国旗

フランス

nlbg[N

海外旅行・ツアーTop > フランスの海外旅行・ツアー > フランス エリア情報 > アルル旅行

南仏の舞台に絵画を残している画家は数多くいますが、これほど劇的な生涯を終えた画家はいないでしょう。アルル 『ヴィンセントヴァン・ゴッホ』 が晩年を過ごした街。精神を病みこの街に移り住んだゴッホはわずか2ヶ月の間に70点もの作品を描きました。アルルにはそんなゴッホの絵のモチーフとなった場所が数多く点在しています。
それらの場所にはゴッホの絵と同じ構図で案内版が立てられています。
街中のいろいろなところにモチーフとなった場所があるので散歩をしながら巡ってみてはいかがでしょうか。

アルル

アルルのみどころ

  • 円形闘技場

    円形闘技場 フランスで最も大きくそして保存状態のよい闘技場。
    観客席の最上階からはアルルの街が一望でき、心地よい風を感じることができます。
    夏場にシーズンをむかえる闘牛も有名で4月の復活祭、10月の収穫際には大きな闘牛大会が開かれ世界中の人がこの街に訪れます。
    入場料6ユーロ(2011年現在)。

  • レピュブリック広場

    レピュブリック広場 レピュブリック広場は市民の憩いの場所。
    広場周辺は、市庁舎やサン・トロフィーム教会など中世からの歴史を感じる建物が並んでいます。

  • 『夜のカフェテラス』

    『夜のカフェテラス』 ゴッホの絵にならって壁はずっと黄色のままにされています。夜ではありませんが絵のとおりに黄色の壁とテントがひときわ目立っています。普通にお茶もできます。

  • 『エスパス・ヴァン・ゴッホの中庭』

    『エスパス・ヴァン・ゴッホの中庭』 ゴッホが耳を切り落としたときに入院した病院の跡地。現在は総合文化センターとなっています。ゴッホが描いた中庭がそのまま再現され、美しい花々を見ることができます。

  • 『跳ね橋』

    『跳ね橋』 この絵が描かれた当初は別の場所にありましたが、近隣の発達によりゴッホの描いた作品とそぐわなくなってしまったということで現在では同じ運河沿いに移転し、ゴッホの絵のままの姿を残しています。

ページのトップへ

目的地別海外ツアー情報

STWスタッフは「Travel + Emotion」を合言葉に、お客様のご期待を上まわる旅のプロデュースし、海外ツアーのプロフェッショナルとして、幅広く、豊富な知識を身につけるために努力いたします。
海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、お客様に感動して頂ける旅のご案内をさせていただきます!

ヨーロッパ
フランス旅行 イタリア旅行 スペイン旅行 イギリス旅行 アイルランド旅行 ドイツ旅行 マルタ旅行 ポルトガル旅行 ギリシャ旅行 北欧旅行 フィンランド旅行 スウェーデン旅行 ノルウェー旅行 中欧旅行 チェコ旅行 オーストリア旅行 ハンガリー旅行 ポーランド旅行 クロアチア旅行 オランダ旅行 ベルギー旅行 スロヴァキア旅行 スロヴェニア旅行 ボスニア・ヘルツェゴビナ旅行 ブルガリア旅行 ルーマニア旅行 マケドニア旅行 アイスランド旅行 スイス旅行 デンマーク旅行 ロシア旅行 バルト三国旅行 ヨーロッパ旅行
中近東&アフリカ
ドバイ他UAE旅行 トルコ旅行 モロッコ旅行 エジプト旅行
ケニア旅行 チュニジア旅行 マダガスカル旅行
南部アフリカ旅行 ヨルダン旅行 イスラエル旅行
アジア
タイシティ旅行 タイビーチ旅行 マレーシア旅行 バリ島他インドネシア旅行 フィリピン旅行 アンコール遺跡カンボジア旅行 ベトナム旅行 ラオス旅行 香港旅行 シンガポール旅行 インド旅行 スリランカ旅行 ネパール旅行 ブータン旅行 台湾旅行 韓国旅行 中国旅行 九寨溝旅行 ハイナン島旅行 マカオ旅行 ミャンマー旅行 モンゴル旅行
アジア旅行特集 沖縄旅行 日本国内旅行
インド洋&南太平洋
モルディブ旅行 タヒチ旅行 フィジー旅行
ニューカレドニア旅行 オーストラリア旅行
ニュージーランド旅行 バヌアツ旅行 モーリシャス旅行
セイシェル旅行 パプアニューギニア旅行 クック諸島旅行
太平洋
ハワイ旅行 グアム旅行 サイパン旅行 パラオ旅行
ミクロネシア旅行
北米・中南米
アメリカ合衆国旅行 アラスカ旅行 カナダ旅行
メキシコ旅行 カンクン旅行 キューバ旅行
バハマ旅行 ジャマイカ旅行 ペルー旅行 ボリビア旅行
ブラジル旅行 アルゼンチン旅行 チリ・イースター島旅行
グアテマラ旅行 ベネズエラ旅行 コスタリカ旅行
ガラパゴス諸島旅行 コロンビア旅行 ベリーズ旅行
セントマーチン(オランダ領アンティル)旅行 南極旅行
ページのトップへ