嗚呼、セドナ。。 | アメリカの旅行記

支店
渋谷
新宿
横浜
銀座
名古屋
大阪
福岡
札幌
広島

嗚呼、セドナ。。

エリア
セドナ
/アメリカ
テーマ
ヒーリング
時期
2013/11/07~2013/11/13
投稿日
2013/12/10
更新日
2018/12/29
投稿者
澤田 吉郎

「パワースポット」、「癒しの大地」などと称されるセドナ。 ビーチ好きな自分には正直、無縁と思っていたセドナ。   職業柄、無縁だと思う場所に行くことも多いですが、セドナはその際たる場所。そんな程度にしか考えていなかった私の心変わりをレポートします。

スタッフおすすめ!お得ツアー

★乗継便利なエアカナダで行くラスベガス★ANAマイルも加算対象♪STWならホテルやオプショナルツアーなどアレンジ自在♪価格重視でもカジノや無料トラムあり!”サーカスサーカス”に宿泊5日間

成田発

★乗継便利なエアカナダで行くラスベガス★ANAマイルも加算対象♪STWならホテルやオプショナルツアーなどアレンジ自在♪価格重視でもカジノや無料トラムあり!”サーカスサーカス”に宿泊5日間

日数:5日間  
旅行代金:62,700円~271,700ツアーはこちら

  • レッドロック?!

    フェニックスの空港から2時間30分走るとセドナの街に着きます。その道中はほとんどが乾いた土地。酷暑期には40℃を超えることも日常茶飯事だとか。。大きなサボテンには驚かされました。

    セドナが近づいてくると、フロントガラスの向こうの景色が一変します。黄色っぽい岩山ばかりだった景色が、急に赤い岩山に。そう!レッドロック!
    写真では何度も見てきたレッドロック。何枚もレッドロックの写真を並べられると、違いが分からなかった。。。
     
    フェニックスから北上してセドナへ向うと最初に出迎えてくれるのが「ベルロック」。写真ではどれも同じに見えたのに、目の前にしたら印象的なフォルム。

    「嗚呼、ここがセドナか。。」

  • セドナ・トロリーに揺られて

    セドナの中心地・アップタウン。セドナ・トロリーはアップタウンを基点に2ルートの観光地を巡ります。(どちらも1周約60分)
    今回は「Aルート」に乗車し、いざ出発!
    「Aルート」の目的地は「ホーリー・クロス教会」。レッドロックに溶け込むようにして建てられた教会は、何故か神秘的に感じられました。そして、教会からの景色がとにかく美しい。「ベルロック」、「カセドラル・ロック」の2大ボルテックスが一度に眺められます。夕日の時間で逆行になってしまい、写真はうまく撮れませんでしたが、それでも夕日の時間がお薦めです。
     
    セドナ滞在が短い方にお薦めの観光方法です。ちなみに「Bルート」は4大ボルテックスの1つ「ボイントン・キャニオン」を訪れます。

  • 感動のサンライズ・ハイキング

    11月10日、日の出時刻は06:56。
    日の出を見る為に早朝より「DOE MESA」というポイントにハイキングへ出掛けました。まだ薄暗い中を歩き始め、徐々に空が白み始め、レッドロックが赤みを増していきます。寒さも忘れて登りました!
    頂上に着くのとほぼ同じタイミングで太陽が昇り始め、静寂の中で朝を迎えました。聞こえてくるのは、上空の熱気球のガス音と鳥のさえずりだけ。本当にのんびりとした朝を過ごしました。何も考えないでボーっとしながら、コーヒーを飲む時間が幸せでした。ついつい仕事だということも忘れてました。。
     
    いつかここで初日の出を見たいなぁと思いながら、ハイキングは終了です。

  • エアポート・メサ

    今回の宿泊先は「ベストウェスタン・プラス・イン・オブ・セドナ」。コンチネンタル朝食込みなのが嬉しいポイント。そして最大限活用したいのが、シャトルバスサービス。ホテルから5マイル以内の場所まで送り迎えしてくれます。もちろんアップタウンやテラカパキも圏内です。

    ホテルから歩いて行ける距離にあるのが、「エアポート・メサ」。こちらも4大ボルテックスの1つ。5分程度で簡単に登ることが出来る小山からは、セドナを一望できます。
    今回、勉強の意味も含めてホテルから歩いて向かいましたが、お薦めはしません。歩道もありませんし、カーブも多く、車の死角になることも。「ベストウェスタン・プラス・イン・オブ・セドナ」に宿泊なら、是非シャトルバスを使ってください。

  • カセドラルロック&ボイントン・キャニオン

    4大ボルテックスのうち残りの2つももちろん観光しました!
    カセドラルロックはレッドロッククロッシングより観光。ガイドブックの表紙にも使われるような、セドナを代表する風景です。オーククリークが増水していて、入れませんでした。。夏場にはオーククリークに足をつけながら観光することもできるそうです!

    ボイントン・キャニオンは「ボイントン・ビスタ・トレイル」をハイキング。約30分ほどのハイキングで有名な”カチーナ・ウーマン”の麓まで到着。ボイントン・キャニオンに囲まれたエンチャントメント・リゾートが見渡せます。アップタウンのホテルに比べれば値段は張りますが、最もパワーを感じられるホテルでしょう。
     
     

  • 嗚呼、セドナ。。

    東京での生活ではまず見ることのない夕日。いつもいつの間にか暗くなっていて、外の景色を見る余裕すらありません。。
     
    セドナでは沈んでいく太陽をゆっくりと眺めることができました。空をオレンジに染め、雲をピンクに染め、レッドロックをますます赤く染めるセドナの夕日。嗚呼、セドナ。。。帰りたくないと思った時間でした。

    セドナ滞在中、2度のハイキングをして気付いたことが1つ。歩くの好きなんだ!!ってこと。出不精な人間だと勝手に決め付けていたけど、実は案外歩くのが好きなようです。またセドナに行ってハイキングしたいなぁと思います。まずは高尾山かな!