探検家気分で散策ローワーアンテロープキャニオン | アメリカの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

探検家気分で散策ローワーアンテロープキャニオン

エリア
アメリカ西海岸
/アメリカ
テーマ
自然
時期
2019/11/07~2019/11/07
投稿日
2020/1/7
更新日
2020/3/20
投稿者
君羅 由佳

自然が生み出した絶景アンテロープキャニオン

アッパーローワーがあるらしい、、
光のビームのアッパーと探検家気分が味わえるローワー。
今回は現地ガイドさんおすすめのローワーアンテロープキャニオンへ!
はたして探検家気分とは・・・

スタッフおすすめ!お得ツアー

35日前予約限定★日帰りで3大絶景を効率よく巡る★アンテロープキャニオン&ホースシューベンド&グランドキャニオン観光付♪人気の日系ANA利用&スタンダードホテルに宿泊ラスベガス5日間

成田発

35日前予約限定★日帰りで3大絶景を効率よく巡る★アンテロープキャニオン&ホースシューベンド&グランドキャニオン観光付♪人気の日系ANA利用&スタンダードホテルに宿泊ラスベガス5日間

日数:5日間  
旅行代金:150,700円~161,700ツアーはこちら

  • キャニオンの入口へ

    • 普通にしっかりとした待合スペース

    • この日は少なめの1グループ7人ほど

    • 夏は必要だと思われる屋根も完備

    • 階段を降りるとそこは、、

    アンテロープキャニオンはアメリカの国立公園ではなく、ナバホ居留区とのこと。
    つまり、アメリカのルールではなく、ナバホのルールにより運営がされています。

    ナバホのガイドさんと一緒でないと、アンテロープキャニオンには入れない!
    ということで、現地のツアーに申し込みをします。
    チェックインをすると、「時間になったら呼ぶので待ってて~」とのことで、建物内をぶらぶら。
    お土産なんかも買えます。

    現地ツアーは2つほどありますが、どちらももとは同じ家族(お客さんの多くなって分社化したとかなんとか)なので、ツアー自体も大差はないそう。
    ですが、KEN'sツアーのほうが待機場所が小屋ではなくしっかりとした建物なので、ガイドさんいわくおすすめらしいです。

    ちなみに、ツアーのガイドさんは一緒に入れないので、ナバホのガイドさんについて、自分たちだけでいざ入口へ!

    おすすめ
    オプショナル
    ツアー
    セドナ発 地上のオーロラ・アンテロープキャニオン&コロラド川の絶景・ホースシューベント日帰りツアー
  • 階段を降りると飛び込んできたのは・・・

    • 「ライオンキング」のシンバそっくり!?Lion's Den

    • 上も絶景

    • 後ろも絶景

    • 鉄砲水の跡

    入り口の階段が結構急なので、足元を見ながらゆっくりと下っていって、、、


    下り終わって上を見上げてびっくり!!!

    なんだこの景色は~!?
    迫りくる砂岩光を浴びた壁面
    上を見ても後ろを見てもどこも同じような景色はなく、
    四方どこを見ても絶景だらけ。写真撮影スポットだらけ。

    自然が作った絶景とのことですが、なんと鉄砲水が作った景色なんです。
    鉄砲水が流れ込み削られて渓谷となるらしい。
    今でも年に数回は鉄砲水の影響でツアーが中止になるとのこと。
    ナバホのガイドさんは地形なんかを把握しているから、予測したり、
    安全対策はバッチリ。
    ガイドさんにしたがいましょう。

    おすすめ
    オプショナル
    ツアー
    【ひとり旅応援】飛行機で行くアンテロープキャニオン・ホースシューベンド1日観光
  • カメラマンはナバホガイドにお任せ

    • 自然の色を映し出すナバホのカメラ技術

    • 光の色も刻々と変わる

    • 見上げているのか、前を見ているのか一瞬わからなく、、、

    • 片道通行で通り道も意外とひろびろ

    階段を上って下って、進んでいくところころ景色が変わるローワーアンテロープキャニオン

    そこらじゅうに撮影スポットが点在しています。

    Windowsの壁紙に使われた
    ネイティブアメリカンの顔そっくり
    ニモに出てくるサメ
    出るわ出るわ。

    にしても自分では見つけられない、気が付かないスポットが大半なので、
    ナバホのガイドさんにしっかり張り付いていましょう!
    なんと彼らはカメラの設定もしてくれちゃうんです!!
    (日本語スマホなのにスラスラ設定を変更する姿、、ナバホ恐るべし)
    私は一人だったので、ず~っと写真を撮ってくれました。
    みんあで写真を撮りながらのんびり奥へと進んでいきます。

    おすすめ
    オプショナル
    ツアー
    4月~9月限定!【日本語ガイド】ラスベガス発 アッパー・アンテロープキャニオン&ホースシューベンド&グランドキャニオン 星空観賞付き3大絶景巡り日帰りツアー
  • 結果アッパーとローワーどちらが正解か

    • 美しい流れを描いた壁面

    • こんな色どうやったら出せるのか、、

    • ロッキーマウンテンサンセット

    • 最後はこんな感じで地上へ

    人気のアンテロープキャニオンアッパーローワーと二つ。

    はたしてどちらに行くべきか。

    もちろん両方いければそれが一番。
    でも時間的に、時期的に難しいことも多い。

    そんなときは私は(個人的には!)ローワーをおすすめします♪
    なぜなら
    探検家気分で歩いていくのが楽しい
    写真スポットが多い
    時間・時期を選ばない

    この日のツアーに一緒に参加していた老夫婦は2組とも午前はアッパーに行ったらしい。
    そんな方たちもみんな口をそろえてローワーのほうが楽しい。とのこと。
    「アッパーはビームが見られなきゃあんまり、、」
    らしいです。

    ビームを狙うなら夏の昼のアッパー!
    それ以外はローワー!
    こんな感じでしょうか!!

    おすすめ
    オプショナル
    ツアー
    【日本語ガイド】ラスベガス発 ラスベガスの夜景鑑賞付!グランドキャニオン、ホースシューベンド、アンテロープキャニオン、レイクパウエル 4大絶景巡り日帰りツアー