グランドサークル×キャンピングカーの旅!~How to Drive~ | アメリカの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

グランドサークル×キャンピングカーの旅!~How to Drive~

エリア
ラスベガス
/アメリカ
テーマ
自然
時期
2017/11/12~2017/11/20
投稿日
2017/12/4
投稿者
吉田 芳喜

世界中の人が訪れるグランドサークルをメインに
男5人×キャンピングカーで旅してきました!

  • 1日目 ラスベガス観光編 その2

    • 生のバンド演奏♪かっこいいーー

    • ブルックリン橋!どこをとってもおしゃれです!

    • こんな機会めったにない!

    初めてラスベガスを訪れましたが、ストリップ周辺は道も綺麗で治安も安心して街歩きが楽しめました!


    ストリートではどこでも今時の音楽が流れていて、歩いているだけでもノリノリ♪

    生演奏で盛り上がるおしゃれなバーや、活気で溢れたレストランど派手にライトアップされたホテル、見てるだけで楽しい気持ちになっちゃいます!

    しかもこの日はちょうどマラソンが行われていたようで、大会が終わった後は1時間ほど歩行者天国になっていました。

    普段では絶対ありえない道路の真ん中でパシャリ♪


  • 2日目 ラスベガス食事編

    • ビュッフェではなくバフェ

    • 機械で簡単にチケットが購入できます。

    • 種類たくさん選び放題!

    ラスベガスではカジノや街歩きが主な楽しみですが、食事はどうしたらいいのか気になりますよね?

    レストランも高そうだし、英語が苦手だから注文も不安というあなたでも安心「バフェ(Buffet)」で簡単お得に食事を楽しみましょう!

    バフェとはいわゆるブュッフェのことで各国の料理とソフトドリンクが食べ飲み放題です。
    料金は大人1人大体17〜20ドルっといった辺りでしょうか。
    普通のレストランでも大体このくらいはするので、普段は食べられない高級ホテルの食事を食べられると考えればかなりお得!

    *利用方法*
    事前予約は必要なし!
    有人レジ又は機械で先にお支払い。
    スタッフが席に案内してくれるので、その後は食べ飲みし放題!と簡単です。

    ビールとワインが飲み放題のホテルのバフェもあるので、朝昼晩、いろんなホテルのバフェを食べ比べしてみて下さい!

  • いざ!キャンピングカーをレンタル!

    • 説明は全部英語です・・

    • でかい!わくわくしてきます!

    ラスベガスからタクシーで20分ほどのところにあるエルモンテRV営業所へ。


    マニュアルやバウチャーは事前に日本で渡されるので、営業所では免許の登録だけ行います。
    なんとこの会社では国際免許証の取得が必要ないのです!

    交通ルールは事前に渡された説明書で読み込んで後はぶっつけ本番です。。
    駐車場内で簡単に運転の練習もできますが、なにせ車体が大きい...内輪差やら感覚がうまく掴めず、更に左ハンドルなのであたふた。。

    せめて国際免許だけ取得しておいた方が安心かも知れません。笑   

    *レンタル手続きの簡単な流れ*
    ・VTR鑑賞(約30分):運転・キャンピングカーに関して
    ・取扱説明(約30分):車内外のチェック・説明
    ・積み込み
    ・出発

    混雑などを考慮するとレンタルから出発まで2時間ほど時間を見た方が良いです。

  • キャンピングカーのあれこれ その1 設備と交通ルール

    • スーパーで買出し!

    • アメリカは食品もビッグサイズ!

    • 自炊で節約!

    <設備>

    定員は6人乗りで後方にクイーンベッドが一台、運転席上部にグイーサイズの寝る場所が1箇所、リビング部分のソファが2箇所ベッドとなります。
    ※8人乗りなど種類は様々あります。

    基本的な食器類、調理器具、タオル類は揃ってるので特に追加で持ってくる必要はありません。
    調味料は付いてないので、現地購入が必要になります

    *日本から持参がおすすめなもの*
    ・調味料:塩胡椒や醤油、めんつゆなど。
    BBQをするなら焼肉のタレもあると便利です。
    ・洗面用具:シャンプー、石鹸(ボディソープ)、歯ブラシ等。
    ドライヤーは日本のものをそのまま使えます!
    ・サンダル
    キャンピングカー内やRVパークでシャワーを浴びる時便利。

    その他にも割り箸やタコ足のコンセントなどもあると役立ちます。
    冬のシーズンには冷え込んだ朝に味噌汁やお茶漬けがあると最高です!!

    *現地で調達するもの*
    食料、飲み物、調味料(サラダ油やケチャップなど)
    ティッシュ、トイレットペーパー等

    <交通ルール>
    日本と大きく違うのは皆さんもご存じの通り、左ハンドルで右側車線となることです。

    普段右ハンドルで慣れていると中央線からだいぶ離れ、歩道側に寄ってしまいます。
    田舎の方の舗装が進んでいないところでは、右側の余裕が狭いところもあるので、一歩運転を間違えば大事故に繋がりかねません!
    ゆとりをもったスピードでしっかり左ハンドルに慣れていきましょう。

    また右側車線になったとき気を付けなければいけないのは、右折・左折の時です。
    他の車が走っていないところだと、右折した際、うっかり左車線を走っていたことがありました。慣れって怖いです。笑
    日本とのルールと違うところで戸惑うところもありますが、安全運転、適度なスピードを心がければ何も問題はありません!

    ちなみにスピードは道路の右側に白い看板に標識が出ています。
    また大きなカーブの手前にはカーブ時の速度制限もあるので、しっかりスピードを落としましょう。

    高速道路でも道路によって速度制限がバラバラですが、エルモンテでは60マイル(約96キロ)を推奨しています。
    燃費もこの速度が丁度良いようです。
    他の車はびゅんびゅん飛ばしていますが、気にせずマイペースにゆったりドライブを楽しみましょう!

  • キャンピングカーのあれこれ その2 給油と注意点

    • 2つ分場所を取っちゃいます!

    • ガソリンの入れ方は日本と同じです。

    • 給油口の場所は初めに要チェックです!

    <給油>
    普段よく使っているレギュラーガソリンを利用します。
    スタンドによってはレギュラーのことを(unleaded)と記載されている場合もあります。
    基本的に支払いはカードを使えばスムーズです。
    現金の場合は店内でスタンドの番号を伝えて支払いになります。
    リッターで5キロくらいしか走らないので、目的地の到着/出発前に必ず満タンにしておかないと大変な目に合うかもしれないので注意です!

    <注意点>
    今回、一番注意が必要だと感じたのは、電気系統に関してでした。
    正しい使い方をしないとヒューズが飛んで電気系統が使えなくなってしまいます。

    RVパーク着くまでWi-Fiなどの充電などできなくなるので気をつけましょう。

    また、乗用車と比べ車高が高い、給油のタイミングが早い、風に煽られやすいなど、キャンピングカー特有の注意点が様々あります。

  • いよいよ出発!

    • キャンピンカーの旅へいざ出発!!

    いよいよキャンピングカーの旅の始まりです!

    果たして無事にラスベガスに戻ってこれるのでしょうか。。

    グランドサークルの旅日記は別の旅日記に続きます!

    (行程)
    1日目
    ラスベガス
    2日目
    ザイオン国立公園
    ブライスキャニオン国立公園
    3日目
    アーチーズ国立公園
    モニュメントバレー
    4日目
    ロウアーアンテロープキャニオン
    ホースシューベンド
    セドナ
    5日目
    フラッグスタッフ
    グランドキャニオン
    6日目
    セリグマン
    ラスベガス

スタッフおすすめ!お得ツアー

≪エアカナダ・ルージュで行く≫間際予約可★航空券+ホテルのお手軽プラン!価格重視のサーカス・サーカスホテル指定☆ラスベガス4日間

大阪発

≪エアカナダ・ルージュで行く≫間際予約可★航空券+ホテルのお手軽プラン!価格重視のサーカス・サーカスホテル指定☆ラスベガス4日間

日数:4日間  
旅行代金:78,000円~166,000ツアーはこちら