大満足のコモドデイトリップ♪オーシャンアカデミー本格始動! | バリ島他インドネシアの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

大満足のコモドデイトリップ♪オーシャンアカデミー本格始動!

エリア
コモド島
/バリ島他インドネシア
テーマ
ダイビング
時期
2019/9/25~2019/10/5
投稿日
2019/10/14
更新日
2020/1/7
投稿者
喜屋武 裕也

こんにちは、大阪マルビル店の喜屋武です。
最近話題のコモドに今年遂にSTW直営ショップ「コモドオーシャンアカデミー」がOPEN!!
ダイブクルーズが主流のコモドエリアをデイトリップで手軽にご案内できるようになりました♪
今回、そんなコモドオーシャンアカデミーでのダイビングについてご紹介させて頂きます!
「コモド島特集」もぜひご覧ください

スタッフおすすめ!お得ツアー

【2020年4月以降】STW直営ショップ「コモドオーシャンアカデミー」がオープン!ダイビングもコモドドラゴン観察も楽しめる♪料金と立地重視「エコツリーオーテル」宿泊 5ダイブ付6日間

成田発

【2020年4月以降】STW直営ショップ「コモドオーシャンアカデミー」がオープン!ダイビングもコモドドラゴン観察も楽しめる♪料金と立地重視「エコツリーオーテル」宿泊 5ダイブ付6日間

日数:6日間  
旅行代金:150,800円~264,800ツアーはこちら

  • 日本人ガイド駐在で安心のコモドオーシャンアカデミー♪

    • オーシャンアカデミー所有のスピードボート

    • 中も広々♪

    • ガイド及びボートスタッフ

    • ツアー中のランチはボリューム満点!!

    これまで、石垣・三浦・ニューカレドニア・シミランでのガイド経験を持つ清田 輝(きよた あきら)さんがコモドの海を紹介してくれます。


    ローカルスタッフにも日本語が話せる人もいますし、日本語が話せないスタッフもとてもフレンドリーで気の利く人達ばかりなのでストレスなく快適です♪

    滞在の拠点となるラブハンバジョの港からポイントまではスピードボートで30~60分と意外にもアクセスも悪くありません。
    ※ボートにはトイレもついてます。(案外大事ですよね)

    ダイビングはスタッフが器材のセッティングもしてくれる殿様スタイルなので楽ちんです♪

  • いざ、コモドの海へ!①「マンタポイント」

    • まっすぐ近づいてきます

    • ち、近い・・・

    • そのまま私の頭上を通過していきました

    • ガレ場の所々にカラフルな珊瑚が群生しています

    この日の1本目は「マンタポイント」

    名前の通り当然マンタへの期待が高まります。
    いざ、コモドでの初ダイビングです。

    さて、エントリーするやいなや、潜行前からローカルガイドが「マンタ!」「マンタ!」と言っています。
    まじで?と水中を覗くと本当にいました。
    ダイブタイム0分でマンタと遭遇です。

    コモドのマンタは流れに乗ってまっすぐ通過していくことの方が多いそうなのですが、ラッキーなことに見つけたマンタはゆっくりホバリングしてくれたので存分に撮影ができました♪

    ブリーフィングの際、マンタの進路を先読みして待ち構えたらめちゃくちゃ近づけるよと言われたのを思い出して実践してみると、このままぶつかって来るんちゃうかと少し焦るぐらい近づけました。笑

  • いざ、コモドの海へ!②「シアバブサ」

    • 沢山いるので1人1カメ

    • 透明度も高くまるで飛んでいるように見えます

    • 広がる珊瑚畑

    • スズメダイ等が群れてます

    2本目は「シアバブサ」へ

    ここは初心者でも楽しめる癒しポイント☆
    辺り一面に広がる珊瑚畑にススメダイやハナダイが群れていてとても綺麗です。

    また、アオウミガメやタイマイがあちこちで休憩してたりご飯を食べていたりしました。(10匹近くはいたんじゃないかと)
    中にはどれだけ目の前まで近づいても微動だにしない子もいて、思う存分カメと綺麗な珊瑚を堪能しました!

    コモドの珊瑚は本当に生き生きしています♪

  • いざ、コモドの海へ!③「セバヨール クチル」

    • ここも珊瑚が綺麗です

    • おいしそうなコブシメが・・・!

    • ホヤの種類も多く、撮ってみると面白い!

    • ジョーフィッシュがいたることろにいます

    さあ、3本目は「セバヨール クチル」へ

    ここも珊瑚が見事です。
    また、ガレ場にはいたるところに穴が開いており、ジョーフィッシュが顔を出しています。

    コモドエリアは国立公園に指定されており、周辺の開発が進んでいないので珊瑚の種類・数が他のエリアでは考えられない程多いです。
    最近は珊瑚の白化が進むエリアが増えているので、珊瑚目当てにコモドへ行っても十分な価値があります!

    ただ、最近はインドネシア政府が観光客増加に力を入れており、ラブハンバジョの方は国際空港やホテル等の開発がどんどん進んでいます。
    いくら国立公園に指定されているといえど、観光客が増えるとどうしても環境に影響が出てしまいますので、開発が進み切っていない今がチャンスかもしれません。

  • バリ島で人気のアヤナリゾートがコモド進出!

    • 清潔感◎

    • 桟橋の先端にはバーとビーチベッドがあります

    • 最上階のルーフトップバーからの眺めは最高です

    • リゾートからの夕焼け

    まだまだ秘境というイメージが強いコモド。
    開発が進んでいないエリアということもあって、ホテルが不安という方もいらっしゃるかと思いますがご安心下さい!

    バリ島で人気の5つ星ホテル「アヤナリゾート」が昨年コモドにOPENしました☆
    なんとホテルには日本人スタッフもいらっしゃるので言葉の面でも安心です!※2019年10月現在

    スタッフのサービス、施設の清潔さは抜群ですので快適さを求めるのであれば大変おすすめです♪
    某有名口コミサイトでの評価も4.5と高評価※2019年10月現在

    ダイバー目線ですと、全室バスタブ付きの広い浴室とバルコニーがあるので、ご自身の器材を洗って干しておくこともできます。

  • ダイビング以外にも行っておきたいおすすめ観光スポット

    • パダール島:コモド観光No.1絶景スポット

    • ピンクビーチ:ピンクの理由は赤い珊瑚が砕けて混ざってるから

    • コモド島・リンチャ島:まさに生きた恐竜!コモドドラゴン

    • コモド島・リンチャ島:水牛(コモドドラゴンからしたら餌・・・)

    初めてコモドへ行くのであればダイビング以外にも押さえておきたい観光スポットがございます。


    ①三又になった湾が特徴的なパダール島
    ②ピンク色で写真映えのするピンクビーチ・レッドビーチ
    ③体長2mオーバーのコモドドラゴンが生息するコモド島・リンチャ島

    せっかくコモドに行くのであれば上記を全て周る1日ツアーがおすすめです!
    なお、パダール島では山頂まで階段を登り、コモド島とリンチャ島ではトレッキングをしますので、動きやすい服装と暑さ対策は必須です。
    ほとんど1日中動きっぱなしになりますので少々ハードですが、それだけの価値はありますので是非ご参加下さい!!

  • 陸海ともに見所満載のコモド

    • 因みに別の日のダイビングではブラックマンタも出ました!

    結局、コモドはどうやった?と聞かれれば「最高」の一言に尽きます。

    手つかずの自然がたくさん残っていてとにかく生き物が多い!
    ダイバーにはたまらないエリアだと思います。

    是非、皆様にも行って頂きたい場所ではありますが、ダイビングに関しては、ドリフトダイブが主流になりますので中性浮力・フリー潜行のスキルは必須です!

    また、流れが強かったり複雑だったりと中・上級者向けのポイントも多いので、上級者であってもコモドに行く前はなるべくブランクがないようにしておいた方がより安全で快適にお楽しみ頂けます!
    (これはどこで潜るにしても同じですね)

    興味を持たれた方は是非、次のご旅行の候補にコモドを入れてみて下さい。

    「コモド島特集」もぜひご覧ください