“南米のパリ” おしゃれブエノスアイレス街歩き part2 | アルゼンチンの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

“南米のパリ” おしゃれブエノスアイレス街歩き part2

エリア
ブエノス・アイレス
/アルゼンチン
テーマ
街歩き
時期
2013/3/9~2013/3/17
投稿日
2013/5/6
投稿者
佐賀宏子

一生に一度は行ってみたい世界遺産・ペルーのマチュピチュ、ワールドカップやオリンピックを控えて話題沸騰中のブラジル、近年人気が爆発したボリビアのウユニ塩湖・・・南米の国々のメディアの露出が飛躍的に増え、興味をお持ちの方も多いのではないでしょうか?
けれども、アジア、ヨーロッパ、中近東や北米と比べてまだまだガイドブックの情報も少ない地域。
エス・ティー・ワールドではお客様を安全に楽しめる秘境へご案内するべく、暇を見つけてはルポへ行っております!
今回は“南米のパリ”とも呼ばれるアルゼンチンのブエノスアイレスにクローズアップ!
サッカー、タンゴ、ワイン・・・南米の中でもおしゃれなイメージの街。
治安もちょっと心配なブエノスアイレスの街歩きを徹底解剖いたします。
“南米のパリ” おしゃれブエノスアイレス街歩き part1はこちら
~モンセラート、サンテルモ、ボカ、プエルトマデーロ、レティーロ、サンニコラス地区~

  • ブエノスアイレス地下鉄乗車体験!

    ブエノスアイレス街歩き2日目の今日は、南西のレコレータやパレルモエリアへ。


    今回のホテルのあるサンニコラス地区から歩くのはちょっと遠いので、まずは地下鉄(スブテ)を使って出発。

    ホテルのあるラバージェ通りから最寄の、B線の「フロリダ駅」へ。

    地下鉄は治安がちょっと心配なイメージがありますが、日中乗車をしているのはもちろん普通のブエノスアイレス市民。利用する時間帯、エリア、貴重品管理や周りの人に気を使っていれば、便利な交通手段の1つです。

    途中、D線に乗り換えて「カジャオ駅」にて下車。

    写真
    左:地下鉄ホーム
    中:地下鉄車両
    右:ストリートアートのほどこされた車両も。

  • ファッション通り・サンタフェ通りとエル・アテネオ

    「カジャオ駅」で降りたのは、今回ブエノスアイレスで絶対行こうと思っていたお店に行くため。

    サンタフェ通りの角を曲がって、お店に辿り着きました。その名も「エル・アテネオ」

    中に入ると・・・オペラ座??と目を疑う内装の、本屋さん!

    美しく並ぶ書籍は、小説から旅行、写真集からデザイン、哲学書、科学書まで…
    店内には劇場風の椅子に腰掛けながら、ゆっくり本を読む人の姿も。

    中央のステージ部分がカフェになっており、ここで一息いれるのも素敵です。

    写真
    左・中・右:エル・アテネオ

  • 高級住宅地・レコレータ地区~レコレータ墓地~

    ファッション通りと呼ばれるサンタフェ通りをウィンドーショッピングをしながらレコレータ地区へ。南米らしい、色鮮やかな服のブティックが並びます。


    レコレータ地区は広場など緑の多い落ち着いたエリアで、ブエノスアイレスの高級住宅地です。
    観光名所はアルゼンチン史でも重要な人々が眠る「レコレータ墓地」。敷地に足を踏み入れると、ミニチュアの街が広がっているような納骨堂が並びます。
    “エビータ”ことエバ・ペロンもここに眠っています。

    墓地を出たら、アルベール通りやキンタナ通り界隈のブティック街も散策してみては。

    写真
    左:サンタフェ通り
    中:レコレータ墓地
    右:レコレータ墓地


  • パレルモ地区~パレルモ・ソーホー&パレルモ・ハリウッド~

    前日利用したブエノスアイレスバスの2日券で、再び乗車。レコレータ地区からパレルモ地区へ。


    パレルモ地区はブエノスアイレスのアエロパルケ国内線空港に近く、レコレータよりも更に、2月3日公園など緑の広がるエリア。
    もともとは郊外の市民の憩いエリアでしたが、近年アルゼンチンの新鋭アーティスト達がぞくぞくとブティックをオープンし、「ソーホー」「ハリウッド」の名がついて注目のおしゃれエリアとなっています。

    パレルモ・ソーホーはイタリア広場からフリオコルタサル小広場を結ぶホルヘルイスボルヘス通り、それに平行したグルチャガ通り、アルメニア通りなどのエリア。
    ハイセンスな洋服のブティック、雑貨、ジュエリー、パステルカラーのカフェやレストランが並び、見ているだけで楽しくなります!

    写真
    左:ブエノスアイレスバス 停留所
    中:パレルモ・ソーホー
    右:パレルモ・ソーホー

  •  

    写真
    左・中・右:パレルモ・ソーホー

  •  

    パレルモハリウッドは、レストランやバーが多いエリア。4つ角ごとに、角に面した4つのレストランがあるのが面白い!それぞれテイストがあり、どの店も“ポルテーニョ”ブエノスアイレスっ子たちでにぎわっています。


    開放感のある明るいカフェでひと息。

    写真
    左:街角カフェ
    中:エンパナーダ屋さん
    右:カフェ

  • 7月9日大通りとコロン劇場、オベリスク

    最後はブエノスアイレスバスで、途中、ブエノスアイレスの目抜き通り「7月9日通り」を通過。時間があればぜひ入場してみていただきたい「コロン劇場」、ブエノスアイレス市のシンボル「オベリスク」を眺めながら、バスのスタート地点のサンニコラス地区へ。


    2日間のブエノスアイレス街歩きもこれで終了!

    写真
    左:コロン劇場
    中:オベリスク
    右:7月9日通り

  • おまけその1~哀愁のアルゼンチン・タンゴの夜~

    ブエノスアイレス滞在中、ぜひおすすめしたいのはアルゼンチンタンゴ鑑賞。ボカやサンテルモで街角タンゴの冷やかしもいいけれど、せっかくブエノスアイレスを訪れたら、本場のタンゴを見てみたいもの。いくつかのタンゴハウス、“タンゲリア”では、ディナーと本場のタンゴショーが催されています。


    事前にディナーショーを申し込むと市内の主要エリアのホテルから、タンゲリアが送迎をアレンジしてくれます。ディナーはセットメニューのチョイス。ディナーのあと、約1時間の本場タンゴや歌・音楽のショー。

    タンゲリアによってそれぞれお店の雰囲気やショーの構成が異なり味があります。
    中にはタンゴレッスン付のタンゲリアも。

    写真
    左:エルビエホアルマセン
    中:サボアアタンゴ
    右:ラベンタナ

  • おまけその2~ブティックホテルでこだわりの滞在~

    “ブティックホテル”はブエノスアイレスで最近人気上昇中の、デザインホテルのこと。市内の各地に点在するブティックホテルは、旧来のアメリカンタイプのホテルに比べてユニークなデザインが注目されています。


    モダンから、アンティーク、アットホームな感じと、雰囲気はホテルごとに異なります。
    大抵小さいホテルが多く、外観からはホテルと分からないところも。

    自分の好みに合った空間で、ゆったりと楽しむブティックホテル滞在は、旅をより一層思い出深いものにしてくれること間違いなし!

    写真
    左:ヴァインブティックホテル
    中:プロバイレスブティックホテル
    右:プロバイレスブティックホテル

スタッフおすすめ!お得ツアー

☆7日間で行くアルゼンチン☆4つ星ホテル宿泊で安心! 南米のパリ♪ ブエノスアイレス自由観光プラン!空港~ホテル間往復送迎付【カード決済可】

成田発

☆7日間で行くアルゼンチン☆4つ星ホテル宿泊で安心! 南米のパリ♪ ブエノスアイレス自由観光プラン!空港~ホテル間往復送迎付【カード決済可】

日数:7日間  
旅行代金:218,000円~318,000ツアーはこちら