やっぱりいいぞマウイ! | ハワイの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

やっぱりいいぞマウイ!

エリア
マウイ島
/ハワイ
テーマ
ファミリー
時期
2008/10/19~2008/10/25
投稿日
2008/10/31
更新日
2020/3/21
投稿者
武井 良太

ひょんなことから夏休みの旅行先がハワイへ変更!今回の旅行はマウイ島&オアフ島。 マウイは7年ぶり3度目の訪問!すっかりご無沙汰です。 夏休みでのんびりしたいとは言ってもそうはなかなかいかず・・・しっかり家族サービスしてまいりました。 家族旅行のお考えの世のお父さま!やっぱり良いところですよハワイは・・・ とくにマウイ島 何度行ってもサイコーです。 そんな旅行を計画している世のお父さんの参考になればと思い、父親目線で見たマウイ島をささっとご紹介いたします。  なぜ、ささっと?なぜなら今回2泊しか出来なかったのです・・・(無念)

スタッフおすすめ!お得ツアー

★マウイ&オアフの2島周遊★日本を飛び立つ瞬間からハワイ気分♪ハワイアン航空ご利用♪ビーチ近くのお手頃ホテル滞在プラン!ロイヤルラハイナ2泊&シェラトンプリンセスカイウラニ2泊の6日間

成田発

★マウイ&オアフの2島周遊★日本を飛び立つ瞬間からハワイ気分♪ハワイアン航空ご利用♪ビーチ近くのお手頃ホテル滞在プラン!ロイヤルラハイナ2泊&シェラトンプリンセスカイウラニ2泊の6日間

日数:6日間  
旅行代金:151,500円~389,500ツアーはこちら

  • カアナパリのスーパーリゾート

    今回お世話になったホテルは マウイ島最大のリゾートエリア<カアナパリ>の中心に位置する ザ・ウエスティン・マウイ。 ホエラーズビレッジ隣接かつビーチフロントに位置するこのホテルは家族連れには最高の設備と立地!

    プールあり、ポリネシアンディナーショーあり、ビーチあり、スパあり、ゴルフ場ありのお父さんもお母さんもオコチャマもみんなが満足の大型リゾートホテルです。

    オーシャンビューの部屋からはラナイ島とモロカイ島が望めます。絶対にオーシャンビューの部屋がお勧めです。
    ウエスティン自慢のヘブンリーベッドも寝心地抜群!波の音と心地よいベッドが快適な眠りへいざなってくれます!(ウエスティンの宣伝みたいですが・・)

    画像左: カアナパリの中心に位置するウエスティンマウイ入り口
    画像中: オーシャンビューの部屋からの眺め
    画像右: ウエスティン自慢のヘブンリーベッド!クイーンサイズ2台のTWNルーム

  • オコチャマも大満足

    ホテルの中は散歩をするにも快適。カアナパリのリゾートエリアは海沿いがビーチウォークになっているのでのんびり散歩も楽しめます。

    広いホテル内にはフラミンゴがいたり、ガチョウ?アヒル?が居たり80センチはあろうかという錦鯉がうようよ泳いでいたりとオコチャマは大興奮です。

    小学生ぐらいのお子様にはキッズプログラムも用意されています。オクサマにはウエスティン自慢のSPAもあったりとホテルから出なくても家族みんなで満喫できます。やっぱりリゾートホテルはこうでなくっちゃ!

    画像左:自分より大きな水鳥にビビリ気味のオコチャマ
    画像中:いっちょまえにプールサイドで昼寝中のオコチャマ
    画像右:綺麗なハイビスカスをバックに有頂天のオコチャマ

  • ノスタルジックなラハイナの街

    マウイ島で観光客が一度は訪れる街 <ラハイナ> 私はこの街の雰囲気が大好きです。ハワイ島のカイルア・コナと似ているようで違う海沿いのこの街にはどこか郷愁が感じられます。

    観光客も少ない時期柄のせいか今まで訪れた中で一番のんびり感じられました。お土産物屋やレストランが軒を連ねていて観光地っていってしまえばそれまでですが、夕暮れ時のラハイナはやはり絵になる街でした。

    本当はプウコリイ~ラハイナ間のサトウキビ列車に乗ろうと思っていたのですが時間が合わせられず、ホテルからラハイナまで無料のシャトルバスに乗車しました。カアナパリの主要リゾート⇔ラハイ間を定期的に結んでいるのでとても便利です。

    また、ラハイナの街の散策は夕暮れ時がお勧めです。夕日に映えるラナイ島を眺めなら海沿いの散歩は格別です。お子様連れの場合きっとオコチャマは疲れてしまうでしょうから普段は使わなくてもベビーカーがあったら便利です。(ワイキキと違って貸し出しはありませんので面倒でも持っていくと楽です)

    画像左:お土産物屋の軒先
    画像中:ラハイナハーバー至近のショッピングモール
    画像右:遊びすぎてお疲れのオコチャマ

  • ハワイ飯 最強のコラボ

    美味い! と思える食べ物が少ないアメリカですが私が大好きなのがオニオンリング!!
    なぜこんなにも美味いんだろう・・・ただ玉ねぎを揚げただけなくせに、日本で食べるオニオンリングより格段に美味い!

    中でも大好きなのが、いまやハワイのあちこちに店舗がある<チーズバーガー・イン・パラダイス>のオニオンリング! めちゃくちゃ美味い!おやつにしちゃボリューミーでしたが 「ハッピーアワーだもんねっ」 ということで夕映えのラナイ島を眺めながらビールX3杯とオニオンリングを一気に・・・感激のコラボレーションです。

    もちろんバーガー類も期待に応えてくれる美味さなのですが、ここに来たら是非とも試していただきたい一品です!

    画像左:ラハイナでもシンボル的な建物となっている店舗
    画像中:開放的な店内
    画像右:やっぱりビールがなくっちゃ!(ここはアメリカですものやっぱりBUDでしょ)

  • オアフへの新ルート

    今回旅行の目的の一つで楽しみにしていたのが2007年に新規就航したマウイ島カフルイ港とオアフ島ホノルル港を3時間で結ぶ ハワイの新航路 <HAWAII SUPER FERRY> に乗ってのんびりクルーズ気分を味わっちゃおう! ということでした。

    航空機で移動をすれば カフルイ-ホノルル間は40分足らず。それでも搭乗手続きやらなにやらやったらざっと2時間は掛かります。そこに来て3時間の優雅な船旅の登場ですからこれに乗らない手はない! 一応ハワイスペシャリストの肩書きをもつ身としていざ実地調査してまいりました。

    マウイ島の出発は<カフルイ港>です。前日までずっと<ラハイナ港>から出るもんだと勘違いしてました。 カフルイ港まではカアナパリからタクシーしか現状手段がないのですが約90$です。(ちょっと高いけど仕方ない) フェリーの切符を持っていれば乗船手続き所までタクシーで入ってくれます。

    手続きはいたって簡単。パスポートと乗船券を提示して航空機同様トランクなど大きな荷物はこの場で預けていざ船内へ!

    画像左:ブルーのラインが綺麗なハワイスーパーフェリー
    画像中:乗船手続きをするテント
    画像右:甲板からみたラハイナ港の眺め

  • 快適な船内

    2007年に就航したとあって船内はものすごく綺麗!ブルーを基調としたシートが並ぶ船内に大興奮!

    中には売店が2箇所、ソファーあり、ゲームコーナーあり、キッズスペースあり、お土産物屋さんあり、円卓あり、テレビもたくさんありで ありありずくしの船内です。

    乗船客は地元の人がほとんど。観光客もいましたが日本人は私たちだけでした。
    ホノルルまでの3時間あまりの船旅のはじまりです。

    画像左:円卓もあるゆとりある船内
    画像中:普通のシートもあります。
    画像右:軽食がたくさん売ってます。(迷わず大好物のスパむすびをGET!)

  • ハワイの海をクルージング♪

    カフルイ港を出港したフェリーはフェリーとは思えないくらいの猛スピードで大海原を突っ走ります!はっはやい・・・ あっという間にマウイ島を離れてしばらくするとモロカイ島が見えてきました。

    モロカイ島は私が唯一訪れたことのないネイバーアイランド。海からしか見えない滝が見えたり、島の雄大な景色を眺めながら船は快適に進んで行きます。
    デッキでのんびりしたり、船内のテレビを見たり、外の景色をボーっと見たりしているとあっという間にオアフ島が見えてきました。

    海から望むダイアモンドヘッドやワイキキビーチの光景はなんとも言えません。
    まったく揺れもせず快適なオアフ島までの3時間、船酔いなんてする暇も無くあっという間でした。

    国内線の移動よりも若干時間は掛かりますが家族でのんびり船旅できるのもいいものですよ~♪
     

    画像左:海からしか見ることの出来ないモロカイ島の滝
    画像中:海原から見たダイアモンドヘッド
    画像右:海から眺めるワイキキビーチ

  • HAWAII SUPER FERRY

    今回2泊しか出来なかったマウイ島ですが十分楽しめました。フェリーの旅は想像以上に快適でした。

    フェリーに乗って着いた先はホノルル港。旅日記もオアフ島編へと続きます。お時間のある方はコチラもご覧ください。
     
    http://stworld.jp/earth_info/HI/diary/490ab1de15bb96.15883030/