は、18歳以上の年齢制限がございます。

Q.

ドローンのライセンス資格があると、ドローンの免許制度が導入された際、取得時に有利になりますか?

A.

ドローン資格所有者は学科や実技が一部免除になったり、取得費用が優遇されるなどが検討されています。民間のドローン資格を取得していることで、一定のスキルがあることを担保されていることを証明できるので、まだ不確定要素の強い免許制度を待つよりも、取得しておくのは有効的と言えます。

Q.

資格があるとどんな仕事の可能性がありますか?

A.

現在ドローンが活躍している業種として代表的なものは、ビルや橋などの測量や検査業務。また、農薬散布等の農業業務にも力を発揮しています。また、ドローンの撮影の需要もあります。今後、宅配業務や等業務の幅は無限に広がっていくと考えられています。

STWのドローンスクールでは、
お客様にぴったりのコース
ご用意しています

ドローン初心者からビジネス活用される方まで、幅広い方々に合わせたプランをご用意しています。 三浦校では水中ドローンのコースもございます。

初心者プラン

Beginner Plan

ドローン操縦経験の無い方大歓迎!
ドローン購入後の機材セットアップや、操作の手ほどきが受けられる「まるごとプラン」と、操縦してみたい!を叶える「練習プラン」をご用意しています。

ライセンス取得プラン

Licenser Plan

エス・ティー・ワールド ドローンスクールの講義は、プライベート指導を徹底しています。

トップへ戻る
トップへ戻る
ドローンスクール
無料体験説明会 実施中!