マニラ立ち寄り楽しみ方!~王道マニラ観光編~ | フィリピンの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

マニラ立ち寄り楽しみ方!~王道マニラ観光編~

エリア
マニラ
/フィリピン
テーマ
街歩き
時期
2019/6/13~2019/6/14
投稿日
2019/6/19
更新日
2019/6/19
投稿者
吉田 有李

現在、日本からフィリピンのリゾートへ行くフィリピン航空やセブパシフィック航空の便には、マニラで乗り継ぎの場合があります。

せっかくフィリピンに行くのなら、伝統と現代文化が入り混ざる、活気あるフィリピンの首都マニラも覗いて見ませんか?

ビーチリゾートで海を満喫したい!そんなお客様にもマニラ立ち寄りはおすすめのアレンジです!

今回は短時間の滞在でも楽しめるマニラの魅力をご紹介します!

スタッフおすすめ!お得ツアー

【福岡発直行便】≪マカティエリア≫LCCで行く!繁華街そばのお手軽ホテル♪レッドプラネット 朝食付4日間【現地支店があるから安心ステイ】

福岡発

【福岡発直行便】≪マカティエリア≫LCCで行く!繁華街そばのお手軽ホテル♪レッドプラネット 朝食付4日間【現地支店があるから安心ステイ】

日数:4日間  
旅行代金:37,800円~37,800ツアーはこちら

  • ■まるでヨーロッパ!イントラムロスの美しい教会建築

    • 大きくて高い城壁!城壁の周りはゴルフスペースになっています。

    • お家も可愛い!

    • まるでヨーロッパのような石畳の街並み♪

    • とっても暑いマニラ!馬車移動も魅力的です!

    空港から車で揺られること約40分、突然『イントラムロス』と呼ばれる壁が現れました。

    イントラムロスとは、スペイン語で「城壁の中」という意味です。

    1571年に初代総督のレガスピが築いた城壁の跡で、なんと

    全長4.5キロメートル、高さ4メートルもの大きさです!


    城壁の内側は石畳の街並みや重厚な教会があり、

    独特でノスタルジーを掻き立てられる絶妙な雰囲気が漂っています。


    今回は2つの教会を見学しました!

  • ~マニラ大聖堂~

    • 斜めに撮らないと入らないほど大きい!

    • キラキラなステンドグラス

    • 振り返ると、大迫力のパイプオルガン

    マニラのカトリック大司教が本拠を置き、マニラで最も重要な教会とされているのが『マニラ大聖堂』です。

    広く開放感のあるゴシック様式の教会で、バラ型のステンドグラスがフィリピンの灼熱の太陽を受けてキラキラと輝いています。

    そして、現在でも日曜日のミサで実際に使われている、フィリピン最大のパイプオルガンは必見です!

    ミサはスケジュールに応じてフィリピン語、英語、スペイン語で行われており、30万円程で結婚式を挙げることも可能だそうです!

  • ~サンアングスチン教会~

    • ゴージャスな祭壇

    • 3500kgの鐘!

    続いて訪れたのはマニラ大聖堂から車で約2分程のところにある、『サンアングスチン教会』です。

    この教会は、1993年に世界遺産に登録されました。

    現存する石造りの教会としてはフィリピン最古で、イントロムロス内の建築の中で唯一、天災や戦災の影響を受けることなく建設時の姿のまま今日まで残されています。

    元々は学校として使われていた教会で、今でも当時使われていた長椅子が廊下に残っています。

     水晶製のシャンデリア彫刻が施された美しい祭壇が魅力的で、教会内には20 年の台風の影響で撤去された3500キログラムもある大きな鐘も展示されていました!

  • ■スペイン植民地時代の名残「カーサマニラ」

    • 中には噴水が!

    • カーサマニラの音楽ルーム

    • カーサマニラには美味しいアイスクリームが売っています!

    • 竹の自転車

    続いてはサンアングスチン教会の道を挟んで向かい側にある、『カーサ・マニラ』です。

    カーサとはスペイン語で「」のこと。

    19世紀に建てられた、コロニアル様式の家を用いて当時の生活文化が紹介されています。

    ネオクラシックやネオゴシックなどの様式を取り入れた空間構成が非常にユニークでフィリピンにいながらヨーロッパの雰囲気を堪能できます。

     博物館を見学する他、南国のカラフルな花が咲き誇る、石造りの中庭でアイスクリームを食べたり、スーベニアショップでお土産もゲットしたり出来ます!

  • ■その他車窓から楽しむマニラの街並み

    • 何ともポップな遊園地!

    • リサール公園

    • 大きなショッピングモール

    • 渋滞中の車を回って販売する植木屋さん

    マニラは車に揺られて眺めているだけでも、車窓から面白いものを沢山見つけることが出来ます!

     大きな観覧車が回る遊園地は入場料500ペソ(約1050円)。

    フィリピンの観覧車はとても速いことで有名で、スリル満点だそうです。今回は時間がありませんでしたが、いつか挑戦してみたい!

     また、エメルダ夫人が建てた文化センター19世紀末に民族運動を行ったホセリサールの名を取った「リサール公園」もあります。

     フィリピンでは子供たちが偉人の名前を憶えやすいよう、道路や公園にフィリピンで活躍した歴史的偉人の名前が使われることが多いそうです。

     さらに、SMをはじめとする大型ショッピングセンターも沢山あり、高層マンションも立ち並びます。まだまだ発展途上のエリアもあり、フィリピン独特の建設方法を見られるのもマニラの魅力のひとつです。

     その他、渋滞する車を回って販売する植木屋さんや、一本ずつバラ売りするタバコ屋さんなど、日本ではなかなか見られない商売も目にすることができます!

     

  • ■マニラって危ない??

    • マニラの街並み

    「マニラ」と聞いて、多くの日本人が懸念するのは治安についてかと思います。実際、私自身も出発前は少し不安でした。


    しかし、個人的な感想としては、マニラは思っていたよりも発展しており、明るい町で、滞在中一度も怖い思いをすることはありませんでした


     比較的安全と言われているのは「マニラシティ」「マカティ」「ボニファシオ」「パサイ」「グローバルシティ」と呼ばれるエリアで、反対に危険なエリアとしては「クバオ」「バクララン」が挙げられます。


    正しい知識を得て、治安の良いエリアのホテルを選ぶ、夜遅くに危険なエリアに近づかないなど、十分に警戒することでマニラ滞在を思いっきり楽しむことが出来ます!

  • ■おわりに

    • マニラの街並み

    マニラは乗り継ぎの経由地として利用されることが多いものの、観光に降り立つ方はまだまだ少ないのが現状です。セブ島をはじめとするリゾートへご出発予定の方は、お乗り継ぎの時間を伸ばすことで、リゾート滞在に加えて、マニラのシティ滞在も楽しむことが出来ます。

     マニラには素敵なホテルも沢山あるので、思い切って一泊延泊や、リゾートホテルとの分泊もおすすめです!その他、マニラの楽しみ方は弊社他スタッフによる、こちらの旅日記でもご覧頂けます!

     

    短期滞在でも楽しい♪ 映え間違いなし!マニラ最新スポットご紹介★ https://stworld.jp/earth_info/PH/diary/5bea7142cbf5e0.06960952/

     

    マニラ立ち寄り、マニラ滞在に興味のある方、是非エスティーワールドにお問い合わせください!