“南米のパリ” おしゃれブエノスアイレス街歩き 番外編 | アルゼンチンの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

“南米のパリ” おしゃれブエノスアイレス街歩き 番外編

エリア
ブエノス・アイレス
/アルゼンチン
テーマ
街歩き
時期
2013/3/9~2013/3/17
投稿日
2013/5/6
投稿者
佐賀宏子

一生に一度は行ってみたい世界遺産・ペルーのマチュピチュ、ワールドカップやオリンピックを控えて話題沸騰中のブラジル、近年人気が爆発したボリビアのウユニ塩湖・・・南米の国々のメディアの露出が飛躍的に増え、興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか?
けれども、アジア、ヨーロッパ、中近東や北米と比べてまだまだガイドブックの情報も少ない地域。
エス・ティー・ワールドではお客様を安全に楽しめる秘境へご案内するべく、暇を見つけてはルポへ行っております!
今回は“南米のパリ”とも呼ばれるアルゼンチンのブエノスアイレスにクローズアップ!
サッカー、タンゴ、ワイン・・・南米の中でもおしゃれなイメージの街。
ブエノスアイレスで今ホットな厳選ブティックホテルをご紹介します。
“南米のパリ” おしゃれブエノスアイレス街歩き編 part1&part2はこちら

  • ブエノスアイレスの“ブティックホテル”とは?

    ブエノスアイレスの“ブティックホテル”とは、いったいどんなホテルのこと?

    定義はよくわかりませんが…(笑)、アメリカンタイプのホテルと異なり、趣向を凝らしたデザインで、部屋数がすくなく、アットホームな雰囲気やモダンな雰囲気が若いお客様やカップル、女性同士の旅人に人気です。


    ブエノスアイレスでは特に、5月広場やフロリダ通りなどの観光名所に近いホテルはやや古いホテルが多く、立地の良さと滞在の快適さが反比例している現状があります。

    近年、そうした昔からのエリアから離れた、パレルモなどの新しい地区や、サンテルモ地区の古い建物をリノベーションして建てられた“ブティックホテル”が人気を呼んでいます。


    写真
    左:新進気鋭のアーティストやブティックが集まるパレルモ地区
    中:パレルモ地区ではレストランやカフェも多く観光以外の時間もゆっくりできる
    右:リノベーションして建てられたホテルはモダンとレトロが融合した雰囲気に

  • ヴァインブティックホテル

    パレルモ・ソーホー地区のおしゃれなショップやレストラン、カフェや、市民の憩いの場である植物園や動物園も徒歩圏内にあるホテルです。

    写真
    左:白を基調とした清潔感のある共有スペース
    中:すべての部屋が異なるデザイン
    右:ヨーロッパにいるような朝食風景

  • プロバイレスブティックホテル

    同じくパレルモ・ソーホー地区に位置するホテル。デザインはモダンですっきりとした印象。ホテルスタッフに尋ねれば、知る人ぞ知るおすすめのタンゴハウスを教えてくれるかも。

    写真
    左:アパルトマンのような外観
    中:モダンなデザインの部屋
    右:フレンドリーなスタッフ

  • エスプレンドール

    ブエノスアイレスをはじめ、アルゼンチン国内に展開するホテルチェーン。スタイリッシュなデザインが特徴的。レストランの多いパレルモ・ハリウッド、パレルモ・ソーホー、ブエノスアイレスの中心地サンニコラス地区にもある。

    今回はパレルモ・ハリウッドのエスプレンドールに宿泊しました。

    写真
    左:スタイリッシュなロビー、レストランエリア
    中:広々とした清潔な部屋
    右:セキュリティもしっかりしている

  • エス・ティー・ワールドのアルゼンチンツアーからのアレンジ

    イグアスの滝やパタゴニアへの旅の前後に、ブエノスアイレスで数泊滞在するのもおすすめです。既存コースからの延泊、ブティックホテル滞在に変更したアレンジも気軽にお問い合わせください!


    “南米のパリ” おしゃれブエノスアイレス街歩き編 part1&part2はこちら

スタッフおすすめ!お得ツアー

☆7日間で行くアルゼンチン☆4つ星ホテル宿泊で安心! 南米のパリ♪ ブエノスアイレス自由観光プラン!空港~ホテル間往復送迎付【カード決済可】

成田発

☆7日間で行くアルゼンチン☆4つ星ホテル宿泊で安心! 南米のパリ♪ ブエノスアイレス自由観光プラン!空港~ホテル間往復送迎付【カード決済可】

日数:7日間  
旅行代金:218,000円~318,000ツアーはこちら